2013年06月27日

吉祥寺、高円寺、稲城長沼

/蒙古タンメン中本吉祥寺にて吉祥寺麻醤麺/上島珈琲店/蒙古タンメン中本高円寺にて冷しラーメン/ラーメン登竜稲城長沼店にて味噌ラーメン700円/

 今日もまたシフト勤務の夜勤明け。
 定時(?)に上がってラーメン屋に向かえば開店シャッターを狙えるのですが、なぜか残業。
 残業は嫌いな人へ人へと寄ってくるな。

 まっすぐ帰ればいいのにもう木曜日、眠い目をこすりながら頑張って吉祥寺へ。
 蒙古タンメン中本吉祥寺に到着してみると外待ちが無いばかりか、店内待ちもありませんでした。
 ここのところの中本の開店直後は私が知っている限りではかなり混み合っていると聞いているので、今日はラッキーでした。
 眠いのに頑張ってお店に行ったのは、以前、本店で販売されてもう一度食べたいと思っていたメニューが限定メニューとして今月後半に発売されているから。
 限定メニューは販売数、販売期間が限定されているから惹かれるのであって、「好評につきレギュラーメニュー化」されてしまうと一気に色あせてしまいます。

 先ずは私的晩酌の缶ビールで今朝は吉祥寺で1人お疲れ様会、ふう、昨晩も頑張ったよ。
 この麻醤麺、私の記憶では初めに本店で販売、しばらくして目黒で販売され、メニュー名は同じですがまるで違う味わいなので「本店バージョン」「目黒バージョン」と呼ばれていたはずです。
 しかしして、今回の麻醤麺は「吉祥寺版」、何がどう違うのかの公式発表はありません(お店にも未確認)。
 ということで、いつも通りに個人的な感想と推測ですので、お店や関係者への問い合わせはしないでください。

 などと考えていると、吉祥寺麻醤麺850円が運ばれてきました。
 平皿に盛り付けた麺に餡を乗せた和え麺タイプの麺相、餡は蒙古麻婆と麻醤餡(多分)が半々、トッピングは餡だけではなく細切り胡瓜、貝割れ大根、白ねぎ、茹でモヤシ、フライドガーリックと麺が見えないほど乗せられています。
 全体をかき混ぜて食べるかどうかは悩みどころですが、全部は無理なので食べる分だけ混ぜて食べると見た目ほどは辛くありません。
 なんだ、辛さ11とかあったけど見かけ倒しか、と、二口三口と食べ進めると急にかっと口の中で何かが弾け、突然辛さが姿を現しました。

 もの凄く辛い、中本の辛さは唐辛子だけのはずですが、「ホントに?」と疑うほど辛い。
ふっと調理場を見上げると、店長さんがこちらを見て笑っているし(笑)、ここで水を飲んだら負けなので水を飲んで降参しつつ食べ進めます。
 外から見える餡は蒙古麻婆だけですけど、麻醤に何か凄い辛い仕掛けがあって、一緒に和えられてる揚げ茄子とニンニクの芽が甘く感じるほど。
 多めに入っているひき肉もかなりよく、キュウリや貝割れなどの野菜がさらにいい感じです。
 温麺以外のメニューなので麺量は1.5玉、身体のことを考えると麺量は1玉にしたいところですが、それですと大量に餡が残るんじゃないかな。

 付け合わせにメルマガサービスのプチ麻婆丼のライス抜き、蒙古麻婆の量はどの店でも殆ど変わらないほどのクオリティ。
 そうでもないか、食べ方によるかと最後のひと餡をレンゲですくってご馳走様でした。

 天気が良ければ吉祥寺から高円寺まで1時間ほど歩くのですが、あいにくの曇り空、日和って電車移動。
 高円寺で降りても「ちょっと休憩するか」と日和って上島珈琲店へ立ち寄ってしまいました。
 夏はアイスコーヒーだよなぁ、と、真夏の方程式、病院で博士が患者に玻璃ヶ浦の絵画(油絵)の写真を見せるシーンから。
 物理学者が主人公と見せかけて主人公は別にいて、物理学(広い意味で科学)の現象をトリックに使っているように見せかけて全くそんなことはなく。
 映画化されたのでDVDで観るかな。

 本を読み終わったので蒙古タンメン中本高円寺、数ヶ月(今年に入ってずっと?)に渡ってつけ樺太を販売されていますけど、その後の限定メニューをほとんど見聞きしません。
 実は私の知らないところで進行しているのかも知れませんけど、どうなんでしょうか。
 今日は何を食べようかと悩んだときの食べるメニューは決まっているので、今日もそれで。
 中本では500円毎にスタンプをもらえるので、900円、950円となればもう100円、50円分をトッピングしてしまって1000円越えのスタンプ2個というのが中本通いにはほぼ常識化しています。

 当たり前ですけど、何をどう楽しむかは人それぞれなので、中本通いされている人の全員がスタンプ二個狙いと言うことではありません。
 ラーメン単品で800円を越えているなら何か追加注文して、と思いますが、600円、700円だと何としても1000円にするのは個人の考え方次第。
 人によって楽しみが違うように人によって基準が違いますが、750円、つまり250円以下は追加注文しない、のが私流です。

 程なくして冷しラーメン750円、綺麗な麺相ですね。
 醤油ダレベースのスープで味噌タンメンの野菜を炒めてつけ汁を調理し、茹で上げた後に冷水で締めた中太麺を浸して食べる、一般的には「野菜醤油つけ麺」とでも呼ばれる料理です。
 唐辛子はピリ辛程度にも使われていないので(塩、胡椒は使われている)、辛さ度0ですけど、卓上に置かれた粉唐辛子をたっぷり掛けて美味しく食べます。

 中本全店で使用されているサッポロ製麺の中太麺は、温麺でも美味しいけど、こうして冷し(つけ麺)として食べても美味しいですね。
 貧乏性の私は麺に乗せられた刻みネギもおろそかにできず、一個、一かけ、残らず頂きました。
 ご馳走様でした、また、来月食べに来ます。

 いったん帰宅して、数時間だけだけど就寝。
 大抵の場所で寝られるけど、やっぱり自宅のベッド以上に疲れが取れる場所はないな。
 目が覚めたらまだ出勤までには時間があるので、愛犬の散歩。
 鳥が遠くを見つめていた。

 出社前に朝食(夕食)ということで稲城長沼駅下車、定期券があって途中下車が自由自在なのだから使わない手はない。

 南武線の各駅(といっても登戸から北しか知らないのですが)はどの駅も高架化の工事をしていて、ホームから改札までがかなり入り組んでいる。
 稲城長沼駅も入り組んでいて、全体の工期やコストなどを考えるとこういう経路にせざるを得ないのかも知れないけど。
 しかしして、稲城長沼駅改札を出てすぐ右手にあるラーメン登竜稲城長沼店@稲城市東長沼、栃木に同名のチェーン店がありますがメニュー構成をみると無関係のようです。

 店先には大きく「夜は居酒屋になります」とあり、週末ともなれば酔客で混み合うのでしょう。
 店内に入るとすぐ目の前がL字カウンター11席、そのカウンターの内側が厨房、左手が4人掛け2卓の小上がり。
 メニューは醤油味、味噌味、塩味、つけ麺にざるサイドメニューは餃子とミニチャーシュー丼、居酒屋としてのつまみ、アルコール類は一通り揃っています。
 店主さん1人で切り盛りされていて、先客は2人、夜10時までの営業ですからこれから混み合うのだと思います。

 程なくして味噌ラーメン700円、塩と醤油は600円です。
 一般的に「あるはず」と思ったトッピングがなくても、初訪だから「この店はないのかな」と思うしかなく。
 一般的に「ないはず(または有料トッピング)」と思っていたトッピングが乗せられていても、「こみ店はサービスがいいなぁ」と思うだけで、乗せ間違いや常連仕様と気が付くはずもなく。

 それでも店内に張られているメニューの写真と比べても「最近変わりました」と言われればそれまで。
 今夜の仕事のやる気をそぐ一杯、かなり残念な感じです。

 やる気が出ないから仕事をしないと言っていたのは若い頃、
 実際にはそんなわけにも行かないので、来月の新潟ラーメン修業を楽しみにしながら仕事を頑張りますか。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月26日

蒲田と分倍河原

/蒙古タンメン中本蒲田にて北極やさい/グリルとん駒@分倍河原にてロースかつ定食/

 仕事が終わって南武線に乗ったら、ぐっすり寝込んでしまって。
 それでも南武線は川崎止まりだし、Suicaで乗っているから乗り過ごしだからどうという手間もないし、ホント、Suicaを考えた人はどれだけ世の中に貢献しているんだよ。

 せっかく川崎まで来たのでこのまま戻ってしまったらキセル(無賃乗車)になってしまうんじゃないかと心配になり、戻らずにそのまま京浜東北線に乗り換えて蒲田へ。

 西口の商店街を抜けていくと蒙古タンメン中本蒲田、訳あって目的の火曜日に訪問したと思っていましたが、久し振りのシフト勤務でボケていたようです。
 お店に入るといつものように荒木店長が大きく中華鍋を振っていて、挨拶が終わると「今日は何を作りましょうか」と声を掛けてくださいました。
 食券を買って空いている席に座り、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

 蒲田店ではタイムサービスと称して14時から17時に来店すると各種大盛り(ご飯、野菜、麻婆)、もしくは60円のトッピングがサービスになります。さらに16時から17時には半熟北極玉子が無料サービスされます。
 日替わりの限定メニューは土曜日が五目味噌タンメン、日曜日が樺太丼(北極玉子付き)、月曜日がスタミナラーメン、中国丼、中華丼。
 土日月には冷し味噌卵麺、いずれも11時から14時、17時から21時となります。
 のいずれにも当てはまらない平日の午前中に訪問したので、何のサービスもなかったのではないでしょうか。

 5分ほどで北極やさい900円、アイフォーンを見ていたときに急にラーメンが出来上がってきたので写真の撮影に失敗、他店の他メニューのイメージ写真で申し訳ありません。
 北極ラーメンに煮込み野菜の味噌タンメンをトッピングしてあって、完全にかき混ぜずにほどほどのかき混ぜ具合で頂きます。
 激辛ですけど後味がすっきりしていてとても美味しく、箸が止まりません。
 ネギとゆで玉子はかき混ぜないようにして、麺を手繰るとサッポロ製麺の中太麺がこれまた美味しい。

 スルッと食べてしまってご馳走様でした、ああ、美味しかった。

 いったん帰宅して就寝、本来ならば数時間、いや5時間は休みたいところですが仕方ありません。
 毎朝出勤している時間のちょうど12時間後に出勤、して、分倍河原で途中下車して雨の中を朝食、ということで、とんかつ。
 ラーメンを1日でも早く卒業してとんかつ人生を送るため、少しずつ修行しておかないと。

 して、今朝(今夜)のとんかつ修行はグリルとん駒@分倍河原、店主さんの修行元とか系譜とか、全く分かりません。
 店先にもメニューが用意してありますが雨が降っていて読めずに(読まないで)店内へ、こぢんまりとしていながら必要十分の席数、カウンターが7席に4人掛けテーブルが2卓ほど。
 かなりの年数が経っている思われるのにこの照明の明るさと清潔感は素晴らしいなあ、と、空いていたカウンター席に座ってから卓上のメニューを見て、どれにしようかな。

 ロースかつ、ひれかつ、までが「とんかつ」で、他にはかにコロッケ、ミックスフライ、ハンバーグステーキ、豚肉のしょうが焼き、牛肉焼き、若鶏の唐揚げと色々と揃っています。
 どこまでが普通のとんかつ屋に揃っているメニューなのかも分からないまま、先ずは一番安いメニューをお願いしました。
 全ての揚げ物は単品でもお願いできるし(ミックスフライをつまみに飲んでいるお客さんもいたし)、ご飯、味噌汁、お新香を付けての定食にもできるし。

 作り置きのとんかつはあり得ないので、辺りを見渡して食べていない人が2人いたので、10分15分待たされるかなと思ったら16分ほど待ってロースかつ定食950円(税込み997円)。
 驚くほどのご飯の盛り、こんなに食べたら太っちゃうよと思いつつも、結果的にとんかつの美味しさに負けてご飯が足りないくらいでした。
 卓上にはとんかつソースとウースターソースが用意してあったのでとんかつソース、洋辛子も卓上の容器からとりました。
 とんかつの肉質はよく分からないけど、しっかりと火が通っているのに箸で切り分けられるほどの柔らかさ、柔らかいだけじゃない椅子から転げ落ちるほど美味しいとんかつ。

 ひと切れ目はご飯を食べずにそのまま食べてしまいました。
 付け合わせの千切りキャベツにはレタスとニンジンが添えられ、味噌汁はワカメ入りでさっぱりした味わい、お新香はおそらく自家製で程々の塩加減。
 と、ラーメンのように説明するのが馬鹿らしくなってきます。
 殆どのひとはとんかつを食べてご飯を食べてと交互に食べると思うのですが、私もそのように食べましたがご飯が足りません。
 最後の二切れあたりで調整して食べ切ってご馳走様でした、見た目はアレでしたが味、接客、店内の雰囲気、素晴らしい。

 仕事なんて行かないで、お酒を飲みながらとんかつをつまみたかったなぁ。

 この辺りには他にもお蕎麦屋さんとか中華料理屋さんとか、行ってみたいお店が沢山あります。
 少しずつ訪問するのでは時間が足りないかも知れません。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月25日

中本上板橋本店移転

/蒙古タンメン中本上板橋本店にて味噌卵麺/坦々厨房平家@稲田堤にて冷製黒坦々麺/

 シフト勤務を定時(って朝10時ですが)に上がり、幾つかあるルートの中で北府中から北朝霞、朝霞台から上板橋へ。
 眠くて倒れそうになる身体を引きずって、駅近くに移転した蒙古タンメン中本上板橋本店へ。
 移転の告知通り、駅の建屋とお店の建屋の距離は「歩いて5秒」だけど、改札からお店の入口までは2分はかかりそう。
 商売ごとは縁起を担ぐ風習があり、六曜で言えば今日は先負で午前中は凶ですが午後は吉、それにならってのお昼12時開店です。
 たまたま友達がいたのでお喋りしながら開店を待つことにしました。

 開店記念にタオルを配るのとは関係なく、中本ファンがどれだけいるのよという感じで、開店前30人以上待ち。
 待っていると、「仕事着」の2代目店主さんが1人1人に挨拶して回っていて、その後を「普段着」の先代の中本さんが挨拶をされています。
 並んでいるお客さんが建屋の入口に溢れ、近くのコンビニなどの前に掛かる頃には「お待たせしましたぁ〜〜 開店しまーす」と2代目店主の声が。
 まだ12時前なんだけどいいのかなぁ、いいのか。

 店内はファミレスのように広々としていて、カウンターは9席と5席、テーブルは全て可動式2人掛けで7卓の全28席は旧店舗より数席の増席。
 ファミレス風なのはスペースの広さだけではなく、奥の壁が全てガラスで採光を取り入れていることもあって、店内に自然光が溢れているから。
 カウンター席上部の仕切りには本店の伝統とも言えるテレビが液晶タイプとなって2台も据え付けられています。
 当面はメニューを絞っての営業となっていますが、先ずはビール500円で本店移転おめでとうございます。

 付き出しもリニューアルされていましたが(笑)、枝葉の説明はいずれまた。
 周りを見渡すと何となくお客さんがゆったりした感じ、カウンター席やテーブル席の椅子の丈がかなり低く設計されています。
 詳しいことは分からないけど、客回転を良くするためか「ゆっくりと座れない」椅子を採用されている飲食店が多い中、小学校低学年でも床にしっかりと足が付く高さなのはとても素晴らしいです。
 程なくして味噌卵麺850円、美味しそうだなぁ。

 新しい調理器具ということで、まだまだ不慣れかと思いましたが、全くの杞憂でした。
 きっちりと辛さが効いた、いや、普段以上に辛いスープは非乳化タイプで脂とスープを別々に楽しめますし、混ぜて一緒に楽しむこともできます。
 シャキシャキ感がしっかりと残ったモヤシと共にスープを味わうとさらに美味しいです。
 サッポロ製麺の中太麺は固すぎず柔らかすぎずでとても美味しいです。
 豚バラ肉やガーリックチップなども一緒に味わいながら、ご馳走様でした。

 その後、ガストで知り合いと反省会。
 中本の話をできる友達が少ないのか、みんな良く喋る喋る、まあ、そういう時代なんだな。

 早々に退散して帰宅、無理矢理でもないけど真っ昼間から布団に潜り込んで熟睡。
 1時間ほど早く目が覚めたので、愛犬の散歩とかしたりして。

 気分は朝食だけど夕飯にあたる時間帯に坦々厨房平家@稲田堤、駅から徒歩5分といった感じでしょうか。

 駅から府中街道に抜けている通りから1本入って少し歩くので「通りがかりに」というお客さんは少ないのかな。
 私なんかだと駅周辺のラーメン屋さんをネットで調べて全て訪問しないと気が済みませんけど、一般的には「おっ、こんなところにラーメン屋が」で入店される人も多いのかな、どうなんだろう。
 店先からもうかがい知れますが店内は黒を基調とした木材を多用した作りで、カウンター5席に2人掛けテーブル6卓、店先の雰囲気のままにゆっくりできる感じです。

 メニューは坦々麺が4種類、焼きそばなどを合わせた麺料理が4種類にチャーハン、後は20種類程度の一品料理。
 ビール、サワー、日本酒、紹興酒、梅酒、焼酎、と有名銘柄を揃えてあります。
 お店の経緯が分からないけど、坦々麺がメインのラーメン屋でアルコール類や一品料理を充実させてきた様な感じです。
 アルコール類を充実されているお店の場合、ラーメン単品だけの注文ができない場合も少なくありませんので、オーダーする前にラーメンだけの注文ができるかどうかを確認する必要があります。

 いや、ラーメンをオーダーしてから「ラーメンだけはちょっと」と言われたらビールやらつまみやらを頼める状況の場合は、そんなことを聞く必要はありません。
 程なくして冷製黒坦々麺900円、夏季限定で用意されている三種類の冷たい担々麺の一品です。
 顔が入ってしまうかのような大きな丼に盛り付けられていて、汁無し風に見えたので全体をかき混ぜるようとすると、丼が深くて上手くかき混ぜられません。
 かき混ぜる必要はなかったのか、と麺を手繰ってみると芯までしっかり冷やされた中細麺、スープによく馴染んでいて美味しいです。

 スープは色々な種類の坦々麺に合わせるためか、かなり淡泊に仕上げられていて、辛味ひき肉やゴマなどを引き立てます。
 冷たいスープをさらにさっぱりさせるために刻みタマネギと貝割れ大根がこれでもかと乗せられています。
 このラーメンを坦々麺と言われたらそうですかとしか答えられないけど、個人的にはちょっと違うんじゃないかなと思ってしまいます。
 暖かいスープのメニューや、一杯二杯やった後で食べてみたいなぁと思いつつご馳走様でした。

 帰り際に振り返ればこの風景はいつでも見られるけど、仕事で疲れた帰り道で振り返る人ってどのくらいいるんだろう。
 見送るわけでもなく、だからといって迎え入れるわけでもない、今までもここにいてこれからもここにいる。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記