2013年07月15日

相模原で2軒

/麺屋クラー軒@相模原市中央区にて冷やしらあめん、全部のせチョコ坦々麺並盛/韋駄天@相模原市中央区にてつけ麺/愛犬の散歩/

 今日も早起きして愛犬の散歩、曜日的には早起きするべき日なのであまり辛くないけど、
 結果的に3日とも惰眠を貪ることはできなかったけど、まあ、それも人生だな。

 お休みの日は女房と買い物に出掛ける。
 平日は一人で運転して買い物に行くんだから、お休みの日も勝手に一人で行けばいいのに。
 何を買うのかが大切なのではなく、出掛けることが大切なのだろう。

 淵野辺駅から十分徒歩圏内なのにわざわざ自宅から車で行ってしまった麺屋クラー軒@相模原市中央区、「クラー軒」とは変わった店名ですね。
 聞くところによるとパパパパイン@西荻窪で修行された店員さんが独立されたとのことで、神奈川だけではなく東京のラーメン好きはこぞって訪問されているようです。
 単なる食べ歩きニストの私は今頃のこのこと訪問、店内に入ると少し広めの店内にたったの8席、えぇっ、テーブル席が用意されていないんだ。
 と顔を上げると美人過ぎるラーメン屋の女性店員さん、どこかで見たことがある、見ただけではなく会ったことがある、もしかしたら話したことがあるかも知れないけど、どこの誰だかはさっぱり思い出せない。

 まあ、いつも通り思い出せないので気にせずに食券を買って空いている4席と4席のカウンター席へ、今日は珍しく女房がお冷やを用意してくれました。
 メニューは話題のチョコ坦々麺以外にも同じ細麺のあっさりラーメン、太麺のこってりラーメンと油そばの4種類、限定メニューは冷しラーメンと辛いラーメン。
 卓上には油そば用と思われるマヨネーズと酢、刻みタマネギ、他のラーメンにも使える一味唐辛子、おろし生姜、おろしにんにく、黒胡椒。
 カウンター内の調理テーブルに先客の分と一緒に丼を用意されたので、おお4玉同時に茹で上げるのか、サスガはパパパパイン出身ですな。

 7分ほどしてカツオ風味の冷やしらあめん800円、細麺150g。
 醤油ベースなのかな、冷たいスープはやや茶濁していて鰹節の風味たっぷり、しっかりと出汁を効かせつつ細麺の美味しさを超えないように調整されています。
 三河製麺の細麺はさくさく食べられる感じでとても美味しく、スープの冷たさにも香りにも、薬味野菜にも負けていません。
 鶏肉チャーシューもひんやりと冷やしてあって美味しくいただけ、ほぼ丸ごとのオクラ、刻みネギにミョウガ、板海苔。
 こうして目の前に出されれば他でも食べられそうな変哲もない冷しラーメンですけど、じゃあこの変哲もないのをゼロから考えろと言われて出来るのは、渡なべ(の出身者を含む)など数店の店主だけじゃないでしょうか。

 女房は全部のせチョコ坦々麺並盛1030円、全部のせはノーマルから250円増しです。
 チョコレートと言っても一粒ン百円から一箱百円まで多くの種類があり、どの辺りのチョコを使っているかが興味があるところです。
 ゴマの甘さと風味をチョコレートで表現していて、何故いままで誰も使わなかったのか不思議なほどの相性の味わい。
 賛否両論あるとの話ですが、こんなに美味しいのに先入観って大切だなぁ。
 チョコはスープに合うだけじゃなくてひき肉との相性も悪くない、「坦々麺」ということで青梗菜などの青菜を期待してしまいますが、そこはパクチーとしています。
 甘さゆえ山椒の辛さが引き立つのか、山椒の辛さゆえ甘さが引き立つか分からないけど、どちらもどちらを引き立てています。

 白ねぎがやや多い気がしますが好みの範囲、バラ巻きチャーシューが3枚も入っていて、いずれもしっかり味が付けられていて美味しいです。
 チョコ味がする味玉も入っていて、スープにどっぷり浸かっているためか温度が一緒で、これまた実に美味しいですね。

 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

 女房がセブンイレブンの白くまくんでデザートしている間に、私は韋駄天@相模原市中央区へ。
 コインパーキングは店舗裏などにあり、30分100円なので着席待ちとかしていなければ100円で済むんじゃないかな。
 店先には「駐車券提示でそれなりにサービスします」とありますので、忘れずに注文時に駐車券を提示してサービスを受けましょう。
 サービスは、味付け玉子、ネギ増し、モヤシ増し、キクラゲ増し、海苔増し、半ライス、替え玉、から2品が無料になり、組み合わせによっては200円になるから100円お得です。
 私は駐車券を車にうっかり忘れてきたのでサービスを受けられず、まあ、俺の人生はこんなものだよ。

 券売機で食券を買ってカウンター8席の真ん中辺りに座ります。
 食券を店主さんに渡し、ウーロン茶を飲みながらカウンター台に貼られた注意事項をよく読みます。
 「激辛高菜はホントに辛いから気を付けろ」「手元のラーメンのタレで濃くできます。薄めの時だけ言ってくれ」「食べ終わった食器を上げてくれると、マジで助かります」「(つけ麺、味噌は)時間と心に余裕がある方だけ頼むべし」「卓上の調味料、ふりかけ等、節度を持って使用して頂いてありがとうございます。」
 メルマガ登録に際しては「ノリのいい人だけご参加下さい。会員登録に抵抗がある人はヤメておいた方がいいです」とあります。

 そう言えば店主さんのブログ、面白かったんだけどどうしちゃったかなぁ、と遠くを眺めているとつけ麺750円が出来上がってきました。
 並は300g、大は150円増しで450g、どこかで和風豚骨スープって見かけた気がします。
 先ずは麺を二本味わってみると、ぎゅっと固く締められていつつ食べ応えは滑らかで、色からしても美味しいです。
 そしてしてつけ汁は魚介というか鰹節や鯖節など(あくまでも私の想像ですが)の節の出汁でしっかりと味が決まっています。

 麺をくぐらせて食べてみると思わずニンマリとしてしまう旨さ、個人的に韋駄天のラーメンに対する姿勢は相模原一だと思っていましたが(味は一、二)、また改めて再確認してしまいました。
 ここまでさらさらだと麺に絡むことは殆どありませんけど、一通り味が付けばいいわけで、時々レンゲですくって味わえばいいわけで。
 チャーシューは縁を赤く色づけた焼き豚で、太めのメンマも沈めてあり、青ネギと板海苔とつけ麺の体を成しています。
 ドンとテーブルに置いたときには麺量が多くて食べ切れないような気がしましたが、なんてことない、大盛りにすれば良かったと思う始末。
 スープ割りをお願いすることなくご馳走様でした、また、食べに来ます。

 その後、何軒かの園芸ショップに立ち寄って蚊帳を探したけど見つからず。
 帰宅してネットショップを当たると見つかったけど、結構いい値段がするので見送り。
 まあ安かったら安かったで心配ですけど。

 日が陰る頃に愛犬の散歩。
 アスファルトがかなり冷めてきたけどまだまだ気が抜けない夕暮れ時。
 それでも愛犬は辺りを元気一杯にかけずり回っていました。

 夕飯はパン、肉を炒めてもらったのでタマネギをスライスして出来上がり。
 こんなパンはサンドイッチとも料理とも呼ばないけれど、腹が膨れることには変わりないわけで。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記