2020年03月30日

瀬谷とさがみ野

/ゆで太郎西五反田本店/肉あんかけ中華(温)、焼きのり、コロッケ/相模ノ國 らぁめん大使@瀬谷にて中華そば/二代目 麺屋さがみ@さがみ野にて塩/

クリックすると拡大します

 あちこちの桜並木が咲き誇っているけれども、昨今の流行病でだれも見上げていない。
 実際に病に冒されている人は1%にも満たないけれども、明日の我が身が心配。
 気持ち如何で行動が左右されるかという話だな。

クリックすると拡大します

 そんな下向きに考えていると免疫力が落ちるので、前を向いて朝食を食べることにします。
 通りかかった、ゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 店内に入り、たまにはお蕎麦でも食べようかと思いつつも、やっぱりラーメンを選んでしまいます。

クリックすると拡大します

 終売が噂されつつも、初夏までは販売継続されそうな肉あんかけ中華(温)490円、焼きのり100円をお供に、無料クーポン券でコロッケを乗せました.
 ゆで太郎、つまりお蕎麦やさんでラーメン(中華そば)が販売され始めた頃は、天中華、天中華と喜んで揚げ物をトッピングしていました。
 今では当たり前になってしまっていますが、やはり美味しいことは美味しい。

クリックすると拡大します

 中細麺が熱々の餡に絡むし、朝は無料サービスの揚げ玉を乗せると、とっても食べ応えがあります。
 終日無料サービスの紅生姜の酸味が利いて、良いアクセントになるし。
 某高級飲食店に卸しているのと同一等級の板海苔は、美味しいだけだし。
 もちろん、元々の中華そばが美味しいから、全てが成り立つわけだけど。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 ゆで太郎では三ヶ月毎に無料クーポンが切り替わりますが、切り替わり直後は無料クーポンがない状態となります。
 それを避けるために、一部の店舗では最終週半ばくらいから来月の無料クーポンを配り始めます。
 これがゆで太郎の無限クーポン、これまで一度も使い切れたことがないけど、次回も使い切れないと思います。

クリックすると拡大します

 夜は、相模ノ國 らぁめん大使@瀬谷(横浜市瀬谷区瀬谷)公式ホームページ)へ。
 2020/2/13オープン、店主さんは大和にあったイタリアンのテリーズのオーナーシェフ(公式ホームページより)。
 立地はらっち家瀬谷本店の隣の隣、最寄の瀬谷駅から徒歩17分、私は大和駅からバスで5分と徒歩3分で訪問しました。

クリックすると拡大します

 営業時間が20時まででしたので、仕事を終えて向かっている途中で「間に合いそうもない(駅から15分以上も歩けない)」と他店に何度行ったか。
 今夜は全てを振り絞って向かい、途中でググったら瀬谷駅から徒歩ルート以外の大和駅からバスルートが発現し、無事に営業時間内に到着。
 しかしして、来月から終了時間が21時になるそうです。

クリックすると拡大します

 ガラッと開けて店内へ。
 席配置は逆L字カウンターの4席と3席、右手には4人掛けテーブル、計11席。
 軽く還暦オーバーなご夫婦(大将は65歳)のツーオペ、終始ノーゲスでしたので、客層は不明。
 卓上には黒胡椒、白胡椒、酢、辣油、七味とうからし。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 メニューは中華そば730円、煮干しそば780円、あえそば730円。
 背脂増しが用意されており、替玉(半玉)130円、あえ玉(半玉)250円も用意されています。
 ご飯物と飲物もそつなく揃っているので、せっかくだからビール、もアリでしたが、閉店時間が迫っています。

クリックすると拡大します

 注文してお冷やを飲みながら店内を見渡します。
 調味料のおろしにんにく、おろししょうがはオーダー式、限定メニューの汁なし担々麺780円。
 BGMのFM横浜からを聴きながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、中華そば730円
 スープは豚ガラ、鶏ガラの動物系スープを中心に、18種類もの魚介出汁をブレンドした、ダブルスープ。
 そのスープに生醤油、いるし等の醤油を調合したたれを合わせ、どこまでも複雑な味わい。
 説明書きによれば、スープは洋食の技法を駆使して作られていて、幅と奥行きのある美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 細麺は大田区にある東京製麺のゆめちから100%の細麺、この細麺が抜群に旨い。
 どこかで食べた事がある味なんだけど思い出せずにググったら、饗くろ喜@浅草橋で使っているんですね。
 つけ麺にして塩を掛けて食べたら最高に美味しいんじゃないかと想像する。
 トッピングは、肩ロースチャーシュー、メンマ、板海苔、なると、白髪ネギと万ネギ。

クリックすると拡大します

 試行錯誤があちこちに見て取れますし、まだまだラーメンに不慣れた印象も感じます。
 が、それはそのまま伸び代ということ、今後の伸びに大いに期待します。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 来た道で大和駅まで戻ってから、さがみ野駅下車。
 生まれて初めて降りたさがみ野駅、勘で北方向へ歩き、信号で立ち止まってスマホで場所を確認して、また歩く。
 夜は、二代目 麺屋さがみ@さがみ野(座間市さがみ野)へ。
 2019/10/14オープン。やきとり工房を運営するニアーズの居酒屋形態のラーメン店、麺屋さがみ(2012/3/16-)、やみつき家(2018/10/1-)の跡地。

クリックすると拡大します

 店内に入るとすぐ右手に券売機があります。
 メニューは醤油700円、塩700円、辛味噌750円の3種類。
 ご飯物やビールが揃っていますが、注目すべきは「やきとり3本450円」のボタン。
 って、これだけの数だったら、食券制にしないで伝票式にした方が追加注文が期待できるでしょうに。

クリックすると拡大します

 席配置は、厨房を囲むL字カウンター4席と8席。
 先客2人、後客ゼロ、先客はラーメンを食べずに飲んでいます。
 隣がやきとり工房さがみ野店、店内は繋がっているので、こちらで焼き鳥等を楽しんでいるようです。
 私が食券を渡す前にラーメンを作っていたので、隣の焼き鳥屋にラーメンを出前することもありそうです。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと「麺は細麺か中太麺かで選べます」と案内があり、細麺でお願いしました。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ホワイトペッパーのみです。
 しかしして、おろしニンニク、おろし生姜、豆板醤、柚子胡椒は店員さんに声を掛けて冷蔵庫から出してもらえます。
 「麺屋さがみ三種の丼」とパウチがあり、ご飯物も食べたい人にとって、ありがたいことでしょう。

クリックすると拡大します

 程なくして塩700円
 「熱いので気をつけて下さい」と言われて、本当に持てないほど熱い丼。
 スープはやきとり工房のオリジナルブランド鶏である「豊源(ほうげん)鶏」の生ガラを店内炊きしており、美味しいことは美味しいし、他では味わえない鶏ガラスープの味わい。
 塩たれは、公式サイトによれば『「笹川流れの塩」を使用した特製塩ダレ』とのことで、スープが高温なのでちょっと分かりにくい。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の細麺は熱いスープであっても最後までダレることなく、美味しくいただけます。
 トッピングは豚バラ巻きチャーシュー、焼きのり1枚、半身の味玉、穂先メンマ、ねぎ。

クリックすると拡大します

 せっかくなので、味変用に柚子胡椒とおろし生姜をお願いしました。
 手が貼りつくほど冷やされた壺、適量をラーメンに投入します。

クリックすると拡大します

 良い感じに味変出来て、最後まで一気に食べてしまいました。
 二号店であるひだかん家との共通点も多いけど、こちらが「一応、ラーメンも食べらます」的な営業方針なのに対して、ひだかん家は「居酒屋とは呼ばせない、ウチはラーメン屋」的な芯を感じます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月29日

外出自粛

/外出自粛/

クリックすると拡大します

 今日も昨日に引き続き、自宅待機、というか、外出自粛。
 何事にも常識知らずに非常識な私。
 誰に言わずに、知り合いに一人も会わずに出掛ければ分からないと言えば分かりません。

クリックすると拡大します

 お昼は久し振りにパスタ、カット野菜の盛り合わせにキクラゲも入っていたので一緒に頂きました。
 ポテトサラダも一緒に買って、100円と100円と光熱費だけの安上がり。
 しがないサラリーマンの食事なので、それなりの人ならもっと安く、もっと美味しく仕上げることでしょう。

クリックすると拡大します

 雨が上がったので、近所を散歩。
 流石に一日中、家の中に閉じこもっていたら息が止まってしまう。
 さて、明日の満員電車が一番気になるが、会社に行かねば。
posted by ふらわ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月28日

自宅休養

//

クリックすると拡大します

 今日と明日は県と会社から外出自粛を依頼されている。
 破ったからといって何か罰則があるわけではないけれど、疲れも溜まっているのでちょうどいい休養。
 以前なら、自宅休養って言ってたか。

クリックすると拡大します

 早い時間から晩酌。
 金麦には赤いのとか青いのとかあるけど、よく分からないので赤いので。
 一日自宅にいたので、ビール一本でべろんべろん。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記