2013年07月23日

五反田、池袋

/おにやんま@五反田にて冷並とり天ぶっっかけ/蒙古タンメン中本池袋にて冷し冷味卵麺/

 そしてして朝はおにやんま@五反田にて、冷並とり天ぶっっかけ390円
 うどんのことはよく知らないのでネットを検索すると、店主さんは上野御徒町のかがり火で修業されたとのこと。
 香川の宮武で修業された方が上野御徒町に出したお店がかがり火ですから、ラーメン的に言えば「宮武系」とでも言うのでしょうか。
 7時開店から翌1時閉店までお客さんがいなかったことがないほど流行っていて、食事時には外待ちするほどとのこと。

 何を食べようかとメニューを眺めると、もちろんうどんしか扱っていなくて暖かいのと冷たいの、トッピングはきつね、とり天、天ぷら、ちくわ、げそ天、肉、ヒデコデラックス。
 290円スタートで590円マックス、おにぎりはありますがアルコール類は用意されていません。
 どうでもいいことですけど、ここの店は3回も変わっていて、前2回は職場が近かったこともあり、食券を買わなくて黙ってお蕎麦が出てくるほど通いましたが。
 って、思い出にふけるのはもう20年くらい経ってからにして、(雨の日でも)店外の券売機で食券を買って店内へ、先客数人ですでにうどんを啜っています。

 卓上が騒然としていて食券の渡しどころがないなぁ、よし、こういうときこそ食べ歩きニストの腕の見せ所、とばかりに店主さんが目に付きやすい場所に食券をおいた瞬間、「ねいなみとりのひとぉ〜〜」とうどんを渡されました。
 私がどのメニューを買ったか店内から見えないと思うけど、と気になりつつも他のお客さんは全員食べているので、店員さんが間違えたワケじゃないな、と受け取り。
 テーブルにドンブリを置いて記念撮影、とり天を半分ほどうどん汁に浸けて食べると、まさに揚げたて(って、目の前で揚げていますがな)、閉店してしまった五反田の立ち食い蕎麦屋(ってここも五反田か)を思い出します。

 うどんはほどのほどのコシでつるんとした食感、少し太いくらいで食べやすい。
 いりこ出汁が濃すぎず薄すぎず、うどんを食べ終わったら飲み干してしまうだろうと思ったら飲み干してしまいました。
 万能ねぎの小間切りがまたいい感じで、都内のうどんすきがイチオシするのも頷けます。
 スルッと食べてしまってご馳走様、また、食べに来るかな。

 仕事が終わったのは遅かったけど、食べておかないとあとが大変とばかりに頑張って池袋へ。
 今日の京王線は一分の遅れもなく出発、到着。
 遅れのない電車が日本で当たり前ですが世界的に見れば異常とも思われる正確さで、何かのラジオで聞いた話では「年間の平均遅延時間は4秒」とのこと。
 世界一文字種の多い言語を扱い、世界一地震や台風などの自然災害に合い、世界一人口密度が高くて地代が高くて狭い土地に住む。
 そんなことはどうでもいいけど。

 蒙古タンメン中本池袋に着くと何か限定メニューでも発売されたのかと思うほどの外待ち、階段下まで並んでいることは珍しいですね。
 どのくらい珍しいかというと、ここ5年で70回来店しているウチで2回目、前回は三日間だけの限定メニュー発売のために開店待ちしたときでした。
 ラーメン屋としてではなく飲食店としても想像しにくい狭い階段を昇っての2開店、本店移転より先に池袋店を移転して欲しかったなぁ。

 これだけ並んでいるとどのくらい待つか分からないのでどうしようかと前に並んだ女性3人組が話していたので、そうそう、他の店の方が早く食べられるよと念を送りましたが、届かず。
 途中で「学生証を忘れちゃったんだけど、学生割引を受けられるかなぁ」と話していましたが、さてさて、どうなったのかな。
 そしてして、貼り出されたポップによると「池袋限定メニュー」と称して、冷し味噌卵麺、冷し蒙古卵麺、冷し冷味卵麺が紹介されていました。

 期間限定とは書かれていなかったので特に何も無ければずっと販売されるような気がしますが、全てはお店が決めることですからね。
 店内は相変わらず混み合っていて、着席まで30分ほど掛かりました。
 順番とは言え右手奥の2人席に見知らぬ男性と席を並べるのはどうなんだろうか、池袋には鬼門となる咳が多すぎます。

 程なくして冷し冷味卵麺980円の麺少なめ、今夜の調理は見知らぬ店員さん。
 冷し冷味卵麺は冷し味噌卵麺に冷味餡を掛けた料理で、冷し味噌卵麺は味噌卵麺の麺とスープを別皿にして味付けを少し変えたメニューです。
 既製のトッピングを組み合わせただけに見えて中本初登場、冷味餡は中本のどの料理に合わせても美味しいので、店内で食べている人がちらほらいます。

 とは言っても基本は冷し味噌卵麺ですので、卵麺が美味しくなければアレですが、卵麺が美味しいので特に美味しい。
 麺は少なめにでお願いしましたが、この卵麺と冷味餡なら普通盛りで良かったほどの味わいでした。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記