2017年07月20日

本郷三丁目から湯島

/ゆで太郎高輪店にてミニかつ丼セット、わかめ/NOODLE SOUNDS shimbasi oraga@本郷三丁目にて濃厚豚骨魚介つけめん/ラーメン大至@御茶ノ水にて冷やし中華/

クリックすると拡大します

 リーディンググラスを購入しました。
 細かい字が見えなくなっていて、何となく勘で読んでいましたが、手頃な値段で売っていたので。
 フレームの形と色が沢山揃っていて、どの色と形が自分の顔に合うのはさっぱり分からないので、店員さんに選んでもらいました。

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 いつも混んでいるので少し時間をずらして伺いましたが、それでも混み合っているのは、今日が木曜日だからでしょう。

クリックすると拡大します

 平日11時から16時までの得ランチ500円。
 いつの日か役に立つかも知れないので記しておくと、月曜日から順にミニ高菜明太ごはんセット、ミニ豚バラ丼セット、ミニカレーセット、ミニかつ丼セット、ミニかき揚げ丼セット。
 今日は木曜はミニかつ丼セット、無料クーポン券でわかめを付けました。

クリックすると拡大します

 ネギが標準だと少し少なめに感じるので、忘れなければ「多めに」と声を掛けるのですが、忘れずに多めにしてもらいました。
 店内はかなり混み合っていましたが、何とか空き席を見つけて滑り込みます。
 エッジがたったお蕎麦に、キリリと冷たいもり汁、かつ丼も良い感じで、とても美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 夜はNOODLE SOUNDS shimbasi oraga@本郷三丁目(文京区本郷三丁目)へ。
 この店よりも遙かに行きにくいお店も多くありますが、この店も中々行きにくくて、あちこちで飲んだくれていたら、4月の開店祝い以来の訪問になってしまいました。
 店先に設置されている公衆電話、誰か使う人っているのだろうか。

クリックすると拡大します

 立て看板ができていて、メニューを事前に確認できます。
 イチオシはホタテ69、二番目はそもそもの出身店を遠くに感じる濃厚豚骨魚介、そして木曜日から始まった限定メニューの冷やし中華。
 炒飯の提供も始まったようです。

クリックすると拡大します

 もちろん限定メニュー狙いでしたが、あえなく売り切れ、未食のレギュラーメニューである濃厚豚骨魚介つけめん850円
 物事の感じ方は人それぞれで、濃厚豚骨の「濃厚」を「高粘度」と思っている人が多く、粘度が低いと濃厚では無いと思っている人も多いようです。
 ここのつけ汁の濃厚は、粘度は高くありませんが豚骨の旨味がしっかりと炊き出されていて、まさに濃厚な味わいです。
 夏は骨が痩せて味が出にくい、なんて嘘なんじゃ無いかと思うほどの美味しさです。

クリックすると拡大します

 自家製麺の太麺はしっかりした味わいで、小麦の香りなんてしません(そもそも、製粉、製麺、熟成、麺茹でを経てなお小麦の香りなんてしないと思うけど)。
 つけ汁に浸けていただくと、これぞつけ麺という美味しさ、良いですねぇ。
 バランスが悪いと感じるほど多めに沈められている小切のチャーシュー、メンマ、魚粉のバランスはとても良いです。

クリックすると拡大します

 刻み玉ねぎと大根は半分ずつくらい、柚子がほんの少し入っています。
 スープ割りはうっかり忘れてしまい、つけ汁はそのまま最後まで飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした、また食べに来ます。

クリックすると拡大します

 夜はラーメン大至@御茶ノ水(文京区湯島)へ。
 店先には大きく冷やし中華のポップ、先週くらいから始まったのですが、今週末でいったん止めるらしい。
 店外待ちはありませんし、店内も満席ではありませんが、お客さんの出入りが絶えることはありません。

クリックすると拡大します

 夜営業は券売機を使わず、着席してからの口頭注文後会計、追加注文もできます。
 復活して少しずつメニューを増やしているのですが、夜は冷やし中華が増えただけかな。
 詳細は写真を確認して下さい、裏面のメニューはお店に行って確認して下さい。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール(グラス)270円、今夜は湯島で一人お疲れ様会。
 ここで友達とかで伺っていればレモンサワーとか焼酎に展開していくのかも知れませんが、そんな展開が自分の人生にあるとはとうてい思えません(否定はしませんが)。
 ぐびぐびと飲み終わった頃、店主さんがわざわざ配膳して下さいました。

クリックすると拡大します

 冷やし中華(麺220g)830円
 平皿では無くラーメンどんぶりに盛り付けられた冷やし中華、麺が見えないほどのトッピングです。
 かまカマ、蒸し鶏、キュウリ、ハム、錦糸玉子、スライスラディッシュ、そして練り辛子。
 一つ一つの味の感想は割愛しますが、一つ一つ仕事されていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 麺量はつけ麺より多い220g、かなりの食べ応えですが、麺自体の美味しさとトッピング量の多さで、そのくらいの麺量でちょうど良いほどです。
 醤油ダレとの相性も良く、気が付いたら食べ終わってしまいました。
 最高の普通の冷やし中華、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記