2017年05月11日

ヒヤシゴモミ

/お弁当/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にてヒヤシゴモミ、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 午後から出掛ける予定だったのでお弁当を詰めなかったのに、午後の予定が月曜に順延したので、路上売りのお弁当を買ってみました。
 衛生管理上、なんたらかんたらと言われているのでアレですけど、個人的には気にしていません。
 販売が始まった頃は一個600円程度、その後、参入の敷居が低いこともあってか、500円、500円に味噌汁付きとなり、今では400円までに。

クリックすると拡大します

 仮に400円で20個を販売するとして、仕込みが1時間と言うことことは無いだろうから2時間、販売場所までの移動、販売時間を加えると、全部で4時間くらいでしょうか。
 4時間で8,000円の売り上げ、材料費やガス電気代を考えると、時給は一体いくらなのかな。
 と言うことを考えながら、美味しくお弁当を頂きました。 

クリックすると拡大します

 最近では月に一度くらいの訪問になってしまっている元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)。
 夜営業時間は18:00-19:30ですが、土日は麺切れで殆ど営業しておらず、平日もかなりの頻度で麺切れなどで営業していません。
 予定数が売れ切れてしまう場合、多めに仕入れて営業時間を守るか、そこで営業終了することを良しとするか、お店の営業方針ですから。

クリックすると拡大します

 以前は営業時間中、ずっとビールを飲んでいたこともありましたが、今では一本飲むのがやっと。
 それでも一本でも飲めるのが嬉しいですね。
 程なくして常連さんがきて、普通にラーメンを二杯食べているのがスゴイ。

クリックすると拡大します

 この日の最終客で注文したのはヒヤシゴモミ1,000円、チャーシュー2枚200円
 ピーマン切れにつきタケノコ多めで仕上げられたゴモミ、辛さ、旨さ、この上なく。
 このラーメンがつけ麺であることを忘れて、つけ汁を半分ほど食べてしまう。

クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の特注麺、冷やしなので一玉半のところを一玉で、旨い、旨過ぎる。
 チャーシューは奇跡的に旨味が偏っている端っこ、二つ、恐ろしい美味しさ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記