2017年04月19日

祝開店二周年

/らーめんくま神@西新宿五丁目にてつけめん/元祖旨辛タンメン荒木屋@蒲田にて月見カレー(半玉)、チャーシュー2枚/

クリックすると拡大します

 ここ何日かはスプリングコートは要らないと思うほど暖かい、
 せっかく買ったのでもう少し着たいことを正当化するために、「朝晩は冷えるから」と言っているけど。
 来週着るのは厳しいかな。

クリックすると拡大します

 めん処十二社の跡地に2015/5/10オープンした、らーめんくま神@西新宿五丁目(西新宿四丁目)
 元・テレビ番組ディレクターが立ち上げたラーメン店(ネット情報より)、だそうです。
 店内に入ると満席、すぐ左手に設置された券売機で食券を買います。

 メニューはラーメンとつけめん。トッピングは味玉、のり、極太メンマ、チャーシュー、自家製辛味、ねぎ、角切チャーシュー。
 サイドメニューはライス、チャーシュー飯、餃子、おつまみ三種盛り。
 ビールやサワーも用意されていますので、夜は軽く飲める感じですね。

クリックすると拡大します

 手前の壁向きカウンター4席、奥の厨房に面したカウンター6席、四人掛けテーブルが1卓。
 卓上には醤油、酢、辣油、白胡椒、おろしニンニク。
 太麺なので麺の茹で時間が10分掛かると告知されていますが、実際にはジャスト10分で配膳されましたので、茹で時間は8分くらい。

クリックすると拡大します

 つけめん830円、麺とつけ汁を同時に渡されます。
 綺麗に揃えられた浅草開化楼の縮れ極太麺、充分な噛み応えにしっかりした美味しさ。
 メンマは麺皿に乗せられていますが、チャーシューは角切りされてつけ汁に沈められています。

クリックすると拡大します

 つけ汁は「豚骨と鶏ガラを10時間炊き出して」と説明があり、比率としては4対4位の印象で、残りは背脂のような甘さを感じます。
 食べていると唇がべとつきますが、麺皿に添えられている薬味ネギをざる蕎麦のように使うと、甘みが一旦断ち切られ、とてもいい感じです。
 新しい発見でしたが、大抵のつけ麺ではネギはつけ汁に掛けられてしまっています。

クリックすると拡大します

 極太メンマが二本、板海苔一枚。
 麺を食べ終わったらスープ割りをお願いすると、保温ポットを渡して下さいました。
 熱々のガラスープで濃厚なつけ汁を割って、半分ほど飲み、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、元祖旨辛タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)へ。
 夜営業時間の短縮だけでけではなく、渡世の義理、諸般の事情が重なり、月ニも行けていない中をお店に着くと外待ち十人の繁盛ぶり。
 少し待っていると店員さんが出てきて「すみませーん、そちらのお客さんで麺切れとなります」と案内されていて、ギリギリセーフ。

クリックすると拡大します

 もう少し待って店内へ、先ずは開店二周年おめでとうございますビールで、今夜も一人お疲れ様会。
 しかし、なんでこんなに繁盛する店になっちゃったんだろう。
 嬉しいことではあるけど、もっと流行って夜営業が無くなってしまったら、もっと来れなくなってしまいます。

クリックすると拡大します

 程なくしてビールと一緒に頼んでおいた月見カレー(半玉)800円、チャーシュー2枚200円
 食べたことが無いのに、「味噌野菜麺にカレーを掛けただけ」と勝手に思い込んでいたのですが、そうではなく、注文が入ってからスープで野菜を煮込んでいます。
 カレーはトッピングとしてではなく、丼の底に沈める合わせ方で、こういう合わせ方の「カレーラーメン」はあまり見かけません。

クリックすると拡大します

 つまり、食べ進めるに従ってどんどん美味しくなるラーメン、茹でアスパラもいい感じで、最後は全卵を割っての味変。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記