2013年06月18日

銀座にて

/銀座篝(ぎんざかがり)@銀座(中央区銀座4)/鶏白湯SOBA並780円/

 まだまだ火曜日。
 何度目かの人生の転機がありつつも身を委ねる日々、好転するのか暗転するのか。

 客先からの移動で、少し早いお昼、銀座は4丁目にある銀座篝(ぎんざかがり)@銀座(中央区銀座4)へ。
 開店数ヶ月で既に行列店とのネット情報でしたので、12時前に行きたかったのですがそうもいかず。
 12時を少し過ぎた辺りで外待ち12人、銀座以外から電車などで食べに来ている感じのお客さんは見当たらないので、この地の人もラーメン屋さんに並ぶんですね。
 並んでいると店員さんがメニューを持って注文を取りに来ます。

 メニューを見るとつけSOBAとして煮干し、濃厚辛、特製、中華SOBAとして鶏白湯と煮干し醤油と揃っています。
 列が進んで店先のメニューを見てみると、中華SOBA、つけSOBAの順に書かれていて、先のメニューと並びが違うんですね。店内に置かれていたのは店先のと同じでした。
 30分ほど待って店内へ、コの字カウンターは3席、2席、3席と狭いけれども荷物置きや洋服ハンガーは用意してあります。

 白木を多用された作りなのですが、和を標榜するのであれば掛け軸、水彩画、生花などがあっても良さそうです。
 厨房も決して広いわけではなく、(スープが1種類でタレでメニューを変えているのではなく)スープ自体を数種類揃えているので店内で仕込んでいるとは到底思えず。

 先にオーダーを通してあるので、着席してから数分で鶏白湯SOBA並780円、大盛りは100円増しです。
 僅かに粘度を感じるしっとりとした鶏白湯ははっきりした塩気と共に旨味が横に広く、奥に深く、このスープを美味しいと感じる人が多いことでしょう。
 臭みは殆ど感じないので灰汁抜きなどを徹底しているのでしょうけど、ラーメン職人が求めに求めた「探した味」ではなく、一般ウケする味を「作った」感じが強いです。
 果たして数年後にこの味を思い出せることあるかどうか。

 三河屋製麺の細麺は何故か(たまたま?)固めの仕上がりで、スープとの相性はイマイチ、開店して数ヶ月ですからこれからなのでしょう。
 トッピングは薄桃色の鶏チャーシュー、縦に半切りされたヤングコーン、アスパラガスにカイワレ大根、個人的にはこのラーメン(特にスープ)への必要性を全く感じません。
 小鉢の味変調味料は鶏白湯SOBAにのみ付けられ、店員さんの説明があったりなかったりのようで、揚げエシャレットとおろし生姜。
 スープの濃厚さを調整するためにおろし生姜を用意したのであれば、量が少なすぎる気がします。

 揚げエシャレットは鶏白湯の香りに香りをぶつけてどうするのか、食べ歩き初心者の私には理解できませんでした(食べ歩き上級者の人がこのブログを読んでいたのであれば、説明して欲しいです)。
 卓上に置かれていた調味料は美濃有機玄米酢、黒七味、黒七味って香りを一変させるからなぁ、、って一変しちゃったよ。
 ご馳走様でした、夏が過ぎ、秋になった頃のトッピングが楽しみです。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記