2013年07月30日

五目麻辣麺、2杯目

/名代箱根そば登戸店にて豆腐一丁そば/お手製お弁当/蒙古タンメン中本町田にて五目麻辣麺の麺半分、チャーシュー/

 朝は名代箱根そば登戸店にて豆腐一丁そば420円
 以前によく食べていて、ここ数年見かけないなと思っていたら復活販売、実際は毎年夏には販売されていたそうです。
 豆腐がどんと一丁乗せられたお蕎麦、食べ方が分かりにくい花鰹が添えられ、薬味としておろし生姜、刻みネギ、ワサビ付いています。
 お蕎麦との相性がどうという話の前にちょっと食べにくいので、それがいいわけでして。

 事務所に向かう道沿いに咲いている百日紅、「さるすべり」にどうしてそんな漢字を当てはめているのか、知るよしもありません。
 薄いピンクの花だとずっと思っていましたが、濃い紅色の種類とか、真っ白の種類とかあるんですね。

 お昼はお手製お弁当
 おかずは冷食と庭でとれたプチトマト、干し桜海老はもうすぐ無くなります。

 さて、東京に戻ってきたら中本に行かないと。
 今月は全店回っていないので回っていない店に行かなくちゃいけないのに、ついつい蒙古タンメン中本町田へ。
 綺麗に透明ガラスでデザインされた店舗には、沢山のポスターが貼られ、テレビ出演(全く知りませんでした)の記念ポスターがまた貼り出されました。
 ラーメン屋以外にあまり行かないけど、そば屋、うどん屋、カレー屋、フレンチやイタリアン等々の店舗でもテレビに出演したらポスター貼り出すのだろうか。

 お願いランキングGOLDってラーメンの何を誰が決めるんだろう。
 そのテレビ出演の影響か、店内はとても混み合っていて、外待ちしていたら後から来たお客さんに抜かされてしまいました。
 ラーメン屋だけじゃなくて他の飲食店でもよく抜かれるんだよね、影が薄いから気が付かれないことも多いし、抜かれたからといっていちいち言ったりしないし。

 「並んでいますか」と聞かれれば答えますけど、皆さん、急いでいるんでしょう、私は全く急いでいないのでしばらくしてから入店、今月と来月は限定メニューだけ食べたらいいので気が楽ですね。 食券を買って再び店内で待ち、しばらくして店内中央の席へ案内されました。
 顔馴染みのお店だったら店主さんが手隙を見計らって近くにいらっしゃいますけど、中本に顔馴染みのお店は無いので(顔馴染みの店員さんのいるお店はあるけど)、1人静かにラーメンが出来上がるのを待ちます。

 程なくして五目麻辣麺850円の麺半分、チャーシュー200円
 厨房はよく見えませんでしたが、見慣れない店員さんの調理で先ずはスープを頂いてみるとこれがまた美味しいじゃないですか。
 ずっと味噌ダレ一辺倒だった中本の旨辛スープも、こうして醤油ダレベースで辛くしてみると新鮮さだけではなく実に美味しい。
 トッピングというかスープと一緒に炒めてあるのは、豚肉、タケノコ、豆腐、人参、ニラ、袋茸、それにキクラゲ、ニンニクチップ、ショウガと盛りだくさんです。

 中太麺を半分にしたので見栄えが貧相に見えますが、並盛りの麺量であればとても綺麗です。
 豆腐は前回のを改良されていて、大きめの切りかけ、大きいとそのまま食べられませんけど自身の箸で切り分けるのがとても楽しいですね。
 それ以外にもニラと袋茸の炒め加減が絶品でした。
 付け合わせにチャーシュー、チャーシューは各店舗で特徴があって色々な楽しみ方が出来ますけど、ともかく大きくて分厚いのが好きな人は町田店でしょうか。
 スルッと食べてしまってご馳走様、とても美味しかったです。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記