2017年08月22日

二胡の演奏

/麺屋翔品川店@品達にて鶏だし醤油つけそば〜トマト出汁昆布汁ver〜/青龍門池袋店にて二胡奏者KIRIKOのソロ演奏/

クリックすると拡大します

 お昼は大好きな麺屋翔品川店@品達ホームページ)へ。
 大好きなラーメン店で限定メニューを販売されるというので、新店とかコラボとか構っていられません。
 とは言え、一通りの店舗の店先はチェックしておかないと、もちろん全然覚えられず、見るだけです。

クリックすると拡大します

 夏季限定メニューは二種類あって、つけ麺と冷やしラーメン、先ずはつけ麺から食べますか。
 店外に設置された券売機を見ると、ゴーヤおひたしとかモヤシナムルとか、一杯飲むお客さん向けに一品料理が揃っています。
 客席から券売機まではちょっと遠いので、夜は券売機制と現金制を併用しているのかな、どうだろうか。

クリックすると拡大します

 店内は半分くらいの入りですが、カウンター席が満席で、2人掛けテーブルに1人ポツンと。
 普段、ひとりぼっちだと、こういうときもひとりぽっちになってしまうんですね。
 卓上に置いてあったパウチを見ながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します


クリックすると拡大します

 鶏だし醤油つけそば〜トマト出汁昆布汁ver〜850円
 『知床鶏、函館産昆布など北海道の食材にこだわったつけそばです。はるゆたか使用の心の味特注麺を、トマトから丁寧に旨味を抽出しグルタミン酸たっぷりの「トマト出汁」、トロトロの「昆布水」を合わせた美味しい出汁に浸してあります。醤油ベースの鶏だしつけ汁につけてお召し上がり下さい。』

クリックすると拡大します

 麺にはたっぷりと岩海苔が乗せられていて、昆布の香りに重なる海苔の香り。
 つけ汁にはスクエアに刻まれた白ネギが浮かべてあります。
 美味しく頂いたら、残った昆布汁を残ったつけ汁に入れてスープ割り、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 昨日知ったライブの告知、思いつきで行動する私に付き合ってくれる友達を捕まえて池袋へ。
 青龍門池袋店ホームページ)、中華・台湾家庭料理居酒屋と銘打っていますが、ここでは中国と台湾の友好関係について言及しません。
 地上の入り口から階段を下りますが、少し長く歩いて店内に入ると、『「神秘的な城」と称される中国福建省の山奥にある客家人の集合住宅"土桜"がコンセプトの異次元空間』が広がります。

クリックすると拡大します

 ライブは19時30分、20時30分、21時30分、ライブ自体が30分程度掛かるので、ほぼ食べて飲んで聞いて、になります。
 流石に中華料理屋に一人はどうかと思って友達を誘いましたが、演奏者のファンの人達は皆一人で来ていて、なるほど。
 大体のシステムが分かったところで、今夜は池袋で乾杯。

クリックすると拡大します

 アラカルトで注文するのは面倒くさいので、生ビールもある2時間飲み放題が付いた宴会☆超得プラン3980円をお願いしました。
 前菜2種盛り合わせ(自家製蒸し鶏の胡麻ソースがけ・干し豆腐のサラダ)、ぷりぷり海老のチリソース炒め、鶏の唐揚げ甘辛ソースがけ、豆苗炒め。
 ビールを飲んだら紹興酒、今夜はロックでお願いしました。

クリックすると拡大します

 二胡奏者KIRIKOのソロ演奏公式サイト)、写真は撮りましたが彼女はプロの演奏者、個人で楽しむだけで公開しませんのであしからず。
 恥ずかしながらこの歳になって初めて聞く二胡の音、どの弦楽器より柔らかい音色、古くささを全く感じません。
 ぐいと胸ぐらを捕まれるのではなく、優しく肩を抱かれる心地よさ、いいなぁ。
 現代曲のカバーもいいけど、淡々と弾く古典音楽も素晴らしいです。

クリックすると拡大します

 北京ダック、随分と久し振りに食べました。
 申し訳ないけど、目の前で丸焼きから削り取って食べないと北京ダックとは言えない様な。
 それが食べたければ、金を出せと言われたら仰るとおりです、申し訳ない。

クリックすると拡大します

 豚肉のパリパリ春巻、柔らか黒酢酢豚、フカヒレあんかけ炒飯。
 この辺りで20時30分の会、全曲違う演奏をされるのですね。
 初回は音色に聞き惚れてしまいましたが、二回目なのでその演奏に見入ってしまいました。

クリックすると拡大します

 コースは二時間ですので、これにてお会計。友達には挨拶に行かないのかと言われましたが、挨拶せずに遠くから見守るのが私の主義。
 ホールの女性店員さんに他にも生演奏をしているのかと尋ねたら、彼女だけだという。どのくらいやっているのかと尋ねたら、私が働き出す前からやっているので二年以上はやっていると。
 それだけ聞ければいいのに、なぜか立ち去らない店員さん、人工太陽を模した灯籠と関係あるのだろうか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記