2017年04月03日

尾崎牛のハンバーグ

/ゆで太郎新宿ワシントンホテル店にて得ランチ(ミニカレーセット)/藤沢Bistroハンバーグにてちがさき粋酔会2017年4月例会/大龍@茅ヶ崎にてサンマーメン/

 色々な現場を回っていて、しばらく上野方面でしたが、しばらくは代々木方面の客先へ。
 いつの日か、またこの現場に戻ってくるだろうけど、戻ってこれなくても桜を見たら思い出すだろう。
クリックすると拡大します

 お昼は、ゆで太郎新宿ワシントンホテル店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 平日11時から16時まで曜日替わりの得ランチ500円、月曜はミニカレーセット。
クリックすると拡大します

 かけそばに(揚げ玉ではない」天かすをたっぷり、海老とか玉ねぎとかの香りが複雑に混ざっていて、とても美味しい。
 カレーは初めから一味を振り掛けて頂きます、思っていたより上げ底でちょうど良い量でした。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 藤沢Bistroハンバーグ(ホームページ)にてちがさき粋酔会2017年4月例会、この店は神奈川で三軒しか無い尾崎牛を食べられるお店です。
 個人的に日本一美味しいと思っている尾崎牛、食べ尽くし会と聞いて、「まー、食べ尽くしと言っても二品、三品だろうな」と思いつつも日程、会費を見ずに参加ポチ。
 地下のお店で、ぶらりと歩きながらお店を探していたら、私ごときでは絶対に見つけられない立地です。
クリックすると拡大します

 お店に入り、お誘いいただいた幹事さんにご挨拶させていただきます。
 一人で参加しても大抵の会では知り合いが一人か二人いるのですが、今夜は幹事さん以外全員が初対面。
 どんな人が来ているのかなぁと周りを見回すと、、、尾崎牛の当主(名刺では「商主」)がいらっしゃって、、、えー、なんでこんな藤沢くんだりの飲み会に参加してるの?呼んだの?呼べるの?
クリックすると拡大します

 アミューズとして、尾崎牛赤ワイン煮〜カプレーゼトースト
 人の縁は自身の日頃の行いや姿勢を正直に映し出し、この会に参加できたことを、これまでの自身の人生に感謝する。
 周りは人生の先輩ばかりですが、臆すること無く、一期一会を楽しみます。
クリックすると拡大します

 薄にごり酒で乾杯して、続々と回されてくる日本酒。
 お店に日本酒は用意されていないため、幹事さんらの持ち込み、セレクトには何の心配も要りません。
 一瓶あたり五勺程度でしょうか、あれも美味い、これも美味い、それも美味い、どれも美味い。
クリックすると拡大します

 前菜としてパプリカのファルシー、カブのミルフィーユ、そば粉のガレット〜マスカルポーネ、生ハムを包んで、赤パプリカとブランダードのミルフィーユ。
 大勢でわいわい楽しむときに、出来る人が出来ることをやって、皆で平等に会を盛り上げるのが大好き。
 今日の会も恵まれていて、食べるペース、飲むペースが合っていて、とても楽しい。
クリックすると拡大します

 尾崎牛のすね肉でコラーゲンテリーヌ。
 さて、尾崎牛スタートですが、先ずはテリーヌから、身震いするほど美味しい。
 ささっと写真を撮ってささっと食べる、後はおしゃべり、酒では無く会話に寄ってしまいそう。
クリックすると拡大します

 尾崎牛の彩サラダ。
 この辺りで尾崎さんから尾崎牛の説明、と思いきや、「20歳でアメリカに渡りまして、一万五千頭の牛を飼っていました」と尾崎牛誕生秘話を。
 ブランディングの本当の意味と、牛脂の融点の話、とても勉強になりました。
クリックすると拡大します

 尾崎牛のランプのステーキ〜ラビゴットソースと刻みわさびで
 切り分けた8片、一人二片、一つはソースで、一つはわさびで。
 言葉を失うほど美味しい、ソースよりわさびの方が美味しいと感じたけれど、好みだろうな。
クリックすると拡大します

 尾崎牛のイチボのステーキ〜プロヴァンスの香り。
 一人一切れでしたが、十分な噛み応えと襲いかかってくるような旨味。
 気を失うかと思うほど美味い。
クリックすると拡大します

 尾崎牛100%のハンバーグ ガーリックトースト。
 平常はA5黒毛和牛ですが、今夜は尾崎牛100%、こんなハンバーグが世の中に存在することすら知りませんでした。
 富士溶岩プレートの遠赤外線で火を通すハンバーグ、死んでしまうかと思うほど美味い。
クリックすると拡大します

 決して広くは無い店内ですが、動く人は動くし、動かない人は動かない。
 人脈をどうのこうのする会ではないし、そんなものはどうこうできないと思っているので、どっしり腰を落ち着けて、と。
 それでも寄ってくる人はいるし、、今夜はラーメンの話はしませんでした。
クリックすると拡大します

 本日のデザート。
 お酒に酔っていて、お喋りにも寄ってしまい、何より尾崎牛に寄ってしまった。
 この牛肉まで育てるのに20年以上掛かっているそうだ、しっかりと受け止められただろうか。
クリックすると拡大します

 会はまだ閉じられていなかったけど、もう一軒行こうかと誘われたら絶対に断れないので、少し早めに会を辞した。
 素晴らしいお店だなぁ、昼に食べに夜に飲みに来たいけど、藤沢に友達はいないからなぁ。
 取り敢えず、藤沢駅からJRで茅ヶ崎に。
クリックすると拡大します

 なぜ茅ヶ崎に来たのは自分でも分からない部分があるけど、駅近くには大龍@茅ヶ崎があるじゃないか。
 いわゆる昭和の店で、昭和は既に29年前なんだよなぁ、と店内へ。
 カウンター7席、卓上にはおろしニンニク、辣油、醤油、酢、白胡椒。
クリックすると拡大します

 メニューはラーメン300円から始まって500円、550円の三種類、ご飯ものとして親子丼、カツ丼など650円程度。
 ただ、昭和のラーメン屋にありがちな、ビールにつまみだけのお客さんも多いのでしょう。
 先客二組はビールを飲み交わしていて、電車で帰る距離では無いのだろうと。
クリックすると拡大します

 少し待たされてサンマーメン500円、麺相が全体的に薄灰色なのはカメラのせいかも知れない。
 大きな中華鍋でモヤシ、キャベツ、ニンジン、キクラゲなどの餡掛けを掛けてあります。
クリックすると拡大します

 細麺は柔らか過ぎる茹で加減で、柔らかめ過ぎの私でもここまでの柔らかめは求めていません。
 それは私に合わないだけであって、この茹で加減が好きな人がいるからこのお店は長く営業しているのだから。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 代金を払ってお店を出ます。
クリックすると拡大します

 この時間の相模線は色々な店で怖いのですが、基本人間は怖いもの見たさでしょう。
 乗り過ごすこと無く小田急線に乗り換えて、帰宅。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記