2013年06月05日

麺屋翔の鴨そば

/麺屋翔@西新宿七丁目にて鴨そば/蒙古タンメン中本新宿@西新宿七丁目にて冷しインドラーメン、インド単品/

 梅雨入りしてから殆ど雨が降らないのですが、私のブログの更新が遅れているのと関係があるのだろうか。
 そもそも「梅雨入り宣言」って誰のために必要なんだろうか。

 お昼は自家製お弁当。
 おかずは野菜炒め、白身魚のフライ、自家製オクラピクルス。
 オクラピクルスは私以外は誰も食べないけど、私は好きで毎食でも食べたいくらい。

 夜は麺屋翔@西新宿七丁目ホームページ)。
 水曜日が月替わり限定メニューの日になってから久しいけど、業務多忙で行かれない月もあれば、こうして初日に行かれる日もあれば。
 今月は鴨出汁のメニューで、温麺の鴨そばは昼夜各30食づつ、つけ麺の鴨つけ麺は麺切れまでの販売です。

 和食や洋食からラーメン屋に転身された店主さんがここぞとばかりに鴨肉を使ったラーメンを出されますが、生粋のラーメン屋が提供する鴨出汁ラーメンはあまり見かけません。
 今夜は少し早い時間帯の訪問ですのでぽつりぽつりと席は空いていますが、お客さんはひっきりなし、西新宿7丁目の奥の奥の店なのにひっきりなし。

 ビールを飲みながらゆっくりできる事って、もう無いのかなぁ。
 以前の限定メニューの日はレギュラーメニューを販売していませんでしたが、店員さんが増えてからは販売されているので、レギュラーメニューを食べているお客さんもいます。

 程なくして鴨そば900円、どんな店でも成長する、正の成長と負の成長があるけど。
 麺相こそオイリーな醤油ラーメンに感じられますが、レンゲで一口、味わってみると、かぁっと鴨肉の味わい(実際には鴨ガラの味わい)。
 洗練とか淡麗からは遠い立ち位置ながら、ここまでの出汁スープをこの店で味わえることに感謝。
 それでいて後味は残らないので、すすっと飲めるスープです。
 麺はこの鴨出汁のために特注した切り歯22番の細麺、いわずとしれたカネジン食品です。

 スープとの相性はとてもいい感じで、鴨出汁の旨味を後押しをしつつ自身が前に出つつ。
 トッピングは鴨肉チャーシュー、ぶっといメンマ、素揚げされたレンコン、板海苔、三つ葉の苦味が鴨出汁の旨味を一層引き立てます。
 ご馳走様でしたと深々と頭を下げてお店を後にしました。

 夜は蒙古タンメン中本新宿@西新宿七丁目
 入口に続く階段にまでお客さんが溢れかえっていることは少なくなりましたが、店内待ちが無くなることはなく、今夜も数人待っていました。
 今月も新宿店の限定メニューは絶好調で、TOKIO醤油が9時から18時まで、月、火がいしやまナ〜ラ、水、木、金が冷しインドラーメン、土、日が和風黒北極、7の付く日(6/7、6/17、6/27)はカラトマサ。

 とはいえ、新作はないので個人的には「いつ食べに来てもいい」月間ですが、下旬には何か他の限定メニューも販売されるのではないでしょうか。
 しばらくするとカウンター中央の空いている席に案内され、見知らぬ店員さんから「メルマガを登録して頂けるとトッピングのサービスなどがあります」とショップカードを渡されて勧められてしまいました。
 しばらく来ないと真新しい気持ちになって、とてもいいですね。
 ちなみに6月のメルマガサービスはプチ麻婆丼、ゆで玉子、ウーロン茶になっています。

 部長兼師範店長さんに挨拶しているウチに冷しインドラーメン900円の麺少なめ、インド単品130円が運ばれてきました。
 中本で最も辛い料理である冷し味噌スープに、新宿店限定販売のインド(カレーのルー)を合わせたつけ汁。
 飽和点まで溶かし込まれた唐辛子と数種類のスパイスで作るルーを合わせると、ただ辛いだけだと思われがちですが、辛さと辛さが乗じてさらに辛くなって旨さも倍増以上。
 よくぞこんな料理を考えたものだと思いつつ、麺を浸けずに先ずはつけ汁を味わいます。

 二口、三口味わったら麺を浸けるとこれまた旨い、新宿店の麺は他支店と違う様に感じますが、それは贔屓目だからですね。
 玉子スライスと薬味ネギがいい箸休めになって、いや、箸休めは無くてもいいんだけど、ええ、あった方がいいか。
 スタンプカード対策でさらにカレールーを追加してみましたが、カレールー単品でもこれだけ美味しいんだから、合わせたら美味しいのは当たり前だよな。
 一滴も一本も残さずご馳走様でした。

 帰りの小滝橋通りは、新規店舗としてオープン済みとこれからオープンと。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記