2017年02月28日

西早稲田で二軒

/神田 炎蔵 秋葉原UDX店@秋葉原にてユッケジャンラーメン/麺屋こころ高田馬場店@西早稲田にて塩まぜそば/我羅奢@西早稲田にて鶏白湯らーめん塩/

 桜もそろそろ終わりかなぁ、北の方ではまだまだこれからかなぁ。
 撮りためた写真を少しずつ掲載しているのですが、完全に散ってしまうと、どうかな。
クリックすると拡大します

 お昼は神田 炎蔵 秋葉原UDX店@秋葉原(公式サイトは見つけられず)、詳しい理由は分かりませんが、本店は銀座で神田には店舗が無いようです。
 神田に店舗が無くったって、神田は地名じゃ無くて人名かも知れないし、お店がそう名乗っているのだからそれでいいじゃないか、と割り切れれば良いのですが。
クリックすると拡大します

 ユッケジャンラーメンフェア狙いで入店、焼き肉屋ですので店内は広々、無煙ロースターですので肉を焼くランチメニューも揃っています。
 もちろん、美味しい料理は高いわけで、しがないサラリーマンなのでランチに1,000円以上は厳しい、そっとラーメンをオーダーすると「単品ですか?」と値踏みされ、、、ま、場違いなお店に入った私が悪いのですけどね。
クリックすると拡大します

 カルビ焼肉セット1,241円、はらみ焼肉セット1,241円、豚カルビ焼肉セット1,148円、そして食べたのはユッケジャンラーメン945円(税込1,020円)
 ライスとキムチ(お代わり自由)が付いています。
 牛肉とモヤシなどの色々な野菜、ワラビやモヤシなどナムルをゆっくり煮込み、唐辛子で辛味付けしてあります。
クリックすると拡大します

 スープはさっぱり目に仕上げてあり、多めの長ネギ、刻み海苔もたっぷりです。
 中太麺は柔らかめ仕上げ、標準的な量で、スープの相性はなんとも言えません。
クリックすると拡大します

 ご飯にキムチを多めに盛り付け、美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夜は麺屋こころ高田馬場店@西早稲田(新宿区西早稲田)ホームページ)、こころの2号店にあたり、店長さんはこころの店長さんの修業先であるはなび出身とのこと。
 はっきりと覚えていませんが、この地は北郎があった場所、マニア受けは良かったのですが、学生受けはイマイチだったのかも知れません。
クリックすると拡大します

 券売機を確認した限りでは、店舗固有の違いは見当たりませんが、カウンター台に「辛さましできます」とテプラがあります。
 他のお客さんのを見る限りでは、とても辛そうなジュレを渡されていましたので、これは味見もかねてもう一度、訪問せねば。

 高いカウンター台のカウンター12席、卓上には昆布酢、白胡椒。
 他店のをハッキリ覚えていないのですが、他店の水差しにレモンは入っていなかったような。
 なぜ他店と少しずつ違うのでしょうか、チェーン店だからと言って、全店で同じ料理を出すわけでは無いと言うことでしょうか。
クリックすると拡大します

 少し待って塩まぜそば810円、別皿で台湾ラーユが用意されますが、他店とは異なる容器です。
 先ずは麺を全体の食材と混ぜるわけですが、なんか角太麺が他店より白くて違う印象で、食べてみても味が違います。
 店内には太陽食品の麺箱しか見当たりませんけど、塩そば専用の麺があるのかも知れません。
クリックすると拡大します

 タレが醤油から塩に代わっただけではなく、トッピングも随分と変わっていて、ゴロゴロチャーシュー、水菜、メンマ、魚粉、おろしニンニク(食券を渡すときに要不要を確認されます)、刻み海苔、センターに長ネギ、糸唐辛子。
 卵黄はありませんが、特にゴロゴチャーシューが旨いので、醤油より好みです。
クリックすると拡大します

 食べ終わったら追飯、残った台湾ラーユを掛けて、と。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 一杯食べ終わって折角ここまで来たのだからもう一杯と、隣りの我羅奢@西早稲田(新宿区西早稲田)へ。
 2008年8月開店、開店当初は熊本ラーメンを標榜していたような気がしますが、長い年月の中で鶏白湯のお店に進化されたのでしょうか。

 店内に入ると照度を落としたバーやスナックに負けない雰囲気、、ラーメン屋ですからもう少し明るくして下さいませ。
 券売機を見ると鶏白湯、魚塩、濃厚味噌、汁無し、つけ麺と多彩なメニューが揃っています。
クリックすると拡大します

 トッピングは券売機には海苔しか無く、なるほどね、と納得して空いている席へ。
 カウンター11席と奥に2人掛けのテーブル席があり、魚粉、辣油、ホットガーリック、酢、醤油、七味、白胡椒のカスターセットです。

 テーブルに注文票が用意してあり、一蘭よろしくトッピングを選べる、と言うか、○を付けて食券と共に渡すシステムです。
 麺は大盛りまで、チャーシューは4枚まで増量無料。
 穂先メンマ、ネギ&もやし、も増量無料、味玉子も無し、半玉、一玉から選べます。
クリックすると拡大します

 程なくして鶏白湯らーめん塩750円、真円ではない卵形、高さも異なる丼、食べにくい。
 鶏白湯は今では特別に珍しくありませんが、開店当時の7年前は大流行、大流行の果てにベタベタするほど濃厚になる前で、後味すっきりの美味しいスープ。
 田中製麺の細麺はしっかりした食べ応えなのでスープには合っていませんが、全メニュー共通だからなのかも知れません。
クリックすると拡大します

 トッピングは指定しない部分でモヤシと薬味ネギ、指定したチャーシュー二枚、穂先メンマ二本、半身の味玉。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記