2017年08月22日

二胡の演奏

/麺屋翔品川店@品達にて鶏だし醤油つけそば〜トマト出汁昆布汁ver〜/青龍門池袋店にて二胡奏者KIRIKOのソロ演奏/

クリックすると拡大します

 お昼は大好きな麺屋翔品川店@品達ホームページ)へ。
 大好きなラーメン店で限定メニューを販売されるというので、新店とかコラボとか構っていられません。
 とは言え、一通りの店舗の店先はチェックしておかないと、もちろん全然覚えられず、見るだけです。

クリックすると拡大します

 夏季限定メニューは二種類あって、つけ麺と冷やしラーメン、先ずはつけ麺から食べますか。
 店外に設置された券売機を見ると、ゴーヤおひたしとかモヤシナムルとか、一杯飲むお客さん向けに一品料理が揃っています。
 客席から券売機まではちょっと遠いので、夜は券売機制と現金制を併用しているのかな、どうだろうか。

クリックすると拡大します

 店内は半分くらいの入りですが、カウンター席が満席で、2人掛けテーブルに1人ポツンと。
 普段、ひとりぼっちだと、こういうときもひとりぽっちになってしまうんですね。
 卓上に置いてあったパウチを見ながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します


クリックすると拡大します

 鶏だし醤油つけそば〜トマト出汁昆布汁ver〜850円
 『知床鶏、函館産昆布など北海道の食材にこだわったつけそばです。はるゆたか使用の心の味特注麺を、トマトから丁寧に旨味を抽出しグルタミン酸たっぷりの「トマト出汁」、トロトロの「昆布水」を合わせた美味しい出汁に浸してあります。醤油ベースの鶏だしつけ汁につけてお召し上がり下さい。』

クリックすると拡大します

 麺にはたっぷりと岩海苔が乗せられていて、昆布の香りに重なる海苔の香り。
 つけ汁にはスクエアに刻まれた白ネギが浮かべてあります。
 美味しく頂いたら、残った昆布汁を残ったつけ汁に入れてスープ割り、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 昨日知ったライブの告知、思いつきで行動する私に付き合ってくれる友達を捕まえて池袋へ。
 青龍門池袋店ホームページ)、中華・台湾家庭料理居酒屋と銘打っていますが、ここでは中国と台湾の友好関係について言及しません。
 地上の入り口から階段を下りますが、少し長く歩いて店内に入ると、『「神秘的な城」と称される中国福建省の山奥にある客家人の集合住宅"土桜"がコンセプトの異次元空間』が広がります。

クリックすると拡大します

 ライブは19時30分、20時30分、21時30分、ライブ自体が30分程度掛かるので、ほぼ食べて飲んで聞いて、になります。
 流石に中華料理屋に一人はどうかと思って友達を誘いましたが、演奏者のファンの人達は皆一人で来ていて、なるほど。
 大体のシステムが分かったところで、今夜は池袋で乾杯。

クリックすると拡大します

 アラカルトで注文するのは面倒くさいので、生ビールもある2時間飲み放題が付いた宴会☆超得プラン3980円をお願いしました。
 前菜2種盛り合わせ(自家製蒸し鶏の胡麻ソースがけ・干し豆腐のサラダ)、ぷりぷり海老のチリソース炒め、鶏の唐揚げ甘辛ソースがけ、豆苗炒め。
 ビールを飲んだら紹興酒、今夜はロックでお願いしました。

クリックすると拡大します

 二胡奏者KIRIKOのソロ演奏公式サイト)、写真は撮りましたが彼女はプロの演奏者、個人で楽しむだけで公開しませんのであしからず。
 恥ずかしながらこの歳になって初めて聞く二胡の音、どの弦楽器より柔らかい音色、古くささを全く感じません。
 ぐいと胸ぐらを捕まれるのではなく、優しく肩を抱かれる心地よさ、いいなぁ。
 現代曲のカバーもいいけど、淡々と弾く古典音楽も素晴らしいです。

クリックすると拡大します

 北京ダック、随分と久し振りに食べました。
 申し訳ないけど、目の前で丸焼きから削り取って食べないと北京ダックとは言えない様な。
 それが食べたければ、金を出せと言われたら仰るとおりです、申し訳ない。

クリックすると拡大します

 豚肉のパリパリ春巻、柔らか黒酢酢豚、フカヒレあんかけ炒飯。
 この辺りで20時30分の会、全曲違う演奏をされるのですね。
 初回は音色に聞き惚れてしまいましたが、二回目なのでその演奏に見入ってしまいました。

クリックすると拡大します

 コースは二時間ですので、これにてお会計。友達には挨拶に行かないのかと言われましたが、挨拶せずに遠くから見守るのが私の主義。
 ホールの女性店員さんに他にも生演奏をしているのかと尋ねたら、彼女だけだという。どのくらいやっているのかと尋ねたら、私が働き出す前からやっているので二年以上はやっていると。
 それだけ聞ければいいのに、なぜか立ち去らない店員さん、人工太陽を模した灯籠と関係あるのだろうか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月21日

冷やし中華

/常盤軒品川26号売店にて冷やしかき揚げそば/ラーメン宮郎@蒲田にて宮し中華(並)/

クリックすると拡大します

 朝とも昼とも言えない時間帯、いわゆるブランチに常盤軒品川26号売店(品川駅13番線、横須賀線下りホーム)(ホームページ)に立ち寄りました。
 品川駅にある立ち食い蕎麦屋は全て常盤軒で、現時点ではホームに22号と23号、24号、26号の四軒が営業されています。
 26号売店ではお蕎麦以外のメニューとしてカレーライスとふりかけご飯だけで、品川丼やジャンボ海老天は見当たりません。

クリックすると拡大します

 食べたのは冷やしかき揚げそば500円
 22号と同じ白い厚手の丼、かき揚げの上に振りかけられている刻み海苔と薬味ネギが独創的です。
 ネット記事によると店舗によって蕎麦つゆに味が違うらしいけど、長時間熱することに依るアテ以外の違いは分かりませんでした。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって夕飯に向かってみると、なんだよ、やってないじゃん。
 ネットを検索してみると、最近では殆ど夜営業をされていないようです。
 事情も知らずに「やる気がない」とか「いい加減」とか言う人も多いようですが、そういう人は事情が知りたいわけじゃなくて言いたいだけだから、言わせておくしかないな。

クリックすると拡大します

 お店のちょうど裏手に回ってラーメン宮郎@蒲田(大田区蒲田)、同区の煮干しつけ麺 宮元の二号店として6/10にオープンしました。
 もちろん開店は知っていましたが、宮元ファン&二郎系マニアが一巡した頃を見計らって、訪問しました。
 外待ち数人、いったん店内に入って食券を買って、外待ちする方式です。

クリックすると拡大します

 店内に入ると奥の厨房に店主さん、大声で名前を呼ばれて恥ずかしいやら嬉しいやら、、、券売機に向かいます。
 メニューはラーメン、汁なしそば、夏季限定で宮し中華。

 つけ麺、辛いラーメン、塩ラーメンは券売機にボタンは用意されていますが、鋭意開発中とのこと。
 うーんと、つまり、これはプレオープンってことだな。

クリックすると拡大します

 いったん外に出て、しばらくして呼ばれて店内へ、厨房を囲むカウンター7席に2人掛けテーブルが2卓。
 卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、かえし醤油、一味唐辛子。
 さて、今夜はビール300円で開店おめでとうございます、随分遅くなりましたが。

クリックすると拡大します

 程なくしてトッピングを聞かれたので「ゴマダレ以外全部」と答え、少しして運ばれてきた宮し中華(並)850円
 この手の冷やし中華は千里眼が先駆者だと思いますが、千里眼の完成度が高かったことと、冷やし中華の具材は高いこともあって、インスパイアが中々出てきませんでした。

 山の様にそびえ立つ千切りの大根とニンジン、少しだけ水菜、トップに紅生姜、周りにプチトマト、フライドオニオン。
 野菜にはゴマダレが掛かっているとはいえ、想像内の味なので驚きも楽しみもなく、半分ほど食べてから全体をタレと共に絡めて頂くと、これがすげえ旨さ。

クリックすると拡大します

 ビシッと締められた中細麺にタレに合わせてニンニク、ショウガ、エビマヨが有機的に一体化し、ほぐした煮豚がコンビーフのようにまとわりつきます。
 混ぜれば混ぜるほどに味が加速する。こんな冷やし中華、食べたことが無い。いや、冷やし中華じゃ無いし(汗)
 さらに途中で一味唐辛子を真っ赤になるほど振って味変。乾いた辛味は口の中でプチッ、プチッと跳ねる感じで、更に美味しさが加速していく。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 店主さんと少し話をさせていただき、再訪を誓ってお店を後にしました。
posted by ふらわ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月20日

平塚で二軒

/大空亭(おおぞらてい)@平塚市平塚にて醤油ラーメン(太麺)/麺屋DiningNANASHI@平塚市にて煮干し冷製らー麺/

クリックすると拡大します

 下の子が実習で朝早いので、昨日に引き続き今日も早めに起きて駅まで送っていきました。
 早起きできたので少し遠めのラーメン屋さんに行こうかと、ちらちらと検索するも、特に惹かれる店を見つけることができず。
 女房とお喋りしながら午前中を過ごしたりして、どこにでもある家庭の休日。

クリックすると拡大します

 買い物ついでに大空亭(おおぞらてい)@平塚市平塚へ。
 ちなみに駐車場は用意されていないので、クルマでしたので近くのコインパーキングへ停めました。
 たまたま開店直後の時間帯で先客ゼロでしたが、その後で数人入ってきました。

クリックすると拡大します

 新しいメニューを始めるって言ってたので、と聞くと、何かお客さんが思っていたより多くて、とてもとても手が回りません、とのこと。
 ネットの影響なのかなぁと仰っていましたが、念のため「大空亭 平塚」で検索すると私のブログは全く検索に引っかからず、ホッとしました。
 ワンオペなので寡黙なラーメン職人風ですが、実際にはよく喋り、今日は奥さんの話とかお子さんの話とか、なんて言うか、そういう話し。

クリックすると拡大します

 先ずは女房の醤油ラーメン(太麺)700円にチャーシュー100円、間を置かず私の醤油ラーメン(太麺)700円
 ゲンコツ、鶏ガラ等の出汁スープに煮干し出汁をブレンドし、魚粉も合わせたすっきりした味わいのスープ、美味しいなぁ。
 私の歳では、正直、油絵のスープはキツくて、そりゃ美味しいけど毎日は厳しく、こういうスープのお店が会社の近くにあればなぁ。

クリックすると拡大します

 細麺と太麺から選べるので今日は太麺、細麺も美味しいけど縮れ平打太麺の方がずっと美味しい、次回は柔らかめでお願いしよう。
 大きな肩ロースチャーシュー、穂先メンマ、茹でほうれん草、いずれもいい感じです。
 女房に感想を聞くと「脂っぽくなくてあっさりしていて美味しい」とのこと、自分が美味しいと思っているラーメンを美味しいと言ってくれると、嬉しい。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わった頃には後客がいて、調理をされているのにお喋りが止まらない店主さん。
 前回同様、入り口まで送って下さり、ありがとうございました。

クリックすると拡大します

 いっちゃが跡地に8/12オープンした麺屋DiningNANASHI@平塚市、店先に祝い花があるラーメン屋に久し振りに来ました。
 祝い花の送り主を見てみると、店主さんの友人関係と店舗の施工業者関係からが多く、ラーメン関係では麻生製麺と初代OKAWARIがありました。
 初代OKAWARIは鶏白湯ですので、確認はしていませんが、修業関係は無さそうです。
 店名の「NANASHI」は「名無し」、店主さんの前職が同市明石町にあるSoundBar NoNameだったことに由来します。

 店内はほぼ居抜きで、厨房に向いたカウンター7席、広めのフロアに4人掛けテーブルが2卓。
 全席にメニューが置いてあり、種類としてらー麺、冷製らー麺、つけ麺。それぞれ黒(しょうゆ)、白(しお)の二種類。
 サイドメニューはご飯もの、餃子、飲み物はビール、サワー、カクテル、ソフトジュース。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、卓上には煮干し粉、胡椒が用意されています。
 店内は満席に近く、店主さん前職のお客さんと、近くの住民が「新しいラーメン屋ができたみたい」と来店されているようです。
 ゆったりとした席間で、なんとはなしに壁掛けテレビを眺めながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って煮干し冷製らー麺800円
 飲んだ後で〆の位置付けを兼ねているだろうから、小さめの丼にこぢんまりとまとめてくるかと勝手に思っていたら、大きめの丼にたっぷりのスープに多めの麺量です。
 スープは薄めの調整で、煮干しラーメンとか、ニボニボとか、そういう方向性ではありません。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の中細麺、麺量は多めですがダマにはなっていませんでした。
 トッピングはトロチャーシュー、板海苔、刻み玉葱、薬味ネギ、穂先メンマ。
 チャーシューは美味しいけど、玉葱と薬味ネギは冷たいスープのラーメンにしては多い印象です。

クリックすると拡大します

 スープは食べ終わる頃になっても初めの頃の味わい、麺を食べ終わってレンゲで何口も飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 お会計の際に、少しお話しさせて頂き、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 その後、買い物に付き合って帰宅。
 久し振りに午睡を貪り、気が付いたら夜、ああ、お休みの日が終わってしまった。
 早めに晩酌して、早めに寝ることにしよう。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記