2017年04月02日

ベンチ

/スノーフレーク/横浜家系ラーメン藤之家@秦野市にて塩豚骨SP、魚介辛つけ麺/メンチカツ/

 朝から天気が良かったので、庭のスノーフレークを撮ってみた。
 一輪、多くても三輪程度を並べることを美と思っていた頃もあったけれども、今は真逆を探している。
 自分の現したいことは、いったいどこにあるのか。
クリックすると拡大します

 理由は全く分からないのだけど、空いている平日ではなく、混雑している休日にスーパーに行きたがる。
 出かけると、その前にラーメンを食べることになる。
 横浜家系ラーメン藤之家@秦野市、駐車場が満車で停めるまで少し待たされるほどの繁盛ぶり。
クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、顔なじみの店員さんがばたばたと、それでもトラブル無く対応されています。
 カウンター10席、4人掛けテーブルが4卓、全てにお客さんが座っているなんて、ここが山田うどんの頃から数えても初めてじゃ無いでしょうか。
 「横浜家系ラーメン」のブランド力、絶大なり。
クリックすると拡大します

 程なくして女房の塩豚骨SP890円、お好みは全て普通で。
 スープは豚を殆ど感じない鶏ガラスープ、これはこれで好みのお客さんも多いだろなあl。
 SPはチャーシュー1枚、板海苔2枚が増量され、味玉が追加されます、ゆでほうれん草はそのまま。
クリックすると拡大します

 自身は魚介辛つけ麺820円、ノーマルの辛いがあるので、辛い方で。
 濃縮されたラーメン用のスープと思われるつけ汁、豚ガラと鶏ガラのブレンドがとても美味しいですね。
 辛味付けは唐辛子だけでなくハバネロも使われているような、魚粉と柚子も使われていて、これが何ともいいアクセントになっています。
クリックすると拡大します

 麻生製麺の短尺平打太麺、あつもりも選べますが、敢えて冷たい麺でお願いしましたが、これがまたいい感じで。
 家系のつけ麺は大抵ハズレなのですが、アタリと言うことは家系では無いということなのかも。
クリックすると拡大します

 女房に止められても、ご飯を半膳ほどよそってきて、残ったつけ汁に追い飯して、いただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夕飯とかの食材を平日に買いに行けば良いのに、混んでいるスーパーに買いに行って。
 一緒に行くときもあれば、車で寝て待っている時もある。
クリックすると拡大します

 いったん帰宅して、愛犬を連れてドックランへ。
 犬を見ていても仕方ないので、一人、辺りを散策します。
 桜の前に菜の花が満開ですな。
クリックすると拡大します

 夕飯はメンチカツ、テレビで紹介していたので、スーパーでしっかり対応していて、大量に並んでいたらしい。
 ご飯とじゃ無くて味噌汁と合わせて、美味しくいただきました。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記