2017年08月25日

三軒茶屋夕

/中華ソバ 伊吹@志村坂上にて中華そば、和え玉/三軒茶屋夕(せき)/

クリックすると拡大します

 通院、クスリをもらいに行くだけですけどね。
 ま、クスリを飲むだけで済んでいるのだから、それで良しとしないといけません。
 丁寧な問診を受け、しばらく様子を見ますとクスリを処方してもらって、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 都営三田線志村坂上駅、短い人生の中で二回目の下車、坂の下の池を目指して歩いて行くと、人が並んでいる店先が見えてきます。
 中華ソバ 伊吹@志村坂上(板橋区前野町)、大泉学園に2011/8/8オープン、その後、志村坂上に2014/1/13に移転。
 開店30分後で外待ち10人、平日なのに並んでいないと思うか、平日なのに並んでいるとはと驚くかは、ひとそれぞれ。
 店内には店主さんのお母さんなのか、単なるパートか分からないけど、年配の女性が案内されています。

クリックすると拡大します

 20分ほど待って店内へ、思っていたより随分とゆったりとした造りで、厨房を囲むL字カウンター9席のみ。
 券売機を見ると、メニューは昼は中華そばのみ、夜は淡麗か濃厚を選べます。
 トッピングは味玉、海苔、鳥チャーシュー、角煮。サイドメニューは和え玉、炊き込みご飯。飲み物は用意されていません。
 空いている席に座り、カウンター台に食券を置き、卓上を見るとイカ酢、白しょうゆ、一味唐からし。

クリックすると拡大します

 少し待って中華そば750円、お客さん全員に両手で配膳される店主さん、乱雑な中にも気持ちが込められた麺相。
 スープはザ・煮干し、高価な伊吹煮干しを中心に色々とブレンドされていて、苦味も渋みも味のウチの味わい。
 これは美味しい煮干しスープは、高級な伊吹煮干しを中心に組み立てられてはいるけど、何種類もの煮干し出汁をブレンドされています。
 食材の単一性と高濃度が目に見える美味しさであり、丁寧に時間を掛けた味の調整こそが伊吹の素晴らしさであり、だからこそ人は何度も食べに来てしまうのでしょう。

クリックすると拡大します

 中細麺は三河屋製麺でしょうか、驚きの柔らかめ仕上げ。
 この手のスープには「パツンパツン」とか「シャクシャク」した食感が定番ですが、ウチのスープにはこの茹で加減がベスト、と力強い主張。
 トッピングは食べ応えのある角煮、ざくざくといい感じの刻み玉葱、板海苔一枚。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わる前に店員さんに声を掛ける和え玉200円、麺量は一玉分。
 ラーメンと同じ二種類のタレを掛けてあり、全体をよく混ぜてから初めはそのタレだけで、途中から残してあったラーメンスープを軽く回し掛けて、最後は卓上のイカ酢で味変して美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 三軒茶屋まで戻り、夜の飲み会まで待ちます。
 こうして有休消化を重ねて、今年は全部使い切ってやろうと思っていますが、私がやろうと思って何かできたことがないので、これもダメだろうな。
 まあ、何かを成し遂げなければならないということもないし、のんびり行きますか。

クリックすると拡大します

 三軒茶屋夕(せき)店主のブログ)(紹介のサイト)、20席程度の店舗にしてはワインの品揃えは日本でも指折りということで、ワイン好きと一緒に楽しもうと予約したのは5月の話し。
 その後、ワイン好きの友達は都合が付かなくなり、紆余曲折あって、今夜は5人で飲むことにしました。
 定刻になり先ずはハートランド生樽で乾杯、今夜も飲んで食いましょう。

クリックすると拡大します

 日本酒は20種類位用意されていて、とりあえず一人ずつ好きな銘柄を全員で飲むということにしました。
 先ずは而今、久し振りに飲みましたが、前回飲んだのと随分と印象が違っていて、ここまですっきりした味わいだと何だか而今じゃないみたい。
 続けて琵琶のさざ浪 純米酒 梅、これこそ食前酒とばかりの飲み口と喉越し、こんなに美味しいのに最近はあまり見かけなくなってしまいました。

クリックすると拡大します

 料理はもずく、カボチャ料理、イタリアから、、、既に料理の名前や食材の説明は忘れちゃっているので申し訳ありません。
 一手間も二手間も掛けたもずく、美味しいですねぇ。
 FB等を通じて声を掛けた人達なので初対面の人もいましたが、今日は珍しく自分の名字を名乗ったりして。

クリックすると拡大します

 毎回片口が変わり、お猪口も毎回用意してもらって、それはそれで嬉しいけど、そこまでしてくれなくても良いかも。
 悦悦凱陣「純米」雄町無濾過生、徹底した手造りの末に出来上がる渾身の一杯、しばし日本酒の美味しさに浸る時間。
 斬九郎 純米 無鎖志、キレの良さに加えて力強さも兼ね備えていて、料理の美味しさをぐいぐいと持ち上げます。

クリックすると拡大します

 今日のお造りはオナガダイ、土佐醤油に山葵も用意されましたが、生七味を試してもらいたいとのこと。
 何言ってんですか、魚の刺身には醤油が一番って決まって、、、、いや、生七味もいけるじゃないですか。
 お店の自家製かと思って聞いてみると、茅乃舎(公式サイト)さんのとのこと。
 刺身に合わせるレシピはネットで見つけることができませんでしたが、敢えて合わせて、きっちりと合っています。
 和食の決まりから外れる、決まりを外すことがどんなに大変なことかを分かった上で、一歩踏み出しています。

クリックすると拡大します

 二合を人数でちびちびと割っていても埒があかないので、四合瓶をお願いしました。
 風の森 秋津穂65% 純米しぼり華 無濾過無加水 生酒、ほんの僅かの微発泡が香りの良さを更に引き立てます。
 新政 colors 『生成 2015 エクリュ』 生もと純米、日本一理屈っぽい理科系の日本酒、このタイミングで飲むと味が分からないことが多いのですが、新政だけは分かる。滅多に出会えないので出会えたら必ず飲む日本酒。

クリックすると拡大します

 シシトウと釜揚げしらすの焼きお浸し、お酒でほてった心と身体をほんの少しだけ冷ましてくれます。
 コースで頼んだのですがお品書きがないので何品出てくるか分からず、とても楽しみです。
 料理名もレギュラーメニューから拾ったので、合っていないかも知れません。

クリックすると拡大します

 続く料理はとうもろこしのかき揚げ、塩で頂きました。
 とうもろこし自体はとても甘味が強く、天ぷらにすると更に甘味が強くなって、お出汁よりも塩が合うと感じました。
 料理も美味しいし、日本酒もさらに美味しいのですが、一番美味しかったのはお喋りかな。

クリックすると拡大します

 広島出身の方が参加していたので、必然的に竹鶴 純米にごり酒。
 にごりと言うほどは酸味が効いていませんでしたが、抜栓して一週間程度経っているからでしょう。
 封切りは酒屋で買ってきて飲めば味わえますが、抜栓して酸化して味が変化した日本酒を楽しめるのが居酒屋の醍醐味、気が付けば今日の日本酒は全て抜栓済みでした。

クリックすると拡大します

 全く予想していませんでしたが、鹿児島県産黒毛和牛スジと里芋(だったような)、パクチー添え。
 ここに来て肉料理、和食としての肉料理、コースとしてもメイン、店主さんの一本通った力強い思いが伝わってきます。
 しかも調味料無しでそのまま食べる、美味しいですねぇ、単品料理だったら値段を見て頼めないかもな味わいです。

クリックすると拡大します

 ラストはお鮨、押し寿司でしょうか。
 一人三つ、だいぶ食べてかなり飲んでいても、全員がちゃんと三つ食べています。
 飲んでいるときは殆ど時計を見ないのですが、たまたま見てみたら終電ギリギリの時間、さっさとお会計して、、、えっ、何お酒頼んでいるの?

クリックすると拡大します

 喜久酔 特別本醸造、食後酒として適しているかどうか分からないけど、仕上げに飲んでお会計。
 お店を出てどんなに急いでも終電に間に合うことはなく、途中駅までしかいかれない。
 10歳若い頃は都内泊が当たり前でしたが、さて、今夜はどうするか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月24日

ほろよい居酒屋

/おおぜき中華そば店恵比寿店@恵比寿にて朝中華そば/旬鮮酒場天狗品川東口店にて鶏の唐揚げ(6個)定食/居酒屋ほろよい/

クリックすると拡大します

 朝はおおぜき中華そば店恵比寿店@恵比寿(渋谷区恵比寿西)、朝ラー(7時から9時)が5/22から始まっています。
 ラヲタならば飛んで食べに行きたいところ、しがないサラリーマンの私は、1時間ほど早起きして、通勤途中で途中下車して、伺いました。
 店内に入ると先客二人、30歳前後の男女二人組で、何とも羨ましい。

クリックすると拡大します

 メニューは温麺とつけそば、日によってはツイッター限定があります。
 朝の営業時間は口頭注文前会計、「朝そばをお願いします」とビシッと注文、カウンター台に五百円硬貨をバシッと叩き付けるべきところを「お釣りをお願いします」とふわりと千円札、情けない限りです。
 こっそりとお釣りをポケットにしまい、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして朝中華そば500円
 鶏ガラ出汁のスープに魚介出汁を合わせた、これぞおおぜきの味わい、朝ラーだからと言って一片の手抜きなし。
 つまり、朝ラーにしては美味し過ぎます。

クリックすると拡大します

 丁寧に手揉みされてから茹で上げられた平打中太麺、スープに馴染む柔らかさがとても心地良い。
 トッピングはシンプルに板海苔、なると、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は旬鮮酒場天狗品川東口店ホームページ)、かつて居酒屋ランチを放浪していたときに、その美味しさと値頃感に一番好きだった居酒屋。
 しかしして当時は「ランチだからコーヒーぐらい無料で付けられるだろ」なポリシーの人を同伴していたので、コーヒーが194円もするこの店は殆ど来ることができませんでした。
 時は移り、今は昔、ランチだからってコーヒーがなくても問題なしのロンリーランチ、さてさてどれから食べますかね。

クリックすると拡大します

 店内はいわゆる全国チェーン店系の居酒屋とは趣が異なり、落ち着きのある薄茶色を基調とし、限定メニューはイチ押しメニューなどのポスターの類いは一枚も貼り出されていません。
 メニューは600円から700円までの定食、650円の日替わり定食、サラダや豆腐などのちょい足し、そして食後のコーヒー。
 店員さんが注文を取りに来たので料理名を伝え、お冷やを飲みながら出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして鶏の唐揚げ(6個)定食600円
 定食はご飯、味噌汁、小鉢が付き、唐揚げには千切りキャベツが添えられています。
 鶏肉の味付けが薄味なのがとても好みで、ご飯と味噌汁はお代わり自由なので配膳時には少なめに調整されているのがとても助かります。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 随分とお目にかかっていなかった某アルファブロガーさんとサシ飲み、自分の土俵ではなく敢えて相手の土俵に上がれば負けても言い訳しやすい、なんてな。
 上板橋駅から10分位歩くんだよね、念のためGoogleマップで道順を調べましたが、まあ二年くらい前では忘れようにも忘れられない道順です。
 昨日まで夏休みで今日から営業開始とのこと、予約で満席になっていました。

クリックすると拡大します

 居酒屋ほろよい、魚貝の鮮度がこの地と全く合っていない店。
 約束した時間前に着きましたが、戸を開けると満席、いや、自分の席の1席だけが空いていました。
 で、彼は既に飲んでいて、何とも組みやすい人です。

クリックすると拡大します

 ということで、今夜は上板橋で二人お疲れ様会、随分とご無沙汰してしまいました。
 付き出しはバイ貝かな、爪楊枝でくるりと剥いてつるりと頂きます。
 ネットでやりとりしているわけではなく、フェイスブックのタイムラインで眺め眺められている程度だと思いますが、二年ぶりのブランクは全く感じさせません。

クリックすると拡大します

 魚料理中心の居酒屋ですから、先ずは刺身の盛り合わせの「三点盛り」からお願いしました。
 三点とは何のことを示すのだろうか、赤貝、カンパチ、赤身などなど、薬味に刻みネギが付くんですね。
 食べたことのない大きさの赤貝、大きさだけではなく身がしっかりしていてしっかりした旨味、柔らかい甘味、ほのかな潮味、すぐにでも日本酒を飲みたい。
 20人程度のキャパの居酒屋とは到底思えない、赤身の鮮度、震えるほど美味しい。

クリックすると拡大します

 と言うことで越後杜氏 本醸造辛口、熱燗でお願いしたかったのですが、先ずは常温で。
 この殆ど削らずにお米の味が真っ直ぐに伝わってくる味わいこそ、日本酒が食中酒たる立ち位置、魚の刺身に合わせるのならこの一択。
 旨いなぁ、基本的に手酌の私ですが、今夜は何度かお酌をしてしまうほど。

クリックすると拡大します

 刺身に時間が掛かると思っていたので頼んでおいた枝豆、まとめて茹で上げて取り分けて用意してあるわけないよな。
 注文が入ってからお湯を沸かして枝豆を茹で、茹で上がったら少し冷ましてから塩を振ってあって、ほくほくした豆の美味しさ、いいですなぁ。
 身が大きくて食べ応えがあるのに小鉢に溢れるほどの量、食べ切れないと言うことはないけど、こんなに量が多いのは初めて。

クリックすると拡大します

 生の次は焼きでしょう、と、焼きイワシ、側線の斑点からマイワシでしょうか。
 正式な食べ方を知りませんが、私は内臓の辺りから身をほぐし、醤油を垂らした大根おろしを合わせて先ずは食べます。
 少し食べ進んだら、頭から尾までガリガリっと食べてしまいます。
 まだサンマには早い季節、いやぁ、お酒も進むし話も進むし、美味しくて楽しくて。

クリックすると拡大します

 焼きの次は煮付けと、何の魚は覚えていない。
 というのは、次の料理を頼んだときに「時間が掛かるから、何か頼んでおこうよ」と「煮付けお願いします」と頼んだからです。
 まあ、煮付けがすぐに出される料理ではないことは今ブログを書いている時点では分かるけど、その時は考えもしなかったな。
 どの料理にも大葉が添えられているのかな、箸で身をほぐしながら美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 ということで、鰻の蒲焼き。私が頼んだら「私も」「こっちも」とカウンターのお客さん全員が頼んで売り切れちゃうし。
 捌いて串打ちまで仕込まれていますので、タレを付けて炭火で焼いて、もうその香りでご飯が食べられます。
 身がふんわりしている以上に驚いたのはタレが薄味であること、川魚は泥臭いからタレで味付けするのが基本なのに、こんなに鰻の味をそのまま味わえるなんて。
 よく分からないけど、居酒屋ですよね。

クリックすると拡大します

 最後に香の物、小茄子、たくわん、キュウリ、白菜とどう考えても自家製、こちらもかなりの薄味。
 日本酒、二合徳利を4本か5本飲んだ気がするけど、心地よい酔いかた、料理旨すぎ、また来ないと。
 ご馳走様でした、また、立ち寄らせて下さい。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月23日

青物横丁の新店

/おにやんま東品川店にて冷「並盛」とり天/味力(みりょく)@青物横丁にてラーメン/三田製麺所蒲田東口店にて辛つけ麺/

クリックすると拡大します

 行く行く詐欺になっていたおにやんま東品川店へ、念願叶って初訪問、残るのは中目黒店。
 駅前という立地でもなければ、飲食店街でもなく、駅からの距離は新橋駅からの新橋店よりも少し遠いかな。
 店先のメニューは他店と同じ、営業時間は平日は15時から17時が中休み、土日祝は15時まで、覚えておこう。
 店内に入るとすぐに券売機、直射日光が当たって読みにくい五反田店とは違いますが、商品の並びが五反田店や新橋店とは異なっています。

クリックすると拡大します

 週替わりとしてメンチカツがあったり、月替わりとして茄子の煮びたしなんかもあったりして、各店舗で特色を出しています。
 食券を買って店内に入ると、「左端の空いている席にお願いします」と案内されます。
 券売機と連動した発券レシート方式ですので、食券は卓上に用意された籠に入れておきます。
 厨房を囲むカウンターが14席、入って左側に2人掛けテーブルが3卓、用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして冷「並盛」とり天420円
 調理を見ていたので分かっていましたが、麺線は揃えなくなったようですね。
 その分を差し引けば、コシのある角太うどんのクオリティは全く問題なく、この価格帯では有り得ない美味しさ。
 イリコ出汁は程よい味わいでうどんをより美味しく引き立てますし、とり天はからっと揚がっていてとても美味しい。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は
味力(みりょく)@青物横丁(品川区南品川)へ。
 8/16オープン、外待ちができたりできなかったりの混雑ぶりなのは、オープンしたてで「一度食べてみるか」のお客さんでしょうか。
 店先には「醤油ベースの豚骨スープは云々」との説明書きがあります。
 店内に入ると真っ直ぐ奥の厨房に面したカウンター9席のみ、手前左側に券売機があります。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンのみで、トッピングはのり、ネギ、キャベツ、玉子、チャーシューなど。
 他にはライス、ネギチャーシュー丼、瓶ビール。
 食券を買って空いている席に座って店員さんに食券を渡します。
 卓上には醤油、辣油、酢、白胡椒、豆板醤、おろしニンニク、うーんとサイドメニューには餃子が見当たりませんでしたが。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン650円
 薄茶色に濁った豚白湯スープ、豚頭や背脂も溶け込ませてあり、濃厚ではなくあっさりした口当たりは幅広い客層に受けがいい美味しい味わい。
 (家系ラーメン店のように)味濃いめ等の好みに応じていましたので、マスコミ等で大きく取り上げられることはないかも知れませんが、結構流行ることでしょう。
 しかしして、ラーメン道楽のスープに酷似してて、FCとは思えませんが何らかの関係はありそう。
 最寄りのラーメン道楽の店舗は鮫洲店か、、、目と鼻の先じゃないか

クリックすると拡大します

 ラーメン道楽の関連店としたら中太麺は大橋製麺、エコ箸では滑ってしまうほど滑らかな麺肌でありながら、スープによく絡んで、食べた感じでは間違いないと思います。
 トッピングはバラ巻きチャーシュー、茹でモヤシ、板海苔一枚、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 昨日8/22にオープンした三田製麺所蒲田東口店ホームページ)、今日までの二日間はオープン記念でつけ麺、辛つけ麺の半額セールです。
 半額と聞けば普段ラーメンを食べない人でも食べてみたくなるでしょう、並んでいるとは思っていましたが、19時30分着で外待ち27人。
 個人店でこれをやると店員さんがお客さんを捌ききれない恐れもありますが、他店のベテラン店員さんが仕切っているので、混乱なく速い回転で列が進んでいきます。

クリックすると拡大します

 30分掛からず店内へ、西新宿店ほどではありませんが、神田店より広く、奥の厨房を囲むカウンター6席、すぐ隣に6人掛けテーブル、手前側は右手に4人掛け対面カウンター2島、左手に壁向きカウンター7席。
 空いている席に座ると、既にテーブルウォッチがしっかりできている店員さんが近寄ってきて、口頭注文後会計、券売機はありません。
 卓上にはブラックペッパー(パウダー、あらびき)、一味唐辛子。酸味系の調味料が欲しいところです。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール470円で開店おめでとうございます。
 メニューは虎ノ門店と同一、つけ麺と辛つけ麺、トッピング、ご飯もの、つまみ的な一品料理。
 灼熱や冷やしは販売しておらず、混ぜそばはカミングスーンの様子。 

クリックすると拡大します

 少し待って辛つけ麺820円(オープン記念で410円)
 つけ汁は、いわゆる豚骨魚介スープ、他店舗展開されていても味が落ちていないと言うことは、味を上げていると言うこと。
 とろみは少なく、後味もあっさりしていて、幅広い年齢層に受け入れられる味わいです。

クリックすると拡大します

 自社製麺(一軒家のラーメン店であれば自『家』製麺でしょうけど、チェーン店展開されているラーメン社でしょうから自『社』製麺かと)の角太麺、僅かに柔らかめにぶれていますが、問題のないレベルです。
 つけ汁にはチャーシュー、メンマが沈められ、板海苔、白ネギ。
 辛つけ麺ですので、辛味タレが回し掛けられています。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、テーブルに用意されている保温ポットから割りスープをつけ汁の容器に注ぎ、スープ割りして頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 お会計時に開店記念の粗品を受け取り、お店を後にしました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記