2013年07月31日

武蔵新城にて2杯

/自家製お弁当/ラーメン魁力屋川崎新城店にて台湾ラーメン/元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン新城店にてタンタンメン、ニラ、ニンニク/

 東北から帰ってきたのに暑い日が続きます。
 まだ7月なので来月になったらもっと暑くなるのかな。

 お昼はお手製お弁当。
 夕飯の残りを置かずとして詰めただけのお弁当なので、ブログで公開するほどでもないけど。

 仕事がたまたま早く終わったので登戸で降りずに武蔵新城下車、分倍河原からの定期代は登戸でも津田山でも同じなので、津田山まで買ってあるから追加電車代は150円で済みます(登戸からだと160円)。
 ちなみに小田急線の定期は自宅最寄り駅から新宿駅まで買ってあるので、二枚を器用に使いこなす、、、ことが出来ずに不器用に切り替えて使っています。

 武蔵新城駅に降りたのは2回目かな、線路沿いにしばらく南下して、広めの道にぶつかったら右(西)に向かってしばらく歩きます。
 駅から7分ほど歩いてラーメン魁力屋川崎新城店ホームページ)、「川崎新城」って言い方は初めて聞いたな。
 高さ10メートルはある大きな看板は信号機に隠れてしまいますが、ともかく存在感があります。
 『期間限定!7月1日より魁力屋関西全店と関東の一部店舗で、ニンニク・ニラ・もやしを入れて旨辛スープに仕上げた「台湾ラーメン」販売開始!』(公式ホームページより引用)を今頃食べに来るという体たらく。

 公式ホームページでは値段表記が無かったのでネット情報を探すと店舗によって値段を変えているようで、値段と高い低いの基準は分かりません。
 店内は満席に近く、入口近くの待ち合いスペースに先客がいらっしゃったので、店外に置かれた待ち番号札を持って呼ばれるのを待ちます。
 すると、すっと2人組が店内に入って店員さんに「空いてますか」と聞いていて、その場でお待ち下さいって言われて店内待ち、と、今夜も軽く抜かれてしまいました。

 しばらくして店員さんに呼ばれて店内へ。
 店内には『ついてる人と付き合うと人生がついてくる/味のわかる人と付き合うと味がわかってくる/明るい人と付き合うと明るい人生になる/プラス思考な人と付き合うとプラスな人生になる/気付いた!!/自分から縁を結ぼう』と書かれた大きな書が飾られています。
 接客や調理などのお店との関連がイマイチ分かりにくい。
 カウンター13席と小上がり24席の広々した店内で、空いているカウンター席に案内され、夏季限定で冷しラーメンと冷麺も販売されています。
 オーダーし、卓上のたくわんを食べながらラーメンの出来上がりを待ちます。

 魁力屋にしては珍しく10分も待たされて台湾ラーメン830円、ポップの写真と殆ど変わりませんね。
 東京などで台湾ラーメン風や台湾ラーメンもどき、果ては「自称、台湾ラーメン」などを食べていると、本来の台湾ラーメンってどんなのだったか、すっかり忘れてしまいました。
 魁力屋の台湾ラーメンはニラとモヤシ、挽き肉、ニンニク片、丸切り鷹の爪と共に辣油タップリで炒めてあり、鶏ガラスープが辛さよりも美味しさを先に出して来ます。
 値段を考えるとちょっと高いなぁと思っていましたが、食べてみると決して高くなくて値段相応です。

 麺はレギュラーメニューと同じコシのある中細ストレート麺、麺自体は悪くないですけど台湾ラーメンには低加水の丸麺にして欲しかった。
 辛さが足りないので卓上の豆板醤を足すのはなんか違うし。おろしニンニクを入れてもなあと思い、食べ放題のネギを二つかみくらい合わせてみました。
 スルッと食べてしまってご馳走様、会計の時にお釣りを上と下から包み込んで渡すのには驚きました(対応して下さった女性店員さんだけのようですが)。

 駅へ戻る道でもう一杯くらい食べようかと思いつつ駅に着いてしまったので、駅をやり過ごして歩いていくと、元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン新城店ホームページ)が見えてきました。
 密かに全店制覇を企んでいますが上田や仙台にも支店があるのか、こりゃ思った以上に厳しい戦いを強いられるな。
 チェーン店と言っても冷食をレンジや湯煎で温め直すワケではないので、調理人や食材の管理で味が変わるのが当たり前で、公式ホームページにも「タンタンメンはひとつひとつ職人の手作り/店舗ごとにちがうこだわりの味をお楽しみ下さい。」とあります。

 店内待ち2人なので何も狭い店内で待たなくてもと外で待とうと思いつつも、何か勢いで店内に入ってしまったし。
 奥に曲がりくねったカウンターのみの店内は12席、3席ずつ区切られているのにどういった意味があるのだろうか。
 先客がほぼ同時に3人並んで帰られたので、ほぼ同時に座り、初めのお客さんが「ちゆう、ニンニク、ヒキニク」、次のお客さんが「だい、ニラ、ニンニク」とオーダーしています。
 まだまだニュータンタンメン初心者の私にとって初めて聞く符丁、無料トッピングがあるのか?聞いたことないぞ?ここで引いたら食べ歩きニストして遺恨を残すぞ。
 と、誰に対してなのか全く意味もない負けん気で「一番辛いヤツ、ニラ、ニンニク」とコールしましたが、「めちゃ辛」だから「一番からいヤツ」じゃなくて「めちゃ」でしょ。
 ちなみに「ちゆう」、「だい」、は麺量ではなくて辛さ増しの量と言うのは知っていましたが、一番辛いのは「めっちゃ(めっちゃめちゃ辛い)」と呼称するんだね。
 めちゃより辛いメニューが用意されている店もあるようですが、それは今後の楽しみですな。
 3人分のスープを一緒に作り始め、1人分のスープを途中で丼へ移し、中華鍋には唐辛子とニラを入れて再加熱。
 途中でまた1人分のスープを丼へ移して、再度、唐辛子を投入して再加熱して出来上がり。

 タンタンメン700円にニラ100円、めちゃ辛。
 京町店とは違う位しか分からないけど、唐辛子の合わせが甘くて尖った辛さ、この辛さがこの辛さが好みのお客さんが通っていることでしょう。
 ニンニク増しはかなり好みで、ニラはかなり生な炒め加減でこれまたいい、危なくスープ飲み干すところでした。
 個人的にニュータンタンメンはスープを味わいにいくので、麺の印象が殆ど無いけど、中太の角麺、麺の茹で加減を調整されるお客さんは見当たりませんでした。

 ご馳走様でしたとレジに向かうと900円、つまりニンニク増しは無料トッピングではなく100円増しでしたが、メニューには書かれておらず裏メニュー扱いのようです。
 ニラは書かれていますが、ヒキニク、タマゴも書かれていませんので、他にも何かありそうな感じ。
 イソゲンはまだまだ入口に立って暖簾に触った程度だけど、奥の深さと暗さをひしひしと感じます。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記