2019年12月12日

酒かすラーメン

/ゆで太郎西五反田本店にて天中華、季節のかきあげ天、ワカメ/三田魚介センター@三田にて酒かすラーメン/会社の忘年会/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 チェーン店やお弟子さんが多く展開している系列店の本店や創業店を「聖地」と呼ぶ方がいますが、私はその言い回しが腹に落ちません。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 未だに季節の野菜が食べられていないので、本店なら食べられるだろうと。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式券売機が二台、手前は高額紙幣対応機です。
 本店などの24時間営業店は、日替わり得セットが朝10時に切り替わりますので、木曜日の朝は水曜日のミニ海老天丼が頂けます。
 食券を買って受付に出し、お冷やをピックアップしてから空いている席に座り、出来上がりを待ちます。
 席配置は店内中央に10人掛け相対スタンドカウンターが2島、2人掛けテーブルが8卓、計36席。

クリックすると拡大します

 程なくして食券の番号が呼ばれ、他店と異なる上質な滑り止めトレーに乗せられた、天中華450円、季節のかきあげ天250円、クーポンワカメ
 トレーが少し大きめで、縁が垂直ではないので、多くの小皿でも乗せやすくなっています。
 さて、麺にスープを吸わせながら手際よく盛り付け始めます。

クリックすると拡大します

 麺が見えなくなるほど盛り付けてなお、麺を手繰って頂くと、ああ、美味しい。
 全体的に甘めの味付けながら、その甘めを味わえる年頃、長生きはしてみるものです。
 しかしして、こんなに大きな帆立と新鮮な春菊を、食感の楽しい蓮根と共にかき揚げにしたら、美味しいに決まってますがな。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 お昼は、三田魚介センター@三田(港区芝)ホームページ)へ。
 居酒屋のランチ営業、今年の夏からラーメンを提供するランチを開始、秋から酒かすラーメンを投入されたとのこと。
 調べてみると、公式ホームページや公式ツイッターでランチ営業は告知されておらず、実はシークレット販売でしょうか、、、違いますよねぇ。
 店先でメニューを確認(撮影)していたら、店長さんが出迎えて下さり、まま、営業掛けなくても食べますから。

クリックすると拡大します

 店内はノーゲス、清潔にはされていますが、昼間の自然光を浴びると椅子やテーブル、床などは汚れが目立ちます。
 席配置は全席テーブルで、2人掛け1卓、4人掛け4卓、6人掛けが2卓、計40席。
 卓上には自家製ねぎ油、白ゴマ、ゆず胡椒、八味唐辛子、テーブルコショーが用意されています。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューを見てオーダーします。
 メニューは魚貝(牡蠣、蛤、浅蜊)スープをベースに、塩、塩レモン、塩うめ、醤油、酒かすと5種類。夏は冷やしがあったらしい。

クリックすると拡大します

 ご飯ものはミニ肉めし、ミニ鮭明太めしの二種類。
 ランチビールもあります。

クリックすると拡大します

 殆ど待つこと無く運ばれてきた、酒かすラーメン880円
 「おまけしておきました」と言われましたが、デフォを知らないので何がどうなのかは不明。ありがとうございます。
 居酒屋営業用の魚貝を煮出したスープは、油を全く使わない軽い口当たり、塩たれを優しく効かせた上品な仕上がりでとても美味しい。
 酒粕は八海山のものを使用され、香り抑えめで旨味重視、くどくなく飲みやすい。

クリックすると拡大します

 細麺は「江戸川区の製麺所」らしいけど製麺所名は不明、スープによく合っていてするすると食べられます。
 トッピングは豚チャーシューに牡蠣の身、魚粉の香りも良い感じです。
 牡蠣の身は「一応乗せましたよ」レベルでは無く、そのまま殻焼きしたいほどの大きさ。
 貝の身は大きければ良いと言うことでは無いけど、ここの牡蠣の身は大きくて美味しい。

クリックすると拡大します

 ラーメンとしての完成度は幾つか改良の余地を感じましたが、居酒屋のランチ営業としての麺料理であれば、全く問題ありません。
 塩うめと醤油も食べておきたい。
 酒かすラーメンは銀座風見が有名ですが方向性が全く異なります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は会社の忘年会
 つか、今日は旧友との忘年会があるんだから、会社の忘年会に出ている場合じゃ無いのに。
 会社の行事を最優先する真面目な社畜、とほほ。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月11日

つけ麺屋の復活

/法事/めん屋もとすけ平塚横内店@平塚市横内にてつけ麺/晩酌/


クリックすると拡大します

 お寺さんで法事
 朝早くとか、夕方にやってくれれば、会社を休むこともないのですが。
 それなりの時間が掛かるので、どうしても食事をすることになり、昔ほどでは無いけど飲む人もいるだろうから。

クリックすると拡大します

 お昼は、めん屋もとすけ平塚横内店@平塚市横内ホームページ)へ。

 12/10オープン、までの経緯。
2010/ 3/ 8めん屋元助@平塚市横内、新規オープン
2018/ 9/17めん屋元助@平塚市横内、お弟子さんにFC化のため譲渡(屋号そのまま)
2018/11/13めん屋もとすけ@厚木市妻田北、創業者の大井店主さんが独立
同時に、めん屋元助@平塚市横内はめん屋もとすけ平塚横内店@平塚市横内へ変更
2019/ 7/20めん屋もとすけ平塚横内店@平塚市横内、一時閉店
2019/12/10めん屋もとすけ平塚横内店@平塚市横内、関根オーナーの新FC店として再オープン。


クリックすると拡大します

 店先の待ち席にお客さんがいないことを確認して店内へ、、、新規開店直後(2010/4/10)以来の入店。
 右手壁側に券売機が設置されています。
 メニューはつけ麺、チャーシューつけ、特製つけ麺の三種類、つまりつけ麺だけ。
 ご飯物はチャーシュー丼、ライス。アルコール類は生ビール、レモンサワーなど。

クリックすると拡大します

 3人の男性店員さんがキビキビと働き、「こちらへどうぞ」とお冷やを置いて下さいます。
 店員さんに食券を渡すと、(麺が)つめたいままか、あつもりかを訊かれます。
 店内は元助時代の調度品のニスを塗り直した感じで、横一文字のカウンター8席に変更無し。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ブレンド豆板醤(にんにくと豆板醤など数種類をブレンドした調味料)。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、つけ麺(並)850円、麺量は並230g、中340g、大460g、特570g。
 つけ汁は「丸鶏、もみじ、げんこつなどの動物系スープと、鰹、鯖、煮干などの魚介系スープをブレンドしたダブルスープ」と説明があり、いわゆる「濃厚豚骨魚介」ではありません。
 昨今のつけ汁には加えられていないことが多いのですが、かつてのつけ汁には必ず加えられていた酸味、こちらでは梅肉を使用しています。
 味わってみると、清湯に近い白湯の炊き加減が麺に程よく辛み、程よい口当たりがとても美味しい。

クリックすると拡大します

 どんなにつけ汁を工夫しても、どんなにトッピングに工夫しても、麺が美味しくなければつけ麺は美味しくありません。
 こちらの太麺は、厚木本店から直送されてくる自家製麺、ツルンとした麺肌がスルリと喉を滑っていき、麺の美味しさが全て。
 麺皿には板海苔一枚、つけ汁には柔らかいチャーシュー、メンマ、柚子、小口ネギが沈めてあります。
 このチャーシューが柔らかくて箸で持ち上げられないほど、持ち上げますけどね。

クリックすると拡大します

 味変と言うほどでは無いけど、ブレンド豆板醤で味変をしてみます。
 ベースの味わいがしっかりしているので、大きく味は変わらないけど、風味が変わってきますね。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り、つけ汁の器をカウンター台に乗せて、店員さんに「スープ割りをお願いします」と声を掛けます。
 厨房の奥で大きな寸胴から割スープを注ぎ入れ、戻されて飲んでみると、口当たりが熱く戻っていて、とても美味しい。
 半分ほど飲んでから、店員さんに店舗開店のいきさつなどを伺いました。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ時間があるので、平日で無いと伺えないお店に行かなくちゃ行けない気も済ますが。
 今は昔、さっさと帰って、のんびりすることを優先してしまう私。
 こうして、のんびりする時間が増えていくのだろうなぁ。

クリックすると拡大します

 晩酌
 島根の蔵元である王録酒造が醸す「王祿 梁」純米吟醸 本生 仕込23号 28BY。
 ボーナスが出たので、ちょびっと贅沢。
posted by ふらわ at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月10日

タンタンメン考

/ゆで太郎大崎広小路店にて天中華、焼きのり、コロッケ/カキと国産和牛 品川商店にて牡蠣フライ定食/中華料理 味楽来@池袋にて餃子、タンタンメン/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎大崎広小路店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 東五反田店では季節の野菜が食べられないと知り、早起きして大崎広小路店の確認へ。

クリックすると拡大します

 あー、やっぱりと思う。
 食べ歩きを続けていると、当たって欲しくない予想ってのがありますが、そういう予想に限って当たる。
 ま、私は朝からラーメンが食べられて嬉しいけどね。
 改めて席数を確認しておくと、全席カウンターで、壁向きに4席、相対で6席、厨房の正面に相対12席と2席。

クリックすると拡大します

 程なくして、天中華450円、焼きのり100円、クーポンコロッケ
 いつまでもあると思うな親と天中華、販売されているウチに思う存分食べておかないと。
 天中華の盛り付けは、店頭に写真もあるし、厨房に盛り付け例もあるだろうけど、どうしてこう店舗によって特徴的なのか。
 楽しくて仕方ない。

クリックすると拡大します

 麺を食べたら海老天を食べる、コロッケを浸して食べる、天かすと紅生姜を馴染ませながら食べる。
 どの食べ方でも、どんな順番でも美味しく食べられるのが、ゆで太郎の天中華。
 んで、板海苔がまた中華スープに良く合うんですよね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、カキと国産和牛 品川商店ホームページ)へ。
 品川駅港南口にある餃子の王将の隣に、2019/8/3オープン。
 経営母体は個室和風ダイニング 月の夢、焼肉 牛丸、肉ずし つるにんせん、panda sugarタピオカなどを多店舗運営されている(株)トリプルウィ
 開店直後は夜の居酒屋営業のみでしたが、いずれランチもやるだろうと、じっと待っていました。

クリックすると拡大します

 店先にはランチタイムの営業時間が貼り出されています。
 14時までの営業で14時ラストオーダーってのは、あまり聞いたことがありません(あっ、ここはツッコんではいけないとこか
 ランチはキャッシュレスは不可、時代はキャッシュレスに向かっていようが、ウチは現金だから、と(ここもツッコんではダメか
 突っ込みどころと言えば、「国産和牛」って変じゃないかな、国産洋牛とか外国産和牛というのもあるんだな(知らんけど)。

クリックすると拡大します

 店内はワンルーム、注文して料理が出来上がってくるまで暇だったから席数を数えたら100席でした(と食べログに書いてある)。
 1人で伺ったら端っこの2人席に案内され、お店側からしたら端から順番に詰めたい事情はよく分かるけど、既に13時近く、既に席は空き始めています。
 まー、私の容姿を見て「端っこで食ってろ」的な扱いを受けた可能性もあるかも知れません。
 メニューを見ながら注文すると「ライスは大盛無料ですが」と訊かれたので、「少なめで」と懇願します。
 えーっ、見た感じ絶対大盛かと思ったよ、的な顔をされたので、スミマセンと謝って。

クリックすると拡大します

 メニューを見ると「限定」らしい、限定ってあると選民意識をくすぐられますね。
 四川風麻婆豆腐750円、若鶏の唐揚げ800円から始まって、贅沢刺身定食1,200円まで7種類。
 ランチなのでライス、味噌汁は全品に付きますが、サラダやお新香、小鉢は料理によって付く付かないが変わります。

クリックすると拡大します

 4分ほどで運ばれてきた牡蠣フライ定食950円、お新香として大根の漬物、小鉢として卵焼き。
 カキフライにはレモンがあると嬉しいけど、それはそれ、中濃ソースをたっぷり掛けて頂きます。
 熱っついなぁ、火傷するほど熱いフライ、衣はあまり厚くなくカキがとても美味しい。
 カキを売りにしているお店は産地に拘ることが多いけど、こちらでは特に明記されていません。

クリックすると拡大します

 ご飯は少なめでお願いしましたが、生粋の吃音症からか、並盛りで提供されたようです。
 カキフライ以外のご飯やみそ汁は美味しいも美味しくないも無いんだけど、店内の清潔感や接客の丁寧さ(今時の飲食店の店員さんは外国人の方が多い)から考えると、この値段は妥当に感じます。
 この港南口には、もっと安くてもっと美味しい飲食店もあるけど、それは土地勘があって、店内の清潔感や入店の容易さを気にされない向けの飲食店に思えます。
 品川で食事をすることになって、手軽で大アタリしないけど、大ハズレもしない飲食店ということで、繁盛するのでは無いでしょうか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、所用を済ませて、中華料理 味楽来(ミラクル)@池袋(豊島区池袋)へ。
 店先を見たとき、「らーめん」って屋号なのかと思ったけど、すぐ隣に「スタミナもりもり担々麺」とあって、どんな担々麺かと。
 そんなことより、入り口上の看板の方が斬新で、中途半端に見えて左側には「味楽来」とあります。
 店内は厨房横の狭い通路から、厨房前に5席のカウンターが用意されていますが、座ったら奥の席にはいかれそうもありません。

クリックすると拡大します

 奥は正面に5人掛けテーブル、その手前に2人掛けテーブル、左手に4人掛けテーブルが2卓、計20席。
 先客2人組だったので広いテーブルに座るように案内されましたが、いえいえ、お一人様ですので、と2人席へ。
 ラーメンだけ食べて帰っていれば誰にも会わなかっただろうけど、軽く飲んだので、2人組、4人組と一時満席なほど。
 卓上には辣油、酢、醤油、七味唐辛子、塩。中華料理屋店であれば当たり前にある胡椒が見当たりません。

クリックすると拡大します

 メニューは広げても閉じてしまうほど新品、撮影技術の未熟な私には上手く撮れません。
 ま、広げたら広がりっぱなしであっても上手く撮れないことには変わらないか、とメニューを見渡します。
 小皿、一品、ラーメン、豆腐料理、鶏肉料理、豚肉料理、サラダ、定食、炒飯類、麺類など様々。
 ラーメン一杯だけではとても帰れないほどの誘惑、誘惑には弱い私。

クリックすると拡大します

 ラーメン店に振られたことや、仕事が上手くいかなかったことがあったけど生ビール500円、今夜は池袋で一人お疲れ様会。
 突き出しは定期的に変わるらしく、今夜は野菜の浅漬け。
 ビールを飲むならアテが要るだろうと、あらかじめ注文してあった餃子(五個)430円
 私は餃子を天心と捉えているので、基本的にタレは作らず、焼きなら醤油と酢、蒸しなら辣油と酢を上から回し掛けます。

クリックすると拡大します

 今夜はなんの気まぐれか、胡椒酢タレを作ろうかと。
 餃子に醤油を掛け、続けて酢を掛けて、そのまま小皿に酢を注いで卓上のカスターセットを見つめるも、ラーメン屋にあるべき胡椒は用意されていなかったんだ。
 まー、無いものは仕方ないなと視線を外そうとした刹那、女性店員さんが隣りのテーブルからGABANブラックペッパー(あらびき)を持ってきてくれました。
 テーブルウォッチが出来ている店は、味の保証は無いけど、気持ちよい食事が保証されます。

クリックすると拡大します

 世の中に色々な餃子があるけど、こんなに肉しか包んでいない餃子も珍しい。
 皮が厚く、皮の美味しさも、餡の美味しさも一緒に楽しめます。
 餃子を食べていたらビールが無くなってしまったので、紹興酒2合(温)1,000円。
 ワイガヤの宴会で飲んだときは味がよく分からなかったけど、こうしてじっくり飲むと、良いところも悪いところもよく分かります。

クリックすると拡大します

 サッカー日本代表が先制したところで、ラーメン。
 何種類かあり、アリバイ的に食べるなら味楽来ラーメン650円かな。
 アリバイ的ではないので、タンタンメンを注文すると、生卵を入れるかどうか訊かれる。
 担々麺は坦々麺もタンタン麺もそれなりの数を食べてきたつもりでいましたが、生卵入りは初めてです。

クリックすると拡大します

 少し時間が掛かってタンタンメン880円
 真っ赤な麺相に全卵をポトリ、その後で刻みネギをバサッとトッピング。
 スープには刻み玉ねぎ、刻み唐辛子、半切り青梗菜が沈められていますが、肉味噌は見当たりません。
 胡麻の香りが皆無のスープを飲んでみると、香味野菜で臭みを消した鶏ガラ清湯、微調整で豚ガラ出汁の美味しさ。

クリックすると拡大します

 そして、その美味しさを全面的に覆い隠す辛さ、突き刺すような辛さ、汗腺を広げる辛さ。
 何でこんなに辛いのか、何でこんなに辛くするのか、訊けば生唐辛子を使っているそうで、スープは半分も飲めません。
 製麺所不明の中細麺はやや固め仕上げで、スープに合っているとか合っていないというか。
 それにしてもスープが辛い、よく考えたら生は唐辛子だけではなく、ネギやモヤシ、青梗菜と、どれも生野菜。
 こんなに辛くして、肉味噌も入っていないし、これ、担々麺なのだろうか(答え:タンタンメンです)。

クリックすると拡大します

 そうだ、生卵を溶かせば良いんじゃ無いか。
 緩く溶かして馴染ませてみましたが、美味しくなっただけで辛さは変わらず。
 食べ終わってお会計、店員さんとしばし御歓談して。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記