2017年02月17日

蟹出汁と貝出汁

/さんじ@稲成町にてCrazyCrab/ラーメン&ビストロ ウシオウエノイースト@稲荷町にてにほんいち醤油そば/らぁ麺赤青MURASAKI@武蔵小金井にて赤青醤油らぁ麺/

 暖かくなったり寒くなったり体調を崩しやすい今日この頃、ほんの少しだけラーメンの食べるピッチを上げています。
 だからなんだと言われても私の人生ですし、のんびりと、少しずつ。
クリックすると拡大します

 お昼はさんじ@稲成町(台東区東上野)、1月末をもってメニューを完全リニューアルしました。
 住所、店名、店内構成は全く変わりませんから、新店(新規開店)として扱われません。

 逆に店名が変われば、全く同じ飲食物を提供しても新店として扱われます。
 飲食店のアイデンティティーは飲食物ですから、その飲食物が変われば違う店、つまり、これって新店と同じだと思うんですけどね。
クリックすると拡大します

 店内に入り、左手にある券売機を見るとマッドクラブ、濃厚煮干し、ハイブリット、煮干清湯の4種類のみ。
 毎週金曜日は日の丸さんじ、の営業はそのままで、鴨ラーメンもいただけます。
 と言うことで、券売機左上の法則を発動し、この手の高濃度スープラーメンの決まりとしての和え玉を頼むべきですが、次回のお楽しみに。
クリックすると拡大します

 少し待ってCrazyCrab1,000円
 スープのダシ?に使われている蟹はマッドクラブ(和名:ノコギリガザミ)のみ、蟹をこういう調理方法で食べたことが無いので、期待と不安が入り混じりながら食べて見ると、かなり旨い。
 脂がかなり多いのですが、鶏清湯のような喉越し、魚介出汁のような後味、なんなんだよこの旨さは。
クリックすると拡大します

 合わせる浅草開化楼の細麺、麺が強くてスープを寄せ付けていませんので、スープと麺は別々に味わうことになります。
 どちらか、または双方が歩み寄った方がより良くなるだろうけど、より良いラーメンは目指していませんから。
 「俺は俺が美味しいと思うラーメンを提供する」を貫いてきたわけですから、今後も貫いて欲しいです。
クリックすると拡大します

 トッピングはレアチャーシュー、刻みタマネギ、万ネギ、「途中から味変を」とレモンとかすだちとか添えてないのがステキです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 お昼はラーメン&ビストロ ウシオウエノイースト@稲荷町(台東区東上野)、麺巧潮@淡路町の2号店になります。
 一般的には「ビストロの昼営業にラーメンを出す店」と認識されますが、ラヲタ的には「ラーメン屋の夜営業がビストロの店」かと。
 メニューは淡路町店(本店?)と同じで、白の鶏白湯、黒の魚介系、の二種類のみ。昼間でもビールやグラスワインが飲めます。
クリックすると拡大します

 開店して間もないこともあり、店内はビストロにしては小綺麗、カウンター6席、4人掛けテーブルが4卓、2人掛けが1卓。
 ネットではこういう店内が「オシャレでカフェみたいな」と表現されていますが、壁やテーブルにオブジェひとつないカフェとは、一体どこのカフェのことなんだろう。
 卓上には調味料として胡椒だけ、目の前の調理を眺めながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 にほんいち醤油そば870円
 ふんわりと漂う魚介の香りに両手を差し入れて丼に触れ、スープを頂くと、店内の雰囲気とは全く似合わない魚介の味わい。
 この柔らかい醤油と優しいかつお節出汁は日本人なら誰でも好き、日本酒を合わせるなら荒々しいひやおろしか、どっしりとした熟成酒か、、、って日本酒は用意されてないのか。
クリックすると拡大します

 するすると食べられる美味しい極細麺は淡路町店から自家製麺を持ち込んでいるのかな、ぴったりとスープに合っています。
 トッピングは豪華で肩ロースのチャーシュー、鴨肉三枚、半熟玉子、紫タマネギ、水菜。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰り際に店員さんにご挨拶すると、淡路町店で見かけた顔つきでしたが、なんとも。
クリックすると拡大します

 夜はらぁ麺赤青MURASAKI@武蔵小金井(小金井市本町)、店主さんは数々のラーメン店で修業されていて、詳細はネット情報をご確認下さい。
 2016/2/29オープンですから既に一年、すっかり出遅れてしまいました(ぞの間、2回程早仕舞いで振られていますが)。
クリックすると拡大します

 カウンター8席のみの狭い店内、てっきり対面式かと思っていましたが、5席は壁向き、3席は厨房に面していますがカウンター台が高くて調理を伺うことは出来ません。
 券売機を見ると鶏醤油、赤青醤油、つけ麺、ゆずつけ麺、辛つけ麺。つけ麺類は提供中止ですので、実質二種類の醤油ラーメンのみです。
 卓上には胡椒、七味が用意されていますが、出来るだけ使わずにそのまま味わって欲しいとのこと。
クリックすると拡大します

 程なくして赤青醤油らぁ麺880円、レンゲを使わずに丼に口に付けてスープを飲みます。
 鶏出汁スープを基本に、船橋産ホンビノス貝とムール貝の出汁を合わせ、醤油の美味しさがしっかりと伝わってくる美味しいスープ。
 天才的な閃きでは無く、多くの努力と長い修業の過程での味なのだと感じ、これからまだまだ美味しくなるな、と。
クリックすると拡大します

 麺は大成食品の極細麺、スープと相性がいいようには感じられませんでしたが、まだまだ開店して一年、これからが楽しみです。
 トッピングは茸フレークを乗せた鶏チャーシュー、豚チャーシュー、細めのメンマ、貝の身、薬味ネギ、茗荷、三つ葉。
 一つ一つがとても大切なのでしょうけど、スープがここまで美味しいのだから、ちょっと多過ぎに感じました。
クリックすると拡大します

 土日は週替わりで限定メニューを販売されているそうで、中々ここまで足が届きませんが、何度か食べにきたいと思います。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 ここから帰るにはJRを乗り継いで登戸に出るか、乗り継がずに新宿に出るかになりますが、同料金なんですね。
 とはいえ、自宅と逆の方向に向かうのは心理的負担が重いので、西国分寺、府中本町で乗り換えて登戸に出てから帰宅。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記