2017年03月26日

大森の焼き肉屋

/麺バカ息子@京急蒲田にて塩らー麺/醍醐大森店にて上質なお肉と野菜たっふりコース/星のうどんにて野菜天うどん/

 「形あるもの必ず崩れ、生あるもの必ず死す」
 小学校の卒業文集に寄せた言葉ですが、12歳くんだりでそんな言葉を思いつくはずは無く、誰かの言葉のパクリだったはず。
 誰の言葉をパクったのか、思い出せない。
クリックすると拡大します

 小雨の中を大森に向かうので、海老名で相鉄線に乗り換えて横浜へ。
 随分前から相鉄線に特急が新設されて随分経つけど、待ってまで乗るほど時間短縮されないので、初めて乗りました。
 快適なのかなぁ、ずっと寝てるのでよく分からない。
クリックすると拡大します

 横浜から京急蒲田へ、駅からお店まで全て屋根があるわけじゃ無いけど、殆どが屋根なので傘を差さずに行かれます。
 麺バカ息子@京急蒲田(大田区蒲田)、今日も並んでいるのか、だからと言って違う店に行くほど人間は出来ていないので。
クリックすると拡大します

 つけ麺が始まったんだな、今日は食べないけど。
 醤油ラーメンのタレを改良したらしい、今日は食べないけど。
クリックすると拡大します

 15分ほど外待ちしてから店内へ。
 計らずとも前回訪問時と同じ席で店員さんの目の前、満席ですから軽く会釈しか出来ないけれども、顔が見られただけで嬉しい。
 のんびりとビールを飲みながらおしゃべりできる日は来るのだろうか。
クリックすると拡大します

 少し待って塩らー麺750円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 塩ラーメンですけどかなり甘めの味付け、塩ダレの塩辛さは殆ど感じず、豚骨、鶏ガラのスープの甘さが支配的、に加えてチャーシューが多すぎる(笑)
クリックすると拡大します

 鶴見時代から一貫して郡山の富多屋生麺のオリジナル麺、短尺の中細麺は芯が残る硬めの茹で加減です。
 トッピングは豚ロース肉のレアチャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、ワンタン、青ネギ、サービスの味玉、エディブルフラワー(紹介のサイト)。
 スルッと食べてご馳走様でした
クリックすると拡大します

 急いで大森駅へ、改札を出たみどりの窓口で待たせていた友達をピックアップして、醍醐大森店ホームページ)へ。
 焼肉などの高価な高級料理は中々食べられないので、二ヶ月前から予約していました。
 お店は少し分かりにくい場所にあり、お客さんもそんなにはいないけれども、お店が空いているか混んでいるかに関わらず、予約は大切です。
クリックすると拡大します

 青菜ナムル、キムチ、豆もやしナムル、季節ナムル、コールドステーキ、サラダ。
 アラカルトでお願いしても構わないのですが、先ずはお店のおすすめからとコース料理を注文しておきました。
 飲み放題コースが付いていますが、その飲み放題で飲んだのはレモンハイボール二杯だけという。
クリックすると拡大します

 特撰霜降りタン塩、上タン塩、上ロース系、特撰リブ芯。
 どんな食べ物も好み、嗜好ですから、美味しい美味しくないはその人次第、私は溶けるような脂身よりも噛み切れないほどの弾力が好み。
 あんな話とかこんな話とか、四方山話を最後の調味料として味付けながら、一枚ずつ焼く肉の美味しさよ。
クリックすると拡大します

 「日本酒がお好きと伺いましたので」と、醍醐グループで開催しているイベントで出している日本酒を安価で用意して下さいました。
 付き合って下さった友達は私以上に日本酒好きで、私以上に日本酒に詳しいので、「雄町の無濾過が多いですね」と瞬時に見抜いて。
 差しつ差されつ、と言うわけでは無いですけど、差したら差されて、を繰り返して日本酒を楽しみます。
クリックすると拡大します

 たたききゅうり、フレッシュトマト。
 箸休めは何のために必要なのか私にはよく分からないのですが、少しでも箸を休めると、まだまだ食べられるぞという気持ちになります。
 あまり会わない友達で、SNSもやっていないので近況とか家族構成とか気になるところではあるけど、中々その話まで行き着かない。
クリックすると拡大します

 特撰マキ、特撰イチボ、特撰カルビ、上カルビ系、玉ねぎ、しめじ、ししとう、パプリカ。
 先の組み合わせは「塩ダレ」でしたが(殆どがレモンとワサビで食べましたが)、次の組み合わせは「醤油だれ」での組み合わせ。
 もちろんどちらもとても美味しい、野菜もキノコも一つずつ焼いていただきました。
クリックすると拡大します

 〆の冷麺、辛いつけ麺もあったので、ラヲタとしてはそっちをお願いすれば良かったかも知れない。
 お水を飲みつつ、かなり日本酒を楽しみ、身体全体に力がみなぎる焼肉、とてつもなく素晴らしい。

 他店のヘルプで不在だった店長さんが戻ってきていて、ご挨拶させていただきました。
 ご馳走様でした、次回がいつとは約束できませんが、また食べに来ることだけは約束します。
クリックすると拡大します

 友達とは駅で別れ、海老名経由で帰る私は、海老名駅構内の星のうどんホームページ)へ。
 うどんに詳しくない私は、讃岐うどんと言えばこの店しか知りませんでした。
 数年前に改装され、改札外からも食べられるようになっています。
クリックすると拡大します

 野菜天うどん390円、テーブルで生姜を擂れなくなって久しい。
 あっさりとした博多風だし汁、店内で切り分けている讃岐うどん、最強の組み合わせ。

 さらに店内揚げのかき揚げ、おつゆを吸って柔らかくして食べるのが怖いほどに美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記