2017年08月30日

らーめん大インスパイア

/田中そば店新橋店@内幸町にて冷かけ中華そば/ラーメン英二@府中にてラーメン(豚一枚)/

クリックすると拡大します

 新橋駅から歩いて10分ほど、田中そば店新橋店@内幸町(港区西新橋)ホームページ)。
 田中商店グループの田中そば店ブランドとして、本店、仙台長町店、秋葉原店に続く4店舗目として2017/7/24オープン。
 田中そばブランドは、喜多方ラーメンをベースにした「ラーメンの原風景」を表現しています。とは言え、ラーメンの原風景は個々人で異なると思うのだが、、、ま、イメージとして。
 店先に待ち行列ができていますが、先に店内に入って食券を買って並び直します。

クリックすると拡大します

 メニューは中華そば、ねぎそば、肉そば、山形辛味噌、トッピングは味玉、ご飯ものに生ビール。
 喜多方ラーメンには古くから冷やしラーメンがあり、田中そば店でも夏季限定で冷やしを出しているので、その冷やしが販売されるのを待っての訪問。
 程なくして再び店内へ、カウンター10席、卓上にはブラックペッパー、特製唐華。

クリックすると拡大します

 少し待って夏限定メニューの冷かけ中華そば850円、丼はテーブルまで届くと思いますが、どの店舗でもカウンター台に置かれます。
 鶏ガラの出汁スープの脂分を取り除いて冷やしたスープ、あっさりして美味しい。
 本場の喜多方ラーメンだと、魚介出汁を加えて飲み応えのあるスープに仕上げることが多いのですが、こちらではあっさりしたままの東京スタイル。

クリックすると拡大します

 麺は温麺と同じ縮れ平打太麺、この麺でも美味しいけど、冷たいスープ用に中細麺が用意されているともっと嬉しい。
 チャーシューは温麺同様に三枚、味付けされた細いメンマがコリッとしていい感じです。
 白ネギがちょっと多めでした。

クリックすると拡大します

 途中で辛特製唐華を合わせてみます。
 温かいスープにはよく溶けますが、冷たいスープには溶けにくく、それでもそれはそれで辛さが響き渡ります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラーメン百名店2017全店訪問、残り8店舗。
 府中駅から徒歩17分程度なので何の躊躇もなく歩く距離ですが、南口を出たら小雨、雨が降っているからと行って止めるわけにはいきません。
 階段を降りるとそこにはドアを開けたバス、、、まあ、そこまで言うなら行きはバスに乗りますか。

クリックすると拡大します

 晴見町バス停を降りて100メートルほど戻ってラーメン英二@府中(府中市晴見町)、2014/1/30にオープン。
 この手のラーメン屋の繁盛には、大学生客が必要不可欠であり、こちらは東京農工大の学生がお得意様となります。

 ラーメン二郎インスパイア店を大きく分けるとラーメン二郎出身、らーめん大出身、その両方、その両方でないの四通りに分かれます。
 こちらはらーめん大下高井戸店出身とのコトですが自家製麺、らーめん大は丸山製麺ですから、どこかの店(学校)で製麺を教わったか、独学かになります。
 が、そこには誰も触れていない。何かの折に、事情通に聞いてみよっと。

クリックすると拡大します

 外待ちの可能性も十分にありましたが、カウンター11席はタイミング良く空き席有り、先ずは券売機で食券(プラ券)を購入します。
 メニューはラーメン、つけ麺、汁なし。汁なしとは和えそば、混ぜそばのコトですが、ラーメン二郎、ラーメン二郎インスパイア店では発祥店である関内二郎に敬意を払って汁なしと呼んでいます。
 麺量は基本が300g(一般的なラーメンは140g)、大が450g。アリバイ的に食べなくてはならない人向けにミニ150gも用意されています。
 プラ券を買ったら、近くにある整水器でコップに水を汲み、レンゲを持って空いている席に座ります。

クリックすると拡大します

 席に座ったらカウンター台にプラ券を置いて、カウンター台に張ってある無料トッピング表を見て、どうするか考えます。
 卓上にはかえし醤油、ブラックペッパー。唐辛子は置いてないんだ。
 厨房には2人の店員さん、ゆっくりとラーメンを作っていきます。

クリックすると拡大します

 程なくして店主さんの視線を感じ、「ニンニク、ヤサイ」、さっさっと盛り付けてラーメン(豚一枚)700円
 野菜はキャベツとモヤシのブレンドですがその時々で割合が変わり、今日はモヤシ9割。
 モヤシなんてどれだけ食べても野菜補給になんてならないけど、モヤシが好きな人にはたまらないでしょう。

クリックすると拡大します

 スープはド乳化と言うよりド豚骨。舌が痺れるほど魔法の白い粉が入っていて、まんま脇腹に貼り付く背脂も塊で入っていて、寝るまで食後感が残ると思われる身体に厳しい味わい、だがこれが旨い。
 極太平打麺はオーションの配合と、茹で時間を間違えたかのような硬さ。お得意様向けに最適化されているのでしょう、硬さは若さ。
 ブタは、箸で持ち上げると崩れるほど柔らかく、塩辛よりも塩辛い味付け。お得意様向けに最適化されているのでしょう、塩辛さは若さ。

クリックすると拡大します

 麺と野菜を食べ切ってもお腹に余裕があったので、スープを飲み干しても良かったのですが。
 明日はサッカーワールドカップ最終予選、今日のところはおとなしく。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 いったん府中駅まで歩いて行き、さて、どうやって帰ったら良いだろかとグーグルマップで調べてみると、府中本町まで歩けと。
 この辺りをこの暗さで歩くのはどのくらいぶりだろうか、府中本町というキーワードが出てきた瞬間、道もお店も思いでもよみがえってきました。
 にゅーたんたんでサッカー見たっけな、さっさと帰ろっと。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記