2017年04月25日

居酒屋ランチ再び

/ゆで太郎新宿ワシントンホテル店にて朝そば(たまご)、コロッケ/炭火焼もり平@新宿区西新宿六丁目にて台湾まぜそば/瞠恵比寿店@恵比寿にて比内地鶏のあぶらそば/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎新宿ワシントンホテル店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。

クリックすると拡大します

 定番の朝そば(たまご)330円、クーポンでコロッケ
 お蕎麦は温かいのと冷たいのから選べるので温かいので、たまごは生、茹で、温玉から選べるので生で。
 いつもならば角盆にぎゅっーと並べ替えるところ、暖かいお蕎麦だと余裕で並べられます。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は天玉そばにして、揚げ玉をたっぷりと掛けて、わさびも一袋分を乗せて。
 って、わさびを乗せると賛否両論あるだろうけど、料理なんて嗜好品だから賛否両論が前提、先ずは自身でやってみて欲しい。
 自分では何にもしないで、他人がやっていることにあれこれ言うのは簡単だな。

クリックすると拡大します

 コロアは「す」。
 あくまでもアート、あくまでも芸術ですから、分からない人に分からないで仕方ありません。
 美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 一気に暖かくなって、今から来週からのクールビズが楽しみで仕方ない。
 まあ、クールビズになったらなったで一気に冷え込み、その先に梅雨があるのが常です。
 そんなことより、さっさとラーメン遠征の宿を取らないと。

クリックすると拡大します

 お昼は炭火焼もり平@新宿区西新宿六丁目へ、ここに来て居酒屋ランチの復活です。
 ランチタイムは外待ちができるほど混雑していて、店内を見渡した感じでは、下げ膳が間に合っていないようです。
 厨房に面したカウンター9席、4人掛けテーブル2卓、左手奥に40席ほどあるようです。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式の券売機が二台置かれていて、片方は1,000円札専用という。
 ランチタイムの定食は880円均一で、京都ラーメン、魚介ラーメン、台湾まぜそば、とんかつ、ハンバーグ、唐揚げ(10個まで同額)と六種類が用意されています。
 主菜(又はラーメン)に小鉢、漬物、味噌汁が付き、さらにライス、カレー、キムチ、キャベツはお代わり自由。

クリックすると拡大します

 居酒屋なので調味料を確認してもアレですが、念のため確認しておくと、醤油、ソース、七味唐辛子、塩、白胡椒、ニンニク唐辛子。
 お客さんの流れを見ていると、女性一人客も多く、お代わり自由のキムチやキャベツを悠々とよそっていきます。
 ラーメンが出来上がるまでネットを検索すると、京都や福岡の同名店がありましが、さて、関係やいかに。

クリックすると拡大します

 台湾まぜそば880円、あらかじめキャベツを盛り付けました。
 この麺相は「お店がそう言うなら」タイプで一般的には台湾まぜそばでは無くニラそば、それでも「台湾まぜそば」と言うなら、刻み海苔、輪切りネギを乗せて欲しいところですが、それはお店の自由です。
 麺が見えなくなるほど刻みニラがあしらわれ、豚挽肉もたっぷり、大振りのチャーシュー、卵黄。

クリックすると拡大します

 どれ全体を混ぜるかと箸を差し入れると、タレではなく濃いめの魚介醤油スープが丼半分ほど入っています。
 ストレート中太麺は自家製麺、ご飯のお代わりが自由なのに(まぜそば、と言うことで)麺量は一玉半。
 途中から辣油を回し掛けたりして、味は悪くなくて、だからと言ってオススメ出来るほどではありません。

クリックすると拡大します

 器の追加はご遠慮下さいとのことでしたので、幾つか空けてから、お代わり自由コーナーへ。
 キムチとカレーは「無くなるまで」とのですがまだ残っていました。
 ご飯の半分をラーメンどんぶりへ入れて追い飯(笑)

クリックすると拡大します

 わざわざ感はありませんが、近場にあれば月に一度は食べてみたいし、とんかつとか唐揚げとかと絡めて、週2位は来られそう。
 ラーメンは毎月変わるみたいなので、取り敢えず全メニューを食べておく必要があります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 美味しい油そばがあると聞いて、瞠恵比寿店@恵比寿(渋谷区恵比寿)ホームページ)。
 本店の池袋店は今月で12年目、こちら恵比寿店は11年目、都内のラーメン好きならどちらも知っている老舗ラーメン店です。
 ここには開店直後に一度だけ伺っていて、その時の店先と違っているので、リニューアルしたのでしょう。

クリックすると拡大します

 店内に入って右手の券売機で食券を買います。
 あぶらそば、らーめん、つけめんまでは830円、辛つけめん880円。
 トッピングはネギ、海苔、メンマ、わんたん、チャーシュー、味付け玉子、飲み物はビールだけで券売機の上にラッキー恵比寿が飾ってあります。

クリックすると拡大します

 先ずはヱビスビール小瓶380円で今夜は恵比寿で一人お疲れ様会。
 卓上のカスターセットを確認すると、白胡椒、一味唐辛子、Tabasco。
 元々は魚介ラーメン一推しでしたが、油そばが評判になり、恵比寿店をオープンしたんだなぁ、とネット情報のまま。

クリックすると拡大します

 少し待って比内地鶏のあぶらそば850円、今月から始まった限定メニューです。
 麺が見えないほどのトッピングは、細切りチャーシュー、材木メンマ、水菜、九条ネギ、板海苔一枚、揚げネギ(?)、半熟玉子。
 ラーメンと共通と思われる丼に盛り付けられていて、丼が大きめで、かき混ぜやすく食べやすいです。

クリックすると拡大します

 全体を混ぜて食べてみると、多くの具材の味わいに比内地鶏の旨味が加わって都内トップレベルの美味しさ。
 試行錯誤ではなく、調理人のセンスが光る油そばです。
 弾力のある太麺は三河屋製麺、ベトつくタレを避けてスープ状とし、舌触りがとても気持ち良い。

クリックすると拡大します

 細切りチャーシューとメンマ、なるとは冷たいのですが、混ぜればそれなりになり、いい感じです。
 麺が残り少なくなって味変、辣油や酢を頼んでも良いのですが、折角なので卓上のタバスコを掛けてみる。
 こういう所に用意されているタバスコはドロリとしているので、思いっ切り振ったらバシッと出てきて、全体の色が変わるほど掛けてみました。

クリックすると拡大します

 辛味の酸味、つまり辣油と酢、なのか。すんげえ旨くなったぞ。
 しかしして、このタバスコはかなりサラッとしていて、何か手を加えてませんかね、白熱灯で常時温めているのかも知れません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月24日

新作検討

/ラーメン天華@西新宿五丁目にて冷し塩まぜそば/東京味噌らーめん萬馬軒花橙歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目にて地獄ラーメン/

クリックすると拡大します

 お昼は西新宿五丁目駅からほど近いラーメン天華@西新宿五丁目、すぐ近くにある中華料理天華からのスピンオフ(笑)
 2016/6/12リニューアルオープン、ですが店内が綺麗になっただけで、殆ど変わっていません。
 カウンター7席のみの狭い店内ですが、お昼時には満席外待ちになるほど繁盛しています。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンが6種類、まぜそばが5種類、まぜそばは温か冷を選べます。
 卓上には醤油、辣油、酢、おろしニンニク、ブラックペッパー。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちますが、一品づつ丁寧に調理されているので、少し待つことになります。

クリックすると拡大します

 程なくして冷し塩まぜそば750円
 まぜそばなので既に麺とタレは絡めてありますが、それでもさっと絡めてから頂きます。
 三河屋製麺の平打中太麺が、濃縮された冷たい鶏白湯スープに絡んでとても美味しく、並180gがあっという間です。

クリックすると拡大します

 トッピングの水菜、バラ巻きチャーシュー、メンマは何の工夫もなくて、上手く混ざらないので混ぜないようにして食べました。
 鶏ガラ醤油スープがなぜ付いてくるのは不明ですが、合間合間に頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 桜も綺麗だったけど、新緑もとても綺麗で目に眩しい。
 晴れの日限定な気がしますが、ま、綺麗ならそれでいいでしょ。

クリックすると拡大します

 夜は東京味噌らーめん萬馬軒花橙歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目、店先には真っ白い暖簾が掛かっていて、「創業昭和63年」と書かれています。
 蒙古タンメン中本は平成に入ってからの創業ですから、こちらの方が先に開店しているんですね。
 券売機を見ると地獄ラーメン、つけ麺が販売開始していて、色々とホッとしました。

クリックすると拡大します

 人手不足から営業時間が夜だけになっています。
 聞けば、時間帯によって外待ちが出来るほど認知されてきていて、ああ、ネット情報のいかに当てにならないか。
 その時間帯では無いので先客一人、後客4人でした。

クリックすると拡大します

 先ずはビール550円で今夜は歌舞伎町で一人お疲れ様会。
 卓上の調味料が一味唐辛子、ブラックペッパー、白胡椒に変わっていましたが、まあ、今日の話ではまだまだ変わりそうです。
 ラーメンは花田と同じ様に全ての料理は鍋を振って調理しますので、提供までそれなりに時間が掛かります。

クリックすると拡大します

 地獄ラーメン900円
 鶏白湯ベースの唐辛子たっぷりの味噌スープでは、豚バラ肉が生から煮込まれているので、いい感じに脂が出ていてとても美味しい。
 ガーリックチップもふんだんにあしらわれていて、さらに辛さを加速させます。

クリックすると拡大します

 合わせる太麺は三河屋製麺、麺量が多めなので半玉でお願いするつもりでしたが、うっかり忘れてフルサイズにしてしまいました。
 トッピングは茹でモヤシ、チャーシューは別トッピングでも用意されていませんが、そこをなんとかお願いしてみるかな。
 味が単調なので途中から酸味を加えたいのですが、胡椒しか無いので、、、今後に期待。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べ終わって、新メニューのアイディア出し、ああじゃない、こうじゃないがとても楽しい。
 美味しいだけのラーメンは食べ飽きた、大盛りだけラーメンは見飽きた。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月23日

柳家三三 落語会

/麺処誠@小田原市下大井にて醤油らーめん/小田原 柳家三三 落語会/麺処輝(てる)@小田原市扇町にてらーめん/

クリックすると拡大します

 今日は小田原までバイクを飛ばしてみる。
 かつて、飛ばしている途中で事故に遭ってからというものの、すっかり臆病になって腰が引けていました。
 事故現場が近くなるにつれて心臓がバクバクしたりするかと思ったら何の変化も無し、歳を取って忘れやすくなるのも悪いことばかりじゃ無いな。

クリックすると拡大します

 国道255号線を南下していると、左手に見えてくる麺処誠@小田原市下大井紹介のサイト)、 麺家ゑびすIEK下大井店跡地に2017/4/11オープン。
 ここは何度かお店が変わった立地なのですが、あっさり閉店するほどラーメンが美味しくないわけでもないし、これといった酷い接客も聞かないのですが、なぜ一年もしないウチに変わってしまうのだろう。
 お店は牛骨スープとローストビーフを売りにしています。

クリックすると拡大します

 ローストビーフはともかく、牛骨ラーメンをレギュラーメニューとして提供しているラーメン屋は神奈川県内には非常に少ないので、「牛骨ラーメンとは何か(豚骨や鶏ガラどどう違うのか)」の説明があるといいと思うんだけど。
 店内は前店の居抜きで、左手厨房に面したカウンター6席、右手のスペースには4人掛けテーブルが4卓。
 入り口近くに券売機が用意されていて、メニューを見ると、醤油らーめん750円、塩らーめん750円、期間限定トマトらーめん800円。

クリックすると拡大します

 トッピングは味玉、ねぎ、のり、ほうれん草、わかめ、ローストビーフ。サイドメニューは別皿のローストビーフ、ごはん、焼き餃子。
 テーブルには辣油、酢、醤油、ブラックペッパー、一味唐がらし。
 店員さんは男性二人に女性一人、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油らーめん750円
 食べた感じでは牛骨も使われていますがほぼ豚骨出汁のスープ、美味しいとは思います。
 生活圏内であれば何度か食べたい味ですが、わざわざは食べに来るほどには感じませんでした。

クリックすると拡大します

 鴨宮製麺の角中細麺、スープとの相性は良くてするすると食べられます。
 トッピングはローストビーフ一枚、水菜、白ネギ、糸唐辛子。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さて、お待ちかねの小田原 柳家三三 落語会 谷津公民館。
 真打ちというか、柳家三三師匠として全国と飛び回っているいますが、自身の出身地であり、噺家として育ててくれた小田原の地での講演。
 大手チケットセンターなどでの先行販売は一切せずに、並んだもん順の落語会、13時と15時の二回ですが、13時の会に朝6時から並んでいるお客さんもいるとか。

クリックすると拡大します

 夏は暑く、冬は寒い公民館内には200席ほどのパイプ椅子が並べられ、まさに時の経つのを忘れるほどの楽しい落語を楽しみます。
 文学的な考察や、江戸風俗としての時代検証も大切ですが、「人生に全く役に立たない話をお金を払ってまで聞く優雅な時間」が一番大切。
 三三師匠は古典落語中心の噺家で、たまたま聞いたことのある演目の時もあり、落ちが分かっていても引き込まれてしまいます。

クリックすると拡大します

 今日の演目は碁泥(ごどろ)、ぼたもち小僧(柳家わさび)、大工調べの三つ。
 参加者は圧倒的に年金生活者が多いのですが、私も年金生活者になったら聞きに来たいな。
 心ゆくまで楽しんだ一時間半、次は8月に市民会館、今から楽しみです。

クリックすると拡大します

 帰り際に立ち寄った麺処輝(てる)@小田原市扇町、翔龍井細田店の跡地に2016/8/6オープン、しばらく小田原に来ない間に新店が増えました。
 RAMEN FACTORYと副題が付いていますが詳細不明です。
 店内に入ると厨房を囲む11席のカウンター、右手奥が4人掛けテーブル2卓になっています。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ右手の券売機を見ると、メニューは醤油、味噌、塩と揃っていて味噌だけが50円高い最近では見掛けない値段設定。
 トッピングは味玉、白髪ねぎなど、サイドメニューは焼き餃子、チャーハン。
 中年の男性店主さんと、若い女性店員さんの二人体制、先客一人、後客二人。

クリックすると拡大します

 卓上にはおろしニンニク、刻みニンニク、ブラックペッパー、唐からし、醤油、辣油、酢。
 壺型の調味料入れが二つあれば、ニンニクとショウガが一般的ですが、ショウガが無くてニンニクが二種類とは油断できません。

クリックすると拡大します

 少し待ってらーめん650円、カウンター台越しでは無くテーブルまで運んで下さいます。
 今風では無い大きな丼にたっぷりのスープにたっぷりの麺、醤油味ですが、強い豚ガラ、鶏ガラを煮出した甘みの強いスープです。

クリックすると拡大します

 麺は製麺所不明ながら縮れ中太麺、食べ応えがありますねぇ、美味しいですねえ。
 トッピングは厚切りチャーシュー、メンマ、細切り白ネギ、板海苔一枚。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田原からバイクで帰宅するには、大きく三つのルートがありますが、今日は二宮経由で帰宅。
 ソメイヨシノが終わると八重桜が目立ち始めるので、バイクを止めてパチリ。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記