2013年05月25日

大和市、海老名市

/支那ソバすずき@大和市福田にて支那ソバ/麺屋万年青@海老名市にて冷やし中華/愛犬の散歩/

 もう紫陽花が咲き出してしまいました。
 大好きな花ですので、ブログの花写真はしばらく紫陽花になることでしょう。

 今日も先週に引き続きスタンプを貯めるぞと心に強く誓っていたのですが、「今日は違う店にして」とあっさり見透かされ、それなら評判の高い新店舗へとクルマを走らせます。
 1時間ほどで桜ヶ丘へ、この辺りは小田急江ノ島線沿線なので電車で十分訪問できるのですが、実際は中々行かれていません。

 一軒目は支那ソバすずき@大和市福田、都内の清湯系では頭一つも二つも抜き出たたんたん系、たんたん系の中でトップクラスの支那ソバかづ屋で修業された方が4月5日にオープンしたお店。
 かづ屋は本店と五反田店では少し味が違うので、どっちなのかが楽しみです(結果的に、どちらかは分からなかった)。
 店内は左手が一段高くなった厨房、真っ直ぐ奥に延びたカウンター8席のみ、席と席の間隔はもったいないほど開けられています。

 (同じかづ屋で修業されて独立された)てつや@荏原町(品川区中延)に酷似していてぱっと見では違いが分からないほど、たんたん系の支那ソバを作るために必要なレイアウトがあるのだろうか。
 券売機は無くて口頭オーダー後会計、メニューは支那ソバ、ワンタン麺、チャーシュー麺、チャーシューワンタン麺、ライスと飲み物。
 私はスタンダードを、女房はチャーシュー増しを、卓上に用意された水差しからお冷やを汲んで、喉を潤します。
 一品一品を丁寧に調理される店主さんの所作を見ながらラーメンの出来上がりを待ちますが、麺の湯切りにちょっと違和感が。

 程なくして支那ソバ650円、見まごうことのない濃い朱色の龍がデザインされた丼。
 ああ、ここ神奈川でもたんたん系のラーメンが味わえるのかと、ラヲタの真似をしてスープから飲んでみると鶏ガラ出汁をベースに煮干し出汁、昆布出汁と喉を通る度に何回も違う旨味が感じられます。
 とても美味しいのですが、たんたん系ならでは、いや、かづ屋ならではの特徴ある食材の出汁も風味も感じられず、なんでだろう。

 その食材がしっかり感じられるからこそたんたん系だと思っていて、なかじま@高崎でもいの一番に感じられたのに。
 自家製麺の細麺は茹で時間が少し長いような気がするし、スープの持ち上げも弱いような気がする。
 煮豚ではない焼き豚としているチャーシュー、味の染みこみがイマイチに感じられるのは気のせいだろうか。
 細切りメンマに薬味ネギ、小さめの板海苔、それでも美味しく頂いてご馳走様でした。

 カーナビをセットすると10分で到着すると経路表示された麺屋万年青@海老名市、座間の名店が移転すると聞いて驚きました。
 店内に入ると座間時代の半分以下のスペース、厨房に面したカウンター8席、テーブル席は4人掛けと2人掛けの総14席。
 屋号の由来も移転の理由も知らないけれど、美味しいラーメンが食べられるお店がちょびっとだけ自宅に近づいて嬉しいです。

 以前からメニューが多い店で有名でしたけど、券売機を見るととんこつ味として塩、醤油、味噌、醤油味として醤油ラーメン、魚介とんこつ、白ゴマ担々麺、魚介つけ麺と続きます。
 特に示し合わせることなく違うメニューの食券を買ってカウンター席に座ります。
 お昼時と言うこともあって半分くらいの入り、家族経営なのか、目の前の厨房には数人の店員さんが働いています。

 程なくして女房の醤油チャーシュー850円、私の冷やし中華750円、今年初めての冷やし中華。
 柔らかい細麺をすっきりした醤油ダレを使って全体的に食べやすくまとめた冷やし中華。
 トッピングは少し多めの細切りチャーシュー、細切りキュウリ、プチトマト、半身の半熟玉子、白胡麻。

 麺を手繰って食べて、口の中が甘ったるくなったら和辛子でさっぱりさせて、を何度か繰り返すとすっかり麺が無くなりました。
 ああ、美味しかった、ご馳走様でした。

 帰りは女房のリクエストで自宅近くの木村植物園へ。
 植物園内のカフェで一休みしてから、あちこちをぶらぶらし、先週買って美味しかったキャベツとキュウリを今週も買って。

 帰ってきてもまだ陽が高かったので、愛犬の散歩
 愛犬はどれだけ散歩したら満足できるか分からないけど、時間の都合がつく限りは散歩に連れ出そうと思う。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記