2016年06月27日

水道橋で二軒

/ゆで太郎淡路町店にて朝そば(たまご)/ちゃんぽん亭水道橋店にて近江ちゃんぽん/征麺家かぐら屋@水道橋にて貝だし鶏そば/

クリックすると拡大します
 御茶ノ水駅から最短距離で向かってみたゆで太郎淡路町店(ホームページ)ですが、途中、救急車が来ていてつい立ち寄ってしまい、最短距離になっていません。
 店先は結構人通りがあるので、誰もいない写真を撮るには、タイミングを待つ必要があります。
 だから何なんだよ、木を見ていると森が見えないぞと考え事をしていたら、無料クーポンを出すのを忘れてしまいました。

クリックすると拡大します
 朝そば(たまご)330円、お蕎麦や冷やし、玉子は生卵、でお願いする場合は「もりなま」と伝えています(自己責任でどうぞ)。
 この朝そばで卵を生で頼んで、残ったもり汁に生卵を割り入れる食べ方を「らいくらーめん流」と呼ぶと、ネットの一部で散見しました。

 とんでもない、私はこちらの記事を読んで真似しているだけであり、オリジナルじゃない。
 今朝も美味しくお蕎麦をいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 お昼は食べ損なって(正しくはコンビニサンドイッチで済ませて)、仕事が終わって近場のラーメン屋さんへ。
 ちゃんぽん亭水道橋店@水道橋(千代田区三崎町)(ホームページ)、2016/6/17オープン、都内では学芸大学前に続いて二軒目、、あれっ、公式ホームページに掲載されていません。

 ちなみに、ちゃんぽんとはビールとワインとウイスキーを飲むこと、、、ではなく、野菜をスープで煮立て、細麺を合わせたラーメンの総称です。
 関東では「タンメン」と呼ばれますが、こんなシンプルなラーメンは日本中にあって、長崎と滋賀(近江)だけが「地ラーメン」を標榜しています(他にもあるかな)。

クリックすると拡大します
 滋賀のちゃんぽん発祥はJR彦根駅から(私にとっては)徒歩圏内のをかべ、じゃあ、ちゃんぽん亭の「近江ちゃんぽん『発祥』店」は嘘かと言うと、をかべは「彦根ちゃんぽん」と名乗っているので。
 家系ラーメンの系譜に例えると、をかべが吉村家(杉田家ではなく)、ちゃんぽん亭は壱六家、と言ったところか(異論は認めます)。
 麺相は似ているが、味やレパートリーにかなりの違いがあります。

クリックすると拡大します
 店内はU字カウンター15席と2人掛けテーブルが5卓、入って左手の券売機で食券を買います。
 メニューはちゃんぽんと豚そばの二種類、サイドメニューはチャーハン、丼物、居酒屋メニューとして唐揚げ、餃子、枝豆など。
 飲み物はビール、ハイボール、酎ハイ、ですので今夜は生ビール500円で水道橋で一人お疲れ様会♪

クリックすると拡大します
 店内には近江ちゃんぽんのうんちくが書かれているので、しっかりと読みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上には自家製ラー油、白胡椒、特製醤油、酢、酢はやかんに入っているのですが、気にする人には気になりますね。

クリックすると拡大します
 少し待ってから近江ちゃんぽん780円
 魚節出汁と昆布出汁のブレンドスープに薄めの醤油ダレを合わせてあり、すっきりとした美味しさを感じます。

クリックすると拡大します
 細麺は柔らかめ仕上げで、ズルズルと食べる感じですが、不思議とこの麺とスープがよく合って、するするといただけます。
 野菜はキャベツ、モヤシが中心ですけど、スープが薄味な分、野菜のおいしさがとても引き立ちます。

クリックすると拡大します
 タンメン、いや、ちゃんぽんなので、チャーシュー、メンマ、板海苔は無くて、それでこの値段。
 昨今のモヤシ大盛りラーメンを見慣れていると、この盛りはとても少なく見えますし、少ないと割高に感じる人が多いでしょう。

 つまり、お店の方向性がハッキリしているということ、素晴らしいですね。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 水道橋駅界隈のラーメン屋さんは大抵行ってしまったのですが、それでも数軒残っていて、その中から今夜は征麺家かぐら屋@水道橋(千代田区三崎町)へ。
 いわゆる一斉を風靡している(した)鶏白湯スープの店で、ラーメンフリーク的には「もうお腹いっぱい」感が漂いますけど、フリークではない人で賑わっています。

クリックすると拡大します
 メニューは鶏白湯としてあっさりと濃熟(濃厚)、つけ麺の三種類ですので、先ずは券売機左上かなぁと見渡すと、限定メニューがあるので、それで。
 店内にはメニューの説明や蘊蓄などポップは一切なく、カウンター9席の暗め狭めで数年前、つまり鶏白湯ラーメンが一世を風靡する前のラーメン屋の趣です。

 厨房内に目をやると、大成食品のカレンダーが掲げられてるので、ひょっとして鳥居塾卒業生かと尋ねると「(大成食品と)付き合いはありますけど、(鳥居塾の)卒業したわけではありません。」とのこと。
 ちなみに「征麺家」の「征」は店主さんの名前からのようですが、未確認です。

 卓上には一味、お酢、コショウ、醤油、フライドガーリック、ラー油、魚粉、塩ダレと揃っていますが、私が在店中は一人も使っていませんでした。

クリックすると拡大します
 少し待って貝だし鶏そば800円
 ベースのスープは鶏白湯ですが、流行りの「濃厚鶏白湯」が流行る前の「鶏白湯」、今の鶏白湯に比べると鶏清湯と呼べるほど、しかししてこのスープがとても美味しい。
 私が年寄りだから清湯スープが好みなのかと思ったら、お客さんのほとんどは学生で、学生にもとても受けています。

クリックすると拡大します
 ほぼ清湯な鶏白湯なので貝出汁が強すぎるかと思いきや、全然そんなことはなくてバランス系、とても美味しい。
 大成食品のストレート丸極細麺はやや絡んでいますが、少し食べ進めていればすぐにスープに馴染んで、とても美味しくいただけます。

クリックすると拡大します
 鶏チャーシュー、材木メンマ、アオサ、白髪ネギ、丼の端っこに綺麗に並べられている水菜は珍しい。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月26日

厚木のゆで太郎

/ひまわり/ゆで太郎厚木下佐知店にて冷しピリ辛ねぎ豚そば、わかめ/ゆで太郎厚木岡田店にてミニかつ丼、コロッケ/

クリックすると拡大します
 いつかは厚木市にある二軒のゆで太郎に行こうと思っていて、いつかが今日。
 湯河原とか新丸子とかあちこちのラーメン屋でイベントがあるけど、天気もいいし、バイクで出かけました。
 ひまわりが咲き出しているんですね、ずいぶんと早咲きです。

クリックすると拡大します
 バイクで30分ほど走って、国道129号線沿いのゆで太郎厚木下佐知店(ホームページ)へ、
 開店直後から店の前を何度も通るたびに「いつか立ち寄ろう」と思っていましたが、思っているだけでした。

クリックすると拡大します
 店先に着いて、最初の悩みというか判断は「何を食べるか」ということ。
 ラーメンの食べ歩きだと、殆どの場合はスタンダードのレギュラーメニューを食べたらいいので、メニューは悩まないのですが。
 ゆで太郎は殆どのお店でほとんどのメニューが同じ、食べ比べだから同じメニューを食べるべきという考えもありますが、私はそこまでは考えていないので。

クリックすると拡大します
 既に14時過ぎですが店内満席、受付前にお客さんが並び、テーブル席を相席するほど混み合っています。
 四人組の家族客は何度か席を移ったりしていますけど、ずっとこんなに混むわけじゃないでしょう。
 店員さんに食券を渡し、お冷を汲んで席に着いてお蕎麦の出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します
 28分ほど待って冷しピリ辛ねぎ豚そば520円、無料クーポンでわかめ
 お蕎麦はきっちりゆで太郎クオリティ、蕎麦つゆは冷たすぎず、とても食べやすい。

クリックすると拡大します
 茄子の素揚げ、豚バラ肉と玉ねぎの炒めもの、ピリ辛仕上げのネギ、大根おろしにかいわれ大根。
 わさびは私には意味が分かりませんでしたが、食べたいというお客さんもいるのでしょう。

クリックすると拡大します
 ワカメは醤油をさっと掛けていただきましたが、ビールが無いとなぁ、、、今日は飲めないし。
 美味しいお蕎麦をご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 店に面した国道129号をまっすぐ南下して、東名高速をくぐる手前の左手、、直前まで行かないと看板が見えないんだ。
 ゆで太郎厚木岡田店(ホームページ)、なんとローソンと併設、飲食店は手前に店舗で奥に駐車場が鉄則ですが、手前に駐車場で奥に店舗のコンビニに合わせたのかな。
 電車で訪問されるお客さんは皆無なのに6時23時の営業、店内に入って営業許可書を見ると直営なんですね、そういうことですか。

クリックすると拡大します
 正面の券売機で食券を買って左手の受付で店員さんに渡します。
 店内を見渡すと先客数人、ここまで昼間が空いていて営業していけるということは、夜が相当混み合うってことですね。

クリックすると拡大します
 8分ほどしてミニかつ丼650円、無料クーポンでコロッケ
 お蕎麦は冷たいのでお願いしましたが、もりではなくざるなんですね。
 キリッとエッジの立った美味しいお蕎麦、キュッと辛さが効いた蕎麦つゆ、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します
 カツは分厚くて美味しく、卵で閉じているので甘さは避けられないので、七味を振って頂きました。
 ゆで太郎で初めて紅生姜をいただきましたが、甘さ控えめでとても美味しかったです。

クリックすると拡大します
 美味しいお蕎麦をご馳走様でした。
 食べ終わったころにお客さんがぞろぞろと入ってきて、夜には混み合う予感がします。

クリックすると拡大します
 帰りは自宅周辺のスーパーで夜の晩酌向けの買い物をして帰宅。
 今夜は子供たちのお迎えが無いので、早めに晩酌して早めに寝ようか。
posted by ふらわ at 21:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月25日

相模原のゆで太郎

/濃厚ラーメン豚骨軍団@秦野市にて地獄(辛)ラーメン(地獄)、チャーシュー麺(5枚入り)/麺場新(あらた)@相模原市中央区東淵野辺にて肉味噌味玉/ゆで太郎相模原小町通店にてもり、無料クーポンでかき揚げ/

クリックすると拡大します
 自宅で軽く朝食を済ませ、環境資源センターへの粗大ごみの破棄と、布団乾燥機買い出しの合間に、女房と出掛けます。
 と言うか、粗大ごみの破棄とか家電の購入とか、私が一緒に行く必要が全く見出せません。
 いつもじゃないけど、たまには自宅でのんびりしたい土曜日もあるのに。

クリックすると拡大します
 環境資源センターのすぐ近くの濃厚ラーメン豚骨軍団@秦野市にて、お昼にすることにしました。
 二重ドアを入って券売機を見ると、期間限定販売だったつけ麺がメニュー落ちしていて、次なる限定メニュー(例えば冷中)を探すも見つからず。
 もうちょっとだけ頑張ってほしいけど、他の系列店との兼ね合いもあるんだろうな。

クリックすると拡大します
 食券を買って習慣的にカウンター席に向かいますが、今日は一人じゃないし、テーブル席が空いているのし。
 「テーブルでいいですか」と店員さんに確認してから、丸椅子に座りました。

クリックすると拡大します
 カウンター席で厨房を眺めながら食べるラーメンも美味しいけど、テーブル席でおしゃべりしながら食べるラーメンも美味しいですね。
 お店は中休み無しの長時間営業ですから、店員さんの顔が中々覚えられませんけど、いつか覚えられると信じて。

クリックすると拡大します
 私は地獄(辛)ラーメン(地獄)780円、辛さは中、上、地獄から選べますので、もちろん一番辛いのを。
 色より香りが辛く、豆板醤と思われる唐辛子の辛さが豚骨スープにいい感じで溶け込んでいます。
 食べられない辛さではないけど額からどっと汗が出る辛さ、地獄と言うならこの位の辛さではないと。

クリックすると拡大します
 ただ、丸山製麺の短尺平打中太麺が追いつけていませんけど、初訪でこの料理を食べる人は皆無かと。
 海苔は薄っぺらいんだよなあ、茹でほうれん草は味がしません、だからこそ美味しいのですが。
 ライス無料サービスですが、なかなかそこまでは食べられません。

クリックすると拡大します
 女房はチャーシュー麺(5枚入り)980円
 チャーシューは油抜きされてとても美味しく、煮豚タイプですが濃厚なスープの味がちょうどいいです。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 夕方になって子供を駅まで送るついでに相模原へ、一時間ほどクルマを走らせて麺場新(あらた)@相模原市中央区東淵野辺へ。
 開店直後に訪問しているから「もう再訪?そんなに美味しいの?それとも?」と思われる人もいるかも知れませんが、私の中では新規開店二日目に伺ったのは単なる挨拶の位置付けです。
 開店日と翌日に食べた割引セールの料理は通常営業のとは味や盛り付けが違うことも十分考えられます(意識、無意識に関わらず)ので、そんなことで新のラーメンを食べたとは思っていません。

クリックすると拡大します
 店内には数人の先客、繁盛しているとは思えませんが認知はされているのでしょうか。
 メニューを見ると既に数量限定メニューが始まっていて、「前職で販売していた激辛のメニューなんです」とのこと。
 すぐに気が付いたのでよっぽどそれにしようと思いましたが、ここはぐっと堪えてイチオシの既食メニューを。

クリックすると拡大します
 口頭注文後会計、程なくして肉味噌味玉900円、前回訪問時は売り切れていて食べられなかった看板メニューです。肉味噌ラーメン800円、味玉サービス。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる場合がありますので、ご了承下さい。

 スープが冷めないように背脂で蓋をしているのですが、この手のラーメンはこの辺りでは認知されておらず、「『脂少なめ』と言われるお客さんが多いんです」とのこと。
 出汁のベースは鶏ガラですから、背脂が無いとあっという間に冷めてしまって濃い味噌味でスープがしょっぱく感じてしまうんじゃないかな。

クリックすると拡大します
 村上朝日の中太麺は僅かに硬め仕上げで、食べ進めていく間にちょうど良くなる茹で加減です。
 開店直後のバタバタの時は上手くできなかったようです。

 肉味噌、の肉は、トッピングされている挽肉ではなく、野菜と共に炒めている豚バラ肉のこと。
 豚バラ肉だけで食べたら特別に何かを感じないけど、こうしてラーメンに合わせるととても美味しく感じますね。
 ヤサイはモヤシとキャベツ、味玉は半熟、とても美味しくいただきました。

 食べ終わったタイミングでノーゲスとなったので、次のお客さんが来るまで少しお話させていただきました。
 話しの中で「私、職人気質が抜けないので」とおっしゃっていましたが、職人が認められない世界なんて私は認めません。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 以前なら「ここまで来たならもう一軒」の「もう一軒」は100%ラーメン屋でしたが、今の私は「ゆで太郎」で。
 ゆで太郎相模原小町通店(ホームページ)、現時点では相模原唯一のゆで太郎です。
 四つ角の広い立地という条件でこの地に出店したのかな、殆どのお客さんがクルマ移動なので、繁華街から離れていた方が「質」が保てると思います。

 土曜日の19:30で駐車場満車の路上入庫待ち、なんとか停めて店内に入ると満席店内待ち。想像以上の人気です。
 受付が混み合っているようで、ホールでモギリする店員さん(店長さん?)を初めて見ました。

クリックすると拡大します
 圧倒的に家族連れのお客さんで高齢者も多く、出来上がったお蕎麦を角盆で席に運んでから、「あっ、箸!」と、もう一度立って箸を取りに行くお客さんがちらほらと見受けられます。
 初訪問なのでしょうか、もちろん私も、箸を取り忘れてましたけど。

クリックすると拡大します
 20分ほど待ってもり320円、無料クーポンでかき揚げ
 24時間営業と言うこともあって、時間帯(製麺者)で仕上がりが違うと思われるお蕎麦、この出来を楽しめないようでは食べ歩きは楽しめません。
 蕎麦つゆは甘めに傾いていて、七味を振ってもいいけど、今日はこのままで頂きました。

クリックすると拡大します
 揚げたてのかき揚げ、玉ねぎの甘さったら、思わずにっこりしてしまったほどです。
 美味しいお蕎麦をご馳走様でした。

 帰りはせっかくだからと圏央道を使ってみましたが、これがまた快適、しかし570円は高く感じてしまう。
 厚木ICで降りそこなってオダアツに乗ってしまい、250円余計に払ってしまいました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記