2017年08月19日

代々木の新規開店ラーメン店

/生姜醤油専門我武者羅代々木店にてラーメン/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて夏野菜冷し味噌野菜、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 生姜醤油専門我武者羅代々木店@代々木、味噌を閉めて生姜醤油へ、昨日今日はプレオープン、21日(月)にグランドオープン。
 プレオープンということで営業時間は夕方までですが、特にメニューを絞っているわけではなく、グランドオープン後のラーメンが味わえます。
 誰にも関係ないことですが、この店のあった場所は個人的にとても思い入れが強く、来る度にその時のことを思い出してしまいます。

クリックすると拡大します

 メニューは元祖長岡系の生姜醤油と、長岡進化系の背脂生姜醤油の二本立て、それぞれ温麺とつけ麺が用意されています。
 数量限定の塩と冷しはオペレーションが落ち着いてから提供と言うことで、一週間程度遅れるとのこと。
 ビールだけではなくレモンサワーやウーロンハイも用意されていて、餃子やワンタンの単品販売に合わせてそれなりに飲めます。

クリックすると拡大します

 店内は随分とすっきりされましたが席数は変わらず(カウンター12席にテーブル4席)、券売機で食券を買って、店主さんにご挨拶。
 卓上の調味料は辣油、醤油、酢、一味唐辛子、白胡椒。
 先ずは赤星550円で、一人開店おめでとうございます会。
 付き出しはその時々で変わるらしく、今日はメンマに辛味を付けてネギをあしらっています。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン750円
 元祖長岡系を謳ってはいますが、本場より百倍スッキリとして美味しいスープ、百倍は効いている生姜。
 美味しいけれども厨房器具が水に馴染んたら、もっと美味しくなると思う、楽しみだなぁ。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中細麺、こちらも長岡のそれより百倍美味しい。
 飲みながらゆっくり食べても、全く延びず、次回のつけ麺が今から楽しみです。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、茹でほうれん草、板海苔、おろし生姜、カイワレ大根。

クリックすると拡大します

 しかししてここまで美味しいのを長岡系というのはどうかと思いますが、東京のラーメン好きは「本物」ではなく「美味しい」ラーメンが好きですからね。
 合間々々で店主さんがお話しさせて頂き、とても嬉しかったです。
 スルッと食べてご馳走様でした、また食べに行きます。

クリックすると拡大します

 ほぼ昼営業のみとなってしまい、土日に行かないと行かれない元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)。
 お店に着くと外待ち数人と奇跡的な少なさ、奇跡的に15分待ちで店内に入れました。
 ビールは初めの一杯(一本)は大変美味しく飲めるのですが、二本目からは好まず、どうしようかなぁ、と。

クリックすると拡大します

 と言うことで、辛玉子をアテに店内熟成を経た久保田で一杯、これは旨いなあ。
 世の中には「日本酒に氷を入れたらダメだよ」とか「封を切ったら一週間で飲まないと」とか言う人がいますが、言いたい人には言わせておきましょう。
 日本酒を空けて、焼酎の四合瓶を空けたところで、本日の限定メニューを頂きます。

クリックすると拡大します

 夏野菜冷し味噌野菜850円、チャーシュー100円
 冷し味噌野菜の野菜は野菜で、更に追加されている夏野菜、絹さや、トマト、ナス、ズッキーニ、アスパラなどなど。
 その全てを大辛味噌のスープで煮込んであって、野菜一つ々々がしっかりと味わえる一体感、流石です。

クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の特製中細麺が、つけ汁にひたひたと絡んで、これがまた旨いのなんのって。
 チャーシューは麺皿に乗せてもらいましたが、箸でほぐしながら食べます。
 今日はおろし生姜のサービスがあったので、適量をつけ汁に入れて、全体の味をさっぱりさせます。

クリックすると拡大します

 ふと、思いつきで盛り付けてみた癒やしの夏野菜丼。
 たまたま隣に座った常連さんとラーメン談義、いやぁ、盛り上がるなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月18日

イソゲン全店訪問

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天ぶっかけ/海苔弁当/元祖ニュータンタンメン本舗横浜店にてタンタンメン(メチャ辛)/

クリックすると拡大します

 山手線で目黒を過ぎ、「ごたんだぁ〜」と車内アナウンスが聞こえてくると、決まって時計を見てしまう。
 「間に合うな」と思ったらささっと電車を降りて、向かうはおにやんま五反田店、新橋には行ったことがあるけど、青物横丁と中目黒は未訪問です。
 立て看板を必ず確認しますが、99%食べるメニューは決まっています。

クリックすると拡大します

 冷「並盛」とり天ぶっかけ420円
 いつもの店員さんではなく、人が変わればクオリティも変わり、1分にも満たない調理時間だからこそ、1秒以下の所作の違いが味の違いに直結しています。
 うどんの麺線は整わず、コシは跳ね返さなくなりました。ツユのイリコは弱くなり、温度もぬるめ。とり天の不揃いさは増し、揚げ過ぎを感じます。
 それでも私はうどんを食べに行きます、長くやっていれば、良い時も悪い時もありますから。

クリックすると拡大します

 お昼はコンビニ弁当で海苔弁当
 海苔弁とは言いながら、どこの店で買っても白身魚のフライが乗っていて、醤油かソースかその両方が付いています。
 今日のは税込430円、、、それならもう70円出して某路麺店のお得ランチを食べた方が、、、いや、何でもない。

クリックすると拡大します

 夜は横浜駅から徒歩10分ほど、家系ラーメン総本山を過ぎたところに、元祖ニュータンタンメン本舗横浜店@横浜(横浜市西区南幸)ホームページ)。
 現存するイソゲン34店舗全店訪問!と思ったら、瀬谷店が先月閉店していて、全33店舗全店訪問、です。
 2016/9/16オープン、店舗からは昭和風情は全く感じられず、(当たり前ですが)今風の小綺麗な店構え、店内です。

クリックすると拡大します

 店内は奥に長いL字カウンター12席、卓上には辣油、醤油、酢、ブラックペッパー。
 横浜店は数店舗でしか販売していないまぜタン(タンタンメンのまぜそば)を販売しており、裏メニュー扱いの店舗も多いニンニクダブル、挽肉ダブルなどもレギュラーメニューです。
 ご飯もの、セットものも用意されていますが、焼肉は焼肉丼しかないんだよな。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューを見ているのは私くらいで、殆どのお客さんは「中辛、ビール」とか「ハイボールと餃子」とか。
 先ずは極個人的に瓶ビール500円、つまみは豪勢におつまみ盛り合わせ480円。
 店内は満席になろうかというほど混み合っていて、食べ始めた頃には満席、店内待ち、それでもみんな飲んでますけどね、金曜日だし。

クリックすると拡大します

 少し待ってタンタンメン(メチャ辛)750円
 化調と鶏ガラスープに鳥挽肉、ニンニク、唐辛子、そして溶き卵、吸い込まれそうな深い石榴色、メチャ辛にしたけどあまり辛くない。
 この味わいこそが往年のイソゲンの味わい、目を開けていられないほど身体に悪そうですが精神の解放には最高です。

クリックすると拡大します

 つるんとしてスープに絡まない角中太麺もいつも通りですが、なぜこんなスープに絡まない麺を使っているのだろう。
 途中から酢を回しかけてキリッと味を絞め、ざくざくと食べ進めます。
 気が付く頃には食べ終わって、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 星川駅では既に渋谷行きがスタンバイしています。
 と思って調べたら、渋谷へは西谷から向かうので、和田町と天王町間の高架工事でしたか。
 まだまだ路線を改善していくんだなぁ、小田急も頑張って欲しい(頑張ってますが)。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月17日

カレーハウス

/ゆで太郎高輪店にて朝そば(玉子)/カレーハウスキラリにてなすカレー/ヌードルズ@町田にてつけ麺/

クリックすると拡大します

 久し振りに朝食を食べようと思って、ゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 お盆の影響か、お客さん全員が座れる程度の混み具合です。

クリックすると拡大します

 食べたのは朝そば(玉子)330円。お蕎麦は冷たいの温かいから選べるので温かいので、玉子は生、温玉、茹でから選べるので生、かき揚げはわかめに変更できますが変更せず。
 お蕎麦を受け取って、天かすをたっぷり、輪切り唐辛子を一掴み。ざるそばも美味しいけど、かけそばも美味しいゆで太郎。
 朝そば用のかき揚げは三分の二サイズが基本なのですが、今日のはフルサイズ、色々なことがありますね。

クリックすると拡大します

 サービスの海老天、天ぷらを懐紙に乗せて出してくれる路麺店が他にあるなら教えて欲しい。
 蕎麦つゆに浸けて食べても美味しいけど、今日は塩を振って頂きました。
 美味しく食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 品川駅港南口の飲食店街二階にあるカレーハウスキラリ、ランチタイムとなれば外待ち10人以上の大繁盛店です。
 とはいうものの、この辺りは飲食店より飲食人口が圧倒的に多いので、外待ちしていなかったらそっちの方が心配です。
 15分程待って店内へ、奥に長いカウンター8席と窓側に4人掛けテーブルが2卓、もちろん満席です。

クリックすると拡大します

 券売機を見るとメニューはカレーのみで、トッピングはナス、ウィンナー、エビカツ、チキン、ポーク、ビーフ、ハンバーグ、コロッケ、カツ。
 トッピングは揚げたてが基本で、並んでいるうちに食券を引き取り、座った瞬間に提供されます。
 卓上にはカレーリッチ、カレーホット、福神漬け、らっきょう。

クリックすると拡大します

 席に着いてお冷やを飲もうとしたら提供されたなすカレー600円
 大抵のカレー屋は、ご飯とカレーが分けられているか半分くらい掛かっていますが、ここでは平皿にご飯を平たく盛り付け、全体的にカレーを掛けています。
 色々なトッピングに合わせるためか、カレーの辛さ、香りは控えめ、ナスはさっと炒めた感じ、全体的には値段以上の美味しさ。

クリックすると拡大します

 福神漬けとらっきょうは始めから食べましたが、途中でカレーリッチとカレーホットを試してみます。
 劇的に味が変わる、いや、全く味が変わるので、それは調味料としてどうなんだろうか。
 食後にコーラ、コーヒー(ホット・アイス)がサービスされ、アイスコーヒーをお願いしました。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今週末に開店4周年のヌードルズ@町田へ、たまに早仕舞いしてしまうので手ぶらで伺いましたが、結果的にそれが良かったようです。
 先客4人に後客4人と常にお客さんがいる状態で、これじゃあ土日は外待ちするのも頷けます。
 店内に入ると店主さんがお出迎え、一年以上空いてしまったかも知れません。
 4周年には何もせずに通常営業とのこと、それが良いですよ。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、追加のメニューも限定メニューも無くて、今後も出す予定もなくて、ずっとひとつのスープでラーメンとつけ麺を販売されています。
 頻繁に限定メニューを提供する店もあれば、全く出さない店もあって、どちらも繁盛していて、面白いですね。
 と言うことで、今夜はハイボール350円で、一人お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 程なくしてつけ麺800円
 菅野製麺所の全粒粉入り中太平打麺、つるりとした麺肌ですが、つけ汁に良く絡みます。
 茹で加減も絶妙で、食べていく中で温度低下は仕方ありませんが、それさえも楽しみになります。

クリックすると拡大します

 つけ汁は豚骨、鶏ガラ出汁に、魚介出汁をブレンドしたクラシカルなWスープ。
 目新しさ、特出感はありませんが、落ち着いた安定した味わいでとても美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記