2018年05月19日

休日出勤

/箱根そば本陣にて冷しおろしそば、かき揚げ天/東京味噌らーめん萬馬軒歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目にて辛味噌らーめん、味付卵/

クリックすると拡大します

 休日出勤なので、普通と同じ時間に家を出て、普段行かれない店で一杯がいいんだけど。
 ここのところ、気持ちと身体が空回り、からから。
 ま、代休を楽しみに頑張っていきましょう。

クリックすると拡大します

 新宿に着いて、久し振りに立ち寄った箱根そば本陣ホームページ)。
 もう何十回食べに来たか覚えていませんが、全く飽きることはありません。
 これからも気が付けば立ち寄っている頃でしょう。

クリックすると拡大します

 箱根そばは全店訪問できていませんが、全店で立席と着席が用意されているんじゃ無いかな。
 と、書いているそばから立席しかないと、着席しか無い店が浮かんでしまった。
 ですので「全店」ではなく「殆ど」と言うことで。

クリックすると拡大します

 今日は毎年夏になると販売されるお蕎麦の冷しおろしそば520円、クーポンかき揚げ天
 温そば用の丼に冷やしたお蕎麦を入れ、上から冷たい蕎麦つゆを掛け、おろし、花鰹、刻み海苔を乗せ、さっぱりと頂く一杯。
 サクサクのかき揚げをグイグイと押し込んで、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 仕事が早く終われば楽しみもあるけど、早く終わらないので、どうしたものか。
 久し振りに東京味噌らーめん萬馬軒歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目へ、店先から店主さんがいるのを確認して来店しました。
 もし店主さんがいらっしゃらなかったら、知らんぷりして「振られたときのリカバリ店」へ行くつもりでした。

クリックすると拡大します

 いやいや元気にやってましたか?いえいえ元気にやっていましたよ、と。
 先ずはビール390円、今夜は歌舞伎町で1人お疲れ様会。
 以前はつまみ用のメニューがありましたが、無くなっていました。

クリックすると拡大します

 程なくして辛味噌らーめん890円、味付卵120円
 キャベツ、玉ねぎ、モヤシなどの野菜を大きな中華鍋で煮込んだスープ、相変わらず美味しい。
 しっかりとした味噌味の美味しいスープ、せっまい厨房で十分でない火力で、よくこんな美味しいスープを作りますね。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の平打太麺はやや固め仕上げ、今日こそは柔らかめでお願いしようとして忘れてしまい、ゆっくり食べることにしました。
 大きめの肩ロースチャーシュー、メンマ、白髪ねぎ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月18日

ラーメン二郎インスパイア

/ゆで太郎高輪店にて帆立とアスパラのかきあげそば、カレー/らーめんぎょうてん屋海老名店にて純汁なしぎ郎/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 お昼時ですから満席店内待ち、10分でも15分でもフライングできれば、グッと楽なんだろうけど。
 まあ、世の中、自分の都合の良いことばかりじゃ無いですよね。

クリックすると拡大します

 金曜日の特セットはカレーライスなので、、、
 終売に近づいている季節のかき揚げ天セットである帆立とアスパラのかきあげそば520円、クーポンカレー
 お蕎麦はもちろん冷たいもりそばで、エッジの立った美味しいお蕎麦を辛みが効いたもり汁に浸して頂きます。

クリックすると拡大します

 かき揚げにはこれでもかと帆立が入っていて、もっと長く販売して欲しい気持ちで一杯です。
 とはいえ、次の季節のかき揚げも楽しみだったりします。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 らーめんぎょうてん屋海老名店@海老名、厚木総本店が2018/4/5に閉店し、2015/11から休業していた海老名店に2018/4/7に移転オープン。
 ショップカードによると、現時点での店舗は海老名店、東名厚木店、町田店、伊勢原店、綾瀬店。
 店舗経営のことはよく分かりませんが、海老名店は2年半もの間、テナント料(自前なら固定資産税など)を払い続けていたのでしょうか。
 また、総本店の移転なのに「海老名本店」「海老名総本店」ではなく「海老名店」のままなのは、登記料などの絡みでしょうか。

クリックすると拡大します

 表通りから一本入ったシティホテルの裏通り、壁面に大きくメニューが貼り出されています。
 メニューは、吉村家直伝の家系ラーメンとラーメン二郎インスパイアのぎ郎(ぎ郎の「ぎ」は偽や擬ではなくぎょうてん屋の「ぎ」)に大きく分かれます。
 家系ラーメンは醤油、塩、油そばとあり、麺は太麺と細麺から選べ、低糖質麺100円に変更することも出来ます。
 ぎ郎はラーメン、汁なし、濃厚、レッドスネークとあり、麺量が半分になる小も用意されています。

クリックすると拡大します

 ご飯ものはチャーシュー丼、ネギチャ丼など、餃子もあります。
 飲み物は缶チューハイ、ビール。
 満席ですので、壁側に立って並んでいる店内待ち5人に続きます。

クリックすると拡大します

 店内は以前の全く同じ2辺カウンター15席、10分ほどして空いたカウンター席へ。
 食券を渡すときに聞かれたお好みを答え、サービスされる野菜大盛りかライスを選びます。
 卓上には辛子高菜、グリーンニンニク、エスビーコショー、一味唐辛子、しょうゆ、辣油、酢、白胡麻。

クリックすると拡大します

 程なくして純汁なしぎ郎800円。コール無しでも脂、からめ。コールで野菜、ニンニク。
 野菜はキャベツの方が多く、残りはもやし。注文時に量を伝えるので、注文量に合わせて注文毎に茹で上げています。
 先ずは野菜を一口、二口、シャキシャキだなぁ、丼が大きいのすぐに全体を軽く混ぜてから食べます。

クリックすると拡大します

 柔らかめ指定でも噛み応え十分なカネジン食品の角太麺、茹で上げてから丼の中で醤油ダレと予め絡めてあります。
 汁なしですから食べている途中で麺は伸びず、最後まで柔らかくなりません。
 この押し返すような固い麺は、この手のラーメンに合わないかと思っていましたが、実に良く合っていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 豚は一般的なチャーシューと比べると遙かに厚いけど、ラーメン二郎として考えるとブタとは言えない厚さ。
 醤油ダレと固い太麺と良く合っていて、とても美味しいです。
 途中でグリーンニンニク、家系ラーメン用の刻みタマネギ、ご飯用の辛子高菜を乗せて、よくかき混ぜて頂きました
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月17日

東中野から下北沢

/メンドコロkinari@東中野にてRaーmen汐/純手打ち 麺と未来@下北沢にて塩らーめん/

クリックすると拡大します

 昨日は大安吉日。
 まだまだ六曜を信じる人は多く、何らかの門出には大安の日が選ばれることも多いです。
 信じるものは救われる、今の時代もこれからの時代もそうあって欲しいと願います。

クリックすると拡大します

 メンドコロkinari@東中野(中野区東中野)、昨日5/16にきなり@駒込の移転リニューアルオープン。
 東中野駅東口を出て徒歩3分、楓家の向かい、バーの跡地で、バックカウンターにウィスキーボトルが並べられた店内は落ち着いた雰囲気です。
 開店直後でしたが既に満席で外待ち1人でしたので、10人ほどが開店待ちされていたのでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、すぐ左手の券売機で食券を買います。
 メニューは白醤油、汐、濃口醤油、つけ麺(準備中)。
 ご飯物は炊き込みご飯のみでライスはありません。
 ビールはハートランドと赤星。日本酒として奥の松、八海山が用意されていました。

クリックすると拡大します

 一つだけ空いていたカウンター席に案内されて、店員さんに食券を渡します。
 厨房に面したカウンター5席、反対の壁側には4人掛けテーブルが2卓、3人掛けが1卓。
 卓上にはブラックペッパー(あらびき)、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 少し待ってRaーmen汐780円
 ※丼が傾いているのは、撮影用に丼を動かしたら、丼の底に挟んである小さい滑り止めシートから台座がズレ落ちてしまったから。
 鶏ガラ主体の澄み切った清湯スープが自然光に輝いていて、魚貝の旨さをスーッと感じる塩ダレ。
 美味しいですよね、大吟醸ではなくて特別醸造を合わせて楽しみたいスープです。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺、長尺ですが大きくて広いどんぶりの中を泳いでいるようで、優雅でとても美味しい。
 移転前には1度しか伺っていませんが、その時とはかなり違う印象です。
 トッピングは豚肩ロースのレアチャーシュー、カイワレ大根、青梗菜、穂先メンマ。

クリックすると拡大します

 丼の縁に添えられたガリとユズ、食べ終わってから食べると、後味すっきり。
 気が付いたらスープが空っぽ、ここ最近ではスープを飲み干すことはぐっと減りました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 純手打ち 麺と未来@下北沢(世田谷区北沢)、昨日5/16に殆ど前情報なしにオープンされました。
 小田急小田原線、京急井の頭線下北沢駅から、北東の方向に歩くこと5分くらいでしょうか。
 店主さんはラーメン店などの飲食店を複数経験して独立されたそうで、手打ち麺は独学とのことです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手奥に用意されている整水器からコップに水を注いで、空いている席に座ります。
 メニューは塩らーめんのみ。トッピングの海老ワンタンは注文が入ってから包んでいました。
 口頭注文後会計、ビールを飲もうかどうしようか激しく悩みましたが、まま、いいかなと。

クリックすると拡大します

 卓上には黒胡椒、カウンター8席、奥の椅子とテーブルは待合席かな。
 テーブルには布巾、ダスターの類が用意されておらず、ティッシュもありません。
 同様にお冷のポットが用意されていないので、2杯目以降は席を立って注ぎに行かなくてはなりません。
 ま、坂本01と同じだな。

クリックすると拡大します

 少し待って塩らーめん780円
 塩ラーメンですが、タレに魚醤を使っているからか、全体的にライトブラウンのスープは鶏ガラに羅臼昆布、片口鰯などの出汁をブレンドしています。
 他では味わえない独特の味わい、とても美味しいとはおもいますが、個人的にはあんまり好みではありません。

クリックすると拡大します

 店内で毎朝手打ちされている、きしめんと変わらないほどの平打ち極太麺。
 噛み応えがあって、スープをはねのけるほどの力強さです。
 トッピングは豚バラチャーシュー、コリッとした食感のメンマ、白髪ネギ、三つ葉。

クリックすると拡大します

 途中で胡椒をミルして掛けてみましたが、旨さ開眼、ちょっとびっくり。
 初めっから掛けるのは勇気が要りますが、勇気を振り絞ってみたい心持ちです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記