2013年07月19日

町田にて

/晴雨兼用傘/お手製お弁当/蒙古タンメン中本町田にて北極あんかけラーメン/

 晴雨兼用傘、導入しました。
 何年か前からずっと欲しかったけど自分で買うには高いし、デザイン的にもナンだし、日陰を渡り歩けば何とかなるか、とずっと見送っていましたが。
 1ヶ月遅れの父の日のプレゼントでしょうか、よく分かりません。
 新しい傘を買ってもらって雨が待ち遠しい子供のように、ピーカンが待ち遠しかった大人、晴れたので早速使ってみました。
 常時日陰で涼しい、と言うより、行き交う人の視線が涼しげ(泣)

 お昼はお手製お弁当
 お手製とは名ばかりで、庭でとれたプチトマトを乗せただけであとは既製品。
 まあ、これでも一食だから助かりますよね。

 仕事が遅くなったけど、中本月内全本支店巡りに向けて京王線に乗ったら、新宿駅でポイント故障があり、調布で足止めされてしまいました。
 10分か15分で復旧するかと思いきや、30分経っても復旧せず、橋本行きが復旧したところで諦めました。
 電車が遅れからと言ってラーメン屋さんが閉店時間を延長するはずもなく、仮に閉店時間を延長されたとしても終電が延長されるはずもなく。

 来る予定はなかったけど、まあ、長いウチにはそういうコトもありますな、と蒙古タンメン中本町田へ。
 個人的にはあと一時間で終電ですけど、店内満席で少し店内で待つ感じ。
 もう少し混んでいたら諦めるところだったよ。
 訪問する曜日が決まっているからかたまたまなのか分からないけど、いつ行っても同じ店員さん、単に「ウチの店によく来て下さるお客さん」と思われているところが助かります。

 こんな時間ではもう最寄り駅からバスがなくなってしまい、歩くかタクシーになるからもう飲むかとビール500円で今夜は町田で一人お疲れ様会。
 付き出しの冷しモヤシ(自分で勝手に命名)のモヤシの量が(たまたま)多くて食べ応えがあります。
 どうせだからと紅生姜を乗せて頂いていると、ビールを飲み終わった辺りでラーメンが出来上がってきました。

 北極あんかけラーメン900円の麺半分、辛さ2倍、ミニ味噌タンメンスープ170円。
 北極あんかけラーメンは北極ラーメンがベースなので辛さ増しすることができて、2倍から5倍(新宿店などでは10倍)までできます。
 私の素性がばれているお店では、自動的に2倍になったり5倍になったりするので出来上がりが楽しみですが、素性がばれていないお店で「辛さ増し出来ますか」と尋ねると「もの凄く辛くなりますよ」と言われるので、じゃあ2倍ということで。
 ほとんど辛くなかった北極スープがチクチク痛みを感じるほど辛くなって、出来たてというコトも相まって俄然美味しくなりました。

 北極スープを味わったら中華餡を溶かし込んで再度味わうとこれまた美味しい、北極ラーメンファンの評価はイマイチらしいですけど、私のような中本初心者にはとっても美味しく感じられます。
 全体をゆるくかき混ぜながら麺を手繰ると、中太麺が少し柔らかめになっていてとても食べやすいです。
 中本でも麺固めを頼む人が多く見かけられますけど、私は固い麺というのがどうも苦手で、しっかりとグルテン化された麺が好みです。
 時折、火照った身体を冷ますようにミニ味噌タンメンスープを頂き、食後のドルチェの代わりにプチ麻婆丼のライス抜き(つまり麻婆豆腐のみ)を頂いてご馳走様でした。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月18日

高田馬場で2軒

/お手製お弁当/天理スタミナラーメン高田馬場店にてスタミナラーメン/つけ麺ポロロ@高田馬場にてかけつけ麺に辛味/

 今日も夜は雨らしい、昨日もそんなことを言っていたっけ。
 夕立は大歓迎だから、私が事務所から駅、駅からお店、へ歩いている途中に降らないでくださいませ。

 お昼はお手製お弁当
 お手製とは名ばかりで、ご飯の上に買ってきたとんかつを並べただけ。
 そもそもそんなのをお弁当と呼べるだろうか。

 夕飯は天理スタミナラーメン高田馬場店(ホームページ)、通常は日付が変わっても営業されているようですが、昨日と今日はスープ切れで閉店されているようです。
 この情報を知ったときに「高田馬場かぁ、どの店の居抜きだろうか」と住所を検索すると、、、ラーメン屋の居抜きじゃないのか!?

 一般的な飲食店の厨房より少し広めのスペースを必要とするのがラーメン屋、一体どうやってスープを仕込んだりしているのか。
 お店に着いて店内に入って、すぐにその謎は氷解しました。
 (話を戻して)店先には多くの祝い花が寄せられていて、久し振りの開店直後の新店がとても眩しいです。
 左胸に「ナカイ」と入ったお揃いの黒いTシャツの店員さん、店内には野菜炒め担当、麺茹で担当、配膳担当の男性店員さんだけで、他の数人はホールというか店外での接客担当。

 店内に入るとすぐ右手に券売機、新規オープンの昨日と今日はオープンサービスメニューのみの販売です。
 メニューはスタミナラーメン680円、トッピングはチャーシュー(スタンダードでは乗らない)、煮玉子。チャーハン450円、餃子7個320円、スパムむすび200円、ビール、ウーロン茶、コーラ、オレンジジュース、と。
 ショップカードを見ると直営店とあり、経営は(有)なかいとあります。
 コの字カウンターは3席、4席、3席の10席と本店など奈良のお店を知っている私としては「ホントに天スタ?」かと疑ってしまうほどの狭さ。

 それでも店内に数人が立って待つスペースがあり、待っている間に降ってきた雨に濡れずに済みました。
 しばらくして着席、食券は渡すまでもなくなのですが、配膳担当の店員さんは「小、みっつ」等と厨房に伝えています。
 昨日今日と全員が同じメニューであっても先に麺を茹でたり野菜を炒め始めたりしないマイペースさは、青島食堂が秋葉原に開店したときに似ています。
 個人的には待たされ感やオペレーションも含めて味だと思っているので大歓迎ですが、「遅い」と感じるお客さんも多いのではないでしょうか。

 程なくしてスタミナラーメン200円(オープンセール価格)、おお見るからに天スタの麺相。
 (他にもあるけど)一年中ハクサイが食べられるラーメン、ハクサイがメインだけど豚バラ肉やニラも入っていて、甘いハクサイにさらに甘い味付けでどこまでも甘いラーメン。
 屋台発祥と言いながらとても屋台では作れないラーメンに進化した天下一品とは真逆、未だに屋台で提供できるラーメンを作り続けています。
 こんなにも特徴的なスープは好きになったら他のラーメンは食べられないだろうな、美味しいし。

 それにしても本店の味をここまで忠実に再現するとは素晴らしいですね。
 細麺はやや固めの茹で加減でちょっと慌てたかなと言う感じではありますが、ゆっくり食べたら問題無し。
 この麺もまさしく天スタクオリティ、明らかにこっちの製麺所の麺じゃなくて奈良から取り寄せているのでしょう。
 途中から卓上のおろしにんにくと豆板醤を大さじ二杯ずつ投入、甘さの後の辛さはかなりきますが、この味変こそ天スタの楽しみ。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。
 店外で呼び込みをされていた店員さんに確認すると、麺とスープは奈良から取り寄せているとのこと。

 さすがに200円で帰るのは忍びないので、辺りをうろついて見つけたつけ麺ポロロ@高田馬場、東伏見に移転された味一があった場所ですね。
 屋号にあるようにつけ麺のみのお店で、しかもつけ汁(スープ)が1種類だけでトッピングバラエティのラインナップ。
 さて、どんなつけ麺が食べられるのだろうか。
 前店を全く思い出させない明るく店内に入って券売機で食券を買い、手近な席に座ると「そちらはあまり冷えないので、こちらへどうぞ」と誰もいない客席を案内して頂きました。

 カウンター4席と5席は帰るまで自分1人、食べる前は食べた後で店員さんと話しをしようかなと思いつつもジャスのBGMが大きくて躊躇してしまいました。
 ジャスミンティを頂きながらつけ麺の出来上がりを待ちます。
 カウンター台には沢山のポップがあって、ツイッターをやっているとのポップもあったのでつけ麺が出来上がるまでの間にフォローして呟いてみましたがなしのつぶて。
 営業中は返事がなくても当たり前だよな、と1人でほくそ笑みながら、限定麺の案内などを読んでいました。

 8分ほどでかけつけ麺500円に辛味150円、かけつけ麺はトッピングを乗せない「お試しメニュー」とのこと。
 ラーメンのことはよく分からないけど、トッピング等の盛り付けも味のウチ(逆効果もあるけど)だから、麺とつけ汁だけを提供するのは相当な自信の現れ。
 つけ汁には魚粉を乗せた海苔が浮かべられていますが、写真を撮っているウチに沈んでしまいました。

 極太麺を手繰ってつけ汁に浸けて食べてみたけど、私のようなラーメン初心者にはその味の良さが分からず、まだまだ修業が足りないようです。
 トッピングが無いと言っても、麺には白髪ネギが合わせられ、つけ汁にはサイコロチャーシューが幾つか沈めてありました。
 麺を半分ほど食べたところで、多くの食材で餡のように作られた辛味をつけ汁に合わせてみると、辛さは程々、味はかなりいい感じ。
 何かの手違いかと思うほど量が多かったので、試しに和え麺よろしく麺を直接辛味に合わせてみると、これが中々いける。

 というか、この食べ方が正式なのかと思うほど、多分、違うと思うけど。
 麺を食べ終わったのでスープ割り、カウンター台に用意された保温ポットから注ぎ入れます。
 さっぱり目のだし汁は先ず先ずの味わいで、ご馳走様でした。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月17日

上板橋にて

/お手製お弁当/やきとんひなた@上板橋/蒙古タンメン中本本店にてスタミナラーメン/

 今日の天気予報は夕方から雨だとか。
 少し降ってくれた方が地面が冷めていいよね、自分が帰る頃には止んで欲しいけど。

 お昼はお手製お弁当、ではなく、女房作のお弁当。
 たまたま下の子を駅まで送る時間が早かったので、お弁当を作ってくれて嬉しい。
 自分で作るより遥かに美味しいよね、当たり前ですけど。

 上板橋駅を降りた辺りではもう雨が小降りになってはいたけど、それでも傘が要らないということはない。
 折り畳み傘なんて持たない、っていきがっていた若い頃が懐かしいなぁと一人ほくそ笑みながら鞄から傘を出して差してお店に向かいます。

 やきとんひなた@上板橋、上板橋には中々来られないのでお店自体に訪問するのは数ヶ月ぶりかな。
 以前の素晴らしい時代を知っているので、どうしても足が遠のいてしまうんだけど、お客さんが盛り上げていかなればいけないよね。
 と、入ろうとすると満席、ひなたは満席でも壁側に立ち飲みスペースがあって、って、一席空いていますか、そうですか。
 先ずは生、暑くても寒くても生ビール、他人には言いづらい理由で開口一番のオーダーはいつも同じにしています。

 支店展開される前の店長さんは3回目で覚えてくれましたが、さてさて、、、って前回と店長さん(焼き場を仕切っている店員さん)が違いますか。
 お通しは付かないのでざっと壁を見渡しつつお店のツイートを思い出しつつセロリをオーダー、漬け物ですからさっと出てきます。
 今夜は上板橋で一人お疲れ様会、しゃきしゃきした歯応えが今日の疲れを砕くようです。
 あっという間に生ビールを飲んでしまって日本酒、なんとなく出来るだけ東北のお酒を飲むようにしていますが、今夜はひまわり。

 ラベルには「日本酒 日輪田 純米原酒 超速火入」とあり、なんともすっきりした喉ごしのお酒です。
 飲み手の数だけ居酒屋を選ぶ基準があると思いますが、私は日本酒の品揃えではなく、日本酒のコップでお店のランキングを決めています。
 厚く重いガラス製で、一合に満たない8勺か9勺、受け皿もコップと同じガラス製がベスト。
 受け皿に溢れた日本酒は全て自分で飲むのではなく、テーブルにも少し飲ませるのが一流の飲み手、「飲ませ」なくても手元がおぼつかないから「溢れて」しまうのですけど。

 魅力的な一品料理が多い中、今日はたんしたとなんこつ焼き、焼き方はお任せでお願いしたら塩でした。
 僅かに芯が生が残るアルデンテというわけにはいかないご時世ですが、そこはそれ、魚心あればなんたら。
 この焼き鳥の良し悪しの見分け方も飲み手の数だけあるのでしょう。
 むんずと後ろ髪を引かれながらもお会計、また、飲みに来るから。

 上板橋の東口に移転した蒙古タンメン中本本店の夜営業に初めて来てみました。
 店内に入ると満席店内待ちありの繁盛ぶり、帰るまでずっとそんな状態なのは少しオペレーションに不慣れの様です。
 とはいえそんなコトは時間の問題、と券売機に向かうと全商品のランプが点いていてスタンバイ。
 いやぁ、壮観、というか、ぱっと限定メニューが分かるように配置されているのが助かります。
 滅多に本店には来られないからメニューコンプはとっくに諦めていて、今夜は非辛メニューといきますか。

 しばらくして案内されたのは前回座ったカウンター席のすぐそば、見上げれば店内設置のテレビがよく見えます。
 お冷やを飲みながら出来上がりを待っていると、先ずはトッピングのネギ60円、サイドメニューのプチ冷味丼160円、サービスのプチ麻婆丼のライス抜き、登場。
 店内が明るくなったのでラーメンの写真写りもバツグンで、私の下手な撮影技術を十分に補ってくれています。

 程なくしてスタミナラーメン800円の麺半分。
 「中本のメニューは全体的に量が多めなので」との先入観から麺量を減らすことが多いけど、食べ始めて後悔することしきり、今夜も後悔。
 一般的に「スタミナラーメン」と言えばニンニクやバラ肉がタップリ入っていていかにもスタミナが付きそうなラーメンで、中本でも全くその通りのラーメンです。
 まあ、ニンニクたっぷりは中本の他の料理でも同じですけど、バラ肉、野菜が中華餡に包まれてたっぷり乗せられていて、ゆで玉子のスライスが乗っていると言えば、もうスタミナオーバー、完全に新陳代謝の負けです。

 醤油ベースのスープには野菜を炒めたときの旨さがにじみ出ていて、なんで中本で辛くないラーメンを食べないといけないの、と自問自答する必要なんてどこにもありません。
 サッポロ製麺の中太麺はほんの僅か固めに茹で上げられていて、ゆっくり食べていると程よくスープを吸って美味しく食べられる計算でしょうか。
 このプチ冷味丼は金額調整の位置づけが濃厚なのですが、まあ、その辺は大人の事情ということで。

 中本の料理の基本となっている冷味餡が直に楽しめるメニューで、値段以上の美味しさだといつもいつも思っています。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、ここから自宅まで2時間近くかかるんだよね。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記