2017年08月23日

青物横丁の新店

/おにやんま東品川店にて冷「並盛」とり天/味力(みりょく)@青物横丁にてラーメン/三田製麺所蒲田東口店にて辛つけ麺/

クリックすると拡大します

 行く行く詐欺になっていたおにやんま東品川店へ、念願叶って初訪問、残るのは中目黒店。
 駅前という立地でもなければ、飲食店街でもなく、駅からの距離は新橋駅からの新橋店よりも少し遠いかな。
 店先のメニューは他店と同じ、営業時間は平日は15時から17時が中休み、土日祝は15時まで、覚えておこう。
 店内に入るとすぐに券売機、直射日光が当たって読みにくい五反田店とは違いますが、商品の並びが五反田店や新橋店とは異なっています。

クリックすると拡大します

 週替わりとしてメンチカツがあったり、月替わりとして茄子の煮びたしなんかもあったりして、各店舗で特色を出しています。
 食券を買って店内に入ると、「左端の空いている席にお願いします」と案内されます。
 券売機と連動した発券レシート方式ですので、食券は卓上に用意された籠に入れておきます。
 厨房を囲むカウンターが14席、入って左側に2人掛けテーブルが3卓、用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして冷「並盛」とり天420円
 調理を見ていたので分かっていましたが、麺線は揃えなくなったようですね。
 その分を差し引けば、コシのある角太うどんのクオリティは全く問題なく、この価格帯では有り得ない美味しさ。
 イリコ出汁は程よい味わいでうどんをより美味しく引き立てますし、とり天はからっと揚がっていてとても美味しい。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は
味力(みりょく)@青物横丁(品川区南品川)へ。
 8/16オープン、外待ちができたりできなかったりの混雑ぶりなのは、オープンしたてで「一度食べてみるか」のお客さんでしょうか。
 店先には「醤油ベースの豚骨スープは云々」との説明書きがあります。
 店内に入ると真っ直ぐ奥の厨房に面したカウンター9席のみ、手前左側に券売機があります。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンのみで、トッピングはのり、ネギ、キャベツ、玉子、チャーシューなど。
 他にはライス、ネギチャーシュー丼、瓶ビール。
 食券を買って空いている席に座って店員さんに食券を渡します。
 卓上には醤油、辣油、酢、白胡椒、豆板醤、おろしニンニク、うーんとサイドメニューには餃子が見当たりませんでしたが。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン650円
 薄茶色に濁った豚白湯スープ、豚頭や背脂も溶け込ませてあり、濃厚ではなくあっさりした口当たりは幅広い客層に受けがいい美味しい味わい。
 (家系ラーメン店のように)味濃いめ等の好みに応じていましたので、マスコミ等で大きく取り上げられることはないかも知れませんが、結構流行ることでしょう。
 しかしして、ラーメン道楽のスープに酷似してて、FCとは思えませんが何らかの関係はありそう。
 最寄りのラーメン道楽の店舗は鮫洲店か、、、目と鼻の先じゃないか

クリックすると拡大します

 ラーメン道楽の関連店としたら中太麺は大橋製麺、エコ箸では滑ってしまうほど滑らかな麺肌でありながら、スープによく絡んで、食べた感じでは間違いないと思います。
 トッピングはバラ巻きチャーシュー、茹でモヤシ、板海苔一枚、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 昨日8/22にオープンした三田製麺所蒲田東口店ホームページ)、今日までの二日間はオープン記念でつけ麺、辛つけ麺の半額セールです。
 半額と聞けば普段ラーメンを食べない人でも食べてみたくなるでしょう、並んでいるとは思っていましたが、19時30分着で外待ち27人。
 個人店でこれをやると店員さんがお客さんを捌ききれない恐れもありますが、他店のベテラン店員さんが仕切っているので、混乱なく速い回転で列が進んでいきます。

クリックすると拡大します

 30分掛からず店内へ、西新宿店ほどではありませんが、神田店より広く、奥の厨房を囲むカウンター6席、すぐ隣に6人掛けテーブル、手前側は右手に4人掛け対面カウンター2島、左手に壁向きカウンター7席。
 空いている席に座ると、既にテーブルウォッチがしっかりできている店員さんが近寄ってきて、口頭注文後会計、券売機はありません。
 卓上にはブラックペッパー(パウダー、あらびき)、一味唐辛子。酸味系の調味料が欲しいところです。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール470円で開店おめでとうございます。
 メニューは虎ノ門店と同一、つけ麺と辛つけ麺、トッピング、ご飯もの、つまみ的な一品料理。
 灼熱や冷やしは販売しておらず、混ぜそばはカミングスーンの様子。 

クリックすると拡大します

 少し待って辛つけ麺820円(オープン記念で410円)
 つけ汁は、いわゆる豚骨魚介スープ、他店舗展開されていても味が落ちていないと言うことは、味を上げていると言うこと。
 とろみは少なく、後味もあっさりしていて、幅広い年齢層に受け入れられる味わいです。

クリックすると拡大します

 自社製麺(一軒家のラーメン店であれば自『家』製麺でしょうけど、チェーン店展開されているラーメン社でしょうから自『社』製麺かと)の角太麺、僅かに柔らかめにぶれていますが、問題のないレベルです。
 つけ汁にはチャーシュー、メンマが沈められ、板海苔、白ネギ。
 辛つけ麺ですので、辛味タレが回し掛けられています。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、テーブルに用意されている保温ポットから割りスープをつけ汁の容器に注ぎ、スープ割りして頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 お会計時に開店記念の粗品を受け取り、お店を後にしました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記