2017年05月31日

再会はビアホールで

/立ちそばふじにてかき揚げそば(温)/らーめん処やまかな@品川(港区港南2)にてラーメン(並)/博多風龍秋葉原総本店にてとんこつラーメン/ニユートーキヨービヤホール東京駅八重洲口店/

クリックすると拡大します

 立ちそばふじ、立ち食いのお蕎麦とうどんのお店、夕方からは立ち飲みにも活用できます。
 店内は立席カウンターのみで、座れるテーブル席はありません。
 大きな券売機で食券を買い、厨房に渡すと数分でかき揚げそば(温)400円、顔より大きいかと思うほどの大きな丼で提供されます。

クリックすると拡大します

 ラーメンのスープなら美味しくて飲み干す人がいますが、蕎麦つゆを美味しいからと言って飲み干す話は聞いたことがありません。
 ふわふわの柔らかいお蕎麦、もう少し硬めの方が好みです。
 大きめのかき揚げに大量の薬味ネギ、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 品川駅港南口にはラーメン屋さんは非常に少なく、その中の一軒であるらーめん処やまかな@品川(港区港南2)、「やまなか」ではなく「やまかな」です。
 駅周辺の区画整理を初めから見守ってきたと思われる歴史を感じる趣き、昼営業のみとなります。
 口頭注文後会計、メニューはラーメン、ワンタンメン、チャーシューメン。

クリックすると拡大します

 店内は非常に狭く、壁向きのカウンター3席、向かい合わせの2人掛けテーブルが3卓。
 卓上には白胡椒、ミックス胡椒、酢。
 壁掛けテレビを見ながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 小さい角盆に乗せられてラーメン(並)650円
 品川駅から徒歩数分の立地でこのラーメン、ただただ驚くばかり。
 既に30年近い前の昭和の頃のガラだか野菜だか化調だか全く分からない味のスープ、ぬるめなので猫舌の私には助かります。

クリックすると拡大します

 中細麺は持ち上げる途中で切れてしまう緩さ、中華麺だからお蕎麦やうどんより強くあって欲しい。
 トッピングはチャーシュー、茹でモヤシ、半身のゆで卵、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事を終えて歩いて向かった博多風龍秋葉原総本店@秋葉原(千代田区外神田)ホームページ)、(閉店された店舗も含め)全店舗訪問済み。
 ビルの建て替えに伴って一年半の休業を経て5/18リニューアルオープン、オープン後三日間は先着500名に風龍オリジナルグッズが配られたそうです。
 つけ麺店は復活しませんでしたが、いずれどこかの地で復活することを祈って。

クリックすると拡大します

 5/22よりありがとんこつキャンペーン2017が始まっていて、今年もTシャツ、狙わないと。
 店内に入ると二重ドアにも似た小部屋にタッチパネル式券売機が用意されています。
 メニューはとんこつラーメン、辛味噌とんこつラーメン、黒マー油とんこつラーメンと全店共通、5/25から夏季限定の冷しざるラーメンが始まっています。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に向いたカウンター8席、4人掛けテーブルが2卓、2人掛けテーブルが1卓、普通のラーメン屋になってしまい、風龍らしさゼロ、寂しい。
 卓上には胡椒、白胡麻、紅生姜、辛子高菜、鷹の爪、おろし生姜、おろしニンニク。
 店員さんに食券を渡すと麺の茹で加減を聞かれますので、普通でお願いしました。

クリックすると拡大します

 少し待ってとんこつラーメン580円、クーポンでメンマ。
 セントラルキッチンの豚骨スープはまた美味しくなっていて、チェーン店がここまで美味しくなってしまうと、個人店が味だけで勝負するのは厳しいですね。
 スープの量は少なめ、殆どのお客さんは飲み干さずに残すことを考えると、初めから少なめなのは営業的にはアリですね。

クリックすると拡大します

 極細麺は(いつのころからか)菅野製麺所、麺肌がシルキーでなめらかな口当たりから、粗めでスープを吸いやすくの方向に変わったみたいです。
 トッピングは硬めのチャーシュー、キクラゲ、青ネギ。
 麺を食べ終わったら替玉、二玉まで無料サービスですが、大抵は一玉で。

クリックすると拡大します

 味変に紅生姜、辛子高菜、東京の博多ラーメンではこの二つは必須ですが、本場博多では必ずしも無料サービスではないという。
 紅生姜はいい感じですが、辛子高菜はかなり辛くて、スープの味をすっかり変えてしまいますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 東京駅で大学時代の後輩と待ち合わせ。
 浜松に最終の新幹線で帰るので、それまでの少しの間、飲みませんかと。
 ニユートーキヨービヤホール東京駅八重洲口店ホームページ)、「ニュー」ではなく「ニユー」なのは、昭和63年まで商号の登記に拗音が認められていなかったからですね。

クリックすると拡大します

 キャベツの塩辛炒め570円。
 先ずはビールで乾杯、友達はとある芸能人のファンで、千葉まで彼の出演しているお芝居を見に行ってきたそうです。
 歳をとると声が出なくなるので、体型を崩してまで声を優先しているとのこと。

クリックすると拡大します

 麻婆豆腐720円。
 私は人の話を聞くのが好きなので、飲みながら、食べながら友達の話に聞き入ります。
 それでもどうしてもラーメンの話になり、私も嫌いでは無いので一緒に話し込んでしまいます。

クリックすると拡大します

 ジャーマンポテト580円。
 この歳になると、どうしても両親の話と病気の話にならざるを得ませんけど、サラッと流して。
 さて、新幹線を待たせるわけにはいかないので、再会を約束して、改札で分かれました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月30日

品川から蒲田へ

/なんつッ亭品川店@品川にて春のえび豚らーめん/麺バカ息子@京急蒲田にて味噌らー麺、味玉/

クリックすると拡大します

 久し振りに品達(ホームページ)へ、なんつッ亭品川店@品川(港区高輪)ホームページ)へ。
 時代々々によって店舗が増減しますが、現存する国内の秦野本店、川崎店、品川店、水戸店、御徒町店は全て訪問済みとなります。
 御徒町店限定販売だったチャーハンが、ここ品川店でも始まっています。

クリックすると拡大します

 今日はラーメン大好き小泉さんとのコラボメニュー狙い、店員さんに食券を渡すと「スタンプカード、お持ちですか?」と聞かれ、持っていないと答えると、なんつッ亭のスタンプが押されたスタンプカードを渡されてしまいました。
 集める予定、全く無いんだけどな。
 店内に入ると店内待ち席が満席で、座れずに階段で立ち待ち。柱や壁に張り巡らされていた格言が、すっかり整理整頓されてしまって、なんか寂しい。これも時代の流れか。

クリックすると拡大します

 ホールは女性店員さん一人で回しているのですが、この店員さんが凄く良い。
 お店が忙しくなると、早く着席してもらおうと、仕事ではなく作業、コトによると処理してしまう店員さんを見かけることがあります。
 今、目の前にいる女性店員さんは、お客さんとしっかりと視線を合わせ、一人々々丁寧に対応されています。
 この店員さんは、きっとお店に良くしてもらっているのだろう、だからお客さんに良くできるんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 そうこうしているうちに、店内待ちを過ぎ、カウンター席に案内され、お冷やを飲んでいると、春のえび豚らーめん1,000円が運ばれてきます。
 豚骨ラーメンにエビそぼろを掛けて海老ラーメンでーす、なんてズルはしない。
 スープにもきっちり海老ダシをブレンドしていて、それでいて豚骨出汁の美味さに被さることなく、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 極細麺は大橋製麺多摩から変わっているようですが、それもとこのメニュー専用かな。
 これまでのより僅かに細く、はっきりと白く、まるで秦野本店の自家製麺のようにスープとはよく合っていて、美味しく頂けます。
 大きめのチャーシューも美味しく頂き、挽肉、味玉、水菜、白髪ネギ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 月に一回は伺おうと思っているの、先月行かれなかった麺バカ息子@京急蒲田(大田区蒲田)
 これまでは常に満席外待ちでしたが、今夜は半分程度の入り、こんなこともあるんですね。
 メニューが多いので、ちゃんと手元のメモを見ながら券売機に向かいます。

クリックすると拡大します

 以前は月一と言いながら月替わり限定メニューばかり食べていたので、限定メニューが販売されていない今の内にレギュラーメニューを食べ切らねば。
 ぽちっと食券を買って店内へ、店内も先客五人に後客三人、絶好の店員さんとのお喋りタイム。
 前回と同じ席に座り、食券を渡しながら「急に暑くなりましたね」と時候の挨拶から。

クリックすると拡大します

 限定メニュー、他の常連さん、新しいラーメン屋さんの話をして。
 というか、こういうシチュエーションならビールでも買っておくんだった、現金でも買えるのかな。
 まあ、杜仲茶を飲みながら、二人くらい待っている人がいたので余裕してたら、はいどうぞと。

クリックすると拡大します

 味噌らー麺750円、味玉サービス
 甘め重視の味噌ダレは豚骨出汁と甘さ対決しつつ、更に背脂も散らしてあって、かなり甘いけど、甘ったるくは無いのがとても美味しい。
 考えてみれば、麺バカで味噌を食べたのは初めてだな。

クリックすると拡大します

 富多屋生麺のオリジナル麺、メニューに合わせて五通り用意されているのですが、三番目に太い麺だったはずです。
 短尺で食べやすく、それでいてスープとの絡みもいい感じでするすると食べられます。
 タレの味がよく染みたチャーシュー、メンマ、茹でもやし、長ネギ。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 帰る頃にはちょうど満席になってきて、まあ、こんな時間でもこんなに混みだすんだなぁ。
 さて、もう一杯食べていきたいけど、どうしようかな。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月29日

歓送迎会

/ゆで太郎高輪店にて得ランチ/歓送迎会/ロマンスカー/

クリックすると拡大します

 毎年のことのような気がするのですが、この時期、いったん、かなり暑くなる。
 夏日だったか真夏日だったかになって、この後で梅雨が来て、そして本当に夏になる。
 お昼は移動途中にゆで太郎高輪店(ホームページ)

クリックすると拡大します

 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 今日は10人(推定)以上並んでいて、順番に対応していきます。
 揚げ物は揚げおきとはいえ数個づつですので、厨房を見るか、ゆでマニアでなければ、「揚げたてホクホク」と区別は付きません。

クリックすると拡大します

 平日11時から16時までの得ランチ500円、月曜はミニカレーセット、クーポンコロッケ。
 来月からローテーションが変わるだけで継続販売、どれだけ売れているのだろうか。
 お蕎麦、もり汁、安定のクオリティ、薬味ネギがシャキシャキと瑞々しく、気持ち辛めの蕎麦つゆにとても良く合います。

クリックすると拡大します

 コロアならぬカレアの習作を某ファンクラブで披露したら、ウケにウケて収集が付かなくなったので、こちらでの公開は控えます。
 美味しいお蕎麦をご馳走様でした。
 夜は会社の歓送迎会

クリックすると拡大します

 私は歓迎なのか送迎なのか、それとも関係者なのか、微妙なところですが、まま、美味しいお酒が飲めればそれでよし。
 お酒はビールとレモンサワーに終始しましたが、料理がこの手の居酒屋にしてはクオリティが高く、クオリティが高いと食べ過ぎてしまいます。
 写真は無いので、あれこれと想像してみて下さいませ。

クリックすると拡大します

 新宿に着いてみるとちょうどロマンスカーが来ていて、ロマンスカー予約アプリでさっさっと予約して乗車。
 若い頃は、乗ったらすぐノートパソコンを広げてブログを書いたりしましたが、そんなブログはもうどこにも残ってない。
 光陰矢の如し、でしたっけ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記