2013年08月31日

平塚の新店

/愛犬の散歩/地獄ラーメン炎天夏@平塚市にて地獄らーめん/

 お休みの朝は愛犬の散歩から。
 朝晩は以前に比べて涼しくなったとは言え、それなりに残暑があるので油断できません。

 立地の関係で玄関が西なので午前中が日陰で風水的にどうなんだろうと思うことがあるけど、私にはどうにもならないし。
 玄関に置かれているサギソウ、綺麗に撮れない。

 お昼はバイクを飛ばして市内の新店へ、と思ったけど、隣市の新店が昼営業しかしていないのでそちらへ。
 大体30分くらいかな、駅近くの商店街にお店はあるので最終的にはラーメンデータベースで場所を確認して。
 車で来るとお店の場所より駐車場に困るし、一方通行だと曲がれないし(バイクならエンジン切って押していけばいいし)。
 地獄ラーメン炎天夏@平塚市、惜しまれつつも閉店された茅ヶ崎の笑家の店主さんが移転オープンされたお店とのこと。

 その笑家には一度しか行っていないので店主さんの顔を覚えていないけど、見た感じ、本人でしょう。
 店内は先客、後客もいない貸し切り状態、時間帯からして無理もないかも知れない。
 ぐるりと周りを見渡しても券売機が無いので仕方なく席に座り、メニューを見る。
 地獄らーめん、地獄つけ麺、らーめんの三種類のみで、残りはトッピングとして爆盛り葱、チャーシュー、海苔、ほうれん草、味玉、粉チーズ。
 家系と聞いていたいので基本のラーメンでいいのに、なんとなく地獄に引かれてそれを。

 お冷やは用意されておらず、ラーメンを注文するとソフトドリンク(ミネラルウォーター、ウーロン茶、など)が一本サービスになります。
 缶だと持って帰りにくいですが、ペットボトルなら飲みかけでも持って帰りやすいなとそれを。
 さささっと店主さんが調理をされていますが、私が知っている限り、「お待たせしました」は丼を置くタイミングだと思いますが、ラーメンの盛り付けが終わりそうになったタイミングで「お待たせしました」と声を掛けて頂きました。

 地獄らーめん800円、、、って、らーめん650円に爆盛り葱150円でしたか、下調べ不足です(すみません)。
 家系ラーメンはスープが命、スープが冷めるようなトッピングは厳禁なのに、、、仕方ない、一瞬で葱を食べて、と言うわけにはいかないか。
 辛み付けされている葱をちょっと避けて、避けられないのでチャーシューをどかしてスープ、おお、美味しい。
 このぐぐっとくる豚骨スープにしょっぱめの醤油ダレが美味しいよね、何故ゴマが入っているのか分からないけど。

 麺は三河屋製麺製なのですね、家系ラーメンでは珍しい製麺所ですが、何気にいい感じじゃないですか、上から目線でスミマセン。
 チャーシューは箸で持ち上がらないほど柔らか仕上げ、辛み付けされた白髪ネギはシャキシャキ、ほうれん草に板海苔。
 やっぱりトッピング大盛は苦手だなぁと思いつつも完食、ああ、美味しかった。
 食べ終わってお会計、お釣りの無いように渡してご馳走様でした。

 帰宅して、一休みしていたらもの凄い睡魔に襲われてしまい。
 ちょっと昼寝のつもりが朝まで寝てしまいました。
 仕事もせずに遊び呆けているオレでも疲れているのか。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月30日

凛砂町店

/キバナコスモス/凛砂町店@大島にてスープなしピリ辛麺/

 少し残暑が盛り返してきて、暑さももう一山と言うことでしょうか。
 朝が涼しいと早起きできるのでお弁当が作りやすい、まあ、これがお弁当と言えるかどうかは意見が分かれるところですけど。
 随分前から咲いているキバナコスモス、風に揺れて写真が撮りにくい。

 お昼はお手製お弁当、撮影技術が下手くそでお弁当箱が細く写ってしまいました。
 おかずは夕飯の残りの豚バラ肉炒め、ほうれん草のゴマ和え、ご飯は冷食の鶏五目。
 自分で作ったお弁当が一番美味しい、ご馳走様でした。

 仕事が早く終わったので、土曜日行こうと思っていたお店を今日に繰り上げて。
 距離的に行かれないわけではないのですが、営業時間が「麺切れ、スープ切れ終了」とあってはつい二の足を踏んでしまいます。

 さすがに一時間以上前には閉店しないだろうと思い、調布で都営新宿線直通に乗り換え、大島駅下車。
 大島駅から真っ直ぐには行かれなくて、何度曲がって「まだ着かないの?」を繰り返しながら25分も歩いて到着しました。
 凛砂町店@大島、凛の歴史には諸説ありますが、現在公表されている歴史では凛として4店舗目(大崎店は現在は違うお店)、大井町で営業を始めた頃はこんな支店展開など想像も出来なかったけどな。
 当主というか店主さんは凛大井町店の初期の店長さんで、修行先がラーメン二郎目黒店とさぶちゃん@神保町というのは有名な話。
 初めの頃は同じ店舗で二郎系の大盛りラーメンと、さぶちゃんと黄金スープラーメンを提供されていましたが、歴史の中で凛=ラーメン二郎系、さぶちゃん系は(現在の)「ら ずんば」へ選択と集中されました。
 店先の営業中の立て看板を見てほっとし、店内に入るとカウンター席に陣取った常連さん達と和気あいあいする店主さんに驚き。

 常連さんは一人だけがラーメンを食べていましたが、他の人(女性含む)はお喋りしているという、ラーメン二郎系のお店では極めて珍しい情景。
 一段上がって左手にある券売機に相対すると、左上がポン酢、続けてしょうゆ、みそ、カレー、カレーチーズ、隣の列にはなんと「キッズ」メニューがあり、
「小3まで」と注意書きが。
 トッピングはプルコッチ、煮豚、煮たまご、右端には塩ラーメン、ラストに期間限定メニューがあります。
 初訪ですが、スタンダードメニューは私以外の多くのブロガーさんに写真、感想などを譲るとして、私は食べたいメニューを食べると。

 その限定メニューの食券を買って店長さんに渡すと「ジャージャー麺と担々麺が選べますが」と聞かれますので「担々麺でお願いします」と、「ニンニクは入れますか」には「はい」。
 カウンターのみの客席は5席と4席、びっしょりかいた汗をぬぐいながらお冷やを飲んでいると、貼り紙が目に入ります。
 「当店では麺、脂、野菜が多いので増しマシトッピング、また麺堅めはお受けしておりません。麺、脂、野菜、少なめのご希望はご注文時にお声掛け下さい。ラーメン等の写真撮影の時は他のお客様が入らないようにお願いします」
 と貼り紙があり、ラーメンブロガーではないけど写真を撮ることは大好きなので気を付けないと。

 昨日も担々麺を食べたんだけど今日も担々麺か、と、5分程で「おまちどおさま」とスープなしピリ辛麺900円、担々麺で。
 私の知っている担々麺とは似ても似つかない麺相の丼、その丼が2つ置かれるのが理解できないまま「スープ割りも出来ますので」とさらに理解できないお声掛け。
 ネットの情報では規定量の野菜を盛り付けると食べにくいので、小さめの丼に野菜をわけて出されると読んだことがあるけど、それなのか。
 まず野菜から食べるわけですが、多くのラーメン二郎のお店では先に野菜を茹で上げておいてから、茹で上がった麺に盛り付けるのに対して、凛では麺とスープ(今回の場合はタレ)を丼に盛り付けてから、おもむろに生のモヤシとキャベツを茹で始めるという。
 単にシャキシャキなだけではなく、ちょうどいい茹で加減、卓上の醤油ダレを回し掛けて食べたほうが美味しそうだけど、中々そうもいかない。

 野菜を半分くらい食べたところで麺を引っ張り出しますが、汁無しなのでスープが無くタレのみ、麺を食べながら全体的に良くかき混ぜて頂きます。
 自家製麺は極太ストレート麺で、柔らかめに仕上げているにもかかわらずかなり堅め、コシとは違う固さ、ゆっくり食べてもスープがないので柔らかくはならないし。
 タレには確かに山椒が利いていたけど、それだけで担々麺というのはどうかな。
 ブタはしっかりと煮込まれていてかなり柔らかめなのですが、標準と思えないような塊がごろごろ、食べ切れるだろうかと不安になります。
 しかしして、私の中では「残す」という選択肢はありません、この先、店を出たところで倒れたとしても食べる。
 顔つきは涼しげだったかも知れませんがかなり苦しい思いをしながら麺と追加(?)の野菜を食べきったところで、「こちら、割りスープになります」と。

 視界の端っこに入った感じではラーメンスープをそのままだったような、で、この割りスープの使い方が分からない。
 無理矢理、残った担々麺のタレを薄めて頂きました、ああ、美味しかったご馳走様でした。
 御馳走様でしたと席を立つと店主さんが近寄ってきてくださったので、「ちかく名古屋に行くので、こちらも食べておかないと、と」と言うと「お時間が合うと良いいですね」と言われました。
 名古屋に行くとはお店に行くことなんだけど、時間が合うとはなんだろうかと思いましたが、いや、一般的にはラーメンを食べるだけのために名古屋まで行かないから、何かの用事で名古屋に行くのでしたら、時間が合って行けるといいですね、と言う意味なんだろうか。
 謎は深まるばかり。

 帰りは、来た道を戻るのではつまらないので南砂町駅まで歩いたのですが。
 途中、末広商店街内の通りを真っ直ぐに南下、その後、なんども左折、右折しながら駅に到着してみたら40分も歩いてしまった。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月29日

平間にて

/オシロイバナ/元祖ニュータンタンメン本舗平間店にてニラタンタンメン、ひき肉ダブル/

 朝は自宅で軽く済ませ、昼は朝詰めていったお弁当を食べ。
 私が知っている限り、生きている人は必ず食べている人ですので、何をどんな風に食べているかでその人なりが分かる様な気がして。
 つまり私は何が何とこだわりがなく何の考えも食べているのでそういう人なのだと思います。
 そんな私に興味を持ってブログを読んで下さる人に感謝、来月は公私ともに激動の月になるかも知れない。

 夜は平間まで行ってみました。
 初めて降りる駅かと思ったらホームの狭さに覚えがあり、改札を出た風景を覚えていて、この記憶力が他(特に仕事)で活かせれば私の人生も少しは変わったかも知れない。
 しかしして、元祖ニュータンタンメン本舗平間店ホームページ)、全店制覇を掲げつつ「掲げただけ」が多い中、ニュータンタンメンは3店舗目、まだ3店舗目ですけど。

 そもそも上田や仙台にもお店があるのに行かれるのかと超不安になりつつ、お店に入ります。
 7人掛けカウンターと4人掛けテーブルが4卓、1人客なので空いていたカウンター席に案内されます。
 前回、ニラをトッピングしたら美味しかったのと、ひき肉を増量してみたかったのでそれでお願いしました。

 改めてメニューを見るとトッピングとしてニラ、ザーサイ、コーン、モヤシ、バター、メンマ、チーズ、ネギ、チャーシューがあるみたい。
 コーンやバターが合うとは思えないけど食の好みは人それぞれ、順番に食べてみることにしてますか。
 メニューには「にんにくダブル、ひき肉ダブル、卵ダブル 各100円増」の表記がありますが、これは平間店だけなのか、他店でも通用するのか、謎は深まるばかり。    

 程なくしてニラタンタンメン800円、ひき肉ダブル100円、辛さは大辛でお願いしました。
 ちなみに辛さはひかえめ、普通、中辛、大辛、めちゃ辛の5段階で、今回は怖いもの見たさで大辛、次回はめちゃ辛にチャレンジしてみます。
 吸い込まれるような赤いスープ、溶き卵の黄色がさざ波のよう、真ん中にどんと茹で上げたらニラが乗せられています。
 前回食べたときはニラをスープと共に炒めていたけど、お店によって違うのか、料理人によって違うのか、さらに謎は深まるばかり。

 先ずはスープを飲んでみると程々の辛さに卵の美味しさ、ひき肉旨さ、そうだひき肉は増量したんだ、美味しいですねぇ、嵌りますね。
 麺はつるっつるの中太麺、程よくスープに絡みますがこの麺が美味しいからスープも引き立つというものです。
 途中からニンニクが足せるといいのですが、卓上には味変アイテム(って言い方はどうかと思うけど)は皆無、胡椒掛けても仕方ないし、後は餃子用の辣油、醤油、酢だけですし。
 まま、この麺とスープをそのまま全部食べられるような人こそが気に入って通えるのでしょう、オレ、頑張れるかな。
 なんだかんだ言いながらスルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記