2017年09月24日

大和で二軒

/鈴の家@桜ヶ丘にてらーめん/札幌ラーメン八雲@高座渋谷にて味噌ラーメン/

クリックすると拡大します

 昨日に引き続き、今日も特に予定を入れていません。
 個人的には予定びっしりの真っ黒い予定表より、何をするのも自由な真っ白な未来が好きです。
 ざざっとネットを検索して、昨日オープンしたラーメン屋が大和市に二軒あることに気が付き(今頃?当日?)、ささっと支度をして出掛けました。

クリックすると拡大します

 初めて降りる小田急江ノ島線桜ヶ丘駅、改札を出て東口と西口に分かれているので、今日は東口へ。
 降りてそのまま真っ直ぐ大きめの通りまで行き、その通りを右、つまり南下します。
 この通りは間違いなく車で走ったことがあって、まさかその通りを歩くことになるなんて、と思い出していたらお店に着きました。

クリックすると拡大します

 とんこつ工房辰味@平塚(2015/10/7-2017/7/28)の移転リニューアルとして、弘家の跡地に9/23オープンした鈴の家@桜ヶ丘(大和市上和田)店舗のツイッター)。
 平塚時代は開店直後に伺っていますので、移転直後も開店直後に伺いしました(って、今日気が付きましたけど)。
 営業時間は11:30-14:30 18:00-21:30、水曜定休、「鈴の家」の由来は店主さんの名字(鈴木)から。
 店内はゆったりしていて、厨房を囲むカウンター11席、壁際に待合席として長椅子が置かれています。

クリックすると拡大します

 右手の券売機で食券を、メニューはラーメンとつけめん、醤油のみ。
 トッピングは標準的、ご飯ものにビール。
 空いていたカウンター席に座り、セルフで汲んできたお冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上にはおろし生姜、おろしニンニク、豆板醤、お酢、ブラックペッパー、白胡麻。

クリックすると拡大します

 少し待ってらーめん650円、お好みは柔らかめでお願いしました。
 スープより先に鶏油を丼に入れるタイプなので、先ずは豚骨スープを味わい、麺で全体を混ぜてから、鶏油をブレンドしたスープを味わえます。
 多めに炊き出された豚骨スープはきっちり旨味が出ていて美味しい、鶏油をブレンドした後は正統派家系ラーメンのスープで美味しい、昨日オープンってホントでしょうか。

クリックすると拡大します

 麺は長多屋製麺の短尺平打中細麺、柔らかめが足りないけど、とても美味しい。
 トッピングはやや厚めに切り分けられた肩ロースチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚、半身味玉。
 途中でライスを追加して海苔で巻いて食べようかと逡巡しましたが、今日のところは止めておきました。

クリックすると拡大します

 美味しいラーメンなので味変の必要はありませんが、卓上の調味料の味も確認したいので。
 麺を半分ほど食べたところで、おろしニンニクと豆板醤で味変を楽しみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わってもお客さんは引っ切り無しでしたが、手隙を狙ってお声掛けさせて頂きました。
 移転の理由は伺えませんでしたが、それ以外の疑問は解消しました。
 これから大変でしょうけど、頑張って下さい。

クリックすると拡大します

 次の店は駅反対側、歩くと15分ほど掛かります。
 お店を遠くから眺めてみたら外待ち多数、少し空くまで待とうかと、ファミレスで一時間ほど休憩しました。
 それにしてもファミレスが混んでいて、それにしても女性店員さんが可愛くて、ラーメン止めて何か食べちゃおうかなと思ったほど(思っただけ)。

クリックすると拡大します

 居酒屋跡地に2017/9/23グランドオープンした札幌ラーメン八雲@高座渋谷(大和市福田)
 高座渋谷駅からは徒歩6分、店先の通りをもう3分歩くと、純すみ系の郷があるんですけど。
 9/14-20はプレオープンとして味噌ラーメン400円、9/23から9/30まではオープン記念でラーメン一杯500円。

クリックすると拡大します

 お店に着いたときには外待ち17人、着席まで1時間、配膳まで15分。280円引きのためにこんなに待つのは、割に合わないなぁ。
 営業時間は11:00-15:00 17:00-22:00無休、屋号の由来は未確認です。
 店内は入ってすぐ左手に小上がり6人、右手奥に2人掛けテーブルが2卓、左手奥の厨房に向かうカウンター6席。

クリックすると拡大します

 案内されたカウンター席に座り、メニューを見ながらの口頭注文後会計。
 メニューは味噌、塩、醤油。チャーシューメン、バターラーメン。ライス、唐揚げ、焼豚のみみ、キムチ。
 飲み物は生ビール、ハイボール、サワー、ソフトドリンク。

クリックすると拡大します

 卓上には酢、白胡麻、一味唐辛子。おろしニンニクは店員さんに声を掛けて出してもらいます。
 厨房は純すみ系を模してか曇りガラスで覆われていて、調理は伺えません。
 この曇りガラスで客席と厨房を区切る理由は分からないのですが、お客さんと店員さんとの距離がどうしても遠くなります。
 お互いの距離なんてどうでも良くて、ラーメンは黙って食べて黙って帰ることを信条とされているお客さん向きなのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って味噌ラーメン780円(オープン記念で500円)、女性店員さんが両手で一杯づつ、意識か無意識か分かりませんが、きっちりと左肩側から配膳して下さいます。
 豚骨や鶏ガラ等の白湯スープに、赤味噌の力強さと、白味噌の優しさの合わせ味噌を合わせ、甘いだけではないしっかりとした味わい。
 このスープで店主さんは独学だというのだから驚く、いや、料理の美味しさと修業期間の長さは無関係なのだろう。

クリックすると拡大します

 初々しさを感じる丸太麺は自家製麺(聞けば『敢えて公表していません』とのこと)、ドンピシャの茹で上がりでダマは一切感じられず。
 スープとの相性は今一歩ですけど、ラーメンは週末に食べる程度のお客さんでは気にならないでしょう。
 チャーシューはレアまでいかないミディアムレア、材木メンマは柔らかめ仕上げで綺麗に3本が並べられていて、炒めモヤシはシャキシャキ、万ネギに糸唐辛子。

クリックすると拡大します

 味変は無料サービスのおろしニンニク、何でもおろしニンニクを入れれば良いというわけではありませんが。
 全体を混ぜて味わってみると、ちょっと合わないなぁ、、、ま、そうは言っても混ぜてみないと分からないわけですので。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 図らずとも昼営業のラストになり、レジまで出てきてくださっていた店主さん(30歳後半イケメン)に、図々しくもお声掛けさせて頂きました。
 郷と同じ通りなのは「たまたま空いた物件がここだっただけ」とのこと、、、あっ、屋号の由来を聞き忘れた(汗)
 夜に軽く飲みに来るのもアリですが、来ても店主さんに会えるとは限らないんだな。

クリックすると拡大します

 高座渋谷駅まで歩いて、相模大野経由で帰宅しました。
 勝手に思い込んでいたよりもかなり電車が空いていて、終始座れて助かりました。
 明るいウチに帰ってこられて、色々とはかどります。

クリックすると拡大します

 夜は地元のお祭りで、最終日は花火大会が行われました。
 花火の写真はアリバイ的に撮っただけで、まあ、下手なこと下手なこと。
 それでも雰囲気だけ伝われば、と、いつも通りで。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月23日

大井町と小田原

/ラーメン春@足柄上郡大井町金子にてネギラーメン/ラーメンUMAMI@小田原市小八幡にて味噌ラーメン(並)/

クリックすると拡大します

 ゆっくり起きて、スマホの通知を一通りチェックして、ベットを出ます。
 さて、写真の整理を簡単に済ませたら、出掛けることにしますか。
 今年は群生している彼岸花を撮りに行くことも無く、あっという間に彼岸花が枯れていきます。

クリックすると拡大します

 バイクを飛ばして向かったのは、255号線沿いのかつや、の先を左に入ったラーメン春@足柄上郡大井町金子
 2015/10/16オープン、オープン日直後に店の近くを通っていますが、その時は時間が無くてスルーしてしまい、その後、すっかり忘れていました。
 店先に立つと、ラーショの空気がプンプン匂いますが、調べた限りではそんな事前情報は見つけられませんでした。

クリックすると拡大します

 ガラッと引き戸を引いて店内へ、赤い丸椅子と卓上のラージャンの空気感で、間違えるはずも無いラーショ、何でみんなそう書かないのかな、書いてはいけないのかな、書いてみようかな。
 厨房を囲むカウンター6席と7席の13席、店内角に設置された券売機に向かいます。
 メニューはラーメン、つけめんのみ。タレは醤油のみ。餃子、ご飯もの、ビール。

クリックすると拡大します

 ラーショならば食べるメニューは1択、食券を買ってカウンター台に置きます。
 卓上にはおろしニンニク、ラージャン、ラーメン醤油、醤油、酢、辣油、ブラックペッパー。
 セルフでお冷やを汲んできて、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってネギラーメン680円、ここのはねぎと細切りチャーシューを和えるゴマ油が多め。
 この冷たいねぎをトッピングするとスープの温度が下がりますが、猫舌の私にとって願ったり叶ったり、とてもスープが飲みやすくなります。
 豚ガラ、鶏ガラにネギや玉ねぎをまとめて炊き出したスープ、安定の味わいですな。

クリックすると拡大します

 肩ひじ張らない、背伸びしない、普通に出回っている食材を丁寧に調理した美味しさ。
 製麺所不明ながらスープによく合う細麺、早く提供できるし、食べやすいし、これぞラーショの麺。
 板海苔は二枚なのか、、そういう時代なんですな。

クリックすると拡大します

 途中でラージャンとおろしニンニクで味変、辛さと旨さで全体が蘇ってきます。
 場所柄、飲みに来ることは殆ど無理ですけど、金曜日に350円ラーメンは食べに来られるかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次の店は国府津駅近くなので、グーグルマップで経路を確認し、バイクを走らせます。
 この辺りにはなんだかんだで結構来ているので、大抵の道は通ったことがありますが、途中から初めて通る道。
 車だとカーナビを見ながら運転もできるけど、バイクなので、時々停まって経路を確認して、と。

クリックすると拡大します

 巡礼街道の洋食屋35跡地に2017/09/01オープンした、ラーメンUMAMI@小田原市小八幡
 オープン日は知っていましたが、この一軒だけのために国府津まで行くのは辛い。
 店内に入ると、左手に厨房、厨房に向いたスタイリッシュなハイチェアカウンター6席、奥には壁向きスタイリッシュなハイチェアカウンター3席、右手には4人掛けテーブルが2卓。

クリックすると拡大します

 土曜日の夜、「新しくラーメン屋ができたんだって」と友達や仲間、家族を連れだって来店されるお客さん多数。
 今後もそういった客層が見込めそうですし、10年、20年営業することを考えたら、全席テーブルでも良い様な気がしますが。
 事前情報ではご夫婦で切り盛りとの事でしたが、兄弟っぽい男性店員二人。

クリックすると拡大します

 左手に用意されている券売機で食券を購入、メニューは味噌、味噌ミルクバター、味噌冷麺、醤油。つけ麺、まぜそばなどは無し。
 味噌冷麺を食べたかったのですが売り切れ。開店日から類推すると夏季限定と言うことは無さそうですが。
 空いていたカウンター席に座り、食券を渡してお冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上には醤油、辣油、酢、白胡麻。

クリックすると拡大します

 少し待って味噌ラーメン(並)750円、丈がある逆円錐の丼。
 スープは人数分だけ雪平鍋で温め直され、大きな中華鍋ではひき肉とモヤシを炒めてトッピングしています。
 つまり、味噌一@平塚、小林屋などの関連店出身でないかと推測されますが、うっかり尋ね忘れて未確認。

クリックすると拡大します

 豚骨を丁寧に炊き出したスープ、白味噌を合わせて全体的に甘い方向性、炒めたモヤシとひき肉が相まって、とても美味しいです。
 開店一ヶ月以内でこの味とは凄い、ラーメン作りのセンスを感じます。接客は私には合いませんでしたけど。
 麺は自家製の角太麺、茹でる前に手揉みはしていませんがスープによく合い、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 チャーシュー、メンマ、味玉などはいずれも有料トッピングなので、ラヲタの好む「デフォ」の麺相は寂しいけれども、(2回目からは)トッピングを付ければいいだけなので、問題にならないと思います。
 冷麺が販売していることが分かれば食べに来たいけれども、ちょっと厳しいかな。

クリックすると拡大します

 帰宅への道筋もグーグルマップに聞いてみたら、一度も通ったことの無いルートを示すし。
 外灯も無い真っ暗な道を走ると、ここでエンジンが止まってしまったらどうしようと思ったりします。
 ま、止まったら止まったで、、、何ともならいか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月22日

汐留シティセンター

/車内食堂の弁当/濃厚鶏そば 麺屋武一(たけいち)汐留店にておまかせ5本盛り、汁なし担々麺/

クリックすると拡大します

 お昼は車内食堂の弁当350円、この値段まで来ると自宅で詰めるお弁当と値段が変わらなくなるし、コンビニおにぎり2個と同じくらい。
 何と言ってもご飯が少ないのが助かる。
 糖質ダイエットなんて絶対にしないけど、それでもご飯が多いと思うことがあり、だからと言って残すのは相当な罪悪感を感じますし。
 ※写真はイメージです。

クリックすると拡大します

 さて、金曜日なのでどこで飲むかとわくわくしながら退社、、、女房からラインが入って買い物へ。
 買い物が終わってからでも全然飲みに行けるけど、買い物のために折角、汐留まで来たので、この辺りで飲むかと。
 レストランフロアの飲食店を覗くと、満席はともかく、仲良しとか同僚とかで盛り上がっていて、とても入りにくい。

クリックすると拡大します

 そうだ、ラーメン屋があるじゃ無い、と一階の濃厚鶏そば 麺屋武一(たけいち)汐留店@汐留(港区東新橋)ホームページ)、汐留シティセンター1階に2016/8/20オープン。
 武一は完全に食傷気味(完全で気味では日本語がおかしい)ですが、限定メニューと焼き鳥に釣られてみました。
 入ってすぐに券売機がありますけど、夜営業では使用されておらず、口頭注文後会計です。

クリックすると拡大します

 ラーメンメニューは濃厚鶏骨醤油そば、濃厚鶏白湯そば、和風煮干し鶏そば、濃厚味噌鶏そば、濃厚辛味噌鶏そば、オマール海老の濃厚鶏白湯そば、鶏まぜそば、鶏つけそば、濃厚煮干し鶏つけそば。
 商品によって麺量が中盛りまで同額になっています。
 標準的なトッピングが揃っていて、ご飯ものにはささみユッケなどもあります。

クリックすると拡大します

 串焼きは焼き鳥が7種類、つくねが6種類。焼き鳥はもも、ねぎ間、皮、ぼんじり、砂肝、せせりが157円。白レバーが194円。つくねは176円から250円。
 一品料理には大山鶏のステーキ、ジャンボチキン南蛮、茄子の漬物、枝豆、などなど。
 飲み物はハイボール、ホッピー、ビールから焼酎、日本酒、ワインなど。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター10席、テーブル席が2人掛けが5卓、4人掛けテーブルが5卓、合計40席ですか。
 と言うか、ラーメン屋も満席じゃ無いですか、、なんとか1席空いていました。
 先ずは生ビール398円(ハッピーアワーで195円)で、今夜は汐留で一人お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 ラーメンだけ食べてももちろん良いのですが、折角だから焼き鳥だけでも食べるかと、おまかせ5本盛り685円(注文時に塩とタレが選べますので塩で)。値段は単品で5本注文するのと同額です。
 ガス火で焼き上げていることもあって、焼きが甘く、熱の持ちも良くありません。5本まとめてではなく、2本と3本で出せばかなり印象が違うと思うけど、客回転も気になるでしょう。
 串ごと冷凍の解凍ものではなく、毎日一本づつ串打ちしている印象の味わいで、お店が賑わっているのも頷ける美味しさ。
 1本300円も500円もする焼き鳥とは比べるまでもありませんが、200円以下でこのクオリティ、ポーションなのは、武一の前身が焼き鳥屋であったことと関係あるでしょう。

クリックすると拡大します

 焼き鳥の提供に30分も掛かったので、早めにラーメンを頼んだら焼き鳥を食べ終わる前に運ばれてきた汁なし担々麺850円
 丼は底が浅く、縁が波打っていて、真っ白ですので陰影が綺麗です。生卵た付いてきた坦々麺は初めてです。
 全体を絡めて食べるのですが、穂先メンマやシャキシャキ感のある水菜を私には上手く混ぜられません。

クリックすると拡大します

 鶏油ベースのタレはしっかりと辛味が効いていて、飲んでからの好みあっているので、昼と夜では味付けを調整されているかも知れません。
 ラーメンと共用の細麺は1.5玉分、麺の温かさがひき肉とタレを上手くまとめ上げていて、とても美味しいです。
 白ネギがちょっと多めで、もう少し少ない方が自分の好みです。

クリックすると拡大します

 途中で付いてきた鶏卵を割り入れましたが、坦々麺に鶏卵が付いてきたのは初めて、食べ方、合っているのかなぁ。
 全卵を入れたら殆どの料理は味がマイルドになるし、美味しくなるに決まっていますが、それでもなお、美味しくなりましたと説明します。
 半分以上食べたところで味変を試してみるかと卓上を見ると、黒七味、ヒマラヤ岩塩、自家製辛味、煮干し粉、白胡麻、フルーツ酢、醤油。

クリックすると拡大します

 折角だから黒七味と自家製辛味、、味が混ざっただけで化学変化は起きませんでした。
 麺を食べ終わると、タレ、ひき肉は殆ど残りません。残ったらご飯を頼まないといけなかったから、ちょうど良かった。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿まで向かうには、山手線の外回り、内回り、秋葉原乗り換え、東京(神田)乗り換えなどがありますが、一番空いている山手線内回りで。
 なんか一週間、忙しかったなぁ。
 来週も忙しいのかなぁ、頑張らないと。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記