2024年07月17日

憧れの麻婆麺

/コンビニサンドイッチにてシャキシャキレタス/中華料理 春来@白金高輪(港区三田)にて麻婆そば/

クリックすると拡大します

 朝食はコンビニサンドイッチ、いわゆる中食、今朝はシャキシャキレタス300円(税抜)
 特別なこだわりが無い私は、陳列棚に残っていた一番安いサンドイッチを購入します。
 こんな小さなことが、しがないサラリーマンの私にとって唯一の楽しみです。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華料理 春来@白金高輪(港区三田)へ。
 昨日来てみたら暖簾が出てなくて、臨時休業もあるんですねと思ってました。
 今日来てみたらやっていて一安心、いや昨日は火曜日だから定休日だったのでは。
 知らんぷりしてブログにアップしたら、どのくらいの人が「定休日なのに」と気が付くだろうか。

クリックすると拡大します

 お気に入りの席に前客、残念です。
 席に座る前にお冷を運んできてくださったので、「マーボソバ、お願いします」と声を掛けます。
 前客6人、後客4人。

クリックすると拡大します

 程なくして、麻婆そば850円
 サンプル写真が無いので、どんなラーメンなのは出来上がってきてのお楽しみ。
 スープは全麺類共通の豚ガラ、鶏ガラ、人柄のブレンド。
 特に人柄の味わい多め、麻婆が馴染みだすと汗が出るほどの辛さを感じます。

クリックすると拡大します

 大黒屋の細麺、若干固め仕上げなのは麻婆そば仕様に感じられ、とても心好い。
 料理の美味しさって、こういう細かいことの積み重ねなんだと思う。
 まま、40年程度の食べ歩きで何言ってんだ、ではありますけど。

クリックすると拡大します

 麻婆そばですから、麻婆だけがトッピングされている場合もあります。
 こちらの麻婆そばには、麻婆豆腐がたっぷりと掛けられています。
 食べた感じでは木綿豆腐、豆腐の美味しさを楽しめます。
 麻婆には挽肉と鷹の爪、そしてお店の歴史が積み重ねられています。

クリックすると拡大します

 タンメンやタンタンメンは飲食店毎の特徴がハッキリしています。
 ひょっとして麻婆そば、麻婆ラーメンもそれぞれの店にそれぞれの美味しさがあるんじゃないだろうか。
 スルッと食べて、ご馳走さまでした。

濃紅
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 50mm / FV (F5 1/250 0EV ISO100) / Auto
濃紅

 濃い紅色をさらに濃く。


薬師寺の紫陽花壁
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F6.3 1/160 0EV ISO100) / Auto
薬師寺の紫陽花壁

 植えだして数年目。
 壁になるのは数年後。


青い柵と蒼い紫陽花
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F5.6 1/125 0EV ISO100) / Auto
青い柵と蒼い紫陽花

 色を合わせたとは思えない。


くすんだパステルカラー
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F29 1/320 0EV ISO12800) / Auto
くすんだパステルカラー

 画質が落ちるほど絞り込む。
 影を真っ黒に現像する。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年07月16日

たんまりと日本酒

/三河屋食堂にてカレーライス、みそ汁、目玉やき/つくしの子/

クリックすると拡大します

 朝から雨。
 いつもだったらレインコートを着てバイク(原チャリ)を飛ばすところですが。
 今日は仕事が終わってからの飲み会に誘われているので、駅までバスでつつーっと。

クリックすると拡大します

 お昼は、三河屋食堂へ。
 特別感はなくて、凄い料理もありませんが、ないことがうりですから。

クリックすると拡大します

 今日のランチは全て1,000円。
 上段は日替わり、しまほっけと肉味噌、ウィンナーフライとハムカツと野菜炒め、オムレツと野菜炒め。
 定番メニューは下段、カレーライス、さばみそ煮、豚もつ煮込み。

クリックすると拡大します

 店内に入ると壁向きカウンターがそこそこ埋まっていて、お一人様なのに図々しくテーブル席へ。
 初めてのテーブル席、「いらっしゃいませ」「カレーライスをお願いします」「ランチのセットでいいですか」「はい」。
 そうか、ランチメニューを注文してもいいのか(当たり前ですよね)。
 熱いお茶を持ってきて下さり、続けてお冷やを持ってきてくださいます。

クリックすると拡大します

 程なくしてカレーライス、みそ汁、目玉やき1,000円
 アラカルトで注文すると、カレーライス750円、目玉焼150円、みそ汁100円ですから、同額ですね。
 外食の殆どがラーメンだった私は、カレーライスに味噌汁を合わせて楽しむのは初めて。
 さらに目玉焼を合わせるのは初体験、私が並べているので、置き方が気にくわなかったら私のせいです。

クリックすると拡大します

 味噌汁から食べないといけないと知りつつも、どうしても我慢できずにカレーライスから頂きます。
 やや甘さを感じつつ、辛さは殆ど無く、具材は豚肉、じゃがいも、人参といったところ。
 どこででも食べられる家庭的なカレーライスの印象ですが、白金高輪ではこの店でしか楽しめない美味しさ。
 グルメな人は、食に拘る人は、このカレーにこの値段は払わないかも知れません。

クリックすると拡大します

 カレーを一口、二口と楽しんでから味噌汁。
 カレーライスは和食、味噌汁も和食、よく合いますね。

クリックすると拡大します

 目玉焼きは2玉、どちらも半熟の焼き加減。
 目玉焼きに掛ける調味料は、ソース派、醤油派、塩派、等に分かれますね。
 私はその日の気分で決めているので無所属派でしょうか、今日は醤油にします。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。


瓦屋根
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 168mm / FV (F6.3 1/100 0EV ISO100) / Auto
瓦屋根

 紫陽花は寺院を背景にすると、ストンと落ち着く。
 背景が民家であっても、瓦屋根だけでもいい感じになる。


白と真っ白と
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 178mm / FV (F6.3 1/100 0EV ISO250) / Auto
白と真っ白と

 紫陽花以外の草木も混ぜて撮る。
 奥に遅咲きの紫陽花も控えている。


撮影の終わり
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/3200 0EV ISO100) / Auto
撮影の終わり

 夜は夜で楽しい撮影もありますが。
 ひとつの区切りとしての日没。

クリックすると拡大します

 夜は、お誘いただき、つくしの子へ。
 自分で予約が取れないどころか、予約の取り方も分からない飲食店。
 予約困難店というか予約不可店、お声掛け頂くことに深く深く感謝。

クリックすると拡大します

 開始時間より早めに入店、店主さんにご挨拶させて頂き、席を案内されます。
 予約は出来ないけれど、店主さんに顔は覚えて頂けているみたい。

クリックすると拡大します

 今は1階だけの営業、4人掛けテーブルはどこのテーブルも4人で座っています。
 席に着いて少し待っていると、ポテトサラダと枝豆が配膳されます。

クリックすると拡大します

 定刻になり、早速乾杯。
 今夜は池尻大橋で4人、お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 こちらの店舗専用に瓶詰めされていると聞いた、獺祭。
 今や国内第二位の生産量を誇ります。
 とはいえ、殆どが海外に輸出されているそうです。

クリックすると拡大します

 ポテトサラダ。
 特に何がどうということはありませんが、つくしの子でなければ楽しめないキュウリのポテトサラダ。
 このポテトサラダを頂くと、つくしの子で飲んでいるんだなぁと知れます。
 美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 水ナスの味噌掛け。
 日本酒しか提供されない店ですので、日本酒によく合う料理しか提供されません。

クリックすると拡大します

 日本酒は一合瓶に注ぎ分けられて提供されます。
 ラベルは店主さんの手書き、つまり注文しないと造りは分からない仕組み。

クリックすると拡大します

 玉子焼き。
 たっぷりと砂糖を使った玉子焼き、うんまい。

クリックすると拡大します

 刺身の盛り合わせ。
 イカとかまぐろとかサーモンとか。

クリックすると拡大します

 誰もが量を望まないお年頃、もちろん私もそうですが、そうも言ってられず。
 久し振りの伯楽星、美味しかったあ。

クリックすると拡大します

 漬物、恐らく自家製。
 誰もがお喋りに夢中の宴会、1人でぽりぽりと頂く。

クリックすると拡大します

 ピータン、恐らく自家製。
 味付けというか味わいが日本酒によく合います。

クリックすると拡大します

 子持ちニシン。
 ふっくらと焼き上げてあって、淡泊な味わいながら卵を食べると美味しい。
 「居酒屋メニュー」ということで、コースに必ず含まれる焼き魚が嬉しい。

クリックすると拡大します

 〆はもつ鍋、夏はカレー味、ニラたっぷり。
 夏と言うこともあってかグツグツと煮込みつつも、十分に冷ましてから(個人的に)頂きます。

クリックすると拡大します

 あっさりとした馴染みいやすいお出汁に和風カレーを合わせて、これ以上は望めないほど日本酒に合います。
 そうそう、日本酒はなくなれば飲む、飲んだら無くなるの繰り返し。

クリックすると拡大します

 もつ鍋のもつを食べ終わったところで、うどんが投入されます。
 ひと煮立ちさせ、全体に湯がいて、食べ頃になったら取り分けます。

クリックすると拡大します

 何だかんだ言って、食いしん坊の私が殆ど頂いたうどん。
 眼鏡を外して撮っているので、ピントがずれ気味。

クリックすると拡大します

 今夜は4人で13合ですので、まぁまぁ飲んだ方です。
 日本酒飲み放題で6,000円(税込)、ただただ感謝する私。
 美味しい日本酒、美味しいもつ鍋をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2024年07月15日

我が町に鰻屋が

/鰻の成瀬 秦野店にてうな重の松/

クリックすると拡大します

 連休最終日は、休養にいそしむ予定でした。
 いつものことだけど、予定は未定、早起きしてしまって、うっかり撮影に出掛けてしまう。
 自宅近くのなんてことのない農道や草花を、丁寧に精一杯、心を込めて撮る。
 ま、自己満足ですな。

川沿いの農道
CANON EOS RP+NOKTON 50mm F1 Aspherical [RF-mount] / 50mm / FV (F2.5 1/640 0EV ISO100) / Auto
川沿いの農道
 どこからどこへ通じているのか。
 歩いていかないと分からない。


クリックすると拡大します

 時折、散歩されている人とすれ違うこともあります。
 「おはようようございます」「こんにちは」と自分から挨拶します。
 「何を撮っているんですか?」「普通の景色を普通に撮っているんです」

ヤブミョウガ
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 24mm / FV (F4 1/320 0EV ISO400) / Auto
ヤブミョウガ

 うっそうと茂った暗がりに見掛ける白い花。
 調べると、ヤブミョウガという花らしい。
 食べられるのだろうか。


森ひとつ
CANON EOS RP+NOKTON 50mm F1 Aspherical [RF-mount] / 50mm / FV (F16 1/200 0EV ISO400) / Auto
森ひとつ

 せっかく高いカメラと高いレンズを持っているのだから、
 色々な写真を通じて自身の思いを伝えていきたい。
 白黒写真って、白黒写真用に撮らないとダメなんだ。


金目水道橋
CANON EOS RP+NOKTON 50mm F1 Aspherical [RF-mount] / 50mm / FV (F16 1/60 0EV ISO200) / Auto
金目水道橋

 橋と付くけど人が渡れるようには思えない。
 なんてことのない水道橋を、丁寧に白黒で撮ってみます。
 伝えたいのは左手奥に続く農道。


狸久保
CANON EOS RP+NOKTON 50mm F1 Aspherical [RF-mount] / 50mm / FV (F16 1/50 0EV ISO100) / Auto
狸久保

 狸久保(たぬきくぼ)という地名は全国に幾つかあるようです。
 こちらは、神奈川県平塚市の狸久保(たぬきくぼ)。 季節によっては梅や桜が楽しめます。


クリックすると拡大します

 これまでは「便利ズーム」1本だけっていって、「男はこれ1本で」とかやってたんだけど。
 今はズーム2本に単焦点1本、つまり全部持っていっています。
 そのうち、もっと広角を、もっと望遠を、となってしまうかも知れないし、しないかも知れない。
 未来のことは誰にも分からない、何も決まっていない。

クリックすると拡大します

 帰宅すると、壊れていたベッドを捨てようと女房から声を掛けられます。
 どれどれとみると、解体には六角レンチが必要で、そんなものはとっくに捨ててしまっています。
 工具箱のどこかにしまってあるかも知れないけど、探しても見つからず。
 仕方ないので速攻でダイソー、100円で買えてしまう時代なんだ。
 もちろん耐久性はアレだけど、家庭で使う分には全く問題なし、助かりました。

クリックすると拡大します

 「お昼、どーする?」「友達が鰻やに行ってきたって」「じゃ、行きますか」
 お昼は、鰻の成瀬 秦野店公式ホームページ)へ、遂に我が町にも鰻の成瀬がやってきました
 らーめん醤家が2024/6/16に閉店し、2024/7/13に業態変更してオープン。
 FC展開するのはみづほ野(公式ホームページ)、営業時間は11:00-14:00 17:00-20:00、無休。

クリックすると拡大します

 2022/9、横浜市内に1号店をオープンして以来、既に150店舗以上を展開されています。
 焼き牛丼の「東京チカラめし」をはじめとして、立ち食いステーキの「いきなり!ステーキ」、高級食パンの「乃が美」、から揚げ専門店の「から揚げの天才」など、破竹の勢いでチェーン店展開された店舗は数知れず。
 数年後の栄枯盛衰はご存じの通り。
 鰻の成瀬は、数年後にどんな状況になっているだろうか。

クリックすると拡大します

 鰻の成瀬は鰻重専門店、メニューは大中小ならぬ、松竹梅のみ。
 ネットで調べる限り、各店舗のメニューは飲物の多少はありますが、鰻重は全店舗でこの3種類だけ。
 今でこそ多種多様のメニューを扱っているけど、創業時は「単一メニューの大中小」だけ提供していたチェーン店がありました。
 チェーン店が成功する要素の一つに、メニューを絞ることもあるのでしょう。
 まま、1回倒産するとか、食材をまるっきり入れ替えてしのぐとか、もあるかも知れませんね。

クリックすると拡大します

 店舗に着いたら、先ずは店内に入ってウェイティングシートに名前を書きます。
 その後で、順番待ちに並んで、順番に店内へ入っていきます。
 伺った日はオープンして三日目だったこともあってか、外待ちするほど盛況。
 1ヶ月、2ヶ月したらどうなるかは、神のみぞ知る。

クリックすると拡大します

 店内は調理場を囲むカウンターが4席と4席の8席。
 テーブルは4人掛け、2人掛け8卓、20席、訪問時は計28席ですが、だいぶ間引いていました。

クリックすると拡大します

 メニューはうな重の松2,600円、竹2,200円、松1,600円。
 値段の違いは鰻の量だけで、鰻やたれに違いはありません。
 飲物は瓶ビール700円、冷酒700円、ノンアルコールビール550円。
 ちなみにテイクアウトも同額、税込表記ですから、テイクアウトは微妙に高い(笑)

クリックすると拡大します

 店員さんがお冷やを持ってきてくださるタイミングで、注文します。
 口頭注文後会計、現金決済のみでクレカやQRコード決済は使えません。
 卓上には追いたれ、山椒。

クリックすると拡大します

 うな重に限らず、料理って適切な提供時間がありますよね。
 立ち食いそばなら早ければ早いほど嬉しいけど、うな重が1分、2分で提供されては興ざめ。
 いや、今は多様化の時代、うな重でもすぐに食べたい人もいるだろうな。
 今日は15分待ちで提供、待つ時間も味の内と考える我々にはありがたい。

クリックすると拡大します

 15分ほど待って、うな重の松2,600円、女房も同じ松を。
 お吸い物と薬味(山葵、白葱、生姜、漬物)が付きます。
 手前にウェットティッシュと箸が置かれているがちょっと気にはなります。

クリックすると拡大します

 食べ手の好みですけど、うな重は蓋を開けたときに立ち上る香りが大好き。
 鰻が重箱に入りきらないのが食べ手は嬉しいというか、売り手側の狙い通りというか。

クリックすると拡大します

 お吸い物は肝吸いではありません。
 それでも箸を濡らすために一口飲みます。

クリックすると拡大します

 食べ方の指南書には、「まずそのままで」と説明されています。
 それはそれとして、私は山椒を掛けて頂きます。

クリックすると拡大します

 うな重専門店でうな重を頂くのは久し振りです。
 「蒸し焼きの関東風」で焼き上げ、提供前に鉄板で焼き上げているとのことで、とっても心好い。
 正直、ここまで美味しいとは思っていませんでした。
 調理が必要ですから店舗によって味わいに差があるとしても、この美味しさでこの値段はいい時代になりました。

クリックすると拡大します

 山椒で楽しんだら、次は山葵で頂きます。
 全量を山葵で楽しめるほどの量が添えられていて、甘いたれを断ち切るには十分です。
 ちなみに鰻は、中国産二ホンウナギとのこと。
 日本産と中国産、二ホンウナギとヨーロッパウナギ、天然と養殖の違いが分かる人には無用の情報ですな。

クリックすると拡大します

 残りが少なくなってきたところで、せっかくですから追いたれを楽しみます。
 鰻の美味しさの殆どはたれだと思うけど、卓上に追いたれが用意されているのはとても嬉しい。
 たれが鰻とご飯に良く合うのは分かったので、お酒に合うかどうかの確認も必要ですな。

クリックすると拡大します

 うな重って、高い高いって聞くけど、それなりの店で食べたら幾らだっけ、って私は分からないし。
 月に一度どころか年に数回も食べないのに、高いも安いも無いだろうと思ったりもするし。
 まあ、なにはともあれ食べてから言えってことなのだろう。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記