2017年08月16日

油そばと汁無しと

/油そばの店蜻蛉@平和島にて旨辛モツ油そば/麺バカ息子@京急蒲田にて冷やし黒ごま担々麺/

クリックすると拡大します

 大好きな店と言いながら、半年ぶりの訪問になってしまった油そばの店蜻蛉@平和島(大田区大森北)ホームページ)。
 平和島駅から徒歩一分以内、高架下に寄り添うそうな立地なので、お店にぴょいっと飛び込めば、雨でも傘は要りません(当社比
 店先のパウチは気にしないで、先ずは店内へ。

クリックすると拡大します

 入って右手に券売機、左手には6/8から始まった限定メニューが貼り出されています。
 油そば専門店と言いながら温麺やつけ麺を販売する店も多い中、頑なに油そばのみ、それでいてタレと具材を狭い範囲で工夫を続けています。
 どこまで行けるかなんて蜻蛉は考えない、蜻蛉は前にしか飛ばないからだ。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内を見渡すと、ほぼ満席、「こちらへどうぞ」と店員さんに案内されて店内奥に進みます。
 油そばであっても、麺を茹でて盛り付けをするのは温麺とあまり変わらず、出来上がりまでそれなりに時間が掛かります。
 だからと言って、一、二分で提供されても、それはそれでどうかと思います。

クリックすると拡大します

 程なくして旨辛モツ油そば880円
 三河屋製麺の中太麺が激しく美味しいので、全体的に美味しい事は決まっていて、どの方向にどう美味しいかという話し。
 醤油ダレと共に白ネギ、シャキシャキと食感の良いモヤシ、そしてその上に旨辛に煮込んだモツ。
 モツは麺の硬さに合わせた歯応えを残す柔らかさ、旨いじゃないですか。

クリックすると拡大します

 トッピングにはピンポイントで茹でほうれん草、ちゃんと香りが残る店内茹で。
 このままでも十分美味しいけど、辣油と酢の味変の誘惑には勝てず、香りを立てさせて食べ切りました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 何日か前からTwitter限定を始めた、麺バカ息子@京急蒲田(大田区蒲田)
 夜営業は大抵外まで並んでいるのですが、お盆休みと言うこともあってか、一人も並んでいません。
 先ずは店先の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、お盆休みと言うこともあってか半分しか入っておらず、店員さんに「こちらへどうぞ」と案内されます。
 食券を「冷やしで」と伝えながら店員さんに渡し、杜仲茶を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 先客はもう既にラーメンを食べているし、後客はいないので、絶好のトークタイムなんですけど、、、世の中は思うに任せられません。

クリックすると拡大します

 少ししてTwitter限定の冷やし黒ごま担々麺750円、杯数とか期間は聞いていません。
 汁なしなので、二種類のタレを冷やしておいて、茹で上げた麺を冷水で締めて乗せ、豚肉そぼろ、ナッツ粉を振り掛け、パクチーをあしらっています。
 色々な味と香りが複雑に絡み合って、一口毎に味や香りが違うのが担々麺の楽しみですね。

クリックすると拡大します

 黒胡麻の芝麻醤がパクチーの香りと混ざって箸が止まらない美味しさ、細麺がタレによく絡んでいます。
 タレに対して麺が多い印象で、食べながら何度か混ぜて頂きます。
 麺量は一玉半でしたので、そのままでも食べきれるところを、途中から味変してみます。

クリックすると拡大します

 卓上の辣油と酢を回し掛け、再び全体をよく混ぜてから食べてみると、これまた違った美味しさ。
 サービスの味玉をいつ食べようかと悩んでいるウチに残ってしまい、麺を食べ終わってから頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 蒲田駅東口では、三田製麺所蒲田東口店が開店準備中です。
 8/22と23はつけ麺760円のところを、半額の380円で提供されます。
 私も食べに行きたいので、何とか時間を調整中です。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記