2017年07月22日

第四回ゆで太郎公式オフ会

/竹末東京Premium@押上にて醤油そば/ゆで太郎西五反田5丁目にて第四回ゆで太郎公式オフ会/魚と水/ホルモン焼き時代輪屋/

クリックすると拡大します

 昨日はブログのアップに手間取ってしまい、寝たのが明るくなってからになってしまい。
 ブログなんて単なる趣味じゃんね、そんな頑張ってアップしなくてもいいんじゃ無いかと思う次第です。
 まま、ぼちぼちいきますか。

クリックすると拡大します

 お昼は竹末東京Premium@押上(墨田区業平)ホームページ)、ラーメン百名店に選出されなければ「美味しいんだろうけど、美味しいからって行ってられないし」となるところ。
 半蔵門線押上駅から徒歩5分、真夏の炎天下を歩くのはホント辛い、けど歩かないとお店に着かない。
 2014/4/30オープン、栃木県さくら市に本店(未食)があり、つけ拉竹末東京として東京進出を果たし、その後、プレミアムに店名を変えました。

 メニューはラーメンとして醤油、塩、ヤシオマス塩、鶏、鶏ホタテ。つけ麺として鶏。
 他にサンマとイカのまぜそば、限定メニュー、お子さまラーメン。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター8席が4席づつに分けられ、麺茹で機や加熱コンロが二組用意されたダブルキッチンです。
 つまり、1人の店員さんが4人のお客さんの相手をして、麺茹で、盛り付け、配膳までをします。
 私自身、ラーメン店に限らず飲食店でダブルキッチンのお店は初めて、強いて言えばお寿司屋しか知りません。

クリックすると拡大します

 卓上には辛子高菜、おろしニンニク、ホワイトペッパー、酢が用意されています。
 後から思い返すと、調理の節目々々でお声掛けいただいたのは、そういう理由でしたか。
 最後にトッピングの説明があって、ラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 醤油そば800円
 手羽先、モミジ、丸鶏などの鶏の旨味を引き出した黄金のスープ、たまり醤油(?)でしたっけ、この独特の甘み、美味しいですねぇ。
 低加水のストレート細麺、スープとの馴染みが初めは悪いのですが、食べていくうちに馴染んでいきます。

クリックすると拡大します

 トッピングのチャーシューは、盛り付ける時に説明があって、豚、牛のモモ肉レアチャーシュー、豚の肩ロースの三種類。
 小松菜に刻み玉ねぎ、白ネギも良い感じです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次の店は歩いて30分、真夏で無ければ歩いて行くところですが、真夏なのでバスで。
 ちょうどバス停は日陰になり、ちょうどスカイツリーが見えたのでパチリ。
 まあ、この辺りだとどこからでもスカイツリーが見えるのですが。

クリックすると拡大します

 着いたところで昼営業がちょうど終わったタイミングで、残念。
 即座に辺りのラーメン屋を探し、5分程歩いて行ってみると、月に一度の土曜日定休日。
 どこで食べても良いならお店はいくらでもあるけれど。

クリックすると拡大します

 都営浅草橋線と都営三田線、東京メトロ南北線と乗り継いで、不動前へ。
 不動前駅から歩くこと5分、ゆで太郎西五反田5丁目(ホームページ)にて第四回ゆで太郎公式オフ会
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。

クリックすると拡大します

 少し早く着いたので、店員さんや池田社長とご歓談、この時間がどれだけ貴重か。
 定刻前15分ほどで続々と知り合いが、、、って一回しか会っていないとか、ネットでしか会っていない人も気軽に声を掛けてくれて。
 普段、友達が少ないから、一人でも二人でも五人でも十人でも声を掛けてくれると、非常に嬉しい。

クリックすると拡大します

 そうこうしているうちに流れで乾杯、生ビールがあるお店で良かった。
 ビールは一杯だけにして、焼酎ですかね、日本酒ですかね、そんな感じですね。
 氷は売るほどあるので、ロックにし放題で嬉しい。

クリックすると拡大します

 私にしては珍しく歩き回ってのお喋り、歩き回ると飲み過ぎないんですよね。
 もちろん、全員がゆで太郎の大ファンなので、お蕎麦の話しやお店の話は尽きません。
 楽しいですねぇ、年に一度と言わずに半年に一回はやって欲しい。

クリックすると拡大します

 お蕎麦屋さんなので料理は揚げ物がメインですが、この会のために食材を仕入れてくれたみたいです。
 食材のメモを忘れてしまったのですが、牡蠣とか茄子なんかもあったような、無かったような。
 一つ一つ、これはお店で出して欲しいとか、いやダメだとか、勝手なことを勝手に言う、と。

クリックすると拡大します

 〆はもちろんお蕎麦。
 たまたま隣りに座った人が大食い(今時はフードファイターって言うのかな)で、全く停まることなく食べ続けていました。
 あっという間の二時間半、とても楽しくて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 して、お待ちかねの虹会は魚と水
 詳しく知らないのですが、虹会はいつもここらしい、私は別件で来たことがありますが。
 何人だっけ、十人くらいだったか、奥の個室が満席でした。

クリックすると拡大します

 とてもお魚が美味しくて、日本酒もそれなりの銘柄が揃っているのですが、、、、
 個室で動き回れなかったので、近場の人と膝を付き合わせて飲むわけです。
 量は飲まなかったけど、話しはできました。

クリックすると拡大します

 途中からなぜか合唱が始まり、、、ダレもついて行けないわけですけど。
 刺身はまた別に日に食べに来たい程美味しいのに、皆さん、お喋りに夢中で。
 そんな場面でもちゃんと仕切ってくれる人がいて、解散。

クリックすると拡大します

 ロマンスカーで帰ってきて、地元のホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)。
 『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 土曜日の遅い時間でしたが、何人かお客さんがいて、女将さんもいて、ご挨拶ができて良かったです。

クリックすると拡大します

 いつものようにナンコツ二人前、炭火で熱い熱いと言いながら焼きます。
 いつものように隣のお客さんと意気投合、声が枯れるほど喋って。
 タクシーで帰宅、ふう、土曜日終了。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月21日

相武台前の新店

/常盤軒品川22号売店にて冷やしかき揚げそば/魚介系まぜそば専門店魚がしそば新橋本店にてカレーそば/中華そば大賀110(ワンテン)@相武台前にて汁なし担担麺/

クリックすると拡大します

 いつもより少し早く品川駅に着いたので、常盤軒品川22号売店@JR品川駅山手線ホームへ。
 長い年月を経て、一軒、また一軒と減っている常盤軒、今は何軒あるんだろうか。
 ジャンボ海老天、品川丼など名物料理がありますが、今朝は冷やしかき揚げそば500円にしました。

クリックすると拡大します

 一般的な路麺店の冷やしは、かけかざるですが、こちらでは通常のお蕎麦の冷たい蕎麦つゆ版。
 蕎麦つゆの美味しさに押し切られる形でいただく一杯、温かさが僅かに残るかき揚げ、冷たい蕎麦つゆに合うのですね。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は魚介系まぜそば専門店魚がしそば新橋本店@新橋ホームページ)。
 今年4月の神田店閉店に伴って新橋店のみとなった魚がしそば、仕入れに極めて依存するこの手の店舗がブレークするとは思っていませんでしたが、1店舗だけなのは競争が無くなってしまうので寂しいなあ。
 しかしして店内満席、次々とお客さんが入っていきます。

クリックすると拡大します

 メニューを確認すると、カレーが加わっている以外は変わっていないようです。
 店内に入ると(入り口のドアを開け放っているので)空調の効きが悪く、厨房はもっと暑そうです。
 涼しかったら店内で待とうかと慌てて食券を買いましたが、これでは外でも同じような感じ、おっ、ちょうど席が一席空きました。

クリックすると拡大します

 程なくしてカレーそば680円、20食限定と書かれていますが残っていました。
 黄金の鰹オイル、しじみ出汁をタレとして、特製カレーを合わせた全体をよく混ぜてからいただきます。
 他のトッピングは千切りキャベツ、花カツオ、青ネギ、ナッツ。

クリックすると拡大します

 適当な表現が見つかりませんが、魚がしまぜそばではなく、カレーまぜそばでしょうか。
 麺は三河屋製麺の平打太麺、カレーもトッピングも美味しいけど、麺の美味しさが一番ですね。
 カレーが辛さ抑えめですので、途中からハバネロソースを投入してみました。

クリックすると拡大します

 この手のソースはドロドロッと粘度が高く、瓶を真下に向けて振るようにしないと出てこないのですが、暑い夏は液化しているので、そうっと掛けます。
 これで辛さは十分、次回があるとしたら初めから掛けてみたいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そば大賀110(ワンテン)@相武台前(座間市相武台)、2016/12/26から2017/6/26まで営業されていて既に忘れ去られた温麦の跡地に7/18オープンされました。
 前店の店主さんのことは全く知りませんが、今回は本物の一番いちばん@町田出身の店主さんです。
 ※出身店が広く知れ渡っているのに「内緒です」にすると、お店にとって失礼ですし、返って「何かあるのではないか」と勘ぐられるので、正々堂々とするべきだと思います。

クリックすると拡大します

 店名の由来は店主さんの愛車であるTriumph T110 Tigerから、麺打ちに使う虎斑竹(トラフダケ)の長さが110pだったことから来ています。
 オープン日が書かれた立て看板が店先に用意され、営業時間も書かれていますが「昼間は全然人がいないので、夜営業だけにするかも」とのこと。

 メニューは汁なし担担麺、棒々鶏麺(夏季限定)、中華そば、つけ麺。サイドメニューはライスと親子丼。
 店内に入ると前店のまま居抜きのL字カウンター9席、店内奥の製麺室の製麺機が青竹打ちの青竹と台に変わっています。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買い、店員さんに渡し、今夜はインドの青鬼500円で開店おめでとうございます。
 食券を受け取った店主さんから、「大辛でよろしかったですか?」と聞かれました。
 そもそもどんな辛さが選べるのか分からないし、それでも大辛で全然問題ないけど、この店は初訪の客にイキナリ一番辛いのを勧めるのかな、と、視線を返します。

 すると、「以前、大辛を召し上がってますよね?」と言われ、、、全くその通りなのですが、それは二年も前の話ですし、、この店主さんとは会話した記憶もありません。
 世の中が狭すぎて、初訪問のお店でも気が抜けません。

クリックすると拡大します

 程なくして汁なし担担麺850円(味玉サービス)、毎日が水曜日♪水曜日は定休日♫
 レッドアイのラー油の香りに包まれ、青竹打ちの縮れ平打太麺を啜れば、芝麻醤ベースのタレがまたこれ旨い。
 麺はメニューによって太さなどを変えているとのことなので、急ぎ、確認が必要です。

クリックすると拡大します

 なんと言っても麺が美味しいのでトッピングに目も舌も行かないのですが、鶏そぼろ、粉砕されたナッツ、水菜、紫玉ねぎ、など。
 固さや柔らかさの食感の違いも楽しめます。
 美味しい、美味しいと、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 後客が来なかったので、食事の後はご歓談。
 辛さのことを尋ねると、今日のは一番辛い5とのと。
 その後もラーメン談義をして、後客が来たところで退店、また食べに来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月20日

本郷三丁目から湯島

/ゆで太郎高輪店にてミニかつ丼セット、わかめ/NOODLE SOUNDS shimbasi oraga@本郷三丁目にて濃厚豚骨魚介つけめん/ラーメン大至@御茶ノ水にて冷やし中華/

クリックすると拡大します

 リーディンググラスを購入しました。
 細かい字が見えなくなっていて、何となく勘で読んでいましたが、手頃な値段で売っていたので。
 フレームの形と色が沢山揃っていて、どの色と形が自分の顔に合うのはさっぱり分からないので、店員さんに選んでもらいました。

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 いつも混んでいるので少し時間をずらして伺いましたが、それでも混み合っているのは、今日が木曜日だからでしょう。

クリックすると拡大します

 平日11時から16時までの得ランチ500円。
 いつの日か役に立つかも知れないので記しておくと、月曜日から順にミニ高菜明太ごはんセット、ミニ豚バラ丼セット、ミニカレーセット、ミニかつ丼セット、ミニかき揚げ丼セット。
 今日は木曜はミニかつ丼セット、無料クーポン券でわかめを付けました。

クリックすると拡大します

 ネギが標準だと少し少なめに感じるので、忘れなければ「多めに」と声を掛けるのですが、忘れずに多めにしてもらいました。
 店内はかなり混み合っていましたが、何とか空き席を見つけて滑り込みます。
 エッジがたったお蕎麦に、キリリと冷たいもり汁、かつ丼も良い感じで、とても美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 夜はNOODLE SOUNDS shimbasi oraga@本郷三丁目(文京区本郷三丁目)へ。
 この店よりも遙かに行きにくいお店も多くありますが、この店も中々行きにくくて、あちこちで飲んだくれていたら、4月の開店祝い以来の訪問になってしまいました。
 店先に設置されている公衆電話、誰か使う人っているのだろうか。

クリックすると拡大します

 立て看板ができていて、メニューを事前に確認できます。
 イチオシはホタテ69、二番目はそもそもの出身店を遠くに感じる濃厚豚骨魚介、そして木曜日から始まった限定メニューの冷やし中華。
 炒飯の提供も始まったようです。

クリックすると拡大します

 もちろん限定メニュー狙いでしたが、あえなく売り切れ、未食のレギュラーメニューである濃厚豚骨魚介つけめん850円
 物事の感じ方は人それぞれで、濃厚豚骨の「濃厚」を「高粘度」と思っている人が多く、粘度が低いと濃厚では無いと思っている人も多いようです。
 ここのつけ汁の濃厚は、粘度は高くありませんが豚骨の旨味がしっかりと炊き出されていて、まさに濃厚な味わいです。
 夏は骨が痩せて味が出にくい、なんて嘘なんじゃ無いかと思うほどの美味しさです。

クリックすると拡大します

 自家製麺の太麺はしっかりした味わいで、小麦の香りなんてしません(そもそも、製粉、製麺、熟成、麺茹でを経てなお小麦の香りなんてしないと思うけど)。
 つけ汁に浸けていただくと、これぞつけ麺という美味しさ、良いですねぇ。
 バランスが悪いと感じるほど多めに沈められている小切のチャーシュー、メンマ、魚粉のバランスはとても良いです。

クリックすると拡大します

 刻み玉ねぎと大根は半分ずつくらい、柚子がほんの少し入っています。
 スープ割りはうっかり忘れてしまい、つけ汁はそのまま最後まで飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした、また食べに来ます。

クリックすると拡大します

 夜はラーメン大至@御茶ノ水(文京区湯島)へ。
 店先には大きく冷やし中華のポップ、先週くらいから始まったのですが、今週末でいったん止めるらしい。
 店外待ちはありませんし、店内も満席ではありませんが、お客さんの出入りが絶えることはありません。

クリックすると拡大します

 夜営業は券売機を使わず、着席してからの口頭注文後会計、追加注文もできます。
 復活して少しずつメニューを増やしているのですが、夜は冷やし中華が増えただけかな。
 詳細は写真を確認して下さい、裏面のメニューはお店に行って確認して下さい。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール(グラス)270円、今夜は湯島で一人お疲れ様会。
 ここで友達とかで伺っていればレモンサワーとか焼酎に展開していくのかも知れませんが、そんな展開が自分の人生にあるとはとうてい思えません(否定はしませんが)。
 ぐびぐびと飲み終わった頃、店主さんがわざわざ配膳して下さいました。

クリックすると拡大します

 冷やし中華(麺220g)830円
 平皿では無くラーメンどんぶりに盛り付けられた冷やし中華、麺が見えないほどのトッピングです。
 かまカマ、蒸し鶏、キュウリ、ハム、錦糸玉子、スライスラディッシュ、そして練り辛子。
 一つ一つの味の感想は割愛しますが、一つ一つ仕事されていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 麺量はつけ麺より多い220g、かなりの食べ応えですが、麺自体の美味しさとトッピング量の多さで、そのくらいの麺量でちょうど良いほどです。
 醤油ダレとの相性も良く、気が付いたら食べ終わってしまいました。
 最高の普通の冷やし中華、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記