2017年08月02日

昆布だしラーメン

/利尻昆布ラーメンくろおび@大門にてラーメン(塩)/東京味噌らーめん萬馬軒花橙(まんばけんはなだい)@梅ヶ丘にて辛ッ辛つけ麺/

クリックすると拡大します

 お昼は移動がてら大門でお昼、大門の辺りも未食店だらけで、全部のお店に行くのにどのくらい掛かるか検討も付かない。
 ま、いずれにしても一店づつしか食べられないので、今日は利尻昆布ラーメンくろおび@大門(港区芝公園)へ。
 2015/11/14オープン(プレオープンとかあって前後に数日のブレあり)。ネット情報を探すと、竹田恒泰さんのプロデュースとのことですが、、そもそも竹田さんってどんな人?

クリックすると拡大します

 店内に入ろうとしたら満席、店先で待つ間に貼り出されているメニューを眺めると、全部入りの「くろおびラーメン」スタート、海老ワンタン、チャーシューメンと並べられています。
 つまり、昆布ダシラーメンの塩と醤油のみ、トッピングの違いということですね、夏季限定の冷やしとつけ麺もありました。
 すぐに店内から声が掛かり店内へ、右手の厨房に面したカウンター6席、左手にはテーブルが2人掛けと4人掛け。

クリックすると拡大します

 席に着いたらオーダー、夜は軽く飲める仕様で、飲み物やつまみ料理のメニューが掲げられています。
 卓上には辣油、ブラックペッパー、酢、醤油。店内には昆布の一枚くらい飾ってあるかと思ったら、随分と殺風景。
 利尻昆布ラーメン物語と銘打って、ビッシリと説明書きが書かれていました。

クリックすると拡大します

 すぐに提供されたラーメン(塩)800円
 利尻島産天然利尻昆布100%使用のスープを飲んでみると、この値段でここまで使って良いのかと心配になるほど、昆布だしの味わい。
 美味しいと言うより、ご飯や焼き魚に掛ける濃度に感じ、昆布だしが好きな人にはこの上ない最高のスープでしょう。

クリックすると拡大します

 縮れ細麺を合わせていますが、相性はちょっと足りていない感じで、そりゃここまでスープの完成度が高ければ、麺を合わせるのは難しそうです。
 トッピングは大きめの煮豚チャーシュー、長めの穂先メンマ、白髪ネギにカイワレ、糸唐辛子。
 食べ進めるとスープの温度が下がりますが、更に味わいが濃くなっていきます。

クリックすると拡大します

 それぞれのトッピングがそれぞれの方向を向いていて、どこが正面なんだろう、正面とか無いのかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 今月中旬で閉店して来月には西新橋へ移転、店舗がもう少し広くなると良いですね。

クリックすると拡大します

 まだ体調が戻らないので、近場で夕飯を食べて帰るかと、東京味噌らーめん萬馬軒花橙(まんばけんはなだい)@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)へ。
 毎月は来られていないのですが、毎回新しいメニュー、というか限定メニューがある気がしています。
 ガラス戸越しに店内を覗くと、にっこり笑った店長さん、カウンター席が半分くらい埋まっています。

クリックすると拡大します

 食券を買って、空いている席に座ります。
 先ずは瓶ビール500円で今夜は梅ヶ丘で1人お疲れ様会、スーパードライなんだ、色々と思うところがあるな。
 お客さんがひっきりになしに入ってくるので、店長さんはずっと調理をされていて、折角来たのにひと言も話せません。

クリックすると拡大します

 程なくして辛ッ辛つけ麺900円、ニンニクの要不要は聞かれます。
 ※店長さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 スタンダードのつけ麺は味噌つけ麺と辛味噌つけ麺になり、辛味噌つけ麺に辛麻婆をトッピングしたメニューになります。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の角太麺をしっかりと茹で上げてから冷水できゅっとしめてあり、一杯づつ中華鍋を振って調理する野菜を煮込んだ辛味噌スープに浸けていただきます。
 いわゆる花田流のつけ麺、濃厚に見えてすっきりした味わい、つけ麺として一つの完成形だと思っています。

 そのままでも十分に美味しいのですが、辛麻婆を混ぜて食べるとさらに美味しい。
 トッピングは大きなバラ巻きチャーシュー、半身の味玉。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べているときも、帰り際も、お客さんが途切れることなく入ってくるので、最後まで店長さんと話ができず。
 こんな忙しい店だとは思っていなかったんだけどな、いつからこうなっちゃったんだろうな。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記