2017年04月27日

イタリアンからエスニックへ

/代々木商店2号店@初台にて塩ラーメン(並)/Cafe & Wine Bar Sorrento/タイ料理 パヤオ/

クリックすると拡大します

 お昼は「そこまで歩いて行っちゃうとお昼時間には帰って来れないかも」なのに歩いて行ってしまった代々木商店2号店@初台(渋谷区初台)ホームページ)。
 ラーメンフリークらには不評の町田商店系のチェーン店ですが非ラーメンフリークには大好評で、40店舗以上展開されていますがどの店も繁盛している印象です。
 開店直後に一度訪問していて、その後どうなったかなと伺ってみましたが、以前より繁盛していますね。

クリックすると拡大します

 カウンター12席、テーブル12席の狭くは無い店内、入って右手の券売機で食券を買うと、「こちらへどうぞ」とホールを一人で仕切っている店員さんにカウンター席を案内されます。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、刻みしょうが、ブラックペッパー、醤油、酢、辣油、一味唐からし、ごま、からうま(練り唐辛子)が用意され、刻み玉ねぎ、そしてごはん用にキュウリの漬物もあります。
 店内には「人生にリハーサルはない(味が濃かったり薄かったら仰ってください)」などの標語が書かれた短冊が掛けられているので、是非。

クリックすると拡大します

 少し待って塩ラーメン(並)680円、お好みは柔らかめでお願いしました。
 豚ガラ、鶏ガラに野菜ダシを多めに合わせた町田商店独特の味わい、醤油ダレに最適化されていますが塩ダレでも美味しくいただけます。
 家系ラーメンならば鶏油が掛けられていますが、ちょっと分かりにくいです。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の短尺平打中太麺、柔らかめでお願いして長めに茹でてもらいましたが、それでも芯に僅かに硬さが残ります。
 食べやすくて美味しいとは思うのですが、美味しいだけの麺は好みではありません。
 トッピングはチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚、ウズラ一個。

クリックすると拡大します

 途中で無料サービスされるライス、キュウリの漬物で頂きます。
 家系ラーメンだとスープを吸わせた板海苔を巻いて食べるのが定番で、豆板醤を少し付けるのがお約束です。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜に飲みの約束をしている日に限って仕事の切れが悪いことが多い。
 まあ、印象的なことばかり覚えているのでそういうことが多いと思うだけで、実際はどうなんだろうか。

クリックすると拡大します

 最寄り駅は新御徒町駅ですが、御徒町駅から歩いて10分でCafe & Wine Bar Sorrentoお店のブログ)。
 新年会が今年の一月にこの店であって以来の訪問、素敵なお店なのですが、行きにくいのでどうしても足が遠のいてしまいます。
 待ち合わせ時間に遅れること無く伺いしましたが、すでの友達はがっつり飲んでいるという。

クリックすると拡大します

 フレンチならばシャンパーニュで乾杯するところですが、イタリアンですのでスパークリングワインで。
 フォークとナイフが用意されていても、箸で食べる日本人、息が合っていいなぁ。
 初めは私の趣味に合わせた話を進めてくれて、とても嬉しい。

クリックすると拡大します

 一品目は、、、料理名をメモしたつもりでされてない、、、ま、いいか。
 しばらくぶりだねぇ、と言われたので、新婚だったからね、と返そうと思いましたが。
 久しぶりに頂くワイン、美味しいなぁ、飲んでいる間は静かにしてくれないかなぁ、、、それは無理か。

クリックすると拡大します

 ナポリ直送ブッファラのカプレーゼ、スライスしたトマトとモッツァレッラのサラダにバジルをあしらってあります。
 ラーメンばかり食べている私に「野菜を食べなさい」とトマトを食べさせてくれます。
 というか、このブッファラが美味しいんだよな、ワインにとても良く合います。

クリックすると拡大します

 フルボディの赤を、とお願いして紹介して下さった、プリミティーヴォ・デル・サレント・フォッシ 2015。
 料理の味を上書きするほどの濃いラズベリーを感じましたが、料理と合わせるとそうでもない美味しさ。
 と言いながら、ごくごくとワインだけ飲んでいるのが現実。

クリックすると拡大します

 パスタ、なんですけど、もちろん説明を受けましたが既にメモは取っておらず。
 いわゆるアルデンテってヤツですか、口当たりは柔らかめ、芯は固め、食べていくとちょうど良いという。
 何を話したか覚えていないので、確か、初めて会ったときの話をしていたような、、、そんな感じだったけ。

クリックすると拡大します

 国産牛イチボ肉のタリアータ。
 こういうのは男性が切り分けないといけないんだと思いますが、率先して切り分けてくれるので、そのまま任せています。
 でも牛肉が美味しいからいいか。

 遅くならないウチに帰ろうと思っていて、21時頃には帰るよ、と伝えておいたのですが、夢は幻。
 「ふらわさん、浅草橋に行くよ!」って、、まあ、そうですか。
 真っ暗な道を大声で話をしながら真っ直ぐ歩く、、15分も歩くのか。

クリックすると拡大します

 じゃん、ここでーすと、タイ料理 パヤオホームページ)。
 エスニックはお酒が分からないし、料理はどれを食べても美味しいから、二次会じゃ無くて一軒目で行きたいよ。
 店内に入るとお客さんは女性客だらけで男性は私だけ、うーん、何にも無いと良いのだけれど。

クリックすると拡大します

 既にワインを二本空けているので、生ビールで乾杯して。
 ヤム・ネーム(タイの酵ソーセージのスパイシーサラダ)、とても美味しいのでじっくり食べたいのですが、許されるはずも無く。
 それにしても楽しそうにおしゃべりする人だなぁ、一緒にいるこっちも楽しくなるよ。

クリックすると拡大します

 一品だけかと思ったらパッタイ(タイ風焼ビーフン)も食べるんだ、いいでしょう、私も食べます。
 半分ほど食べたとこでラストオーダー、おお、以外と早い時間で命拾いしました。
 長い時間を美味しく、楽しく、ありがとうございました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記