2017年03月24日

創業40年の老舗

/油そばアキバ商店@秋葉原にて豚骨ラーメン/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/中華料理桂林@秦野市にてマーボソバ/

 気が付いたら金曜日、一週間早かった。
 仕事の巻き返しがうまくいかないので、明日は休日出勤になってしまった。
 ま、そんな土曜日もありますか。
クリックすると拡大します

 お昼は食べ損なって、夜は秋葉原駅至近の油そばアキバ商店@秋葉原(千代田区外神田)へ。
 券売機は多言語に対応されているようですが、イマイチ、使い方が分かりません。
 まあ、使い方が分かっても、日本語しか分からないのですが。
クリックすると拡大します

 油そばとしてノーマル、肉まみれ、ジャンク魂。ラーメンとして豚骨、えび塩、肉まみれ。
 サイドメニューに餃子、ライス、玉子掛けご飯、温玉豚バラごはん、など。
 ビール、コーラ、ウーロン茶なども用意されています。
クリックすると拡大します

 食券を買って店内を見るととても混み合っていて、自分でちょうど満席、続きのお客さんは地下(未踏)に案内されていました。
 卓上にはマヨネーズ、麺ダレ、ラー油、お酢、ブラックペッパー、刻みにんにく。
 厨房は隣の部屋なので伺うことは出来ませんが、三つずつ運ばれてくるので、きっと三玉ずつ茹で上げているのでは無いかと。
クリックすると拡大します

 少し待って豚骨ラーメン870円
 ラーメンを常食している人達からすれば高め(強気)の値段設定、私はこの程度が適正価格だと思っていて、この値段以下だと調理や食材から何かを抜くか、家賃が特別に安いか、店員が薄給に喘いでいるか、のいずれかでは無いかと考えています。
 全体に均一な豚骨スープ、かなり温度が高くてふうふうしていただきます。
クリックすると拡大します

 麺は山田食品の縮れ中細麺、スープとは好相性でするすると食べられます。
 トッピングは炙りチャーシュー、半身の半熟玉子、板海苔二枚、長ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 地元のホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 友達に連絡して一緒に飲むことにしましたが、一人で飲んでも全く寂しさは感じないし、むしろ一人なら一人の楽しみ方があるし、一人以外ならそれに応じた楽しみ方がある。
 なぜ、一人だと寂しい、哀れ、という印象になるのか全く理解できないので、コメントされるならちゃんと説明して欲しい。
クリックすると拡大します

 ビールで乾杯していると運ばれてきた、のどナンコツ500円、シマ腸600円。
 四方山話の口切りは大抵、体調の話が多いのだが、私はあまりその手の話をしない。
 したところで痛みが消えたり、動きが良くなったりするわけでは無いからだな。
クリックすると拡大します

 七輪でじっくり焼く。
 内臓を食う、のではなく、骨を喰らう。
 ホルモン焼きは七輪の炭火を第一とし、このナンコツを超えるナンコツに未だ出会ったことが無い。
クリックすると拡大します

 二品目は牛タン780円。
 ここ最近は、大体がこの二品を食べて飲むのが定番です。
 牛タンは必ず冷凍されたまま切り分けられて、テーブルの上で自然解凍されつつ焼いていただきます。
クリックすると拡大します

 飲んでいると地元の店の話になり、金が無くて体調が悪くても、もう一軒行こうとする人と、金があって体調が良くても、帰りたくなる人と。
 今夜は「最近、営業していない」と噂の中華料理桂林@秦野市に行ってみました。
クリックすると拡大します

 ここ数年、ラーメン屋と言うより居酒屋になっていて、そんな店内でラーメンだけ食べるのは忍びない。
 卓上の調味料を乗せるトレーが綺麗に掃除されていることに驚きつつ、結局ビールを飲むことに。
 最近通い出したらしい、いい感じで飲んでいる先客、少し話をさせていただいた。
クリックすると拡大します

 さて、マーボソバ700円
 麻婆豆腐はお店毎に特徴があって、ここのは豆腐だけではなくニンジンやピーマンの細切りも入っています。
 特に何も言わなくても辛味を増してくれるので、とても美味しくいただけます。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 ラーメンメニューは21種類あるのですが、10種類しか食べられていない。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記