2017年03月04日

最高の潮ソバ

/紅梅/Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田にて特製旨味ソバ/吹き抜ける春風/

 昨夜は長女と日本酒を酌み交わしてしまい、目覚ましを切って起きた土曜日。
 女房は長女と海老名へ買い物に行くというので、私は今日か明日に行こうと思っていたラーメン屋へ行くことにしました。
クリックすると拡大します

 Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田
 さいころ@中野の店主であるラ塾の校長が、二ヶ月に一度開催する、GIG(ギグ:一回一回の契約に基づいて行われる仕事)。
 通りかかったお客さんを相手はしていません、それでも初回は店先にポスターを張り出していましたが、今日は Yes Now Playing とだけ掲げられています。
クリックすると拡大します

 前回が醤油でしたので2回目の今回は塩、今後は交互に提供していくとのこと。
 店内はテーブルとカウンターが用意されていますが、ラーメン屋と言うよりラーメン道場っぽく、いやラーメン研究所っぽくなってきました。
 メニューはラーメンと特製ラーメン、トッピングが数種類、ビールとなります。
クリックすると拡大します

 一杯々々、丁寧に調理して下さっての特製旨味ソバ1,250円
 食材の説明は殆どありませんから自分の感想が全て、言い換えると旨いか相当旨いかとてつもなく旨いか、つまりとんでもなく旨い。
 鶏ガラと豚骨の清湯スープをぴったりとブレンドして一つの味に仕上げ、焦がしネギの香りをスパンコールのように散らしています。
 このスープがとんでもなく旨い、旨く作ることだけを考えたスープだからというズルさもありますが、ズルしても何しても旨いものは旨い。
クリックすると拡大します

 ぬるりとした麺肌の細麺、自家製麺と信じ込んでいましたが、三河屋製麺とのこと。
 そんなはずはと話を聞くと、(中略)、いわゆる特注麺の部類ですが、(中略)、それって自家製麺とどこが違うのだろうか。

 スープとは一点でしか合いませんが、その一点で合っています。
 豚バラ肉のチャーシュー、コリッとした食感を残すメンマ、皮雲呑、刻みネギ、白髪ネギ、そして豆苗。
クリックすると拡大します

 するっと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってボスと楽しいラーメン談義、幾つかの勘違いに気づき、沢山の思い込みを正し、楽しい話をして。
 また、食べに来ます。
クリックすると拡大します

 何度も何度も、何度も何度も走り慣れた道を戻ってきて、ふと、吹き抜ける風にクルマを停めて。
 荒涼とした小川の袂にカメラを構えてみました。
 本物の田舎であれば人工物の一切入らない風景を撮ることも出来るだろうけど、偽物の田舎では人工物をいかに馴染ませるかが大切なのか。
クリックすると拡大します

 あと二時間もすれば夕日があたりを真っ赤に染め上げるだろう。
 今日はそこまで待てないけれど、いつか撮りに来たい。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記