2017年03月28日

夕食抜き

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(たまご)、コロッケ/らーめん二男坊秋葉原店にて食べる豚骨油そば/

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
クリックすると拡大します

 定番の朝そば(たまご)330円、クーポンでコロッケ
 お蕎麦は温かいのと冷たいのから選べるので冷たいので、たまごは生、茹で、温玉から選べるので生。
 いつもならば角盆にぎゅっーと並べ替えるところ、今日はほんわか気分なので、立体的に並べられたままで。
クリックすると拡大します

 お蕎麦、もり汁、安定した美味しさ。かき揚げ、コロッケ、ほくほくの温かさで、これまた美味しい。
 ご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 らーめん二男坊 秋葉原店@秋葉原拉麺劇場(千代田区外神田)ホームページ)、本店は未訪ですが、海老名で一回食べています。
 新博多豚骨ラーメンをキャッチフレーズに福岡に4店舗、長崎に1店舗、秋葉原に1店舗を展開されています。
クリックすると拡大します

 タッチパネル式の券売機で食券を買うと、お店のレジを連動していて、ラーメンが出来上がると食券の番号を呼ばれます。
 メニューは博多豚骨ラーメン、黒らーめん、油そばの三種類、トッピングはチャー-、味玉。
クリックすると拡大します

 程なくして食べる豚骨油そば690円
 博多ラーメン屋が何をどう売ろうが勝手ですが、スープを使わないラーメンを売ることが新博多豚骨なのだろうか。
 濃いめの豚骨ダシに醤油だれを合わせ、中太麺に合わせています。
クリックすると拡大します

 トッピングは大きめのチャーシュー、メンマ、茹でモヤシ、刻み海苔、青ネギ、刻み紅生姜、細切りちくわ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記