2013年05月08日

代々木と府中と目黒

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば/蒙古タンメン中本目黒にて麻醤麺/

 朝はゆで太郎代々木東口店、川崎駅近くにもあるけど、この店が自宅から一番近いゆで太郎かも。
 4月から5月に掛けては新社会人誘致作戦なのかどうかは分からないけど、あちこちの立ち食い蕎麦屋で割引サービスを実施しています。
 ゆで太郎の無料クーポン券、箱根そばが合計420円なのに対して、倍の840円(海老天150円、かきあげ120円、コロッケ50円、わかめ100円、が各々2枚ずつ)。

 単純に値段だけを比べてどちらが良いとか悪いとかは判断しても意味はありません。
 いつもの朝そば290円、久し振りに来たらかき揚げが揚げたてになっていて、そこまでやらなくてもいいんじゃないかと思ったりして。
 いや、かき揚げは半分だから残りの半分の人は揚げたてになっていないんじゃないかな。

 おそばはかなり細目ですが、ちょっと急いで茹でた感じで麺と麺が絡んでいて食べにくい。
 絡んでいても私はゆで太郎が大好きで、これからも通って食べます。

 客先で片付け事を済ませてタクシーで府中へ。
 運転手さんがカーナビに頼らずに時折地図を広げているのが心配になるけど、まあ、仕方ない。

 どうにも疲れが取れないので、早めに退社。
 そのまま帰っても疲れは取れないので、新宿経由で目黒へ。
 蒙古タンメン中本目黒@目黒(品川区上大崎)、先月は日曜日の夕方でしたが、今月は平日の夜、同じようにがらがらな店内。

 他店はかなり混み合っているのになぜ目黒だけ、色々な波があるのかも知れません。
 左手奥の席に案内され、先ずは缶ビール350円、特に付き出しは出てこないので吉祥寺店でのことは何かの間違いだったのだろう。

 ビールを一口飲んだところで今月の限定メニューである麻醤麺850円、麺を茹で上げた時間で運ばれてきました。
 麻醤麺は幾つかの亜流があるけど、今月のは元祖の装い、辛さ抑えめの麻婆餡が美味しいです。

 細切り胡瓜はなんだか分かりませんが、まあ、そういうことなのでしょう。
 意外と美味しかったなぁ、スルッと食べてしまってご馳走様。

posted by ふらわ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記