2013年06月20日

坐唯杏にて激励会

/讃岐うどんたら福@池袋/ぶっかけ冷にナス天/坐唯杏@池袋/

 お昼はお弁当。
 今日はわっぱを洗い忘れてしまったので、子供のヤツを無断借用したので量が少なかった。

 ので、小腹を埋めるために移動中に讃岐うどんたら福@池袋に立ち寄りました。
 はなまるうどんとか丸亀製麺とか、さっと食べられるうどん屋さんはとても便利ですね。
 とは言いながら、うどんについてはかけとぶっかけとしょうゆの違いも分からない初心者なんですけどね。

 ですが、お店に入る(?)とずらっと並べられている揚げ物を何も取らずに通過できる勇気はなく、今日は茄子の天ぷらにしてみました。
 1分も掛からずに提供、座る椅子が見つからずにしばらくウロウロしちゃったよ。
 ぶっかけ冷330円にナス天100円
 コシがあるというか固いというか極太のうどん、美味しく頂きました。

 夜は坐唯杏@池袋ホームページ)、メルマガ(?)限定のコース料理を頂きに、Google+のコミュニティで知り合いになった人との飲み会。
 先月も来たし、先々月も来たような気がするし、最近よく来ているような気がします。


◆先付 日替わり小鉢
 コースといえども季節を感じさせる日替の一品をしのばせるのが坐唯杏流。
 仕込み料理ではありますが、小皿に小分けして冷蔵庫に並べてあったのとは全く違います。


◆食前酒 薬酒(自家製のウコン酒)
 先発は自家製ウコン酒。美味しいか美味しくないか、高級か珍味かという以前に自家製なので坐唯杏でしか味わうことのできない果実酒(ウコンは果実ではないけど)。
 すっとする味わい、これからの料理を味わい楽しむために身体を用意する。


◆前菜 鱧落とし
 主役級であっても、食べたい料理を早めに出す、敢えて前菜に鱧です。
 関東在住ゆえにサラリーマンのサラリーでは年に一度くらいしか味わうことができませんが、年に一度は味わいたい。
 この鱧の美味しさには言葉がありません、この落としが食べられたのでもう帰ってもいいかなと思ったほど(実際には帰っていませんけど)。
 鱧の落とし(湯引き)といえば梅肉以外を考えたことがありませんでしたが、梅が苦手な友達は酢味噌で食べていました。


◆椀替り 順才吸酢
 ほんの一口だけ触感を味わう日本料理の真骨頂。酢を中心にさっぱりと味付けして頂きますが、コースではそのまま飲めるほどに薄めた酢でいただきます。
 お椀ではなくカクテルグラスが何とも粋です。


◆向付 鰹たたき
 メインは鰹、この時期に鰹を食べなくて何の魚を食べるんだよ、的な。
 冬の魚が鮪ならば、夏の魚は鰹、ここまで身厚の土佐造り(鰹のタタキ)はほかの居酒屋ではお目にかかれません。

 飲んだ日本酒は鶴齢の純米、いつも同じのを飲んでいる気がする。
 二合でお願いしたら、二合徳利に並々と注いで下さいました。


◆焼肴 鮎塩焼き
 季節の魚三昧と呼んでもいいほどのコース、ラストは天然(風)鮎、鮎と言えば塩焼き。
 『鮎の料理に百珍あれど、塩焼きをもって最高とする』とのことですが、私がいままで食べた事があるのは雪のように塩が振られていました。
 天然物と養殖物で色々と論議があるようですが、いま、目の前の蒸しただけだと勘違いするような藻の香りをぷんぷんさせている鮎の塩焼きが旨ければそれでよし。
 骨や内臓に火が通っていないかのような食感、苦手な人もいそうですが、この塩焼き、もう一回食べたいです。


◆預鉢 香物盛合せ
 箸休めにの浅漬け、もちろんお店の自家製。
 いつもだったら残ることもあるのに、今日はあっという間に空っぽ。


◆煮物 イナダと新牛蒡 炊き合せ
 煮込むことでより一層、江戸前の味わいを増すイナダ。大きさによってワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ(関東の場合)と呼び名が変わる出世魚。
 次の天ぷら料理に向けて身体全体を徐々に暖めていきます。

 濁りを他の日本酒で「割って」飲む。
 タブーと言われていますけど、個人で楽しむ分には問題無いでしょう。


◆揚物 子持槍イカ天ぷら
 生まれて初めて、卵を孕んだ槍イカの天ぷらをいただきました。
 ほかにレンコンや季節の野菜もとても美味しいです。


◆食事 山菜トロロうどん
 さて、〆はうどん。
 うどんもお店で打っていて、コースではトロロ芋と山菜でいただきました。
 冷たい汁が体をすっきりとさせてくれます。


◆甘味 ライチシャーベット or マンゴーアイス
 デザートにはシャーベットとアイスが選べますので、私はアイス。
 齢50にしてアイスの美味しさが分かるようになってきて、まだまだ人生を頑張れそうです。


 食べながら飲み、飲みながらお喋りしていると終電の時間を過ぎてしまいました。
 どうしても帰りたければタクシーで帰るという手もありますけど、まあ、どうでもいいかと。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記