2016年08月22日

高円寺で二軒

/そばいちにてかき揚げそば/中華料理屋にてサンラー麺/広州市場高円寺店@高円寺にて三種盛り雲呑麺/混ぜそばみなみ@高円寺にて並盛/

 朝、大雨だったのでバイクで駅まで行かれず、バスに乗ったので10分以上も出遅れてしまい。
 朝食に大好きなゆで太郎に立ち寄る時間が無くて、JR東日本駅構内のそばいちホームページ)へ。
 暑い日ではなかったのでかき揚げそば430円、初めてそばを粉っぽく感じましたが、なんでだろう。
クリックすると拡大します

 お昼は「食べ物にこだわらないのがこだわり」の同僚と居酒屋ランチ、今日は居酒屋ではなく中華料理屋
 定食のランチは5種類、定番のランチは11種類、いずれもデザートが付いて680円(税込)とこの辺ではかなり安い部類に属します。
クリックすると拡大します

 サンラー麺680円
 うーんと、サンラー麺ってどんなラーメンのことを言うんだっけ、ラーメンって食べれば食べるほど分からなくなります。
 鶏ガラ主体のあっさりしたスープ、酸味も辛味も殆ど感じませんでしたので、テーブルに用意された調味料で味変して、と。
クリックすると拡大します

 典型的な中華料理屋さんの細麺、可も無く不可もない感じで、普段食べるのであれば全く問題ありません。
 ラーメンって頭から湯気が出るほど難しくも考えられるし、凍結した路面を滑るように簡単にも考えられて、とても楽しい料理です。
クリックすると拡大します

 食べ終わってデザート、味も食感も杏仁豆腐なんですけど。
 色が白くないし、クコの実は乗っていないし、でもでも美味しいからいいんです。
クリックすると拡大します

 13時から17時まではアイスコーヒーがサービス、フレンドリー過ぎる。
 同僚は定食を食べましたが、かなりおかずが多くお徳に思えましたし、大好きなコーヒーも付いてこの値段。
 大喜びかと顔を覗くと、淡々と普段と何にも変わらずにスマホをスクロールさせていました。
クリックすると拡大します

 高円寺駅に隣接していると言っていい立地の、携帯ショップか何かの跡地に広州市場高円寺店@高円寺(杉並区高円寺南)ホームページ)が6店舗目として2016/8/11にオープンしました。
 他の広州市場と似ていて、店内は非常に狭く、それが市場をイメージさせています。
 店内に入るとすぐにカウンター6席、右端に2席のテーブルがあり、厨房の左奥の部屋にはテーブル席が20席程度あります。
クリックすると拡大します

 メニューは他店と同一のワンタンメン中心、つまみ料理多数、限定メニューは全店共通の汁なし担々麺です。
 注文が入ってから雲呑や餃子を皮で包んでいるので、調理に時間が掛かります。
 卓上には他店と同一の食べるラー油、玉ねぎダレ、塩しょうがダレ、にんにくダレ。醤油、酢、黒胡椒。
クリックすると拡大します

 程なくして三種盛り雲呑麺790円、店員さんが「ワンタンの食べ方はご存知ですか?」と説明しようとするので、丁重にお断りしました。
 スープはセントラルですから、正直、塩でも醤油でも同じで、大切なのはワンタンを美味しく食べること。
クリックすると拡大します

 平打太麺を食べた感じでは他店と同じで大黒屋製麺だと思うのですが、店横には菅野製麺所の麺箱を置かれていて、はて。
 柔らか過ぎず、硬すぎず、とても美味しい麺です。
クリックすると拡大します

 ワンタンは具によって、豚挽肉、野菜、海老入りの三種類用意されていて、どのワンタンも美味しいので、2個づつ6個入った三種盛り合わせ一択です。
 ワンタンはそのまま食べるのではなく、大きめ(ワンタン1個がちょうど乗る大きさ)のレンゲに乗せ、好みの調味料を掛けて頂きます。

 ワンタン用の調味料は4種類用意されているので、毎日来ても色々と楽しめます。
 私は具と調味料の組み合わせを決めているのですが、平日だとにんにくダレは使えないので、その日の気分で変えています。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 高円寺駅南口から、緩やかな下り坂をバスロータリーを越えていくと、右手に混ぜそばみなみ@高円寺(杉並区高円寺南)が見えてきます。
 この漢字の「混ぜ」に平仮名の「そば」と言う屋号の表記は、現時点で日本に一軒しか見当たりません。
クリックすると拡大します

 中野、阿佐ケ谷、荻窪に比べると、高円寺はチェーン店でさえ撤退を余儀なくされるほどラーメン不毛の街(はやしまるを除く)。
 そんな中で個人店として2015/5/29オープンして既に一年、世の中で一番正しいのはお金を出すお客さんですから。

 店名の由来を調べてみると三井さんと浪江さんの二人で始めたので「み」「なみ」、高円寺駅の南口側もアンダーミーニング。
 お二人は東京麺珍亭本舗鶴巻店で修業されたとのことで、どれだけハードル上げても、上げ過ぎになることは無いでしょう。
クリックすると拡大します

 店内はハイチェアカウンター7席に2人掛けテーブルが1卓、店内は黒で統一されています。
 券売機を見ると混ぜそば専門店の名に恥じない混ぜそばのみ、昨今の流行りを取り入れた台湾まぜそば、季節限定の冷たい混ぜそばもあります。
 麺量は並盛140g、大盛210gは同額、トッピングは温玉、ネギ、チャーシューなど。

 食券を買ってハイチェアに登ってから、カウンター台に食券を置いて、お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上にはラー油、酢、特製ソース、白胡麻、白胡椒、唐辛子、ニンニク。
クリックすると拡大します

 程なくして並盛600円、上から見ても下から見ても間違えようのない武蔵野系油そばの麺相、つまり本流、と言うかなぜ「混ぜそば」と呼ぶのか。
 ノータイムでラー油と酢を回しかけ、全体をよく混ぜますが、油そばのことをちゃんと分かっているので、メンマは大きめで麺に絡まないようになっています。

 モモ肉のレア仕上げチャーシューは細切りされておらず、、、油そばのことを分かっていないみたい。
 混ぜていると、あの武蔵野系油そば独特の香りが漂ってきて、食べて見ると椅子から転げ落ちるほど美味しい。
 美味しいからって幾らでも食べられる歳ではないので、再訪して「麺柔らかめ」を試してみたい。
クリックすると拡大します

 モッチモチの太麺はネット情報によると豊華食品、うーん、美味しいことしか分からない。
 麺が最後の何口かになったので、マヨネーズに唐辛子を合わせた「特製ソース」を掛けてみると、辛くて甘くて酸っぱくて、箸が止まるほど美味しい。

 麺を食べ終わると丁度タレも無くなっていて、タレの粘度が麺に合っている証拠です。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月21日

夕陽

/紫陽花/阿波や壱兆(あわやいっちょう)@東中野にて田舎ぶっかけ(冷)/中華そば大咲@埼玉県入間市にて中華そば(普通盛)/夕陽/

 バイクを駅に置きっぱなしなので、炎天下を歩いていると紫陽花が咲いている。
 紫陽花って6月に咲くんじゃないの?8月中旬に咲く種類もあるの?それとも個体差なのかな。
クリックすると拡大します

 最寄駅から電車で新宿まで、電車が空いていて、どこに座るか困ってしまうほど。
 あちこちのSNSへ投稿しなくちゃいけないのに、途中でぐっすり寝てしまいました。
クリックすると拡大します

 東中野駅から歩いて一分の阿波や壱兆(あわやいっちょう)@東中野、24時間営業のお店ですから、朝飲みとして使わない手はありません。
 そんなことは誰もが知っていて、9時半頃に付きましたが、先客数人と素晴らしいお店ですね。
クリックすると拡大します

 先ずは生ビール、SNSなどで「朝からビール」とことさら特別視されている人を見かけますけど、なぜ朝とか昼間に飲むことは「特別」で、夜に飲むことは「普通」なのだろうか。
 その人、その人の生活スタイルに合わせて飲めばいいし、そうやって自己判断ができるからこそ飲むことを許されていると思いますが。
クリックすると拡大します

 本日のオススメを探すも、ブラックボードは真っ黒、昨夜の盛会を沈黙をもって語っています。
 と言うことで、レギュラーメニューの燻製鮎のひらきすだち添え500円をお願いしました。

 複数人で来ればおしゃべりが楽しいだろうけど、一人で来ているので一人の時間がとても楽しい。
 一人で飲みに行っていると「一緒に飲んでくれる友達もいない」と言う人がいて、これだけ生活様式が多様化している現代、人と群れることが高価値、という近視眼的な価値観にうんざりします。

 次の予定があるのでそうめんをお願いして出来上がりを待っていると、店主さんがいらっしゃってご挨拶を。
 顔を覚えてくださっていて、とても嬉しかったです。
クリックすると拡大します

 今日は日替わりメニューが売り切れていたので、レギュラーメニューの田舎ぶっかけ(冷)780円
 冷たい魚介出汁にゆったりとそうめんを横たわせ、麺が見えないほど乗せもの、鳴門わかめ、錦糸卵、干し椎茸甘煮、カニかまぼこ、青ネギ、青ゆず。

 綺麗な彩りに目を奪われつつもそうめんのひと手繰りに合わせて一口づつ頂くと、とても美味しい。
 個人的に好きな椎茸がいい感じで煮付けられていて、さっぱりめの芋焼酎に合わせたいほどの美味しさです。

 しっかりとした歯ごたえの半田そうめん、口当たりの優しさ、喉ごしの滑らかさ、とっても美味しい。
 帰り際に少しだけお話しさせていただき、また、食べに来ますと。
 ご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 東中野からいったん新宿に戻り、池袋に出て、西武池袋線に乗り換えて仏子駅へ。
 西武池袋線は乗り慣れないので、目指す駅で急行が停まるのかいまいちわからないので、「所沢(小手指)まで急行が常識だろ」が上手く飲み込めていません。
 この駅には初めて降りたけど、こうして食べ歩きを続けていたら、全てに駅で乗り降りすることができるようになるのかな。
クリックすると拡大します

 調べてみると駅から徒歩15分、って炎天下を歩いている場合じゃないだろ。
 ちなみに駅からバスが出ていて、1時間に2本とはかなりの都会(田舎だと学生の通学時間帯以外は運行してない)、でも20分待ちなので歩いた方が早い。
クリックすると拡大します

 緩やかな上り坂を汗びっしょりになって中華そば大咲@仏子(埼玉県入間市)ホームページ)、駐車場満車、店内満席、外待ち二人。
 もう、こんな暑い日に良くラーメンなんて食べにくるよな、まったく。

 少しして店内へ、左手の厨房を囲むカウンター8席、右手は4人掛けテーブルが3卓、ゆったりとした配置に幅広い年齢層のお客さんが思い思いにラーメンを楽しんでいます。
 空いていたカウンター席に案内され、口頭注文後会計、永福町大勝軒ー毛呂山大海軒の系譜ですので、メニューは中華そばのみ、ではなく、つけ麺もあります。
クリックすると拡大します

 麺量は標準で1.5玉(240g)ですので、少なめ1玉にするとたまご半分付き、大盛り2玉は100円増し。
 そうめんも食べたし、味の95%は想定できるので、少なめに心動かされるけど、これでもラヲタの端くれなんでね。
 卓上には醤油、酢、白胡椒。
クリックすると拡大します

 程なくして中華そば(普通盛)750円、アルミのお盆に乗せられたデカい丼、普通サイズのレンゲ。 
 ラード少なめの煮干鰹節出汁スープ、洗練さはあまり感じないクラシカルな味わい、身と心にズッシリと重りを付ける大好きな味。
クリックすると拡大します

 緑ではない橙色の麺箱、草村ではなく菅野製麺所、屋号が「仏子大勝軒」であれば一言言わなければなりませんが、大咲ですので。
 柔らかめに仕上げられていて、スープにまとわりつくような美味しさ。

 トッピングはチャーシュー、メンマ、板海苔、なると、柚子。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 行きと同じように歩いて駅まで戻り、秋津、新秋津、府中本町、登戸と小田急に接続して、町田へ。
 仕事が終わった時間に伺うと100%閉まっているので、今日立ち寄りましたが、それでもスープ切れで早仕舞い。
 わざわざ店主さんが店先まで出てきてくださったので、「開店三周年、おめでとう」だけ、お伝えして。
クリックすると拡大します

 夕陽を眺めて悲しく思うか、楽しく思うかは、見る人次第だろう。
 夜は茄子料理とお蕎麦を美味しくいただきました。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月20日

朧月

/二日酔い/横浜家系ラーメン大天空丸@小田原市にて塩ラーメン/月/

 飲み過ぎれば二日酔いになるのは有史以前より分かっている未来、いま私はその未来にいる。
 色々と予定していたことを全て諦め、ベットでじっとしてアルコールが抜けるのを(正しくはアルコールが分解されたアセトアルデヒドが分解されるのを)待つばかり。
クリックすると拡大します

 夕方になって身体が楽になってきたので、ラーメンでも食べに行くかと車を飛ばして、横浜家系ラーメン大天空丸@小田原市へ。
 今日は雨模様だったのでクルマで向かいましたが、店先の駐車場が満車でしばし入庫待ち。
クリックすると拡大します

 程なくして店内へ、テーブルに二組、カウンターに二人、ラーメン専門店なので十分な入りだと感じました。
 券売機で食券を買って店内を見渡すと、「こちらへどうぞ」と図らずとも前回と同じカウンター席へ。

 席へ座るなり「いらっしゃいませ、ブログを見ました」とお声掛けいただき、全く予期していなかったので「修行店は伏せておきました」と答えるのが精一杯です。
 まあ、食べる人が食べたら分かるラーメンですから、いずれ修行店は広く知られることになると思いますが、私からは言いたくないので。
クリックすると拡大します

 前回は醤油味を食べたので今回は塩ラーメン650円、前回は麺柔らかめでお願いしたので、今回は麺固めで。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。

 前回よりも少し濃いめのスープ、塩分も強めに感じましたが、この辺のブレというかアンバランスこそが家系ラーメンの真骨頂だと考えている私は、思わずニンマリ。
 いいですねぇ、これがラーメンのスープですねぇ、生ものを食べている気持ちになります。
クリックすると拡大します

 麺は醤油味と同じ四之宮商店の特注麺である短尺中細平打麺、固めを試しましたが、これはこれでいい感じです。
 私はハウザーなので麺の茹で加減は柔らかめでお願いしますが、だからと言って常に柔らかめではなく、ここぞというお店では他の仕上がりも試します。
 トッピングは大きくて厚切りのチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚、どれ一つ欠けても家系ラーメンになりません。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 店主さんは、全てのお客さんを店の外まで見送っていますので、私も送っていただきました。
 少しお話しさせていただき、また食べに来ますと、お店を後にします。
クリックすると拡大します

 帰り際、が綺麗だったので撮ってみたのですが、実際の綺麗さとはかなりかけ離れてしまい。
 まあ、雰囲気だけ。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記