2017年07月21日

相武台前の新店

/常盤軒品川22号売店にて冷やしかき揚げそば/魚介系まぜそば専門店魚がしそば新橋本店にてカレーそば/中華そば大賀110(ワンテン)@相武台前にて汁なし担担麺/

クリックすると拡大します

 いつもより少し早く品川駅に着いたので、常盤軒品川22号売店@JR品川駅山手線ホームへ。
 長い年月を経て、一軒、また一軒と減っている常盤軒、今は何軒あるんだろうか。
 ジャンボ海老天、品川丼など名物料理がありますが、今朝は冷やしかき揚げそば500円にしました。

クリックすると拡大します

 一般的な路麺店の冷やしは、かけかざるですが、こちらでは通常のお蕎麦の冷たい蕎麦つゆ版。
 蕎麦つゆの美味しさに押し切られる形でいただく一杯、温かさが僅かに残るかき揚げ、冷たい蕎麦つゆに合うのですね。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は魚介系まぜそば専門店魚がしそば新橋本店@新橋ホームページ)。
 今年4月の神田店閉店に伴って新橋店のみとなった魚がしそば、仕入れに極めて依存するこの手の店舗がブレークするとは思っていませんでしたが、1店舗だけなのは競争が無くなってしまうので寂しいなあ。
 しかしして店内満席、次々とお客さんが入っていきます。

クリックすると拡大します

 メニューを確認すると、カレーが加わっている以外は変わっていないようです。
 店内に入ると(入り口のドアを開け放っているので)空調の効きが悪く、厨房はもっと暑そうです。
 涼しかったら店内で待とうかと慌てて食券を買いましたが、これでは外でも同じような感じ、おっ、ちょうど席が一席空きました。

クリックすると拡大します

 程なくしてカレーそば680円、20食限定と書かれていますが残っていました。
 黄金の鰹オイル、しじみ出汁をタレとして、特製カレーを合わせた全体をよく混ぜてからいただきます。
 他のトッピングは千切りキャベツ、花カツオ、青ネギ、ナッツ。

クリックすると拡大します

 適当な表現が見つかりませんが、魚がしまぜそばではなく、カレーまぜそばでしょうか。
 麺は三河屋製麺の平打太麺、カレーもトッピングも美味しいけど、麺の美味しさが一番ですね。
 カレーが辛さ抑えめですので、途中からハバネロソースを投入してみました。

クリックすると拡大します

 この手のソースはドロドロッと粘度が高く、瓶を真下に向けて振るようにしないと出てこないのですが、暑い夏は液化しているので、そうっと掛けます。
 これで辛さは十分、次回があるとしたら初めから掛けてみたいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そば大賀110(ワンテン)@相武台前(座間市相武台)、2016/12/26から2017/6/26まで営業されていて既に忘れ去られた温麦の跡地に7/18オープンされました。
 前店の店主さんのことは全く知りませんが、今回は本物の一番いちばん@町田出身の店主さんです。
 ※出身店が広く知れ渡っているのに「内緒です」にすると、お店にとって失礼ですし、返って「何かあるのではないか」と勘ぐられるので、正々堂々とするべきだと思います。

クリックすると拡大します

 店名の由来は店主さんの愛車であるTriumph T110 Tigerから、麺打ちに使う虎斑竹(トラフダケ)の長さが110pだったことから来ています。
 オープン日が書かれた立て看板が店先に用意され、営業時間も書かれていますが「昼間は全然人がいないので、夜営業だけにするかも」とのこと。

 メニューは汁なし担担麺、棒々鶏麺(夏季限定)、中華そば、つけ麺。サイドメニューはライスと親子丼。
 店内に入ると前店のまま居抜きのL字カウンター9席、店内奥の製麺室の製麺機が青竹打ちの青竹と台に変わっています。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買い、店員さんに渡し、今夜はインドの青鬼500円で開店おめでとうございます。
 食券を受け取った店主さんから、「大辛でよろしかったですか?」と聞かれました。
 そもそもどんな辛さが選べるのか分からないし、それでも大辛で全然問題ないけど、この店は初訪の客にイキナリ一番辛いのを勧めるのかな、と、視線を返します。

 すると、「以前、大辛を召し上がってますよね?」と言われ、、、全くその通りなのですが、それは二年も前の話ですし、、この店主さんとは会話した記憶もありません。
 世の中が狭すぎて、初訪問のお店でも気が抜けません。

クリックすると拡大します

 程なくして汁なし担担麺850円(味玉サービス)、毎日が水曜日♪水曜日は定休日♫
 レッドアイのラー油の香りに包まれ、青竹打ちの縮れ平打太麺を啜れば、芝麻醤ベースのタレがまたこれ旨い。
 麺はメニューによって太さなどを変えているとのことなので、急ぎ、確認が必要です。

クリックすると拡大します

 なんと言っても麺が美味しいのでトッピングに目も舌も行かないのですが、鶏そぼろ、粉砕されたナッツ、水菜、紫玉ねぎ、など。
 固さや柔らかさの食感の違いも楽しめます。
 美味しい、美味しいと、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 後客が来なかったので、食事の後はご歓談。
 辛さのことを尋ねると、今日のは一番辛い5とのと。
 その後もラーメン談義をして、後客が来たところで退店、また食べに来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記