2017年06月10日

日本酒を楽しむ会

/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて冷たい味噌ラーメン/第44回日本酒を楽しむ会〜松みどりの会/

クリックすると拡大します

 やっと土曜日、ふう一週間が長かった。
 今日は最終的に江ノ島で飲み会で、その前に二軒のラーメン屋に立ち寄る予定にしているけれど、予定通りになったことは少ないからな。
 さて、どうなることやら。

クリックすると拡大します

 蒲田へは定期券を存分に利用して向かった方がかなり安いんだけど、20分以上も遠回りになってしまう。
 急いで行く必要は無いけど、何となく今日は早く行った方が気がして。
 で、海老名で相鉄線に乗り換えたら快速が停まっていて、なんともラッキー。

クリックすると拡大します

 元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)、今週は一度も夜営業されていないので、食べたければ土日の昼に来るしか無い。
 この通りから一本入った東急線沿いに、宮元の二号店である宮郎が本日オープンされ、もの凄い行列になっています。
 少し落ち着いたところでお祝いを持って伺うことにして、今日はこちらの行列に並びます。

クリックすると拡大します

 先ずはビール、このビールが時空をねじ曲げる特異点なんだよね。
 付き出しはその時々で変わるのが楽しみの一つで、今日は大辛味噌スープに浸けた固ゆで玉子と豚バラ肉。
 豚バラ肉を改めて味わってみましたが、柔らかさといい味わい深さといい、ラーメン屋で使う豚バラ肉とはとても思えません。

クリックすると拡大します

 程なくして冷たい味噌ラーメン時価(値段は確認中)、目隠しをされていきなり「どん」と置かれたら、これがラーメンであるかどうかさえ怪しい。
 店主さんのご好意により標準的な盛り付けと異なりますのでご了承ください、なのですが、そもそも標準的な盛り付けがあることすら怪しい。
 荒木屋特製スープをきっちり冷やし、サッポロ製麺の中細麺も茹で上げてからきっちりと冷やしてあり、もうそれだけで美味しいのですが。

クリックすると拡大します

 茹でモヤシ、ワカメ、コーン、キュウリ、ナス、カイワレ、ミョウガ、そして白ゴマが掛かり、チャーシューがぐいっとねじ込まれています。
 全体の味をまとめるのは自家製辣油、「辛めにしとくね」と多めに掛けて下さり、痛み入ります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べ終わってみると、後客が途切れたので少しゆっくりすることに。
 たまたま右隣に座ったお客さんもゆっくりすることにしたらしく、荒木屋の魅力について語り合ってしまい。
 たまたま左隣に座ってお客さんはこれからラーメンを食べるところで、ご挨拶させてもらいました。

クリックすると拡大します

 外に出ると涼しい風が気持ちよく、少し涼んでいたら友達に声を掛けられてびっくり。
 友達がなぜここにいるのかは容易に想像が付いたけど、同じ時間にいるとは思いませんでした。
 ま、ああじゃないこうじゃないとラーメン談義して。

クリックすると拡大します

 その後、ちょっと用事があってお店に戻ると、まあまあ、少し飲んでいけばと言われて。
 お酒は嫌いじゃないし、今夜も飲むので少し飲んでおくかと座ると、隣には私の大ファンの方が一人死合いされていました。
 死合い邪魔をしないように近くで観戦していましたが、その死合いっぷりに大感激、またお会いしたいですね。

クリックすると拡大します

 京浜東北線で川崎まで、東海道線で藤沢まで、藤沢で江ノ電に乗り換えます。
 江ノ電なんて乗ったのは何年ぶりか分からない、バイクの免許を取る前だろうから、30年以上前か。
 もちろん交通系ICカード対応ですから、ピッピと改札を通過して電車に乗ります。

クリックすると拡大します

 第44回日本酒を楽しむ会〜松みどりの会、会場は江ノ島近くにある鮨・割烹 東家。
 松みどりの会と言うことで、中澤酒造の11代目蔵元鍵和田亮さんも参加(ツイッターアカウント)されてました。
 カウンター席8席、小上がり14席程度のこぢんまりとした暖かみのあるお店、地元にあれば定期的に通いたいお店です。

クリックすると拡大します

 一品々々丁寧に作られた料理が並べられています。
 どの料理も日本酒に合う料理で、一品一杯の割り当てかと思いましたが、これ以外に料理が出されます。
 しかしして、どの料理から食べるか、悩みますね。

クリックすると拡大します

 和らぎ水はもちろん松みどりの仕込み水、写真では日本酒も注がれています。
 今日は幹事の石塚酒店の店長さんがホスト役として全員のグラスにお酒を注がれて回っていました。
 料理の説明を聞きそびれてしまったので、間違っていたらごめんなさい。

クリックすると拡大します

 日本酒を二種類くらい飲んだところで、料理が運ばれてきます。
 一品目はいさき、生しらす、刺身の巻物、どうでもいいことですけど、隣の女性客がさっと醤油を差して下さると、それだけで嬉しい。
 お刺身、美味しいなぁ、お酒も進むし、会話も弾みますし。

クリックすると拡大します

 続けて、イカの煮付け、茶碗蒸しと続き、この温かい料理にはきっちりと燗酒を合わせてくるところが、この日本酒を楽しむ会の素晴らしいところです。
 会が進んだところで握り、大好きな赤貝が入っていて嬉しい。
 そして碗物、お味噌汁のなんと染み入ることか。

クリックすると拡大します

 最後は杏仁豆腐、この辺りは記憶が途切れ途切れで申し訳ない。
 日本酒を浴びるように飲んだ三時間、年何回かの開催が楽しみで仕方ない。
 都内でも開催されるので、その時はその時で都合が合ったら参加してみたい。 

クリックすると拡大します

 飲んだお酒は以下の通り、一つ一つを説明しませんが、どのお酒もとても美味しかったです。
 純米吟醸「雄町」生酒 27BY、「亮」特別純米生原酒 河津桜酵母仕込み 28BY、しぼりたて純米生原酒 28BY、しぼりたて本醸造生原酒 27BY、特別純米酒火入れ 27BY、特別純米生原酒 28BY、特別純米生原酒 27BY、大吟醸原酒 28BY、純米酒 27BY。
 基本は常温で、数種類は燗酒でも提供されました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記