2018年12月14日

週末はスナックへ

/かつや新宿南口店にて朝ロースかつ定食/中華そば竹むら@目黒(目黒区目黒)にて煮干しそば/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて牡蠣とブナシメジのみそらーめん/スナックJJ/

クリックすると拡大します

 朝7時から営業しているので、朝7時に行ってみた(あくまでもイメージです)かつや新宿南口店ホームページ)へ。
 とんかつを朝から食べるのは市民権を得ていない、というか、朝食をしっかり食べる食習慣が市民権を得てない気がします。
 いや、常識を知らない私が個人的にそう思っているだけで、「朝からとんかつ食べるでしょ」はきっと常識なのかと。

クリックすると拡大します

 朝ごはんセットとして、朝ロースかつ定食、ミニかつ丼セット、朝とん汁定食、しょうが焼き定食が用意されていて、3秒ほど悩んで朝ロースかつ定食450円。※500円以下なので無限100円割引券は使えません。
 ご飯無しで1,000円を超えるとんかつと比べることに全く意味はありませんが、とんかつと同系色のお皿はどうなんだろう。
 説明によれば80gロースとのことで、なるほどこの量で80gなのかと、勉強になります。

クリックすると拡大します

 しっかり歯応えがあって、噛むことで豚肉の旨味を感じられるとんかつ、卓上にソースしかないので、ソースを掛けて美味しく頂きます。
 千切りキャベツが新鮮でシャキシャキして美味しく、とんかつとキャベツを食べ終わったところでご飯が余ってしまいました。
 以前の私なら、残すなんて絶対に出来ないと何としても食べましたが、今日のところはここまでで。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は中華そば竹むら@目黒(目黒区目黒)ホームページ)。
 新規オープン日に伺った時は販売されていなかった煮干しそば狙いで、伺いました。
 煮干し、って括るのはステレオタイプなレポーターに任せ、煮干しは煮干しでもアゴ煮干し、しかも国産とのこと。
 うーん、国産ってことは、国産では無い(非国産)のアゴもあるってことか、、、ここは深掘りしちゃいけないな。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機を見るとフルメニュー、つけ麺も食べなければならないな。
 まあ、お店の評価をどう考えるか、なんですけどね。
 開店直後のメニューを絞った営業で食べる一杯と、こうしてフルメニューを揃えてきての営業は、アイドリングとフルスロットルくらい違うと思う。
 新店の評価って何なんだろな、まあ、お金を払って食べているんだから、食べ手の数だけあるとは思うけど。

クリックすると拡大します

 一番奥の席に案内され、少し待って煮干しそば800円
 煮干ダシスープと言っても、ダシだけではラーメンのスープにならないので、煮干オイルを加える必要があります。
 こちらの煮干オイルはアゴのみ、スープには若干の片口鰯煮干ダシを加えているとのこと。
 スープを一口飲むと、気が遠くなるほど深遠な味わい。すーっと香り、さーっと引いていく。

クリックすると拡大します

 すっと寄り添う細麺は菅野製麺所、経験的に「ゆで湯がきれいなうち」の味わいです。
 トッピングはセンターにレアチャーシューと紫タマネギ、柚子、三つ葉をまとめ、サークルに極太穂先メンマを回し、縁に板海苔二枚。
 こんなに美味しいのに、チェーン店の二軒目と言うことで一気に訪問優先度が落ちてしまって、評価が高い低いの前に食べてもらえない。

クリックすると拡大します

 これで800円は何かがおかしい。
 個人店であれば、利益を多少削ってもお客さんファーストで提供を続けられますが、それなりに多店舗展開していると数字には厳しい(ビジネスですから当たり前)。
 個人的には1,000円でいいから続けて欲しいけれど、も。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 毎月訪問すると心に決めているので、今月は早めの訪問です。
 お店はあざみ野駅からちょっと歩きますが、この歩いている時の気分がとてもいいです。

クリックすると拡大します

 『今年も多くのお客様から沢山のリクエストをいただきました!』
 『大粒の広島産牡蠣を贅沢に5粒使用し、牡蠣の風味をじっくり移したスープに、ブナシメジを合わせていつもと
一味違うみそらーめんに仕立てました。
 途中でホワイトソースをスープに溶かし、クリーミーなみそらーめんとして二度お楽しみください』

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機で食券を買って、空いているカウンター席に案内されました。
 今夜はあざみ野で一人お疲れ様会。
 いつものツマミと1品変えてきて、これはつまり新作ってことでしょうか。

クリックすると拡大します

 今日は女将さんらのベテランが不在で、新人風の学生アルバイトでバタバタしていました。
 というか、満席店内待ちまではいかないけど、お客さんがひっきりなしで、ずっと動きっぱなし。
 店員さんがずっと動きっぱなしならば、私は一人でずっと飲みっぱなし。

クリックすると拡大します

 閉店時間から逆算して、牡蠣とブナシメジのみそらーめん1,000円
 レギュラーメニューのみそらーめんをベースに、黒と白の胡麻を散らし、ブナシメジと牡蠣の旨味を加えたスープ。
 白いホワイトソースの中心に黄色い柚子かけを乗せて生卵を模し、緑の茹でほうれん草、赤い糸唐辛子を盛り付け。
 いわゆるひとつの味噌ラーメンの行き着いた先、旨い。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺が味噌と牡蠣と茸のスープをするするとまとめ上げます。
 美味しいラーメンってセンスなのか、スキルなのか、両方なのか、両方では無いのか。
 いや、ラーメンがどれだけ好きか、ってことじゃ無いかな。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらライスに牡蠣の身を乗せ、スープを回し掛けて食べます。
 美味しいねぇ、実に美味しいねぇ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 地元の戻ってきて、哀愁のスナックJJ。
 今夜はママさんに初めて愚痴を聞いてもらった。
 愚痴って誰に話しても良いわけじゃ無いので、聞いてもらって心が軽くなった。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月13日

続けてサッポロ製麺

/麺屋 博(ばく)@中延にて混ぜ担々麺/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にてゴモミ(五目味噌タンメン)、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 朝起きて、何とか下の子を駅まで送り届けはしたけれど。
 どうしても辛くて、そのまま支度して出社すべきところを、少し横になってしまった。
 何ヶ月か入院すれば治るのかも知れないけど(診察を受けるとそうなるかも知れないけど)、普通の生活を続け、数年で治す計画です。
 そんなことは出来っこないかも知れないけど、自分の人生だからな。

クリックすると拡大します

 お昼は都営地下鉄浅草線中延駅A2出口を出て、国道1号店を南下すること徒歩1分。
 麺屋 博(ばく)@中延(品川区豊町6-25-17)、2018/12/3オープン。
 店名の由来(意味)を尋ねると「中国人のオーナーが付けたので、よく分かりません」とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入って正面右手にある券売機で食券を買います。
 メニューは汁無し担々麺の「混ぜ担々麺」、油そば、醤油ラーメン、塩ラーメン。
 混ぜ担々麺と油そばは麺多め無料との事で、お願いしました。
 サイドメニューの本格的餃子と、通常の二倍大きい唐揚げは未食。

クリックすると拡大します

 店内は右手に厨房に接したカウンター4席、窓側に2人掛けテーブルが2卓、他に壁向きカウンター4席、4人掛けテーブル、合計18席。
 店内全体がゆったりしているので、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ます。
 卓上には醤油、辣油、酢、白胡麻、胡椒。

クリックすると拡大します

 おそらく付け合わせと思われるキクラゲともやしのナムル。
 小鉢に適量取って、ラーメンが出来上がる前に食べてしまいます。
 意外とと言っては失礼ですが、とても美味しく頂けます。

クリックすると拡大します

 程なくして混ぜ担々麺700円。デフォで混ぜ担々麺が700円と安いのは、チャーシューが無いから。
 サービスかと思うほどパクチーが乗せられていて、タレに和えられている麺と共に食べると、痺れ、辛味、かなり抑えめに仕上げています。
 挽肉がとても美味しいこともあって、全体的にとても美味しく頂けます。
 全体の味をまとめ上げているスパイス(香辛料)のブレンドが、素晴らしいです。

クリックすると拡大します

 平打太麺はサッポロ製麺、茹で加減はジャストな感じです。
 途中から辣油を回しかけ、山椒をたっぷり振り掛けて、追い飯を忘れて食べ切ってしまいました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 何かと都合が合わせられず、月一訪問がやっとの現状です。
 たまたまタイミングが良く、外待ち無し、慌てずに入店します。

クリックすると拡大します

 今夜は蒲田で一人お疲れ様会。
 ビールのアテに辛味味玉を頂き、美味しく頂きながらビールを飲みます。
 くぅ、この冬のビールは五臓六腑にしみわたります。

クリックすると拡大します

 少し待ってゴモミ(五目味噌タンメン)950円、チャーシュー100円
 ゴモミを食べるのは随分と久し振りで、この美味しさは健在です。
 茸たっぷり、チャーシューでっぷりの一杯。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月12日

スーツ新調できず

/せたが屋品川品達店@品達にてつけ麺てんこもり/らぁ麺はやし田@新宿三丁目にて汁無し担々麺(半熟卵・ミニ追い飯付き)/

クリックすると拡大します

 お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 今日はランチタイムど真ん中を狙って訪問したら、もちろん外待ちが有りました。
 券売機で食券を買って外待ちに接続し、しばらく待って店員さんに空いた席に案内されます。

クリックすると拡大します

 スタンプカードは10回毎にサイドメニューがもらえるので、訊いてみたら、次回からとのこと。
 今日はつけ麺てんこもり930円、決してつけ麺の陽気では無いけれど、あつもりを頼むつもりで忘れていました。
 いつも美味しいスープですが、今日のスープはとても好み、いつもこの味わい(バランス)でやってもらえないだろうか(笑)

クリックすると拡大します

 平打極太麺はコムギノチカラ製、今日も美味しい。
 食べ終わったらスープ割りのつもりが、そのままスープを飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって冬物のスーツを物色に行きましたが、サクッと5万も6万もするスーツを買えない。
 「明日来ます」と店を後にして、お腹が空いたので、らぁ麺はやし田@新宿三丁目へ。
 Twitterを見て臨休だけは回避しましたが、店先をみると何やら色々と貼り出されていますな。
 営業時間が11:00-16:00 18:00-22:00となりました。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン、つけ麺は継続。
 11/23より20食程度限定で販売開始された汁無し担々麺、夜営業のみの販売ですので、まぜそばが昼営業の限定メニューに移行しました。
 入ろうとしたら店内満席で、外で待つ様に案内されました。
 少し待って店内に案内され、食券を買って、店内奥の店長さんの近くの席に案内されました。

クリックすると拡大します

 程なくして汁無し担々麺(半熟卵・ミニ追い飯付き)900円、ミニ追い飯無しは850円となります。
 丼に延ばした青梗菜を巻きつけた独特の麺相、これは考えましたね。
 テーブルに置かれた刹那、立ち上がってくるスパイスの香り、仕上げに振り掛けられたはやし田特製のスパイスとのことですが、ものすごく良い香り。
 トッピングに干し海老、サイコロ鶏肉チャーシュー、角切りメンマ。

クリックすると拡大します

 芝麻醤ではなく練り胡麻主体のタレに、この汁無し専用に菅野製麺所へ特注した中太麺を合わせてあります。
 食べてみると痺れと辛さが程よい感じでバランスしていて、20食と言わず通しで販売して欲しいほど、美味しい。
 時折、干し海老、時々、鶏肉チャーシュー、たまにメンマ、全く飽きずに食べられます。
 しかしまあ、汁無し担々麺ってお店の解釈で色々な楽しみ方が出来ますね。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、半熟温玉、ちょーっと黄身が固めですが混ぜる分には問題ありません。
 青梗菜は飾りじゃ無いので、この辺りで食べておきます。
 美味しいけれども味変したい気持ちもあって、山椒類、辣油類、酢などが卓上に無いのは寂しいかな。
 さて、そろそろ麺を食べ終わります。

クリックすると拡大します

 最後に追い飯、小鉢でもらってから、丼に投入して一気に食べ切ります。
 どうでも良いことですが、隣の女性客も汁無し担々麺を食べていましたが、ご飯と残り餡を別々に食べるスタイル。
 おお、自分の食べ方は間違っていたんだ、今度試してみよう。
 しかしして、残り餡にライスを混ぜて食べるのは美味しいなぁ、一気に食べ切ってしまいました。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わって店長さんと少しお話をさせて頂き、お店を後にしました。
 そろそろ開店1周年なんですね、何か限定メニューでも販売されるのかな。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記