2014年03月31日

西川口と桜

/桜/ちゃーしゅーりき@西川口にてらーめん/桜/

 さて、今日で3月もお終い、4月からは新しい客先。
 生まれ変わるとまでは行かないけど、心機一転、夏というか秋に向けてやらなければならい事がある。
 50歳を過ぎているのに新しいことにチャレンジするのは寿命を縮める以外の何物でもないわけです。
 何でもかんでも頑張って前に進まなければならないと言うことは無いと思うけど。

 お昼はちゃーしゅーりき@西川口、西川口駅界隈のラーメンを制することは出来ませんでしたが、仕方ありません。
 店構えはかなり年季が入っていて、ドアが重い、重いドアを開けて店内に入ると「いらっしゃいませ」と明るく挨拶されます。
 店内は店構え以上に年季が入っているのですが、券売機に向かって食券を買います。
 らーめん、つけ麺の二種類で、イチオシはりき玉めんのようです。

 ラーメンの事はよく分からないのですが、替え玉が200円と言うのは普通の値段なのかな、安いのかな。
 カウンター10席の空いている席に座って、厨房の店員さんに食券を渡します。
 好みは聞かれないけど、「家系」ですからお願いすれば麺の茹で加減、脂の量、タレの量、を調整してくれます。
 調味料は卓上ではなくカウンター台に置かれていて、豆板醤、卸新生姜、強化大蒜と全て漢字表記、塩胡椒と一味唐辛子も用意されています。

 程なくしておまちどおさまとらーめん680円、ややあっさりめの家系の麺相です。
 食べた感じでは大橋製麺多摩か丸山製麺の太麺でしたが確認できず、店構えからは全く想像できない美味しい麺です。
 キッチンタイマーで茹で時間を計っていましたが、音ではなくカウンターとして使っている感じ、茹で加減ばっちり。

 スープは最後の一口まで冷めない正統派豚骨醤油スープ、豚骨出汁が良く出ていて美味しいですね。
 トッピングのチャーシュー、ほうれん草、板海苔は一般的でしたが、卓上の調味料は劣化を防ぐためにほんの数人分だけ用意されていて、この容器だけは何故かピカピカ。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

 最後と思われる仕事を終えて、それでも今後のこともあるので特に挨拶はせず。
 うーん、こんな終わり方をしたことはないけど、こういう事もあるんだな。

 いや、最後ではないのかな。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月30日

平塚と小田原

/味噌一@平塚市にて朝定食(味噌ラーメン)/麺やげんまん@小田原市にて黒らーめん/

 愛読しているブログから朝ラーを始めていることを知って、下の子を最寄り駅の隣の駅に送ったついでに雨の中を8時に訪問。
 味噌一@平塚市、神奈川で味噌ラーメンと言えばこの店を外すわけにはいかない。
 駐車場が通りを挟んでの斜向かいから店並びの平塚側に移動していて、車を停めてから通りを渡る必要がなくなりました。
 リニューアル(?)直後と言うことで、あちこちからお祝いのお花が届いて、いつかはこのレベルの花を出してみたいとは思うけど、もの凄く高いんですよね。

 数日前から始まった朝営業、朝7時から夜12時までの通し営業なので、何時までが朝ラーなのかが悩ましいですけど、朝定食の販売時間が7時から10時までなので10時までとします(個人的な取り決め)。
 しばらく来なかったのでうろ覚えですが、朝定食が追加された以外は全く同じメニューで、値段はラーメンメニューのみ全品30円の値上げ。
 値上げではありますが、私の知っている限り、2004年にこの地に移転した時に700円、2007年に値下げして650円、今回は移転10年を前にして680円という遷移です。

 麺量とか食材の配合を増減させたのかも知れませんが、10年前の値段以下で販売しているのはスゴイです。
 店内に入るとL字型のカウンター、小上がりが二部屋、見た感じは全く同じ構成で、先客がいらっしゃるのには驚きました。
 朝から並ラーメンは多いかなと日和ってラーメン小をお願いしたら、「朝定食にしますか」と勧められたので、勧められるままに。
 ちなみにラーメン小は半麺で580円、朝定食は味噌ラーメンと東京ラーメン(醤油味)を選べます。

 しばらく待って朝定食(味噌ラーメン)500円、いくら消費税増額と言ってもこの値段にこの量は何かがおかしい。
 スープの味噌味はまさに味噌一の味、白味噌の甘さ、野菜の旨味、おもわず丼を持ち上げて飲んでしまいました。
 ここまで流行っているのだから、誰かが真似(インスパイア?)してもおかしくなくて、現に寒川にそういうお店があるのが有名ですが、色々とあるみたいです。

 平打ちの中太麺は自家製麺で、手揉みしてから茹で湯に投入され、もちもちの美味しい麺、麺量は半麺だと思いますが、朝からこの量なら十分。
 で、ここまで「ラーメン小」だと思うのですが、ご飯一膳付けて値段が安い、と。
 ご飯は鮭ブレークを混ぜてあって、そのままでも美味しいけど残った味噌スープを合わせて食べて、さらに美味しい。
 だけではなく、自家製の漬け物が付いてくるのも驚き、浅漬けでとても美味しい。

 味噌一さんに並んだり、後ろから追いかけてくる店なんて無いのに、どうしてここまでやるのか。
 いわゆる春木屋理論、何度食べても美味しいのは絶え間ない改善が続けられている証拠、ご馳走様でした。
 山岡家、一蘭、といった全国チェーンではない個人店の朝ラー開始、全面的に応援します。

 いったん自宅に戻ってパソコン作業。
 あれやこれややっている内に中の子が出掛けるというので、雨の中を駅まで送っていき、そういうえばFBの友達が新店をアップしていたなと思い出し。

 鴨居の巡礼通りの真ん中辺りにあるなか卯、の斜向かいに先週オープンした麺やげんまん@小田原市、大きな立て看板が目立ちますね。
 店前にも車を停められますが、店先の写真を撮る時に写ってしまうので、店裏の駐車場を探すも見つけられず。
 仕方ないのでちょっと歩いたタイムスに停めました(30分以内だと無料のようです(未確認))。
 店内はガランとした造りでカウンター8席と4人掛けテーブルが3卓、入ってすぐ右手に券売機。
 券売機の周りに料理の写真が貼り出されているけど、写真より具材の説明の方が分かり易いかも知れません。

 メニューは黒らーめん(マー油)、赤らーめん(トマト)、みそラーメン、サンマーメン、タンメン、油そばと土地柄か650円から730円の価格帯です。
 サイドメニューはライス、チャーシュー丼、チャーハン、餃子、売り切れランプが点いていましたが、つまみ盛り合わせやなんこつ揚げなども用意されていました。
 厨房の男性二人はどこかで見たことがあるけど全く思い出せない、奇麗な女性店員さんは初対面だと思う。
 「(知ってはいましたが)最近、オープンされたのですか」とお声掛けさせて頂き、ラーメンが出来上がるまで少しお話しをさせて頂きました。

 しばらくして黒らーめん680円、ついクセで券売機左上の法則を発動させてしまいました。
 マー油を浮かべた豚骨ラーメンですので、どうしても麺相がなんつッ亭に似てしまいます。
 豚骨スープは程々の加減で、あくまでも様々なトッピングの下支え、いいんじゃないですか。
 マルキ製麺の細麺は黄色みが掛かっていてスープとの絡みは程々、マー油からいい香りがします。

 トッピングはチャーシュー、茹でモヤシ、板海苔、青ネギ、メンマ。
 色々なメニューがあるので、生活圏にあればメニューコンプを狙ってしまいそうです。
 ご馳走様でしたと席を立ち、食べログの登録されていないので、ショップカードがあればもらって登録しようかと思いましたが。
 ショップカードがなく、住所はおろか営業時間、定休日も決めていないとのこと(大体お昼頃に開けて、夜中までやっている、みたいな)。
 ご馳走様でした、近くに来たらまた食べに来ます。

 帰りに二宮街道を走っていたら、遠くに虹が。
 当たり前のことですが虹は太陽と反対方向に見えるので、雨上がりの東の空をちらちらとみていたわけですけど。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月29日

御茶ノ水、菊名

/ラーメン大至@御茶ノ水にて春野菜ポタージュつけ麺、味噌つけ麺/らぁめん花月嵐菊名駅前店にてベジラーメンナナ ザファイナル/

 駅までの子供の送り迎えを済ませ、トーストを焼いてコーヒーを飲んでゆったりした土曜日の朝。
 さくらが咲き出す頃、ユキヤナギも咲き出すのでどちらも奇麗、どちらも白。

 平日は中々時間が取れなくて、結局、限定メニューの販売最終日までずれ込んでしまう。
 ゆったりから一転、慌てて身支度して家を出て御茶ノ水。
 あちこちでさくらが咲いている、世界の主要都市でもこうして国花が咲き乱れる季節があるのだろな。

 開店10分後に到着したラーメン大至@御茶ノ水、先月から食べ始めた春の限定細つけ麺乱打、第二週というか、3作目、4作目の販売です。
 入口近くの券売機で食券というかプラ券を買います。
 前回は間違えてしまいましたが、今回は間違えずに右手奥へ足を進め、店員さんに先に食べる方を伝えながら食券というかプラ券を渡します。

 お冷やを飲みながら店内を見渡すと、半分以上の入りで、一人帰ると一人入ってくる感じです。
 お店が奥に長い構造なので、何十回入口近くで飲み食いしても厨房の店員さんからは見えない感じで、お馴染みになるには回数も大切だけど、座る場所も大切なんじゃないかと思う次第です。
 程なくして春野菜ポタージュつけ麺850円、大至には何種類かの麺皿がありますが、春野菜ポタージュには卵形のが使われています。

 『春キャベツをたっぷり入れて、タケノコ、新玉葱、菜の花と今が旬の野菜と絡めて食べるポタージュ仕立てのつけ麺。ジャガイモのポタージュ故のざらつき感が細麺とよく合います。ベーコン、コーンも加え、彩りも鮮やかに仕上げました。』
 ベジポタージュだから言って、つけ麺用だからと言って粘度を上げることなくあくまで大至流の仕立て、これがまた美味しいんだ。
 当たり前のことだけど、麺との相性を一番に考えているつけ汁、これがこうで、あれがああで、と確認する間もなくご馳走様でした。

 食べ終わって店員さんに声を掛け、しばらくして味噌つけ麺780円の麺少なめ。
 麺少なめでお願いすると、50円返金かミニサラダのサービスが選べますので、ミニサラダをお願いしました。
 『大至冬の定番の味噌ラーメン その味噌ダレをベースに春、つけ麺用にチューン。レモンジンジャーで酸味を、生の赤・青唐辛子で辛味を、ハチミツで甘味を加え、爽やかに仕上げました。具材は筍、木耳、人参、葱、豚バラも加え、食感も楽しい。』
 冬の味噌ラーメンを食べたことがないので詳しいことは分かりませんが、味噌で全体が甘くなるところを、酸味と辛味を加えるところが大至流ですね。

 スープがしっかりしているところに加えて具がたっぷりなのがとてもいいですね。
 特に豚バラ、この美味しさと言ったら言葉に出来ないほど。
 二杯目でしたがあっという間に食べ終わってご馳走様でした。

 お店を出て、誘われるように神田明神に、さくらが咲きまくっているので。
 の前に、紅白梅、奇麗ですねぇ。

 現場での仕事をそこそこに上がり、今月中に行かなければいけない店へ。
 大口駅に着いたところで横浜線が京浜東北線の人身事故で止まっていて、なんとも自動的に菊名駅まで歩きました。

 さて、らぁめん花月嵐菊名駅前店、新作発表会の時に貰った試食券を使わなければ。
 今月末までの期限なので、何とかギリギリ間に合いました。
 とは言っても、ついつい癖というか習慣で券売機向かってしまいます。
 食券を買わずに店内へ、カウンターが3人掛けで3つ、テーブルは2卓、と都内のらぁめん花月嵐の平均的な席数。

 店員さんに試食券を渡して、空いていたカウンター席に着きました。
 お冷やを飲みながら、奇麗に並べられたカスターセットを眺め、ラーメンの出来上がりを待ちます。

 程なくしてベジラーメンナナ ザファイナル780円、試食券なので無料です。
 盛り付け、照明、発表会よりこちらのほうが遥かに上で、盛り付けがいいと美味しく感じますよね。
 スピルリナ入りの細麺を使った100%野菜だけで作ったラーメン、キャベツ、生姜、ジャガイモ、もやし、ホワイトアスパラ、白菜、ニンニク、玉葱、葱、昆布からスープを作っています。
 トッピングとして大根、オクラ、水菜、ラディッシュ、プチトマト、唐辛子、なめこ、三つ葉、葱、柚子、蓮根。

 値段がちょっと高めに感じますが、野菜の量や種類からしたら十分納得、もっと売れていいと思うけど。
 野菜と言うことで、途中からニラキムチを入れてみました。
 味は激辛キムチに負けない美味しさにびっくり、この食べ方は勧めたら良かったのに。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記