2017年03月05日

大好きな煮干しラーメン

/まんさくの花/DAIKUMA@茅ヶ崎市矢畑にて煮干そば/農道/

 すっきりと起きた日曜日、庭のまんさくの花でも撮影するかと。
 最近のカメラは性能が良いので手撮りでもぶれたりしないと思っていましたが、三脚を立てて撮影するとピントの合焦範囲がまるで違います。
 だからと言って、常に三脚で撮影できるわけではないし。
クリックすると拡大します

 半年ぶりにDAIKUMA@茅ヶ崎市矢畑へ、いつも気に掛けていますが、昼営業のみなので土日くらいしか伺えません。
 店外待ちはありませんでしたが、満席でしばらく先頭待ちします。
 殆どのお客さんがか複数人組で、席が並んで空かないと案内していないこともあって、回転はあまり良くありません。
 まあ、ビュンビュン回して数を売るラーメン屋ではないし、美味しいラーメンを食べるためなら、少し長めに待っても気にしないお客さん達で支えられているのでしょう。
クリックすると拡大します

 それでも五分ほどして入店、店主さんに挨拶し、券売機を見ると贅沢だしそば、鶏烏賊醤油は×マーク、残った煮干そばのボタンをポチッとな。
 店内で少し待ってからカウンター席へ、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 先に女房が食べた煮干そば750円に特製(チャーシュー二枚、味玉)250円。
 黙って食べていたのでとても美味しかったのだと推測、実際、美味しかったそうです。
クリックすると拡大します

 程なくして煮干そば750円、板海苔が岩海苔に変わっています。
 スープはかなり濃いめの味付けに感じ、煮干し出汁自体はそうでもないけど、醤油ダレが濃すぎます。
 ここまでのブレは初めてで、初めてこの店のラーメンを食べた人はあまり良い印象を持たないのではないでしょうか。
クリックすると拡大します

 極細の自家製麺は十分な美味しさを保っていますが、前回よりも力強さを感じられません。
 どちらかというと、スープに抑えつけられてしまっているな感じです。
 トッピングの鶏肉と豚肉のチャーシュー、紫タマネギ、万ネギ、岩のり。
クリックすると拡大します

 滅多にサイドメニューは頼まないのですが、たまにはとピリ辛挽肉ご飯。
 いわゆる昔話盛りのご飯は挽肉がこぼれ落ちそうになるので、箸ではなくレンゲで頂き、途中からラーメンのスープを掛けて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 帰りはいつも通りにホームセンターに立ち寄り、その後イオンに立ち寄って食材を買い込み、帰宅。
 ああ、楽しかった土日が終わってしまった。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月04日

最高の潮ソバ

/紅梅/Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田にて特製旨味ソバ/吹き抜ける春風/

 昨夜は長女と日本酒を酌み交わしてしまい、目覚ましを切って起きた土曜日。
 女房は長女と海老名へ買い物に行くというので、私は今日か明日に行こうと思っていたラーメン屋へ行くことにしました。
クリックすると拡大します

 Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田
 さいころ@中野の店主であるラ塾の校長が、二ヶ月に一度開催する、GIG(ギグ:一回一回の契約に基づいて行われる仕事)。
 通りかかったお客さんを相手はしていません、それでも初回は店先にポスターを張り出していましたが、今日は Yes Now Playing とだけ掲げられています。
クリックすると拡大します

 前回が醤油でしたので2回目の今回は塩、今後は交互に提供していくとのこと。
 店内はテーブルとカウンターが用意されていますが、ラーメン屋と言うよりラーメン道場っぽく、いやラーメン研究所っぽくなってきました。
 メニューはラーメンと特製ラーメン、トッピングが数種類、ビールとなります。
クリックすると拡大します

 一杯々々、丁寧に調理して下さっての特製旨味ソバ1,250円
 食材の説明は殆どありませんから自分の感想が全て、言い換えると旨いか相当旨いかとてつもなく旨いか、つまりとんでもなく旨い。
 鶏ガラと豚骨の清湯スープをぴったりとブレンドして一つの味に仕上げ、焦がしネギの香りをスパンコールのように散らしています。
 このスープがとんでもなく旨い、旨く作ることだけを考えたスープだからというズルさもありますが、ズルしても何しても旨いものは旨い。
クリックすると拡大します

 ぬるりとした麺肌の細麺、自家製麺と信じ込んでいましたが、三河屋製麺とのこと。
 そんなはずはと話を聞くと、(中略)、いわゆる特注麺の部類ですが、(中略)、それって自家製麺とどこが違うのだろうか。

 スープとは一点でしか合いませんが、その一点で合っています。
 豚バラ肉のチャーシュー、コリッとした食感を残すメンマ、皮雲呑、刻みネギ、白髪ネギ、そして豆苗。
クリックすると拡大します

 するっと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってボスと楽しいラーメン談義、幾つかの勘違いに気づき、沢山の思い込みを正し、楽しい話をして。
 また、食べに来ます。
クリックすると拡大します

 何度も何度も、何度も何度も走り慣れた道を戻ってきて、ふと、吹き抜ける風にクルマを停めて。
 荒涼とした小川の袂にカメラを構えてみました。
 本物の田舎であれば人工物の一切入らない風景を撮ることも出来るだろうけど、偽物の田舎では人工物をいかに馴染ませるかが大切なのか。
クリックすると拡大します

 あと二時間もすれば夕日があたりを真っ赤に染め上げるだろう。
 今日はそこまで待てないけれど、いつか撮りに来たい。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月03日

歌舞伎町の新店

/クリスマスローズ/中国東北料理哈爾濱(ハルピン)@末広町にてもやしラーメン、ホットコーヒー/蔓馬軒花橙(はなだい)歌舞伎町店にて辛味噌ラーメン/ホタルイカ/

 さて、クリスマスローズがあちこちで見かけるようになった。
 多年草なので一度見かけたら毎年同じ場所で咲いていて、初春というかまだ寒い時期に咲き出すのですが、なぜ「クリスマス」なんだろう。
クリックすると拡大します

 お昼は中国東北料理哈爾濱(ハルピン)@末広町(千代田区外神田)、なんとなく似たような店舗で増殖している中華料理のようで、そうでないような。
 ランチメニューはサービスランチとしてラーメン、チャーハンが480円、定食が6種類、週替わりが2種類、ラーメンが6種類、焼きそばが2種類。
クリックすると拡大します

 今日はもやしラーメン720円
 モヤシとニラをごま油で炒めてトッピングしてあり、世間一般からしたら適正価格に思えますが、この店のメニューとすると高く感じます。
 醤油ベースの鶏ガラスープ、他メニューと同じ中細麺の美味しいラーメンです。
クリックすると拡大します

 同僚が好きなホットコーヒーは50円、飲まずにはいられない。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夜は東京味噌らーめん蔓馬軒花橙(はなだい)歌舞伎町店@歌舞伎町二丁目、2017/2/24に梅ヶ丘店に続いてのオープン。
 営業時間は11:00-15:00 20:00-05:00の無休、店内は酔客で混み合っていて、まあ、なんとも歌舞伎町らしいですな。
 店先に二次会へと向かう若者客でごった返していて、店先を撮るまで少し待ちます。
クリックすると拡大します

 メニューを見てみると味噌、辛味噌、地獄の温麺とつけ麺。トッピングは味玉と辛み豆腐、これから増やすかどうかは不明。
 萬馬軒は各店舗でメニューが同一ではありませんので、チェーン店と言うより二号店、三号店の扱いなのでしょうか。
 8席のL字カウンター、卓上には 酢、コショウ、一味唐辛子、先ずはビール550円で今夜は歌舞伎町で一人お疲れ様会♪
クリックすると拡大します

 程なくして辛味噌ラーメン890円
 一般的に「辛味噌」と言えば味噌に唐辛子を混ぜ込んで辛くしているのですが、味噌はそのままで辛み麻婆をトッピングしてあります。
 赤味噌(おそらく紅一点)に豚骨と鶏ガラをトロミが付くまで丁寧に炊き出したスープを合わせてあります。
クリックすると拡大します

 みっちりした食感で味噌スープと良く合う三河屋製麺の平打太麺。食べ始めは僅かに芯を感じられますが、少しづつ茹で上がっていくアルデンテ仕上げ。
 トッピングは分厚いチャーシュー、太めのメンマが数本、斜め切りした長ネギ、辛み麻婆と名ずけられた辛子麻婆、こいつが辛い、かなり辛い。でも次は麻婆増しで。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 帰宅すると長女が遊びに来ていて、泊まっていくという。
 酒でも飲むかと日本酒を飲む、四合瓶では足らず、もう一本開けてしまうと言う。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記