2017年06月30日

プレミアムフライデー

/ゆで太郎高輪店にて冷しかき揚げそば/リトル肉と日本酒にてコース料理/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 平日11時から16時までの得ランチ500円、金曜はかき揚げ丼セットでしたので、夏野菜とゲソのかき揚げそば520円、クーポン生たまご。

クリックすると拡大します

 お蕎麦、蕎麦つゆ、安定のクオリティ、ワカメもカイワレも瑞々しく、気持ち辛めの蕎麦つゆにとても良く合います。
 高輪店のかき揚げは他店に比べると大きめに感じ、夏野菜のかき揚げも大きめに感じます。
 お蕎麦も美味しいし、かき揚げも美味しいし、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はリトル肉と日本酒ホームページ)、一緒に行ってくれる人を何とかかき集めての再訪問、友達が少ないとこういうときに困ります。
 お店は二名以上の完全予約制で、日本酒、ビール、ハイボールが飲み放題で6500円のコース料理のみとなります。
 前回同様、四名で伺いしましたが、1人遅れるという連絡が入り、先に飲んでいることにしました。

クリックすると拡大します

 お店のシステム(料理の出し方、飲み物の飲み方)の説明を受けるべきですが、すぐに飲みたいので割愛してもらって。
 飲み放題なので割り勘の勝ち負け無し(店との勝負になります)、先ずはビール(ハートランド)で再会を祝して乾杯。
 焼肉のタレが用意されていますが、「既に味が付いているから」と使わずに食べるのがふらわ流、もちろん、その人なりの拘りで食べましょう。

クリックすると拡大します

 仕入れによって異なるお肉、とはいえ大まかなストーリーは決まっていて、先ずは塩味の盛り合わせ、続けてタレ味の盛り合わせ、になります。
 店員さんがボードを持ってきて説明して下さいますが、既にビールを飲んでいるので、、、人の話はしっかり聞きましょう。
 ビールを飲んだら日本酒を飲むわけですが、この日本酒の入荷も日によって違いますので、その日になるまでお楽しみです。

クリックすると拡大します

 肉の前にキムチ、ナムル、サンチュが運ばれてきます。
 続けて『最強焼野菜』と称されている野菜餃子、既に焼き上げてありますのでそのままタレで食べれば最強に美味しい。
 先にこの辺りを食べてから焼肉へ、4人掛けテーブルですと大きくドンと盛り付けられているのですが、今日は2人掛けテーブルに分かれています。

クリックすると拡大します

 ですので、二人分ずつ分けて下さったのですが、遅れてくる一人分もさらに分けてくれて(二人分から取り分けても良いけど、写真写りがね)、この辺のホスピタリティは素晴らしいのひと言です。
 焼肉は高温の鉄板で周りを一気に焼き上げ、中はレア気味(あくまでも『気味』)なのを食べるのがふらわ流の美味しい焼き方。
 ですのでお肉を焼いているときは肉から目を離してはイケマセン。

クリックすると拡大します

 本日の一杯目は山形は高木酒造の十四代 中取り純米 無濾過 生酒、、、私は一体いま、何屋にいるのでしょうか?焼き肉屋?居酒屋?日本酒屋?
 一杯目は華やかな日本酒にしましたが、今日のこの日にこれ以上にぴったりな一杯は無いでしょう。

 値段を調べてびっくり、、、メニューリストに書かれていたら絶対に飲めいないけど、こうして焼き肉屋で飲めるとは。
 飲んだ感想は要りませんよね、どうしても知りたい人は居酒屋で見つけたら飲んでみて下さい。

クリックすると拡大します

 続けて愛知は長珍酒造の長珍 SUMMER JUN 純米 無濾過生詰、二杯目は27BY、三杯目は28BY、BY違いの飲み比べです。
 それなりに名前の通った居酒屋とか、日本酒の会、蔵元見学でなら飲み比べは珍しくありませんが、多分、この店は焼き肉屋。
 飲み比べればどちらがどう、こちらがこう、と分かりますが、別々に飲めばどちらもとても美味しいとしか。

クリックすると拡大します

 さらに埼玉は神亀酒造の神亀 純米酒、、この水色のラベルは一体、、、ひょんなことから偶然に生まれた夏酒、試験販売のために二軒の酒屋にしか卸していないという。
 で、そんな希少はお酒が、なんでこの店にあるんですか、で、私ごときが飲んで良いのでしょうか。

 この三杯だけで今日の会費の元を三回分くらい取ってしまいました、、どうなっているのだろうか。
 なるほど、説明されたとおりのすっきりした味わい、美味しいなぁ、日本酒って美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 塩焼きが終わったところでいったん鉄板を換えてタレ焼き、日本酒を飲むのが忙しくて焼肉を忘れていました。
 料理は美味しい物から食べる主義ですので、一気に全部食べなければなりませんが、端っこから一枚ずつ頂きます。
 大方の予想通り、一度も焼肉タレを使わずにそのまま食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 神奈川は川西屋酒造の隆 純米吟醸 亀の尾 火入れ、このお店が(川西屋酒造の)丹沢山を扱っているのは知っていましたが、隆も扱っているとは、しかも亀の尾も。
 焼肉がタレ焼きになったのでぐっと重い日本酒に切り替え、重いけれども辛味も効いていて、一本、買って帰りたいほど美味しい。
 日本酒話しにも花が咲きますし、あれこれ写真も撮りまくり、と。

クリックすると拡大します

 で、丹沢山 麗峰 純米酒 阿波山田錦六十、しかしして、普通の麗峰ではなく、仕込み2、3、4号のブレンド。
 日本酒のブレンド?日本酒の会でやったことがありますが(遊びでは無く、独特の味わいになる)、瓶詰めされているのも存在するんだ。
 純米大吟醸とも純米吟醸とも純米酒とも言えない、いや、全て言える味わい、正面から向き合って味わいたいものです。

クリックすると拡大します

 その後、その間、ネット公開をはばかれる秘造酒とか、なぜか燗を付けてもらったりとか、思う存分のおもてなしを全身に受けてしまいまして。
 一体どのくらい飲んだのだろうか、五勺で十杯くらいかな、美味しかったことだけしか覚えていません。
 もっと予約が楽ならば、今日行こうとか、明日行こうとか、そういう訪問もできるのですが、それはそれで別の問題がありますね。

クリックすると拡大します

 最後は最強激辛スープと称しているカレー、カレーといっても肉ゴロゴロのカレーですので、焼肉との親和性が極限まで高い。
 このスープを頂きながらクールダウン、のんびりとラストまで話し込んでいたら終電を逃しそうですが、話しを止められない。
 すっかりご馳走になってありがとうございました、これからは「旨い焼肉が食べられる日本酒屋」と呼ばせていただきます。

クリックすると拡大します

 で、すんでの所で終電を逃し、若い頃ならグリーンプラザで洗身して朝からラーメン食べ歩き、でしたが。
 ネットカフェで仮眠しようと思って途中駅まで、途中駅に着くと人の流れに押されてタクシー乗り場へ。
 飲み代とほぼ同額のタクシー代で帰宅、ともかく横になろうか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

満漢全席

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天ぶっかけ/横浜家系ラーメン壱角家品川港南口店にてラーメン(醤油)、サービスうずら/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて仮)満漢全席/

クリックすると拡大します

 朝は久しぶりのおにやんま五反田店、ネギ増量が有料になって随分と足が遠のいてしまいました。
 店内の厨房には買った食券のレシートが出力される機械があって、自分が持っている食券とは関係なく、店員さんはお客さんに順番に提供していきます。
 完全立ち食いスタイルで食べるスペースも狭めですが、それも味のウチ、冷「並盛」とり天ぶっかけ420円

クリックすると拡大します

 うどんの量が少なくなったように感じましたが年寄りの私にはこのくらいがちょうどよく、程よいコシのうどんも美味しくいただけます。
 イリコ出汁のお汁が美味しいですなぁ、とり天もいい感じで揚がっていてとても美味しい。
 美味しくいただいて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は本日6/29オープンの横浜家系ラーメン壱角家品川港南口店ホームページ)。
 公式サイトの店舗情報で店舗数を数えてみると、東京23区内に48軒、23区外に8軒、神奈川に11軒、千葉に9軒、埼玉に11軒、群馬に1軒の88軒(品川家、品川製麺所を含む)。
 店先では開店記念としてトッピング無料券が付いたフライヤーを配布していますが、ホームページのクーポン券と同一で、ほうれん草、のり(五枚)、うずら(五個)、半熟味玉の何れか一つがサービスされます。

クリックすると拡大します

 店先には10人以上が並んでいたので最後尾に続き、5分もしないうちに店内へ、これだけチェーン展開されているのに券売機ではなく口頭注文後会計方式です。
 どんなやり方にもメリットデメリットはありますが、券売機方式の最大のデメリットは「券売機に不慣れたお客さんが(券売機の前に)並んでしまう」ことです。
 人手は掛かるけどお客さんに注文を取りに行く方式、あちこちで注文の声(と復唱の声)が飛び交うのはとても活気を感じられますね。

クリックすると拡大します

 店内中央に向かい合わせのカウンター18席、右手が2人掛けテーブルが6卓、左手が同5卓、店員さんは他店からのヘルプ(ヘルプというか、新店舗立ち上げ専門かも)で、淀みなく対応されています。
 メニューはいったん標準的なラーメンだけに絞っていて、壱角家では麺増量有料ですが大盛りの注文の声も聞こえてきます。
 ライスは100円で食べ放題、現時点では無料サービスはやっていません。
 テーブルの上には刻み生姜、刻み玉ねぎ、おろしニンニク、豆板醤、黒胡麻、白胡麻、一味、醤油、お酢、ラー油。

クリックすると拡大します

 注文と非同期で麺を茹でて思われるほど早く、ラーメン(醤油)690円(税込745円)、サービスうずら(五個)
 タレは醤油ですがセントラルキッチンの豚骨スープが白過ぎて、玉模様の脂は一体何の脂なのか、謎は深まるばかり。
 美味しいかどうかと聞かれたら美味しいスープ、このスープより美味しいスープも多いですが、美味しくないスープも沢山ありますし。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の短尺平打中太麺は僅かに固め仕上げ、エコ箸ではなく割り箸ですので掴みやすいです。
 トッピングは板海苔三枚、チャーシュー一枚、茹でほうれん草一掴み、うずらはデフォで一個ですから合計6個。
 全体的に味は薄めですが、濃厚で分かりやすい味がウケるとは限りませんし、食べログスコアやラーメンランキングとお店の繁盛は無関係です。

クリックすると拡大します

 味変と言うよりも卓上の調味料(刻みタマネギや刻み生姜は『調味料』ではありませんが、便宜上)を確認します。
 午後から仕事なのでおろしニンニクは目視でのみ、豆板醤、刻みタマネギ、刻み生姜はいずれも味が薄くなっています。
 味変はしないけれど味変したつもりになれるのがトレンドなのだろう。

クリックすると拡大します

 食べ終わったら伝票を持ってレジでお会計。
 入り口をみるとお土産というかお弁当を扱っていて、品川駅港南口のランチ事情をしっかりとマーケティング済み。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、最近、行っていないけど夜営業が不安定なので二の足を踏んでいて、まあ、やっていなかったら違う店に行くかと蒲田へ。
 元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)、聞けば今月二回目の夜営業とか。
 店先には6人ほど並んでいて、「麺切れなんです、済みません」が無いことだけを祈りながら外待ちの行列に並びます。

クリックすると拡大します

 程なくして席が空いて店内へ、私が座ったときには満席でしたが、その後、お客さんは続くこと無く、常時数席の空きがある混み具合です。
 すかさずビールを飲んでいると、「(限定メニューは売り切れたらしく)背脂、売れに売れましたよ」と背脂味噌らーめんの「スープとトッピング」を用意して下さいました。
 背脂は前職時代には提供していないはず、おお、こんなに美味しかったんだ。

クリックすると拡大します

 二杯目は焼酎、今日はアカキリ。
 いつも有るわけじゃ無くて無い日もありますし、銘柄はその日によって違いますし、何もかもがお楽しみです。
 付き出しはチャーシュー切り落とし、脂身が多い気がしますが、それはそれ、味が染みていてとても美味しい。

クリックすると拡大します

 ラーメン屋に来たので可能な限りラーメンを食べたいので、「何か作って」とお願いしました。
 仮)満漢全席(時価)、つけ麺の半玉に小鉢に盛り付けられた麻婆豆腐、味噌野菜、煮込み味玉、チャーシュー端っこ、限定メニュー(食べかけ)、などなど。
 色々な味が一度に楽しめて、ああ、私もこういう料理が好みになってきたんだなぁ、って。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 今日はスープまで飲んでしまったので、それぞれの小鉢を重ねてしまいました。
 また、食べに来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月28日

作り直し

/ラーメン巌哲@早稲田(新宿区西早稲田)にて盛り200g/らぁ麺やまぐち@高田馬場にて鶏ワンタンそば/

クリックすると拡大します

 都電荒川線に乗っていた。
 ハッキリとは思い出せないが、夢では無く現実のようだ。
 水曜日定休のお店に行ってしまい、慌てて引き返した訳ではなさそうだ。

クリックすると拡大します

 早稲田駅から、そのまま線路を延長したかのように数分歩いて行くと、ラーメン巌哲@早稲田(新宿区西早稲田)
 赤提灯が無ければそのまま通り過ぎてしまいそうになるほど風景に溶け込んでいます。
 そうか、2014/4/20オープンだから既に三年経っているのか。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手にある券売で食券を買います。
 ラーメンとして醤油、肉醤油、薄切肉醤油、鮪塩、肉塩、鶏そば、つけ麺として冷しつけ麺。
 トッピングとかご飯ものとか、ビールとか日本酒とか。

クリックすると拡大します

 真っ直ぐに奥に続く12席のカウンター、ラーメン屋と言うよりカウンターバーに似た雰囲気、「こちらへどうぞ」と店員さんに案内されたのは一番奥の席。
 つまり、席に行くまでに全員のテーブルが目に入りますが、殆どのお客さんが日本酒を飲みながら料理をつまんでいました。
 卓上には調味料が用意されていないので、特に何をすることも無く、お冷やを頂きながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 じっと身じろぎもせずに待つこと15分、盛り200g900円
 「盛り」とは夏季限定の冷たいつけ麺のことで、コスパ重視のお客さん向けに300gから500gは1,000円で提供されています。
 自家製麺の極細麺を手繰ってつけ汁に浸けていただきます、味わいのしっかりした麺に、鰹節等の魚介出汁のスープ、美味しいですねぇ。

 提供直前まで冷水に浸されていて冷たい麺皿、つけ汁の容器もちゃんと冷やされていますが、決して冷やしすぎてはおらず、これが厳哲の冷やし、なのか。
 トッピングは緻密な肉質の豚肉を使ったチャーシュー、白髪ねぎ、薬味ネギ、柚子胡椒。
 食べ方の説明は特にありませんので、もりそばの要領で美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り、割りスープは大きな寸胴から注いで下さるラーメンスープ。
 良い香り、ラーメンを食べに来たいなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 つけ麺を食べ終わって、高田馬場駅に向かう途中にラーメン屋が何軒あるか知りませんが、らぁ麺やまぐち@高田馬場(新宿区西早稲田)へ、西武線沿線ラーメンラリー2017(公式サイト)参加店。
 前回は店主さん不在でかなりの低印象でしたが、そのままの印象をSNSにポストしたら有名ラーメン店主さんに「ダメでしたか?」と聞かれてしまいまして。
 ま、そんなこともあるさと再訪、店先には「鶏そばが新しくなりました」との立て看板があります。

クリックすると拡大します

 自分で言うのはおかしいですけど、メニューをリニューアルしてしまったら違う店、店内に入るとすぐ右手はカウンター席、すぐ左手の券売機で食券を買います。
 以前のメニューは覚えていませんが、今は鶏そば、鶏つけそば、限定ラーメン(今は冷やしとろみそば)の三種類。
 トッピングが一番少なくて一番安いメニュー(鶏そばS780円)を探して食べて、この店に行ったことにする。
 いや、今夜は食べたいラーメンを食べることにしよう。

クリックすると拡大します

 一席だけ空いていたカウンターに座って、それとなく店舗奥の厨房を覗くと、店主さんもちょうどこちらを見たタイミングで、満願の笑み(正しい日本語は『満面の笑み』)で会釈されてしまい。
 一度も自己紹介したこと無いのに辣式で「ふらわさんですか」と厨房から声を掛けられ、それから半年が過ぎているのに一瞬で顔を思い出して下さる。
 うーん、色々とやりにくい(苦笑)

クリックすると拡大します

 程なくして鶏ワンタンそば1,030円
 会津地鶏の丸鶏から作り上げたスープ、体中の血液をこのスープと代えたいくらい美味しい。
 お店はこのスープのことを「リニューアル」と呼び、ネットでは「さらに進化した」と評していますが、私には一から作り直した全く別のスープに思えます。

 以前と同じ食材や水を使っている部分もあるかも知れませんが、何も考えずに同じ食材を使ったのでは無く、「この食材で本当に良いのだろうか」と一つ々々確認し、結果的に同じ食材を使っているように感じます。
 これまでのスープの延長線上であるとか、これまでのスープを磨いたり足したり引いたりであるとか、そういう改良か改善では無く作り直しに感じます。

クリックすると拡大します

 麺屋棣鄂の平打極細麺の特注麺、スープにぬめーっと絡んでいるのにエッジが立っているのは、何かがおかしい。
 チャーシュー三枚、メンマ二本、ワンタン三つでたったの千円、安過ぎて心の中で拍手喝采してしまう。
 ワンタンは皮を楽しむのと餡を楽しむの二種類に分けられますが、このワンタンは皮も餡も楽しめます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 店を出て高田馬場駅までの歩いていると、何軒か気になるラーメン屋さんが目に入ります。
 また食べに来ないとな、その日が今から楽しみだな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記