2013年05月31日

生田駅近くで2軒

/中華料理大むら@生田にてタンメン/らーめん駿士(はやし)@生田にてギットギトらーめん/

 午前中は先々週に引き続き通院、面倒くさいけど生きている限り病気を患ったり怪我をしたりする。
 都内勤務ならば都内ラーメン屋事情にも精通していて、この時とばかりの限定メニューを狙うのですが。

 蒙古タンメン中本、来月も限定メニューが目白押しです。
 公式メルマガを始め、有志、常連さんの情報発信をお見逃しなく。

 月曜日にスルーしたラーメン屋さんに行く気満々でしたが、その辺りは来月になって定期券を買ったら対応することとして、今夜は定期券内の生田駅近くのお店に行ってみることに。
 電車の窓から何度も見えていて気になっていた中華料理大むら@生田、教科書で紹介されてもおかしくないほど昭和の中華料理屋風情。
 黄色を基調とした外観、半分以上がガラスの店先、ショーケースにはサンプルが沢山並べられています。
 円盤のような丸い取っ手を引いて店内へ、カウンターなしの4人掛けテーブル4卓、1卓は柱の関係で3人掛け。

 テーブルは薄く色があせた合板仕様、パイプ椅子、メニューは壁に張り巡らされた短冊のみ、なのになぜかお冷やはセルフ。
 メニューはご飯物としてかつ丼、親子丼、中華丼、カレーライス、チャーハン、麺類は天津麺、広東麺、焼きそば、ワンタンメン。
 一品ものは肉野菜炒め、焼肉、ニラレバ、餃子、などなど。
 店主さん1人で切り盛りされているみたいで、入店しても特に何も無く、空いているテーブル席に座って週刊誌を読んでいると声が掛かります。

 オーダーしてさらに週刊誌を読むかテレビを見ていると、タンメン560円が出来上がってきました。
 化調抑え目の薄い鶏ガラ出汁のスープは街角の中華料理屋の平均的クオリティ。
 野菜炒めは殆どが白菜(そろそろキャベツに切り替わっているはずだが)、人参、もやし、豚バラ少なめ。

 街角の中華料理屋の定番である細麺は意外にも固め仕上げで、慌てて食べるとスープに馴染まないので、週刊誌片手に伸び気味で食べるのが正しい作法なのでしょう。
 途中から辣油を回し掛けて頂いて、ご馳走様でした。

 食べ終わって、ぐるりと駅を回り込んで線路反対側へ、駅そばのお店を1軒だけ残しておくと何かと夢見が悪いので。
 らーめん駿士(はやし)@生田、夜だからもう少しライトアップした方が良さそうだけど、お店にはお店の都合があるのだろう。
 店内はなんとなくどんよりと暗く、それでいて音楽だけはライトジャズが心地よくかかっています。

 メニューはとんこつ正油、とんこつ味噌としてラーメンとつけ麺、味噌タンメンと冷麺、背脂が多いギットギトラーメン。
 オーダーして何にもすることがないのでアイフォーンをいじって時間をつぶします。
 ランダムに並べられたテーブル席とカウンター席が15席程度、お客さんは後にも先にも私1人、10分ほど待ってラーメンの出来上がり。

 ギットギトらーめん600円、ネーミングほどは背脂が振りかけられておらず、オーダーを間違えたかと思うほど。
 広い杯型の丼で底が浅く、スープがすぐに冷めて食べやすいですね。
 薄めの豚骨醤油スープで何がどうと聞かれても、次の日には忘れてしまいそうな味わい。

 中太麺はなぜか標準で225gと書かれているので半分でお願いしましたが、全く考慮されていないようです。
 トッピングはチャーシュー、半身のゆで玉子、ワカメ、板海苔が3枚、と。
 途中から卓上のおろしにんにくを入れて頂き、ご馳走様でした。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月30日

牛肉ラーメン

/お手製お弁当/拉麺食堂ぶんぶん亭@府中市にて牛麺/

 パソコンのセットアップが終わったのは3時過ぎで、このまま寝たら朝起きられる自信が全くないけど、寝ないわけにもいかない。
 意を決して寝たらちゃんと起きられたのはサラリーマン人生の長さを物語っています。

 お昼はお手製お弁当
 おかずは豚肉と茸の炒め物、キャベツの鰹節漬け、チキンフライ。

 夜は月曜日に未食として残してしまったお店に行く気満々でしたが、ふとまてよ、と近場のお店に行っておくべきじゃなかろうか、と。

 ふくみみを少しだけ西に進んだ流しの客が立ち寄るとは思えない場所で営業されている拉麺食堂ぶんぶん亭@府中市に立ち寄ってみました。
 広い厨房に張り付くようなL字カウンターのみの店内、カウンターは6席と4席で狭そうに見えてそこそこのお客さんに対応できます。
 店主さんがさっとお冷やを出して下さり、一緒に渡されたメニューを見て唸ってしまいました。
 初訪ではスタンダードメニューが基本ですが、屋号を冠したメニューが「おい、オレを喰ってみろ。オレの味を当ててみろ」とばかりに誘ってきます。

 据え膳食わぬはなんたらというわけでもありませんが、店主さんに「ぎゅーぅめんっ、下さい」と肥高らかにオーダーしてしまいました。
 塩ラーメン、醤油ラーメンが650円スタートですが、茹で野菜麺、激辛麻婆麺、カレー麺、などに並んで海鮮丼って何だろう。
 サイドメニューは餃子、シュウマイ、板わさ、チョリソーと揃っていて、アルコールはビール、焼酎、などなど。
 調理を見ているとタイマーで自動的に茹で上がる器械で茹でているのに付きっきりで茹で上げてタイマー使っていないし。

 程なくして牛麺800円、随分すっきりした麺相ですね。
 トッピングは牛肉煮込み、白ネギ、ほうれん草のみで、ずっしりと重みのある陶器製のレンを牛肉煮込みを避けて差しいれてスープをすくいます。
 味わってみると、とても牛骨だけとは思えないしっかりとした牛肉の味わい、かといって牛肉を使っていたらこの値段で収まるはずはないし。
 スープの表面はたっぷりの油が覆っていますが、全くしつこくなく、返ってこの脂はこのラーメンには必須に思えます。
 麺は中細ながらかなり長く、麺量もかなりあり、麺少なめがメニューに書かれているほどです。

 牛肉煮込みはすじ肉とは思えない柔らかさで、茹でほうれん草と薬味白ねぎが甘ったるくなりがちな口をさっぱりさせてくれます。
 ラーメンを提供された時に「お好みでどうぞ」と置かれた朝天辣椒、後でブログに乗せようと写真を撮ると「写真を撮るなら、3つあるから」と3つ出されました。
 豆板と蝦米、3つ一緒に入れたら味の違いを判断できないので、今夜は蒜蓉を入れてみると、これがまたいい感じ。
 スープを少し残したところで、「スープの出汁は牛骨ですか」と尋ねると「牛肉のスネ肉です」とのこと。

 えっ、ホントに生肉を出汁に使っているんだ、それじゃあ原価が高くなってしまうんじゃないのかなと話を続けると、原価を抑える秘訣を伺えました。
 ラーメン屋なのになぜ海鮮丼を提供されているのかも教えて下さりましたが、公開していいかどうか微妙な内容、とりあえずは内緒。
 「ラーメン屋を続けて10年、真面目にやっていればなんとかなりますね」と、サラリーマンでさえ真面目にやっていない私には耳の痛い話し。
 ご馳走様でした、他のメニューも試してみたいけどこの地にいる間に間に合うだろうか。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月29日

登戸と吉祥寺

/情熱のすためしどんどん登戸店にて豚骨ラーメン/蒙古タンメン中本吉祥寺にて極冷し味噌やさいの野菜大盛り/

 週末のラーメン修行に向けてあれこれと段取り。
 段取りしているときには無限の資金、無限の胃袋、無限の時間があればと無いものねだり。
 あったらラーメン屋に並ぶのかと言えば並ばなくなるだろう。

 朝は情熱のすためしどんどん登戸店ホームページ)。
 朝早くから営業されているラーメン屋でラーメンを朝早くから食べることを「朝ラー」と呼ぶと思っていて、24時間営業のラーメン屋で食べても「朝ラー」と個人的には呼んでいません。
 24時間営業だと営業時間を狙って訪問した感がないからなんですけど、まあ、極個人的な考えですけどね。
 一般的には通勤時間にあたる時間に訪問しても新宿や池袋だと仕事上がりのお客さんが晩酌、夕飯のシーンを見かけるけど。登戸はどうなんだろうと入ってみたら、自分一人。

 しかしして、後客にブルーカラー2人、先ずはウーロンハイでお疲れ様会スタートされています、登戸も捨てたもんじゃないな。
 店内の券売機で買った食券を店員さんに渡すと「お好みはございますか」と聞かれたので「あなたのような切れ長の瞳が好きです」とは言えず、固めだけお願いしました。
 すぐに白胡麻入りのすり鉢、辛し高菜、紅生姜をセットした黒トレーに運ばれてきて、胡麻を擦ってラーメンの出来上がりを待ちます。
 U字カウンターの19席は以前の牛丼チェーン店の頃のまま、壁側に2人席が3卓用意されています。

 程なくして豚骨ラーメン680円、けっこうオイリーな麺相だな。
 どんなときでも同じ味を出すのが飲食店の使命かも知れないけど、24時間営業だったら時間帯でスープ濃度とか調整された方がいいかも知れません。

 朝一ということを考えなければ中々の濃厚豚骨スープ、熱さも十分、細麺も食べやすいですね。

 大きめのチャーシューもいい感じ、太めのメンマはどうだろう、白ねぎの輪切りに板海苔と。
 チャーシューの上に豆板醤が乗せてあって結構辛い、辛さが得意じゃない人もいるだろうから、別皿がいいと思いますけど。
 途中から辛し高菜、紅生姜を投入し、スルッと食べてしまってご馳走様、次は油そばか、それともつけ麺か。

 お昼はパン、HOKUOで買ったパン。
 以前の職場で良く立ち寄っていたHOKUOでよく見かけたパンが見当たらない。
 売れ切れちゃったのかな。

 夜は蒙古タンメン中本吉祥寺、今月の吉祥寺は「極」月間で、4種類の極ラーメンが毎週販売されています。
 7日から12日までがMUSASHI、13日から19日までが極北極、20日から26日までが極冷し味噌、27日から31日までが極冷し味噌やさいとなっています。

 のアンカー狙いで訪問、何時に着いたか覚えていませんが、店内は半分ほども入っていませんでした。
 先ずはJAFカードサービスでサービスウーロン茶、市販のウーロン茶をそのまま出しているような薄めているような、薄めているわけがないような。

 程なくして極冷し味噌やさい1000円の野菜大盛り60円、澄み切った濃厚橙色のスープです。
 通常のスープではなく濃厚豚骨スープに中本特製の辛子味噌ダレを思う存分合わせてあり、天使のような甘い豚骨出汁に悪魔のような激辛味噌味のコラボレーション。
 野菜はキャベツメインで芯までしっかり火が通っていてとても美味しく仕上げてあります。

 しばらくスープと野菜を味わってから麺を手繰って浸して楽しむ、を何度か繰り返すと麺が無くなってしまいます。
 残りのスープは咳き込まないように慎重に飲んで、ご馳走様でした。

 帰宅すると、新しく買ったDELLのinspiron 14Z BTX が届いていました。
 普通のウルトラブックですが、ウルトラブックにあるまじきSSDではないSATA、というかデュアルディスクですけどね。
 何もかもが中途半端なWindows8、それでも使わなければ仕方ない。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記