2013年06月07日

野方、新宿、沼袋

/無鉄砲つけ麺無極@野方にて無極そば/無鉄砲がむしゃら東京中野店@沼袋にて黒とんこつラーメン/

 職場の近くに紫陽花が咲き誇っていて、写真撮り放題。
 道ばたや遊歩道に咲いているのはそれなりに自由に撮影できるとして、民家の庭先に咲いているのを撮るわけにはいかないですね。
 民家の咲きに咲いている紫陽花はこれまた綺麗に咲いていますが。
 今は昔、住人さんに撮影の許可を得たこともありましたけどね。

 お昼はお手製お弁当、今日は混ぜご飯にしてみました。
 野菜炒めとオクラのピクルス、

 夜は前日に知ったスタンプラリー向けに前日からあちこち段取りして、先ずは一歩目。

 無鉄砲つけ麺無極@野方ホームページ)、無鉄砲のつけ麺ってどうなのよと心の隅っこにあって、ずっと再訪していませんでした。
 無鉄砲グループが開店15周年を記念したスタンプラリーを開催され、達成したプレゼントがラーメン一杯無料程度なら見向きもしませんが、限定Tシャツをプレゼントということなら黙っていられません。
 全員プレゼントではなく達成者先着180人(着)とのこと、各店舗で2杯ずつ食べて1日で達成も考えたけど、この歳では後に響くからなぁ。

 食券を引き換えた店員さんに「こちら、スタンプカードになります」と勧められるかと思ったらそうでもなく。
 数席を残してお客さんが座っていたのでどこに案内されるかなぁと楽しみにしていたら、右手一番奥の席でラッキー。
 席に着いてお冷やを飲みながら時計を見てみると、事務所を出てから90分も掛かっていて随分遠いなぁと思いつつ、奈良の学園前まで行くことを考えると恐ろしく近い。
 まあ、同じ味ではありませんが。
 何はともあれ食べずに帰るわけにはいかない辛子高菜と紅生姜を小皿に盛り付けてスタンバイ完了。

 10分ほど待って無極そば700円、お店はつけ麺専門店からスタートしましたが去年の暮れからラーメンも販売するようになりました。
 丸い銀盆に乗せられて配膳されるのはスープが溢れてテーブルを汚さないようにするためかなぁと思いつつスープを飲んでみると、もの凄く濃厚に思えて豚骨の旨味しかしないスープ。
 「水と火と豚骨しか使わない」とはこのスープのことで、ここまで後味がすっきりしたスープは他で味わうことができません。

 何口か味わったら麺、中太麺はほんの僅かに柔らかめにシフトしていましたが、それはオレが食べるのが遅いから。
 トッピングは薄切りされたチャーシューが数枚、薬味ネギ、玉葱、揚げエシャロット、板海苔。黒い油はマー油に思えて鰹油、いずれにも一点の隙もなく。
 無鉄砲ではどうしてもスープを飲み干してしまうわけで、今日も飲み干してしまってからっぽの丼に立ち上がる湯気をしばらく眺めていました。

 ご馳走様と席を立って店外に出るといつも通り店員さんが追いかけてきて、「ありがとうございました」と言われる前に「ご馳走様でした」と挨拶しました。
 別れ際になぜか関西のスタンプカードも渡され(黒が関東、赤が関西)、関東と関西で違うTシャツなら頑張らなくもないのだが。

 次のお店は夜中の1時開店なので、時間調整を兼ねてにバルト9でオブリビオン鑑賞、そつなく金券ショップで前売り券を買って。
 ジャック・ハーパーは黙っていた方がいいな、ヴィクトリア・オルセンさんが時折みせる「人間らしくない」演技が伏線を示唆していて素晴らしい。
 途中から結末が見えたけど全体的には1800円分(前売り券なので1300円)の見応えあり、あくまでも個人的な感想ですが。

 沼袋から歩くこと10分で無鉄砲がむしゃら東京中野店@沼袋、初訪の3月にまた来るといっておきながらもう6月じゃないか。
 開店15分前にお店に着くと既に数人並んでいて、慌てず騒がず落ち着いて最後尾に続きます。
 と、数時間前に無極でお会いした店員さんが来ていてビックリ、店員さんも私に気が付いてちょっとだけびっくり。

 四方山話をしながら開店を待っているとテレビクルー登場、いつ使われる映像なのか聞き忘れましたがインタビューが無くて助かりました。
 定刻に開店して店内へ、順番に食券を買って席を案内されると前回と同じ席、その席に何か縁があるのかな。
 前回は頼み損なった生ビール500円をゴクリ、いやぁ、旨い。
 付き出しのチャーシュー切り落としも多すぎず少なすぎず、ニンニク醤油を掛けて頂くとこれもいい感じで。

 程なくして黒とんこつラーメン650円、前回は赤を頼んだので今回は黒、残るは白になりますが、いつ食べに来られるか。
 基本の豚骨スープにマー油を合わせただけに思っていましたが、そのマー油が豚骨スープの味をこんなにも引き立てるとは。
 元々、強烈な豚骨臭なのですがマー油のニンニク臭が後押ししてもの凄い匂い、人に会わなくて電車に乗ることもためらうような匂い。
 今日の麺は太麺まではいかない中太麺で、いつもどおりやや平打ちの打ち方でスープに実によく合います。

 薄くスライスされたチャーシューは前回より少し多かった様な気がしましたが、気のせいでしょう。
 メンマが数本、九条ネギの小間切りがバサッとトッピングされています。
 レンゲでスープを味わいつつ、麺を箸で手繰って頂きつつ、気が付くとスープしか残っていないので丼を持ち上げてスープを飲み干していました。
 途中から辛子高菜と紅生姜を忘れずに入れて、ご馳走様でした。ああ、美味しかった。

 なんと、豚の骨が来週営業するとのこと。
 ラーメン一杯だけ食べに奈良に遠征するのも悪くないな。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記