2017年03月28日

夕食抜き

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(たまご)、コロッケ/らーめん二男坊秋葉原店にて食べる豚骨油そば/

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
クリックすると拡大します

 定番の朝そば(たまご)330円、クーポンでコロッケ
 お蕎麦は温かいのと冷たいのから選べるので冷たいので、たまごは生、茹で、温玉から選べるので生。
 いつもならば角盆にぎゅっーと並べ替えるところ、今日はほんわか気分なので、立体的に並べられたままで。
クリックすると拡大します

 お蕎麦、もり汁、安定した美味しさ。かき揚げ、コロッケ、ほくほくの温かさで、これまた美味しい。
 ご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 らーめん二男坊 秋葉原店@秋葉原拉麺劇場(千代田区外神田)ホームページ)、本店は未訪ですが、海老名で一回食べています。
 新博多豚骨ラーメンをキャッチフレーズに福岡に4店舗、長崎に1店舗、秋葉原に1店舗を展開されています。
クリックすると拡大します

 タッチパネル式の券売機で食券を買うと、お店のレジを連動していて、ラーメンが出来上がると食券の番号を呼ばれます。
 メニューは博多豚骨ラーメン、黒らーめん、油そばの三種類、トッピングはチャー-、味玉。
クリックすると拡大します

 程なくして食べる豚骨油そば690円
 博多ラーメン屋が何をどう売ろうが勝手ですが、スープを使わないラーメンを売ることが新博多豚骨なのだろうか。
 濃いめの豚骨ダシに醤油だれを合わせ、中太麺に合わせています。
クリックすると拡大します

 トッピングは大きめのチャーシュー、メンマ、茹でモヤシ、刻み海苔、青ネギ、刻み紅生姜、細切りちくわ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月27日

ヒレかつ定食

/椿/神田明神下とんかつ赤城にてヒレかつ定食/スノーフレーク/

 小雨の中、引戸をがらりと開ける。
 美味しいとんかつを食べ終わって幸せそうな顔をした、そうだな、ほぼ歳の変わらない初老の男性客らが数人、ちょうど帰るところだ。
 神田明神下とんかつ赤城、この店に来るのは今日が恐らく最後だろう。
 もちろん、本当に最後かどうかは死ぬまで分からないのだが。
クリックすると拡大します

 空いていたテーブル席に座り、「本当にいいんだな」と自身に言い聞かせながら、下腹に力を入れて「ヒレを」と声を出す。
 緊張して「フィレオ」と言ったかも知れない。
 女将さんが厨房の旦那さんに向かって、「ヒレ、ひとつ」と声を掛ける声が聞こえ、「いや、やっぱり、ロースで」の声をぐっと堪える。
クリックすると拡大します

 下腹に力を入れてから10分後にご飯、味噌汁、お新香がお箸と共に運ばれてきた。
 日本食はお箸で食べる前提で料理され、盛り付けられていると思うし、定食ならば割り箸で食べることが前提である。
 ここで本当の意味でエコでも何でもないエコ箸を出されたら、箸を割る楽しみや、上手く割れないかも知れないと言うか不安も、上手く割れた嬉しさも、ひとつも味わえない。
クリックすると拡大します

 つまり、違う料理だな。
 ぱちんと箸を割り、上手く割れたことを喜びながら先ずは味噌汁を味わう。
クリックすると拡大します

 ヒレかつ定食1,850円、貝割れ大根があしらわれた千切りキャベツに立て掛けるように、ヒレかつが五つ。
 シーザー、フレンチ、1000アイランドと3本用意されたドレッシング、先ずひとつ目はトマトケチャップで食べる。

 火傷寸前の熱さ、肉質はとんかつ屋のヒレ肉としては最高級、これ以上の肉質はならば、ステーキにするべきである。
 ぎゅっと筋肉質の味わい、旨いなぁ。ゆっくりゆっくり咀嚼し、ゆっくりゆっくりと味わう。
クリックすると拡大します

 二つ目は卓上に用意されたソースで。
 小雨のせいで気温は低め、ソースのとろみがゆっくりと衣に染み込む。練り辛子をつけて食べると、これまた目を閉じてしまうほどの旨さ。
クリックすると拡大します

 ご飯が多い、こんな多めのご飯を食べて喜ぶ歳ではないが、出されると食べ切らないといけない、と言う心理が働く。
 お新香は塩分たっぷりの自家製。この塩分が全体の甘さやゆったり感を引き締めます。
クリックすると拡大します

 「雨の中を来てくださって」と言葉を添えながらリンゴを出してくださいました。
 ヒレかつは旨かったし、キャベツも美味しかった。
 お店の雰囲気もとても心地良かった。ご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月26日

大森の焼き肉屋

/麺バカ息子@京急蒲田にて塩らー麺/醍醐大森店にて上質なお肉と野菜たっふりコース/星のうどんにて野菜天うどん/

 「形あるもの必ず崩れ、生あるもの必ず死す」
 小学校の卒業文集に寄せた言葉ですが、12歳くんだりでそんな言葉を思いつくはずは無く、誰かの言葉のパクリだったはず。
 誰の言葉をパクったのか、思い出せない。
クリックすると拡大します

 小雨の中を大森に向かうので、海老名で相鉄線に乗り換えて横浜へ。
 随分前から相鉄線に特急が新設されて随分経つけど、待ってまで乗るほど時間短縮されないので、初めて乗りました。
 快適なのかなぁ、ずっと寝てるのでよく分からない。
クリックすると拡大します

 横浜から京急蒲田へ、駅からお店まで全て屋根があるわけじゃ無いけど、殆どが屋根なので傘を差さずに行かれます。
 麺バカ息子@京急蒲田(大田区蒲田)、今日も並んでいるのか、だからと言って違う店に行くほど人間は出来ていないので。
クリックすると拡大します

 つけ麺が始まったんだな、今日は食べないけど。
 醤油ラーメンのタレを改良したらしい、今日は食べないけど。
クリックすると拡大します

 15分ほど外待ちしてから店内へ。
 計らずとも前回訪問時と同じ席で店員さんの目の前、満席ですから軽く会釈しか出来ないけれども、顔が見られただけで嬉しい。
 のんびりとビールを飲みながらおしゃべりできる日は来るのだろうか。
クリックすると拡大します

 少し待って塩らー麺750円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 塩ラーメンですけどかなり甘めの味付け、塩ダレの塩辛さは殆ど感じず、豚骨、鶏ガラのスープの甘さが支配的、に加えてチャーシューが多すぎる(笑)
クリックすると拡大します

 鶴見時代から一貫して郡山の富多屋生麺のオリジナル麺、短尺の中細麺は芯が残る硬めの茹で加減です。
 トッピングは豚ロース肉のレアチャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、ワンタン、青ネギ、サービスの味玉、エディブルフラワー(紹介のサイト)。
 スルッと食べてご馳走様でした
クリックすると拡大します

 急いで大森駅へ、改札を出たみどりの窓口で待たせていた友達をピックアップして、醍醐大森店ホームページ)へ。
 焼肉などの高価な高級料理は中々食べられないので、二ヶ月前から予約していました。
 お店は少し分かりにくい場所にあり、お客さんもそんなにはいないけれども、お店が空いているか混んでいるかに関わらず、予約は大切です。
クリックすると拡大します

 青菜ナムル、キムチ、豆もやしナムル、季節ナムル、コールドステーキ、サラダ。
 アラカルトでお願いしても構わないのですが、先ずはお店のおすすめからとコース料理を注文しておきました。
 飲み放題コースが付いていますが、その飲み放題で飲んだのはレモンハイボール二杯だけという。
クリックすると拡大します

 特撰霜降りタン塩、上タン塩、上ロース系、特撰リブ芯。
 どんな食べ物も好み、嗜好ですから、美味しい美味しくないはその人次第、私は溶けるような脂身よりも噛み切れないほどの弾力が好み。
 あんな話とかこんな話とか、四方山話を最後の調味料として味付けながら、一枚ずつ焼く肉の美味しさよ。
クリックすると拡大します

 「日本酒がお好きと伺いましたので」と、醍醐グループで開催しているイベントで出している日本酒を安価で用意して下さいました。
 付き合って下さった友達は私以上に日本酒好きで、私以上に日本酒に詳しいので、「雄町の無濾過が多いですね」と瞬時に見抜いて。
 差しつ差されつ、と言うわけでは無いですけど、差したら差されて、を繰り返して日本酒を楽しみます。
クリックすると拡大します

 たたききゅうり、フレッシュトマト。
 箸休めは何のために必要なのか私にはよく分からないのですが、少しでも箸を休めると、まだまだ食べられるぞという気持ちになります。
 あまり会わない友達で、SNSもやっていないので近況とか家族構成とか気になるところではあるけど、中々その話まで行き着かない。
クリックすると拡大します

 特撰マキ、特撰イチボ、特撰カルビ、上カルビ系、玉ねぎ、しめじ、ししとう、パプリカ。
 先の組み合わせは「塩ダレ」でしたが(殆どがレモンとワサビで食べましたが)、次の組み合わせは「醤油だれ」での組み合わせ。
 もちろんどちらもとても美味しい、野菜もキノコも一つずつ焼いていただきました。
クリックすると拡大します

 〆の冷麺、辛いつけ麺もあったので、ラヲタとしてはそっちをお願いすれば良かったかも知れない。
 お水を飲みつつ、かなり日本酒を楽しみ、身体全体に力がみなぎる焼肉、とてつもなく素晴らしい。

 他店のヘルプで不在だった店長さんが戻ってきていて、ご挨拶させていただきました。
 ご馳走様でした、次回がいつとは約束できませんが、また食べに来ることだけは約束します。
クリックすると拡大します

 友達とは駅で別れ、海老名経由で帰る私は、海老名駅構内の星のうどんホームページ)へ。
 うどんに詳しくない私は、讃岐うどんと言えばこの店しか知りませんでした。
 数年前に改装され、改札外からも食べられるようになっています。
クリックすると拡大します

 野菜天うどん390円、テーブルで生姜を擂れなくなって久しい。
 あっさりとした博多風だし汁、店内で切り分けている讃岐うどん、最強の組み合わせ。

 さらに店内揚げのかき揚げ、おつゆを吸って柔らかくして食べるのが怖いほどに美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記