2017年03月08日

ラスト桜

/ラスト桜/塩生姜らー麺専門店MANNISH(マニッシュ)@神田にて豆腐らー麺/らーめん八房(やつふさ)神田本店にて八房らーめん/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて五目味噌タンメン、チャーシュー/

 いったんはラスト桜
 これから咲き誇る桜に出会わないとも限らないので、「いったん」としていますが。
クリックすると拡大します

 昨日、開店一周年を迎えた塩生姜らー麺専門店MANNISH(マニッシュ)@神田(千代田区内神田)
 店先(?)の写真を撮ろうと人が切れるのを待っていたら、一人、お店に向かった人が戻ってきて、えー、この時間で売り切れたの?と心配。
 階段を下ってみると、満席外(階段)待ち数人、すっかり繁盛店になりましたね。
クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、店主さんに「開店一周年、おめでとうございます」と挨拶させていただき、券売機へ。
 限定メニューボタンは800円、850円、900円、950円とあるので800円のボタンをぽちっと。
 カウンター席で美味しいラーメンを食べているお客さんの背中側をすみません、スミマセン、すみませんとリフレインしながら空いた一番奥の席へ。
クリックすると拡大します

 程なくして豆腐らー麺880円
 形が崩れていないプルンとした豆腐が塩生姜スープに合うなんて、合うだけじゃなくて美味しいなんて、ラーメンって素晴らしい。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺は綺麗な形の丼には少し窮屈そうですが、スープが熱くてゆっくり食べるので、少しづつほぐす感じが、とても食べる感がして楽しいです。
 鶏チャーシューに青菜、青菜は野沢菜に感じましたが、気のせいでしょうか。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってもなお、まだまだ待ち客がいましたので、そそくさと退店。
クリックすると拡大します

 神田あたりをぶらついていたら店先に祝い花を見かけて、らーめん八房(やつふさ)神田本店@神田(千代田区神田鍛冶町)
 2017/3/7オープン、店先で地下鉄の入り口の工事をしているようで、店先が目立ちにくいです。
クリックすると拡大します

 店主さんは「新宿の人気つけ麺店に携わる」「シドニーのラーメン店でベストヌードル賞を受賞」「一風堂オーストラリアのセントラルキッチンの料理人」とのこと。
 店内に入ると、真っ直ぐ奥にL字カウンター13席、右手に券売機が設置されています。

 メニューは八房ラーメン、熟成豚骨ラーメン、豚骨つけ麺の三種類で、トッピングは焼豚、ワンタン、穂先メンマ、味玉。ビールあります。
 食券を買ってカウンター真ん中あたりの席へ、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 程なくして八房らーめん890円、ぱらっと散らしたのではなく、菜箸で丁寧に盛り付けられたトッピング。
 鶏清湯スープは柔らかい醤油ダレと合わせてあり、ビシッとしているわけではなく、さりとてしみじみ美味しいわけではなく、「何パターンか試して様子を見る」的に感じますが、先ずはこれでも十分美味しいですね。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺、つけ麺は中太麺として使い分けていて、かなりレベルは高いとは思いますが、もう少し硬め仕上げが個人的には好みです。
 みっしりした美味しさの肩ロースチャーシューが三枚、柚を効かせた挽肉餡のワンタンが三つ、穂先メンマは細めで色が濃い、薬味ネギ。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 「八房って南総里見八犬伝の犬の名前ですか?」と尋ねると、経営会社のトレードマークである蛸に由来するとのこと。
クリックすると拡大します

 仕事が早く終わったので、急ぎ元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 営業時間が11:00-15:30 18:00-19:30に変わってしまったので、残業していると間に合いません。
 着いてみると外待ち二人、まだ暖簾は仕舞われていないので、間に合いました。
クリックすると拡大します

 程なくして案内されて店内へ、コートをハンガーに掛けて席に着くと、「ふらわさん、ビールですね」と出して下さり、恐縮してしまいます。
 してしまいますが、ビールに罪はなく、今夜は蒲田で一人お疲れ様会♪
 付き出しは茹でモヤシに辛子麻婆を乗せた逸品、ビールに合いすぎてもう一本飲みたくなりますが、営業終了時間が迫っています。
クリックすると拡大します

 五目味噌タンメン(麺半分)950円、チャーシュー一枚100円
 日本最高ならば世界最高のタンメンとして、自分の心の中に輝き続ける料理、未だ健在。

 料理である以上は常に変化し、進化していくのが常、その過程に自分の味覚が付いていかないことに気がつかずに「味が落ちた」とは笑止千万。
 煮込み野菜にはキャベツの芯がゴロリ、しかしして豚バラ肉は解凍したての肉で柔らかい、スープは辛さと味噌の味のバランスが合焦。
クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の中細麺、ラーメンである以上は麺が必要ですが、その麺はこの麺でなくてはならない。
 チャーシューはラーメン二郎のブタに匹敵する味と厚み、しかしして、あくまでも「匹敵」であり、超えてはいません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月07日

蒲田の新店

/大江戸そば市ヶ谷店にてわさび菜紅生姜天そば/秋葉らぁめん丸久@小川町にて丸久塩らぁめん/麺バカ息子@京急蒲田にて醤油らー麺/

 朝は大江戸そば市ヶ谷店ホームページ)へ、立食い店ですが奥に二席だけ椅子があるので、その椅子に座ろうかと店内を覗くと二席とも使用中。
 ま、立ち食いでも良いかなと店内に入ってぴっと食券を買ったら、席が空きました。
 路麺店での基本のかき揚げそば、関東での基本のコロッケそば、季節の限定メニューなどを食べたので、今日は違う種物にしようかと。
クリックすると拡大します

 わさび菜紅生姜天そば400円、期間限定メニューとなります。
 お蕎麦には色々な種物があり、この手の天ぷらは蕎麦つゆと馴染ませず、「温める」程度で食べるのが私の好みです。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 昼は秋葉らぁめん丸久@小川町(千代田区外神田)
 特に決まりはないのですが、気に入っているお店は毎週、気になっているお店は毎月、伺っていますのですが、この店は二ヶ月ぶりの訪問です。
 店先の立て看板を見ると「塩らぁめん、始めました。」とあり、開店半年で新メニューの発売、ってことですか。
クリックすると拡大します

 店内に入って券売機を見ると、大葉のおにぎり、チャーシュー丼の二つが格落ちし、その場所に丸久塩らぁめん、丸久塩つけめんが鎮座しています。
 らぁめんのボタンをぽちっとして、空いているカウンター席へ。
 卓上の調味料をみると、辣油が増えていて、なんでもこの辣油は自家製なんだとか。
クリックすると拡大します

 程なくして丸久塩らぁめん750円
 豚骨の清湯スープは生姜を感じませんが、強めの塩味が豚骨の美味しさを引き立てています。
クリックすると拡大します

 まん丸の中太麺はサッポロ製麺、するすると食べられてとても美味しい。
 ごちゃごちゃとサービス精神旺盛にトッピングする丸久スピリッツは健在で、共通としてチャーシュー、メンマ、キクラゲ、刻みネギ、板海苔、小梅と白胡麻の代わりにバターとコーン。
クリックすると拡大します

 店内は終始混み合っていて、席空き待ち客はいませんが、常に五、六人はお客さんがラーメンを食べている繁盛ぶりです。
 このまま波に乗って常時外待ちが出来るほど流行って欲しい気持ちもあれば、そうなると味が変わってしまうだろうなあと望まない気持ちと。
 スルッと食べてご馳走様でした
クリックすると拡大します

 蒲田には良くも悪くも多くの思い出があって、これからもその思い出をを一つ一つ作っていくのだろうけど。
 女性に謝られることは滅多にないので、決して忘れることの出来ない餃子屋の先に、今夜、行こうとしているラーメン屋さんがある。
クリックすると拡大します

 夜は麺バカ息子@京急蒲田(大田区蒲田)、半年の沈黙を破って同じ蒲田、しかも前店と100メートルも離れていない場所にオープンするとは。
 2/25プレオープン、2/26グランドオープン、3/7夜営業開始。開店直後は混むだろうから、ゆっくり話がしたくて夜営業が始まってから訪問したのですが。
 20時過ぎの時間で店内満席外待ち二人とは想定外、10分程待って店内に入れましたが、その後も待ち客が続き、のんびり飲んでいる場合ではなさそうなので、必要な食券を買って店内へ。
クリックすると拡大します

 店内は9席と2席のL字カウンターのみ、卓上には辣油、酢、魚粉、一味唐辛子。
 券売機があっても卓上に必ずメニューを用意し、見てみると醤油、塩、味噌、担々麺、醤油つけ、塩つけ、バカつけ、まぜそば、限定。
 移転前とほぼ同じラインナップで、つけ麺と限定は来週から。
クリックすると拡大します

 先ずは水餃子をビールで今夜は蒲田で一人お疲れ様会♪
 水餃子には辣油と醤油を掛けることに決めているのだが、なぜか赤い彗星が乗せられていて。とても美味しく頂きます。
 知り合いの店員さんは目の前のいるんだけど、かなりバタバタしている様子で、話しかける間もなく、ラーメンが出来上がってきました。
クリックすると拡大します

 醤油らー麺680円
 トレードマークの一枚板海苔が差さり、そのままでは食べにくいので、手でちぎって先にスープに漬けて食べておきます。
 いわゆる魚介豚骨スープですが、この店の「魚介豚骨」ファンは根強く、私もファンの一人で、とても美味しくいただけます。
クリックすると拡大します

 鶴見時代から一貫して郡山の富多屋生麺のオリジナル麺、短尺の中細麺は芯が残る硬めの茹で加減です。
 トッピングは板海苔一枚の他にチャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、青ネギ、サービスの味玉。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月06日

回転寿司幸

/ゆで太郎代々木東口店にて小柱と水菜のかきあげせいろ、海老天/博多風龍秋葉原2号店@秋葉原にて辛味噌とんこつラーメン、メンマ/うず潮秋葉原店にて刺盛/

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
クリックすると拡大します

 今月は新発売メニューが多いので早めに食べてみようと思いまして、小柱と水菜のかきあげせいろ500円、クーポンで海老天
 小柱と水菜、食べてみるまで不安でしたが意外と合います。美味しいですねえ。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 お昼は一人移動ですが、時間的に余裕が無くて博多風龍秋葉原2号店@秋葉原(千代田区外神田)ホームページ)へ。
 ラーメンは全メニュー30円値上げされましたが、以前からこの店を利用していたお客さんには関係ないでしょうね。
 安いから、早いから、ではなくて、「安くて美味しいから」「早くて美味しいから」と言う理由で贔屓にしていると思います。
 もちろん私も、風龍のラーメンが美味しいので通っています。
クリックすると拡大します

 店内の券売機を隅から隅まで見ましたが冬季限定メニューが見当たらなく、それらしい味噌ラーメンを選びました。
 食券を買って店内へ、座ってお冷やを飲んでいると後客はもう座れないほど混み合っています。
クリックすると拡大します

 少し待って辛味噌とんこつラーメン680円、クーポンメンマ、柔らかめ。
 辛味噌ダレのとんこつスープは柔らかめ仕上げの極細麺との相性が良く、とても美味しい、前回確認して、今回確信しました。
クリックすると拡大します

 惜しむらくは、麺量110gに対して丼が小さく、スープを麺に泳がせることができないってこと。
 それでも今日は角切りチャーシューが多めに入っていて、なんとなく嬉しい。
クリックすると拡大します

 無料サービス(風龍は2玉まで替玉無料)の替玉は硬めお願いすると、黄色いお皿で渡されました。
 紅生姜、辛子高菜と入れて味を変えて楽しみました。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 仕事が終わったのが21時近くで、遅くなったのは仕事がうまくいかなかったからで、ラーメンじゃなくて回転寿司のうず潮秋葉原店ホームページ)へ。
 今食べたいと思った時のお寿司屋として、回転寿司屋はとても便利です。
 以下、料理名等は記憶に頼って書いていますので、間違い、思い込み等はご容赦ください。
クリックすると拡大します

 先ずはビールで今夜は一人お疲れ様会、ぐいっといきつつ、炙りサーモンのいくら乗せ。
 ふんわりして柔らかい魚にプチッとしたいくら、よくこんな組み合わせを考えましたね。
クリックすると拡大します

 カンパチを炙ったのだと思うのですが、なんとなく色味が違うし、、、ちゃんと聞けば良かったな。
 二人前を瞬殺して、冷や酒を頼みつつ、盛り合わせを注文します。
 この冷や酒は浦霞なんだけど1合で600円、お酒や物を考えると決して高くないけど、600円あれば居酒屋ランチ出来るのに、、、しかもお代わりしてしまった。
クリックすると拡大します

 さて刺盛550円、個人的にこの店で一番気に入っている料理です。
 マグロ、海老、サーモンを中心にその日のネタを盛り合わせてくれるのですが、色々なネタを少しずつ食べられるのが嬉しい。
クリックすると拡大します

 刺盛を食べ終わらない内に、目の前を通過するインドマグロ三点盛りとか、つぶ貝とか、シメサバとか、インドマグロの中落ちとか。
 一度たがが外れてしまうと次から次へと食べてしまい、、、お酒をもう一杯頼むところでした(危ない
クリックすると拡大します

 〆はいつものように鉄火巻きで、目の前を回っていても板前さんに頼んでしまいます。
 ご馳走様でした、ふう、飲んだし食べたし。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記