2017年04月22日

南町田の北と南

/麺家千晃上川井店@南町田にてラーメン(並)/小川軒本店@南町田にてサンマーめん/
クリックすると拡大します

 土日は積極的に話題の新店を訪問したり、イベントに行って知り合いと友好を深めたりしないといけないのに。
 平日の仕事の疲れが出て、朝が起きれないだけじゃ無くて、都内や横浜まで出掛ける気力も削がれているし。
 のんびり行きますかね、自分が思っている以上に私のことを誰も気にしていないだろうし。

クリックすると拡大します

 麺家千晃上川井店@南町田(横浜市旭区上川井町)、最寄り駅の南町田駅から徒歩35分(歩いた訳ではありません)、2016/8/13に閉店した優勝軒の跡地に2017年3月13日オープン。
 経営母体はアーバンテクノリサイクル(株)(ホームページ)、優勝軒の前は鬼っ子ラーメン 上川井本店だったらしく、辺りには全く競合店が見当たらない絶好の立地、のはず。
 道路側は全面ガラスで、こちらから店内がよく見えるし、お店側からは道路がよく見えます。

クリックすると拡大します

 店先に大きくメニューが張り出されていて、豚骨醤油ラーメンとして醤油味と塩味、千晃まぜそばとして辛旨大蒜醤油と塩まぜそば、計四種類。
 塩まぜそばはこれまで販売されていませんでしたので、上大井店限定なのか、全店舗で追加されたのか。
 ライスや麺大盛りは無料サービスで無いところが良いですね。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手隅の設置された券売機で食券を買って、ホールの女性店員さんに「お好きな席へどうぞ」と案内され、やや左手の席に座ります。
 厨房を囲むL字カウンター12席、全体的にゆったりした造りは昭和のラーメン屋の彷彿させます。
 男性店員さんが厨房で丼にお湯を張り、麺を茹で始め、スープの具合を確認されています。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡してお好みを伝え、お冷やを注いでテーブルを眺めます。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、酢、ラー油、ブラックペッパーと家系ラーメン屋のカスターセットとしてはおろし生姜が足りません。
 と言うか、お店によって白胡椒と黒胡椒が違うんですね。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン(並)780円、お好みは麺柔らかめでお願いしました。
 家系ラーメンの基本である青磁色のプラスチック丼に、店内炊きの豚骨白湯90%、鶏ガラ10%の正統派家系ラーメンスープの味わい。
 醤油ダレが弱めですが、このスープなら地の利に頼ること無く激戦区でも十分戦える美味しさです。

クリックすると拡大します

 店舗裏手すぐ近くに丸山製麺がありますが、もちろん長多屋製麺所の平打中太麺、スープに良く馴染んでいて美味しいですね。
 トッピングは板海苔三昧、茹でほうれん草、チャーシュー、薬味ネギは後乗せタイプ、ウズラは無し(有料トッピングには有り)。
 丼の半分を覆う大きなチャーシューが美味しいですねえ。

クリックすると拡大します

 麺を半分くらい食べたら豆板醤、おろしニンニクで味変を楽しみ、スープまで飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 南町田駅から徒歩12分で小川軒本店@南町田(町田市小川)、2010/2/15オープンですので、既に7年以上営業されています。
 職場の関係で稲城の2号店へ先に訪問していて、「店主さんが『小川』だからから小川軒」だとずっと思っていました。
 中休みのラーメン屋が多い中で、通し営業なのは助かりますね。

クリックすると拡大します

 店先にもメニューが張り出されていますが取り敢えず店内へ、店内中央の厨房をコの字カウンターが囲んでいます。
 完全にアイドルタイムですが先客二人、後客二人、しっかりと地に根付いた名店と言った趣です。
 二人用の椅子が全部で7脚、カウンター台に張り出されているメニューを眺めます。

クリックすると拡大します

 基本、塩味推しですが、一応は同額で醤油味、150円増しで味噌味も用意されています。
 ちょっと変わったところでは、醤油味と味噌味をブレンドしたラーメンがあります。
 口頭注文後会計、お冷やはセルフで汲んできて、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってサンマーめん850円
 塩味推しなのですが(サンマーメンだけに)醤油味、鶏ガラではなく丸鶏出汁メインのスープ。
 香味野菜の使い方にも年季が入っていて、とても美味しいスープです。

クリックすると拡大します

 ストレート角細麺は丁度良い茹で加減で、スープとの相性も良くで美味しく頂けます。
 全体的に掛けられている餡掛け、まあ、この餡掛けがあるからこそサンマーメンなのですが、モヤシ、ニラ、ニンジン、キャベツが綺麗に煮込まれていて美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 南町田から中央林間へ、中央林間から相模大野へ。
 この辺りは未食店だらけなので、もう一杯でも二杯でも食べておきたいのですが、この歳では無理も出来ません。
 まあ、量を食べれば良いというわけではないし、それでもある一定以上の量は食べる必要があるし。

クリックすると拡大します

 帰宅して晩酌、日本酒は剣菱、アテは角切りマグロ。
 お猪口で飲むと飲みすぎないと思ったのですが、そうでもありませんね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記