2017年04月26日

亀有へ

/博多鶏ソバ華味鳥@西新宿二丁目にて華味鳥水炊きラーメン/旨辛タンメンファイヤーマウンテン@亀有にてファイヤー冷し味噌野菜/

クリックすると拡大します

 西新宿高層ビル群にある三井ビル、そのビルの一階レストラン街にある博多華味鳥(はなみどり)(ホームページ)、のラーメン業態である博多鶏ソバ華味鳥@西新宿二丁目
 店内に入ると、満席で少し待たされてから空いた席に案内されます。
 厨房に面したカウンター4席、向かい合わせのカウンター10席、テーブル席は2人掛けで32席。

クリックすると拡大します

 席に着いてメニューを見ると鶏ガラスープの坦々、水炊き、鶏スープの鶏白湯、味噌、醤油、計五種類。
 トッピングは味玉、チャーシュー、鶏団子、ライチタイムには無料サービスされる雑炊用俵ごはん。
 卓上には柚子胡椒、白胡麻、黒胡椒。

クリックすると拡大します

 思っていたより早く運ばれてきた華味鳥水炊きラーメン780円
 親会社が「水炊き」だけにスープは抜群に美味しい、鶏ガラを煮出した骨を僅かに残し、塩味を効かせないで鶏の旨味を引立てるためだけに最小限の化調。
 このスープをラーメン屋だけで作ると、この値段ではとても収まらないし、味もここまでのクオリティは出せないのでは無いでしょうか。

クリックすると拡大します

 どのメニューにも共通なのか、可も無く不可も無い角中細麺、あくまでものスープが主体と思われますので、中華麺ではなく米麺やうどんでも美味しく味わえそうです。
 トッピングは大きめの鶏チャーシュー、水菜、三角メンマ、鶏つくね、ワンタン、青ネギ。
 さて、ラーメンを食べている途中で俵ごはんがを食べます。

クリックすると拡大します

 食べ方が分からなかったので、メニューを見てみると、俵ごはんを小鉢に置いたままで上からスープを注ぎ、海苔を巻いて食べるようです。
 ふっくらと柔らかいごはんにスープが染みこんで、美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 そろそろGWなのだけど、今年は二つだけイベントが入っています。
 片方はラーメンイベント、片方は音楽関係、イベントが無い日は自宅でのんびりするかな。 

クリックすると拡大します

 夜は亀有駅から徒歩5分くらいの、旨辛タンメンファイヤーマウンテン@亀有(葛飾区亀有)へ。
 火の豚@幸手の宅麺の実販売店舗として、2017/4/8オープン。
 店先には「元祖旨辛系タンメン」と書かれたタペストリーが掲げられています。

クリックすると拡大します

 年季の入った良い雰囲気の店内、L字カウンター8席、4人掛けテーブルが1卓、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは味噌タンメン、ファイヤー味噌タンメン、ファイヤー五目タンメン、ファイヤー乱麺、ファイヤー麻婆乱麺、ファイヤーマウンテン、ファイヤー頂など。
 冷しやご飯ものも一通り揃っています。

クリックすると拡大します

 先客一人、後客二人、席に座って食券を出し、先ずはビール500円で今夜は亀有で一人お疲れ様会。
 付き出しの煮込み野菜がかなり大盛りで、とてもいい感じです。
 卓上には酢、胡椒、一味唐辛子。

クリックすると拡大します

 10分程待ってファイヤー冷し味噌野菜900円、大きめのラーメン丼につけ汁として山盛りのゴモミ煮込み、と、麺。
 野菜はもやし、にんじん、ニラ、キャベツ、ピーマン、たけのこ、たまねぎ、きくらげ、と豚バラ。
 この「つけ汁」、辛さより味噌が勝っているスープで、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 麺はサッポロ製麺の中細麺、荒木屋@蒲田と同じ麺を使っているそうです、中々いい感じです。
 少し粗熱が残っていますが、つけ汁に浸けて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、久しぶりに映画を観ました。
 パッセンジャー、映像の綺麗さに驚きながらも、深遠なる宇宙の表現が素晴らしい。
 ストーリーはちょっと物足りませんでしたが、それでも十分に満足できました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記