2016年07月23日

女房と焼肉デート

/焼肉いちばんにてスタンダードコース、厚切り牛タン塩/

クリックすると拡大します
 朝ごはんを家で済ませていると、「なんか無性に焼肉が食べたい」と女房が言い出し。
 都内ならともかく、地元で焼肉の個人店は全く思いつかないので、チェーン店の食べ放題でも構わないとの了解を取り付けて、クルマを出します。

クリックすると拡大します
 焼肉いちばん(ホームページ)、経営母体はゼンショーホールディングス。
 休日ランチや単品でのアラカルトには目をくれず焼肉食べ放題100分、三つのコースがあります。

クリックすると拡大します
 スタンダードコース(60種類以上)が1980円、熟成スペシャルコース(100種類以上)2780円、国産プレミアムコース(130種類以上)3980円。
 各コースを十分吟味して、今日はスタンダードコースにて、フリードリンクは付けないことしました。
 先ずはオススメ三点盛りが運ばれてきて、焼ながら食べながら追加で注文します。

クリックすると拡大します
 注文はタッチパネル、スタンダードコースで選べるメニューだけが表示されるので、追加で飲み物をお願いしたいときは店員さんを呼ぶ必要があります。
 網でガス焼、コンロの周りから強力に煙を吸い込んでいるので、無縁と言ってもいいほど。
 タレは甘口、辛口、レモン味と三種類用意されています。

クリックすると拡大します
 コースには牛タンが含まれないので、単品で注文しました。
 厚切り牛タン塩950円、格安をウリにしていてもこの値段で、味は値段以上に美味しかったです。

クリックすると拡大します
 子供達がバレーボールに打ち込んでいた頃、たまに全員が家にいるときは決まって焼肉を食べに行っていました。
 もちろん私が運転手なので、女房だけは生ビールを飲んでいて、子育て(と言うほど大げさではないけど)の息抜き。

クリックすると拡大します
 子供が高校入ったころから家族で出掛けることは減っていき、外食は焼肉からラーメンに移っていきました。
 そんなこんなで、女房と二人で焼肉を食べるなんて結婚する前に付き合っていた頃以来かも知れない。
 って、ことを言われて気が付きました。

クリックすると拡大します
 肉質はこの値段、この立地でこの品質は十分すぎます。
 もちろん、都内のグルメ達が何か月も前から(お店によっては何年も前から)予約して食べに行く肉とは全く違います。
 カットが見栄えではなく食べやすさ重視で、とても食べ易くてとても美味しく感じました。

クリックすると拡大します
 〆に冷麺、冷麺は私の中ではラーメンにカテゴライズされるので、ちゃんと記録用に撮影するべきですが、今日はもういいかな。
 女房は杏仁豆腐とマンゴープリン(いずれもコース内)、味見すらしませんでしたが、とても美味しそうでした。

 ご馳走様でした、また、食べに来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月22日

ゴールデンコース

/らーめん忍者@秋葉原にて油そば(野菜、辛揚げ)/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/家庭料理の店JJ/

クリックすると拡大します
 そのお店のラーメンを一回二回食べただけでは、上っ面しか分からない。
 さりとて、昨今の流行りや老舗、イベント、地方店もそれなりに回っておきたい。

 そんな理由から、自身の食べ歩きポリシーとして、新規開拓と再訪問の割合は、1:3を基本としています。
 まあ、食べ歩きポリシーなんてモノは人の数だけあるので、他人の真似しても、他人と比べても、何の意味も無いんですけど。

クリックすると拡大します
 数か月ぶり4回目の訪問になるらーめん忍者@秋葉原(千代田区神田松永町)、先ずは店先の券売機で食券を買って、と。
 前回とメニューが変わっているような気がしますので、後で調べるとして、メニューコンプに向けて未食のメニューのボタンをポチッと。

クリックすると拡大します
 店内に入ると、通し営業ですのでいつでもノーゲスと言うことはなく、完全なアイドルタイムで先客三人、後客二人。
 店員さんに食券を渡すと、ラーメンなら先に無料トッピングを聞かれますが今日は聞かれず、出来上がったころに聞かれました。
 この時間のお客さんはコール慣れしているので、店内では妙な仲間意識を感じます。

クリックすると拡大します
 少し待たされて油そば(野菜、辛揚げ)750円
 一般的なG系の無料トッピングのヤサイはお湯で茹でただけですので、モヤシとキャベツの比率の違いはありますが、味は野菜そのもの。
 しかししてこの店は、茹で上げた麺のデポを茹で野菜の上でしばらく止めているので、麺の茹で湯の味が僅かに野菜に移ります。

クリックすると拡大します
 そんな細かいことで、と思われるかも知れませんが、料理の味は「そんな細かいこと」の積み重ねでしょう。
 美味しい料理が当たり前の今、「ウチのアジ」「ウチのラーメン」こそがお店が長く営業するたった一つの道です。
 茹で野菜の味が「らーめん忍者の味(正しくはらーめん影武者の味)」、麺やタレ、スープと絡むにつれてその味は影を潜めますが、その味を意識無意識に関わらず欲するお客さんが、通い詰めています。

クリックすると拡大します
 サッポロ製麺の縮れ平打極太麺、醤油ダレに同量程度の豚骨背脂化調スープを合わせ、意外なほどの食べやすさ、それでいてしっかりとした食べ応え、美味しいですねぇ。
 トッピングはほぐし豚(煮込み崩れ豚肉)、デカ豚(角煮豚肉)、炙りチーズ、卵黄、刻み海苔、不完全に混ぜることで様々味が楽しめます。

 無料トッピングの刻みニンニクは自粛して辛揚げを、唐辛子を混ぜた天かすは辛さと歯ごたえ、美味しいですねぇ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 毎週行きたいけど毎週行けないホルモンや、今夜は友達を誘ってホルモンを食べに行きました。

クリックすると拡大します
 久しぶりにテーブルに案内され、いつもは生ビールで乾杯ですが、今日はレモンサワーで乾杯。
 オーダーしてから七輪の炭をおこすので、その間に「最近どう」を話すことが多いのですが、今日は既に火がおきている謎。
 色々と話をしたいことがあったけど、そんなことはすっかり忘れて話に聞き入ってしまいます。

クリックすると拡大します
 ナンコツをひとつづつ焼いて、ひとつづつ食べる。
 網に一度に乗せると一度に焼き上がってしまうので、少しずつ時間を空けて、いや、焼く場所を変えればいいんだけど。
 レモンサワーに続いて日本酒を頼んだけど売り切れていたので、焼酎を、ほぼロックで。

クリックすると拡大します
 ここで大将登場、多くの料理人に会ったことがありますが、この大将より寡黙な男は知りません。
 息子さんのお店ですが、お構いないく厨房に入り、何やら手に持ってきて、一言も発せずにドンと。
 「たくさんの料理店で色々なサービスがあるけど、何も言わずに出す店はここだけ。技がいるよ」by友達。

クリックすると拡大します
 その後、坂道を登って、場末のスナック改め家庭料理の店JJへ。
 そのまま帰りたかったんだけど、そのまま帰るわけにはいかず。
 どんな話をしたかほとんど覚えていないし、そもそもお店に行ったかどうかも怪しい。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月21日

ザンギと天丼

/魚や一丁秋葉原店にて一丁名物ザンギ定食/てんやにて天丼小/

クリックすると拡大します
 職場に早く行くべく朝飯抜き、、と思いましたが、コンビニでおにぎり買ってしまいました。
 買ってどこで食べるかは公開できませんので、色々と想像されて楽しまれてください。

クリックすると拡大します
 今日は上司と言うか同僚と言うか職場の人と一緒の移動なので、魚や一丁秋葉原店ホームページ)へ、いつまで続くか居酒屋ランチ。
 すべてのランチのご飯と味噌汁はお替り自由、コーヒー(ホット、アイス)は飲み放題、ドリンクバーよろしく、オーダーを通したらすぐに飲み物コーナーへ行きます。

 ランチはお刺身定食、マグロカレー、日替わり定食、焼魚定食、もろもろと揃っています。
 今日は一丁名物ザンギ定食800円が期間限定で650円、サラダ、味噌汁、漬物、小鉢と付いていて、美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
 今日は上司と言うか同僚と言うか職場の人と一緒の移動なので、てんや(ホームページ)にて天丼小450円
 ほっくほくでもボリューム満点でもない、しっとりとした手頃の大きさの天ぷらが私は好きです。

 天ぷらは海老、いか、白身魚(ほうぼう)、かぼちゃ、いんげん。
 お味噌汁付きでこの美味しさでこの値段、ご飯少なめにすると50円引き、美味しく頂いてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記