2013年05月01日

渋谷と下北沢

/蒙古タンメン中本渋谷にて酸辣湯麺/そると@下北沢にてそるとそば/

 今日は野暮用で早めに帰宅、早めに退社したまでは良かったけど、時間を間違えて早すぎた。
 さて、どうして時間を過ごすかな。

 蒙古タンメン中本渋谷@渋谷(渋谷区道玄坂)に着いたのは16時ジャスト、何とか間に合ったよ。
 この時間に来るにはこの時間でなければ食べられない限定メニューが販売されているからで、「平日の14時から17時のみの販売」ってどんなお客さん向けなんだろう。

 というか、店内満席かよ、いったいどこまで渋谷店は繁盛すればいいんだよ。
 店内奥の6人掛けテーブルへ案内され、この席だと調理は見えないなぁと思いつつも、まあ、仕方ない。
 今月は爆々麺、麻辣麺、海老ミソラーメンの限定メニューに加えて、新作が発売されました。
 普通のメニューだったら数分で出てくるので、8分だとちょっと待たされ感があって酸辣湯麺750円、大村さん作。

 『渋谷限定「酸辣湯麺」干し貝柱、干しえびなどの魚貝類の旨みも入ったスープに酸味を足してとろみを付けたあんかけラーメンです。玉子のふわふわ感もあり、いつもの中本とはひと味違ったラーメンです。渋谷店でしか味わうことが出来ない一品。この機会に一度ご賞味下さい。尚、こちらの商品は平日14時〜17時までの限定販売とさせていただきます。』
 干し貝柱類で出汁を取り、酸味の効いた溶き卵たっぷりなスープ、浅くなりがちなコクを挽き肉で支えています。

 原価を無視した大量のタケノコとシイタケ、ニンジン、サッと回しかけた自家製辣油の香りが中本らしくない出来映え。
 なぜか生姜が効いているのは中本流ですが。
 食べていると口(舌)が辛さと酸味に慣れてしまうので、途中から酢をプラス、辣油は卓上に用意されていないので店員さんに懇願して用意して頂き、と。
 昼間だけしか食べられないなんて切なすぎる。何とか夜営業でも食べられるようにしてもらいたいなぁ。

 その後、行きたいお店が沢山ありましたが、帰宅方向へ。
 おお、そういえば下北沢に大崎御大が「今日の一杯」で紹介されていたお店があるじゃないですか。
 間違って駅反対側に出てしまい、元踏切を歩いていくと下北沢駅が取り壊されていたので、ついついパチリ。
 駅自体、全く改装されていなかったから随分とお疲れ様でした。

 お腹が減っていなかったので、とりあえずカフェで休憩。
 oyaji cafe、カフェというかゆっくり食事されている人が多くいらっしゃいました。

 下北沢の元踏切を歩いてみると下北沢駅が取り壊されていたので、ついついパチリ。
 駅自体が長い間、全く改装されていなかったから随分とお疲れ様でした。

 目的のお店の場所は分かっているので、わざと遠回りして下北沢散策、CHABUTONが普通に営業している、ムジャキフーズの新店。
 そして、そると@下北沢、なんだろうこの狙っても撮れないピンぼけ写真は。

 店先のメニューを見て何を食べるか検討します。
 券売機での食券制だと何を食べるかちゃんと検討できないから、先にメニューがあった方が助かりますね。
 でも、口頭オーダーの後会計でしたけど。
 無人の店内はL字カウンター5席と4席、奥には2人掛けテーブルが3卓、下北沢ってどうしてこういうゆったりしたカフェみたいなラーメン屋が多いんだろう。
 何を食べるか決めてあるけど、テーブルに置かれたメニューを開いてもう一度確認。

 オーダーするとアルコール類のメニューが目に入り、「1人1杯目は100円」に空目して確認すると「100円引きです」と言われ、「どうされますか」と振られたので「生ビールを」とお願いしました。
 メニューはラーメンとして白湯スープの鶏そばと濃厚鶏そば、つけ麺として清湯スープのつけそば、トッピングバラエティは親子、そると、肉、特製となります。
 ラーメンは大盛りはできずに替え玉にて対応、つけ麺は1玉と1.5玉が同額、2玉は100円アップです。

 厨房は奥にあって調理は伺えず、生ビール380円(100円引きで280円)を飲み終わった頃にそるとそば850円、カウンター台越しに手渡しって危ないから。
 「ちょっとだけ食材をお教えしますと、毎朝捌き立ての鮮度のいい大山地鶏ガラをメインに様々な香味野菜と数種類の乾物を加え、イタリア産岩塩で味を作っています」と説明が書かれていますが、正直、美味しいなぁと言うこと以外に言葉がありません。
 中細のストレート麺はするすると喉ごし滑らかで食べやすく、このスープと麺だけであれば(実際にはチャーシューやメンマも乗りますが)600円で済むけど、ちょっとつまらないかな。

 「そると」には揚げ茄子、新じゃが、トマトの素揚げのトッピングが追加され、スープに浸して食べるというより、そのまま味わってしまいます。
 その他には厚手で歯応え十分のチャーシュー、メンマ、つみれ、水菜、白ねぎ、糸唐辛子に板海苔と具だくさん。
 この値段でこのトッピングの種類と量はかなりのお得感がありますね。
 スルッと食べてしまってご馳走様、11:30から翌2:30までの通し営業とは凄いですね。

 小田急線下北沢駅が地下化されましたが、ホーム片隅に置かれている模型を見ると、各駅と急行では停まるホームが別になっているけど。
 これからまだまだ工事をするのだろうか。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記