2017年07月28日

いきなりステーキ

/伝説のすた丼屋品川店@品達にて辛すたつけ麺/いきなりステーキ町田店にて本格熟成国産牛サーロインステーキ/

クリックすると拡大します

 品達(ホームページ)をぐるりと回っていると、夏向けのラーメンが始まっていた伝説のすた丼屋品川店@品達ホームページ)。
 元々、醤油らーめんや油そばを販売していて、それらはいずれも食べているから、違うメニューが販売されたら食べようと思っていたのでちょうど良かった。
 お昼時なのでどの店舗も混み合っていて、店内の券売機で食券を買っていたらちょうど1席空いた感じです。

クリックすると拡大します

 店内にはテーブル席は無く壁向きカウンターが17席、向かい合わせのカウンター席が13席。
 卓上には豆板醤、おろしニンニク、七味、辣油、酢、醤油。ドレッシングとしてフレンチ、青じそ。
 周りを見渡すと肉を大盛りにしたり、ご飯も増やしたりして、たっぷり食べているお客さんだらけで、後にも先にも、つけ麺は私一人だけ。

クリックすると拡大します

 程なくして辛すたつけ麺700円
 縮れ中細麺は粗熱を取っただけの常温、薬味ネギが乗せられた上に刻み海苔と、冷たいままの業務用メンマ。
 温度は低めのつけ汁は豚ガラと鶏ガラスープと思われ、モツが沈められ、辛さは抑えめ、酸味無し。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、町田まで戻ってきてから、いきなりステーキ町田店ホームページ)へ。
 いきなりステーキは、全席スタンディングで始まりましたが、今では椅子が用意されている店舗もあります。
 町田店は半分以上に椅子が用意されていて、入店の際に立っていても良いか、席に座りたいかを聞かれます。

クリックすると拡大します

 メニューは量り売りだけかと思ったら、ランチタイムのワイルドステーキ、ワイルドハンバーグが同一価格で販売されています(乱切りカットステーキは無し)。
 肉はリブロースステーキ、US産アンガス牛サーロインステーキ、本格熟成国産牛サーロインステーキから選ぶので、国産牛をお願いしました。
 入店して席に座り、荷物を置いたらカットコーナーに肉を注文しに行きます。

クリックすると拡大します

 肉の注文が終わって席に戻ると、付け合わせに頼んでおいたミックスサラダ大250円。
 本来ならばここで赤ワインですが、今夜はバイクを駅に置いて帰るわけにはいかないので、黒烏龍茶とします。
 しかし元が立席の構造なので、友達二人で食べに来ても、向かい合わせにならずに横並びになってしまうのか。

クリックすると拡大します

 程なくして本格熟成国産牛サーロインステーキ465g、焼き方はレア。
 色々な食べ方があると思いますが、私は最初に全てを一口大に切り分けてしまうタイプです。
 切り分けたらさっとソースを掛け、ナイフをフォークに持ち替えて、さて、いただきます。

クリックすると拡大します

 身の丈に合った値段と店舗と肉の味、旨いなぁ、この位がちょうど良い美味しさだな。
 ちょっと筋が残っていて切り分けにくいのも悪くないし、ちょっと脂身が多くて食べにくかったりしますが、それが私が気に入っています。
 完璧はダメだよ、完璧はね。
 美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

自宅でひつまぶし

/NOODLE SOUNDS shimbasi oraga@本郷三丁目にてホタテのクリーミー冷やし中華/自宅でうな重風ひつまぶし/

クリックすると拡大します

 7/20から始まった限定メニュー狙いで、NOODLE SOUNDS shimbasi oraga@本郷三丁目(文京区本郷三丁目)へ。
 新橋時代から数えても初の限定メニュー、まあ、駒店主さんが関わっていないのて、内幸町時代とは分けて考えるべきですね。
 前回は売り切れていましたが、今日はまだ残っているようでホッとしました。

クリックすると拡大します

 無事に食券を購入すると、カウンター席には空きが一つしかなく、私の後のお客さんは店内待ちされていました。
 店内待ちでも先に食券購入なので安心ですが、これが口頭注文方式で、席に着いて注文していたら売り切れていたりしたら、、、考えたくもない。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってホタテのクリーミー冷やし中華900円
 900円は一般の感覚からすると高く感じますが、レギュラーメニューのホタテ69つけめん920円より安い価格設定です。
 レギュラーの基本メニューより安く販売する季節限定メニューって?そりゃ、売れるよね。

クリックすると拡大します

 冷やしたホタテ出汁スープに、自家製麺の中太麺を合わせてあり、冷たさとラー油で麺との相性がばっちりです。
 トッピングはキュウリ、ワカメ、オクラ、ホタテが二つ。二種類のナッツ粉が掛けられ、スープにはスライスタマネギが混ぜてあります。
 全体的に自家製の食べるラー油がたっぷり回し掛けられていて、これが旨い、あまりにも出来が良いので、別トッピングとして販売されています。

クリックすると拡大します

 夜は二人が交代して営業されているようですが、昼は二人でフル回転の繁盛ぶり。
 女性客をちらほらと見かけますが、昼間っから飲んでいる人はいませんでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、土用丑の日に買って冷凍しておいた鰻の蒲焼きで、うな重風ひつまぶしを。
 外では到底無理ですが、家だと無理して一匹分を一人で頂きます。
 とは言え、そんなに大きな鰻ではないので、三階層が精一杯、特上と呼ばれるうな重でしょうか、食べたことがないので分かりません。

クリックすると拡大します

 スーパーで買ってきた冷凍蒲焼きでも、女房に調理してもらえば格別の味わい、美味しいですなぁ。
 半分ほど食べたら、お茶漬けにして残りを頂きます。
 とても美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月26日

中区と南区の境目

/弘明寺丿貫(へちかん)@弘明寺にて冷や牡蠣、四川式カレーの和え玉/豚骨らーめんみうら家@阪東橋にてラーメン(並)/

クリックすると拡大します

 出る杭は打たれ、味方が多い人は敵も多い、店主さんの抜群なセンスを賞賛する人がいる反対側にはよく思わない人達もいる。
 弘明寺丿貫(へちかん)@弘明寺(横浜市南区通町)、2017/7/1オープンに伴い、「灰汁中華丿貫@関内」は「丿貫福富町本店」と屋号を変えたようです(商号も変えたかどうかは未確認)。
 昼営業のみですが無休なので、普通に土日に行けば良いので訪問敷居は低め、それでも「平日の昼間ってどんな客層なのか」を知りたくて。

クリックすると拡大します

 麺切れスープ切れに怯えながら14時過ぎに訪問、鯒(こち)に睨まれながら戸を開けると満席、、、戸に掛けた手を離さずに閉めて、外待ち。
 1人出た代わりに店内へ、券売機は見当たらないので1席空いている席に座ってメニューを見ます。
 麺は煮干蕎麦、浅利潮蕎麦、オマール海老蕎麦、脂蕎麦、冷や牡蠣。トッピングは肉増し、うずら味玉。
 和え玉は黒酢と四川式カレーの二種類、他に肉めし、赤星。

クリックすると拡大します

 オーダーして店内を見渡すと、厨房を囲むL字カウンター11席のみ、移転する(ここは二号店ですが)度に店舗が広くなっていきます。
 先のメニューには「後会計&連食大歓迎」とあり、周りを見渡すと空の丼の隣でもう一杯食べているお客さんがちらほら。
 後客数人は全員「和え玉」を付けていたので、(さぶちゃんで半チャーハンを食べるのが必須のように)丿貫では和え玉を付けないのは未食扱いか、と、慌てて頼みました。

クリックすると拡大します

 少し待って冷や牡蠣850円、厚手の大きな白い丼。
 スープは冷水煮干出汁に、その煮干が分からない程度に牡蠣出汁を重ねていて、調理人のセンスが光る美味しさ。これぞ丿貫のスープ。
 あくまでも蕎麦なのでチャーシューはメンマをスタンダードでは合わせないところに潔さを感じます。

クリックすると拡大します

 合わせる極細麺は菅野製麺所、この麺のこの形態だけはどうしても馴染めない。元々、硬め仕上げが苦手ですし、麺自体の味も口に合いません。頭では好みだと分かっているのですが。
 トッピングは豆苗のスプラウト、スライス紫タマネギ。この紫タマネギか、サラダにして食べたいほど美味しい。
 シャキッとした食感に、ほんのりとした甘み、辛味は無し。どこか特約農家から仕入れているのか、水の晒し方などに特別なやり方があるのか。

クリックすると拡大します

 続けて四川式カレーの和え玉300円、食べ終わる二口前に「和え玉をお願いします」と店員さんに声を掛けます。
 ラーメン(蕎麦)とは別の麺茹で機で別の店員さんが茹でていて、盛り付けシンクも別、いわゆるダブルキッチン。
 300円だから半玉だろう、半玉なのに何でハーフ50円引きとかあるのかな、と思っていましたが。

クリックすると拡大します

 ラーメン丼に一玉分の麺、一般的には「油そば」として500円から600円の価格帯で提供される一杯です。
 つまり「替え玉」じゃなくて「連食」、だから連食大歓迎ということか。
 醤油ダレに一玉分の麺、刻み玉ねぎ、魚粉、四川式カレー餡、おろしニンニク(入れるかどうかは確認が入ります)、全体をかき混ぜて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって向かったのは豚骨らーめんみうら家@阪東橋(中区伊勢佐木町)、2017/5/25オーブン。
 これまでの経緯を調べてみると、横浜家系ラーメン瑠人(りゅうと)(2012/10/18-)、横浜家系ラーメン三浦家(2014/5-2015/9/4)、熱血ラーメン in Yokohama(2015/9/2-2017/5/6)、約1年半ペースでリニューアル(オーナーが同じだったら変わったり)。
 店先にメニューが大きく貼り出されいて、豚骨醤油、豚骨味噌、豚骨辛し、魚介つけ麺、味噌つけ麺。限定で鶏白湯。
 餃子セットが充実していて、バラで買うより50円お得です。

クリックすると拡大します

 カウンター12席に四人掛けテーブル1卓、先客1人、買った食券をカウンター台に置いても見向きもせず、大きな寸胴の出汁ガラの処理に専念されています。
 先月だったか、近くの家系ラーメン店でのデジャブなんですけど(笑)
 もちろん、その処理中のスープは明日のスープで、今日の分は隣の小さめの寸胴に炊き出し済み。

クリックすると拡大します

 じゃあ、そんなガラ処理は中断してラーメンを作れよ、とか思う人は、家系ラーメンの何たるかが分かっていませんね。
 まあ、分かっていても分からなくても、ラーメンの美味しさは変わりません。
 5分10分、心穏やかにして待ちましょう。

クリックすると拡大します

 卓上には一味唐辛子、醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、白胡麻、豆板醤、にんにく。
 刻みタマネギはお声掛けを、と書かれています。
 キッチンタイマーは使わず、麺を食べて茹で上がりを確認されています。

クリックすると拡大します

 少し待ってからラーメン(並)650円、お好みは柔らかめ。
 豚骨醤油スープを味わってみると、醤油弱め鶏油少なめで、かなりスッキリした味わい。
 この薄さでも横浜だと勝負していけるのか。横浜外だと王道の模倣かチェーン店の画一味の二択になるので、横浜のラーメン好きが羨ましいなぁ。

クリックすると拡大します

 思っていたほどは柔らかくはない角中細麺、最近味わったことのない味でしたので、消去法で丸山製麺でしょうか。
 麺肌がツルツルしてとても美味しい、次へ次へと食べてしまいます。
 チャーシュー、メンマの上に大量の薬味ネギ、板海苔三枚。

クリックすると拡大します

 途中で豆板醤とニンニクを試しましたが、まま、想定内の変化で、これもまた面白い。
 また、1年半後にニリューアルするのかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記