2017年03月02日

焼かない焼肉屋

/ごん兵衛@大倉山にて1番セット/心家(こころや)@大倉山にてラーメン/29ON@池袋/宗玄フェア/

 有給取得は勤め人の権利であり義務であるのですが、色々な事情から取得できないことが多い。
 年度末なので一日残らず使い切っても来月になれば新たに有給が付与されるのに、、、来年度こそは月に二回は休みたい。
 と言うことで、今日は有休を取って横浜へ、計画時点では大倉山駅から歩こうと思っていましたが、ググってみると新横浜駅からバスが出ているとのこと。
クリックすると拡大します

 新横浜駅からバスで18分、池の下バス停で降りて進行方向に歩いて行くと、通り反対側にタクシーの配車場、通り沿いにごん兵衛@大倉山(横浜市鶴見区駒岡)が見えてきます。
 創業や営業の詳しい事情は知らないのですが、もう少し早い時間だと店内が混み合うほどお客さんが来るとのこと。

 営業時間は6時40分から14時まで、土日は「休むことがあります」らしいので、ここまで来て休みは痛いので、平日に伺える機会を待っていました。
 店内に入るとテーブルは無くて壁向きカウンターのみ、丸椅子が10脚程用意されているので、混雑時は立ち食いのお客さんもいることでしょう。
クリックすると拡大します

 メニューはかけそば(うどん)190円、カレーライス400円、ライスは半分120円、普通170円、大盛220円。
 種物はたまご、てんぷら、コロッケなど全て50円、アジフライと白身魚フライは100円。

 セット物は1番から5番まであり、たぬきそば(190+50円)にご飯や種物を合わせて、数十円安くなってます。
 口頭注文先会計、そばかうどんかを先に伝え、麺を茹でている間にセット物の番号か種物を伝えます。
クリックすると拡大します

 あっという間に1番セット530円
 お蕎麦は袋麺で全く腰のないソフト麺タイプ、こういうお蕎麦も美味しいなぁ。
 蕎麦つゆは透明で、かえしが殆ど使われていない鰹だし、お蕎麦に合いますねえ。
クリックすると拡大します

 ご飯にはキュウリのキュウちゃんをセルフで乗せ、アジフライは驚くほど身厚、白身魚フライはさっと醤油を掛けて。
 とても美味しいお蕎麦をご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 トレッサ横浜(ホームページ)、2014/6にニュータンタン駒岡店へ訪問したとき以来ですが、その時は「もう、この地に来ることは無いだろうなぁ」と思ったのに。
 もう二度と来ない、もう二度と会わない、などと軽々しく口にしないようにしよう。
クリックすると拡大します

 大倉山駅に向かう途中にラーメンでも食べていくかと、心家(こころや)@大倉山(横浜市港北区師岡)へ立ち寄りました。
 特別に思いのあるお店以外は再訪しないのですが、中々この地に来ることが出来ないので立ち寄ってみました。
 系譜は吉村家⇒本牧家⇒川崎家⇒まこと家となりますので、あの鶏油がピシッと効いたスープを楽しめそうです。
クリックすると拡大します

 くもりの無いガラス戸を開けて店内に入ると「こういうお店を清潔なお店と言う」とばかりに、シミ一つ無い壁やテーブル、チリ一つ落ちていない床が迎えて下さいます。
 券売機にはラーメンのみ、トッピングはチャーシュー、海苔、味玉、くきワカメ、コーン。ビールにライス。

 食券を買って空いているカウンター席に座り、お冷やを持ってきてくれた店員さんに食券を渡します。
 卓上にはおろしニンニク、おろし生姜、豆板醤、酢、ブラックペッパー。
クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン650円、前回は600円でしたので、ほんの少し値上げされています。
 先ずはスープを一口、「豚骨スープと醤油ダレ」ではない豚骨醤油スープの美味しいこと、美味しいこと。
 酒井製麺の太麺はスープと同化してしまったかのようは一体感がたまりません、ぐいぐいと食べてしまいます。
クリックすると拡大します

 大ぶりのチャーシューが二枚、一掴みのほうれん草、大きな板海苔三枚。途中から、おろしニンニクと豆板醤を大さじひとつづつ入れて味変を楽しみます。
 劣化を防ぐためか、容器には数人分だけが用意されていて、ステンレス製の容器は内も外もピシッと磨き上げられていますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 駅へと向かって歩いていると、ちょうどバス停でバスが来たので乗ってしまって新横浜駅。
 その後、色々と立ち寄りたいお店を考えつつ、自信の老化を考慮しつつ、最終的にルノワールでブレンドコーヒー。
クリックすると拡大します

 さて、今夜は知り合いに誘われての29ON@池袋紹介のサイト)にて貸切コースへ。
 お店のことはサイトを確認していただきたいのですが、キーワードだけ紹介すると、会員制で完全予約制ですので会員か会員と一緒で無いと入店できない/全ての肉料理は低温調理であり店内で肉は焼かない/料理は二時間のおまかせコースのみ/飲み物は飲み放題とアラカルトから選べる、などです。
 サイトには、「調理温度を0.1℃単位・調理時間を秒単位で調整しながら」とありますが、気候、気温だけでなく、肉の部位、肉の個体差で「温度と時間」の調整が必要と思われますが、、、美味しければそれで良しですね。

 お店の場所は事前に知らされないので、お店の近くで集まってお店に向かいます。
 案内されて店内に入ると、奥に長いカウンター10席のみの白木をふんだんに使った和のテイスト、店内には生花、掛け軸など壁やテーブルには一切何も置かれていません。
 飲み放題ですのでウェルカムドリンクは特に決められておらず、スパークリングワインを選ぶ人、初めから日本酒を飲む人、口濡らしにビールは私だけでした。
クリックすると拡大します

 前菜(?)は鴨肉とふろふき大根、菜の花とマンガリッツァ豚の酒粕味噌和え、ユッケ二種類(普通のと低温調理のと)、低温調理されたミノ。
 料理が並んだところで店長さん(?)から挨拶と説明があり、乾杯しながら会が始まりました。
 幹事さん以外は初対面ですので、隣同士へ簡単に自己紹介をしようとすると、両隣とも30代前後の若さで気後れしてしまい。
クリックすると拡大します

 日本酒はにごり純米原酒「英雄(ひでお)」から、お酒は全部で6種類だされましたが、1種類は飲み損なってしまいました。
 種類が多ければいい、量が多ければいいということは全くありませんけど、利き酒程度の量だと味しか分からないので、一口程度ずつは飲みたかったなぁ。
クリックすると拡大します

 続けて主菜、日本一人口が少ない青ヶ島村出身の牛肉「東京ビーフ」を低温調理して冷凍させてからスライスされています。
 ふぐより薄くスライスされた肉は、薬味と共に頂くとすっと溶けて無くなってしまいます。
 生牡蠣を低温調理の肉で包んであって、ポン酢などを使わずに頂きます。
クリックすると拡大します

 イチボ(お尻の先の牛肉)、タン元(舌の根っこ)、タン先(舌の先っぽ)の低温調理。
 お肉の説明に続いてカットのパフォーマンス、調味料は塩、燻製塩、本わさびなど。
 鮫皮おろしで生わさびをおろし、肉に付けていただくと、低温調理で無ければ味わえない美味しさ。
クリックすると拡大します

 くぐらせ肉と呼ばれる料理、煮立てた出汁汁で野菜を煮込み、その出汁で低温調理された肉をくぐらせて味をまとわせていただきます。
 しゃぶしゃぶの様に温めないで、さっとくぐらせるだけ、赤ワインと出汁汁に割りほぐした卵を合わせ、さっと浸けていただくと、とても美味しい。
 鍋には熱燗ということで一合徳利でいただき、鍋の残り汁にはとろろ昆布とカレーを入れ、もち麦うどんに掛けていただきました。
クリックすると拡大します

 デザートで梨のシャーベット、じゃなくてソルベ。
 とても美味しい低温調理のお肉をご馳走になり、行きたくても行かれない会員制のお店に誘って頂いた幹事さん、ありがとうございました。
クリックすると拡大します

 早い時間に終わったので、西武池袋本店の日本酒の試飲コーナー、、ではなく、日本酒の販売コーナーへ。
 今月の7日まで宗玄フェアをやっているのですが、行ってみると知り合いの蔵元がはっぴを着て説明されています。
 手隙のタイミングでお声掛けして、挨拶をさせていただきながらオススメの一本を購入。
クリックすると拡大します

 ロマンスカーの新しいヤツ、もう走っているんですね。
 今日は乗れなかったので外観だけの紹介、いずれ車内の様子も。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記