2017年09月30日

土肥と原保のラーメン

/モーニング/朝風呂/好来らぁ麺うめはら@静岡県伊豆市土肥にて好来らぁ麺/伊豆あまからや@静岡県伊豆市原保にてスパイス醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 たまに利用するビジネスホテルでもモーニングはありますが、パン、ご飯、主菜副菜数種類、飲み物数種類と必要にして十分な品揃えです。
 さて、今日のモーニングは野菜たっぷりのサラダにウィンナー、ベーコン、煮物。
 あら汁、ご飯、生卵、パンは三種類、飲み物は8種類あったので一杯目はトマトジュース、二杯目は野菜ジュース。

クリックすると拡大します

 に加えて、干しキンメダイの焼魚、豆腐やイカそうめんや、モズクなど、イクラもあります。
 二人とも残さない様に食べましたが、かなりお腹いっぱいです。
 食後のコーヒーまで手が回らずに、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 朝ご飯を食べたら朝風呂
 貸切風呂なので使用時間が重なったら待つようになりますが、一度も重ならず。
 気候はどうなのだろうか、行きも帰りも暑くもなく涼しくもなく、ちょうど良い。

クリックすると拡大します

 1人が2人くらいで利用する想定の広さ、お湯は少し熱めです。
 この時間は休日なら自宅で寝ているか、平日ならばちょうど仕事が始まる時間、同じ時間でも色々な過ごし方がありますね。
 烏の行水の私であっても少し長湯してしまいました。

クリックすると拡大します

 せっかく伊東まで来たので、伊豆半島を東西に真っすぐ横切って、土肥市へ。
 土肥市へは初訪問、全都道府県訪問の次は全市町村訪問は掲げていませんけど、できるだけ未訪問の市町村へ。
 女房と愛犬は浜辺で遊ぶということで、私は近くのラーメン屋へ。

クリックすると拡大します

 好来らぁ麺うめはら@静岡県伊豆市土肥、好来@熊本県人吉市(2013/9訪問)で修業(4か月ほど)された店主さんが、2016/4/21オープンされました。
 駐車場は店の近くに二台用意されていますが、クルマ移動が生活の中心のこの町でその台数は心許ないですね。
 そんなことは余計のお世話ですね、ガラッと引き戸を開けて店内へ入ります。
 右手に小麦粉が入っていると思われるPV袋が積まれていて、「人吉市」の文字が目に入り、テンションが上がります。

クリックすると拡大します

 先客ゼロ、後客ゼロ、店内中央に4人掛けテーブルが2卓、奥の厨房に面したカウンターが4席。
 すっと立ち上がった女性店員さんが「お好きな席へどうぞ」と案内して下さったので、カウンター席へ。
 カウンター席に座ってメニューを見ると、好来らぁ麺700円、ちゃーしゅー麺1,050円、すそのポークカレー700円。トッピングはのり、味玉各100円、ライス。
 オーダーすると「大盛りにされますか?」と聞かれ、メニューには書かれていないので同額だとは思いましたが、やんわりと断りました。

クリックすると拡大します

 程なくして奥から店主さんが出てきて、麺を茹で始めました。
 卓上には唐辛子、胡椒。ネット情報では以前は他の調味料も用意されていたようです。
 好来出身のなんつっ亭は、盛り付けを終えた最後にマー油を回し掛けますが、好来ではタレにマー油を合わせ、その上からスープを掛けます。
 厨房での調理を見ていると好来と同じ、先にマー油を合わせるタイプ、さらにテンションが上がります。

クリックすると拡大します

 お待たせしました、と、好来らぁ麺700円
 丁寧に炊き出されている豚骨スープにマー油の甘さが絶妙に馴染んでいて、とても旨い。
 好来のスープとは食材こそ同じですが、味わいは全く異なりますが、美味しければそれで良しでしょう。

クリックすると拡大します

 中細麺は自家製麺(厨房に製麺機があります)、滑らかな麺肌がスープによく絡んでとても美味しい。
 茹でもやしがトッピングされておらず(去年のネット情報ではトッピングされています)、チャーシュー、細切りキクラゲ、万ネギ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 全体として、かなりのセンスが必要とされるバランスのとれた美味しさラーメンです。
 生活圏内でしたら年に何回かは食べに行ってしまうと思いますが、流石に土肥は遠い。
 食べ終わるまで店主さんは厨房にいて、食べを終わってお声がけさせていただき、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 近くの公園には1992年建立当時、世界一大きな花時計があります。
 改めて花時計とは何かと考えてみると、花の部分は花である必要ななく、鉱石でも木材でもいいのではないでしょうか。
 いや、花でなければ時間を指し示せない、という理由があれば、教えてください。

クリックすると拡大します

 来た道をそのままなぞるように戻りますが、途中でちょっと寄り道。
 山肌を縫うように走る道が危ないということなのか、バイパスを作る工事をしていました。
 いつの日か、そのバイパスを走ってみたいな。

クリックすると拡大します

 伊豆あまからや@静岡県伊豆市原保ホームページ)、民家をそのまま店舗にしているので、小さな表札だけが頼りです。
 ラーメン博物館主催の第1回ラーメン登龍門(1999/6開催)で優勝、期間限定でラーメン博物館に出店されていました。
 沼津を発祥として地元修善寺、神奈川のあざみ野などで営業し、2015/8/7にこちらでオープン。

クリックすると拡大します

 引き戸を開けて入ると、先ずは土間、土間で靴を脱いで畳の間へ、店内は小上り(座敷)のみ27席。
 メニューはカレースタート。ラーメンはスパイス醤油、スパイス塩、本わさびで食べるつけ麺、カレーラーメンの4種類。
 可能なら3杯、最低でも2杯食べる必要がありそうに思えましたが、「ラーメン登竜門優勝メニュー」をアリバイ的に食べれば良しとしました。

クリックすると拡大します

 チロリン、と風鈴の音だけが鳴り響く、開け放たれた和室。
 口頭注文してお冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上にはスパイスのみが用意され、基本は味を調整しないで出されたままで楽しむスタイルです。

クリックすると拡大します

 程なくしてスパイス醤油ラーメン850円、麺が見えないほどトッピングされています。
 スパイスの香りをかき分けてスープを飲んでみると、豚ガラ鶏ガラの清湯にスパイスを程よく利かせていて、全く引っ掛かりなく喉を通っていきます。
 配合するスパイスは10種類とか、その組み合わせが何通りあるか想像もつかないし、何をもって完成とするのでしょうか。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は中細麺、特に説明がありませんでしたが恐らく自家製麺、さらさらのスープにとてもよく合っています。
 つけ麺で食べたらもっと美味しいのかも知れません。
 肉質からして美味しいチャーシュー、辛い玉ねぎのマリネもトッピングされ、業務用メンマと水菜。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 土間にいったん降りてお会計を済ませます。
 何かお土産をと、わけあり本わさびを二本、買いました。

クリックすると拡大します

 その後、一時間ほど走ってホテルに戻ってきました。
 同じホテルに連泊するのは、大阪や沖縄に出張していた頃以来なので、チェックイン時間を気にしなくていいことに、この時になって気が付きました。
 で、夕飯の前に再び露天風呂で身ぎれいにして。

クリックすると拡大します

 夕食は二部制で、昨日は19時半からの二部で頂きましたが、今日は17時半の一部で頂きました。
 飲み放題の品ぞろえに変更はなく、今夜も生ビールで乾杯、ふう、なんてビールが旨いんだ。
 料理は昨日とは変えてあります。

クリックすると拡大します

 一品目は焼きかぼちゃの天ぷら、焼きナスの生姜醤油、鯖フグのフリット。
 いきなり天ぷらを食べるのは、あまり経験がありません。
 それでも専用のソース、塩で頂く天ぷらはとても美味しかったです。

クリックすると拡大します

 透明ガラスのお皿に盛り付けられたカンパチのカルパッチョ、とても綺麗に盛り付けられています。
 ミョウガとイクラで順番に包んでいただきました、美味しい。
 この辺で昨夜と同じように日本酒にスイッチ、これまた格別です。

クリックすると拡大します

 左上:季節野菜の海鮮あんかけ。右上:地金目の煮付け。左下:国産牛サーロインステーキ、和風ソース。右下:本日の鮨しメシ 季節のお吸物。
 サーロインステーキをワサビ、塩、和風ソースで順番に頂きます、旨い。

クリックすると拡大します

 本日のデザート、説明がありましたが、覚えていません。
 そもそもこの手の甘味は苦手なので、一口味見をしたら、後は女房に上げてしまいます。
 明日は帰りの運転があるので、この辺りでお冷にして、と。
 とても美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ早い時間ですが、横になったらもう寝てしまいそう。
 そういう日が年に何回かあってもいいでしょう、あった方がいいでしょう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月29日

伊豆へ夫婦旅行

/通院/アルフィエリカフェ/中華万里@足柄(下り)サービスエリア内フードコートにて冷やし坦々麺/愛犬お宿/

クリックすると拡大します

 月一の通院、丁寧な問診と効果抜群の薬剤を受け取る日。
 病院から出たところで何気なくツイッターをチェックすると、すぐ近くにアルフィエリカフェの移動販売カーが来ているじゃないですか。
 ムールアラムールの駐車場に急行、おお、1年ぶりくらい、か。
 エリちゃんの淹れた美味しいコーヒーをご馳走様になりました。

クリックすると拡大します

 出掛ける支度をして、クルマを出します。
 夫婦だけで旅行するなんて、子供が産まれてから初めてかもしれない。
 一般道でも行かれますが、立ち寄りたいところがあるので東名高速を走って、EXPASA足柄(下り:名古屋方面)へ。

クリックすると拡大します

 先ずは順番にお昼を、先に女房は富士宮焼きそば、私は中華万里@足柄(下り)サービスエリア内フードコートへ。
 今ではすっかり少なくなったフードコートのラーメン、ではなくしっかりと中華鍋を振って調理されています。
 「中華」とあるようにラーメンがメインだけれども、麻婆豆腐、キーマカレー、チャーハンなども扱っています。
 丼物メインの店舗と併設されていて、券売機は共有、海鮮6点盛り2,580円とかもあります。

クリックすると拡大します

 チャイムコールではなく、食券の番号が大型ディスプレイに表示されたら、受付で商品と引き換えます。
 少し待って冷やし坦々麺900円
 芝麻醤のタレの上に中細角麺を敷き詰め、トッピングとして挽肉そぼろ、細切りキュウリ、白髪ネギ、半身味玉、むきエビ、キムチ。

クリックすると拡大します

 担々麺ではなく坦々麺なのですが、なんていうか、芝麻醤が使われていれば担々麺でいいのでしょうか。
 和えそばとしては十分美味しいけれども、これを「冷し担々麺」と呼ぶのはなんとも。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、目的地であったドッグランへ、高速道路のSAに併設されていますが、一般道からの駐車場も用意されています。
 30分ほど愛犬を遊ばせましたが、平日ということもあり、自分たち以外のお客さんは二人だけでした。
 愛犬はそれでも十分満足したらしく、車に乗せたら寝てしまいました。

クリックすると拡大します

 高速を御殿場で降りて、カーナビ通りにクルマを走らせます。
 スマホのグーグルマップで向かうと道路交通法のなんたら条項に抵触するので、古い地図のままのカーナビ、とても最短距離とは思えない。
 ま、それでもなんだかんだで4時間ほどで到着、、、途中、コンビニにも立ち寄りましたが、かなり遠回りしていませんか。

クリックすると拡大します

 個人的にこんな高価な部屋に泊まったことが無く、そもそも泊まる必要もなかったのですが、今は昔。
 愛犬お宿ホームページ)、総20部屋で全てペット(中型犬まで)対応、というか、ペット連れでないとこのホテルに泊まる意味がありません。
 ホテル備え付けの作務衣に着替え、夕飯の時間までのんびりします。

クリックすると拡大します

 テレビだけ見ていても飽きてしまうので、貸切露天風呂に入ってみました。
 露天風呂より野外風呂に近いイメージですが、こんなにゆっくりとお風呂に入るなんて随分と久しぶりです。
 いつもは烏の行水の私も、のぼせるほどの長湯、長いドライブで疲れがあったかもしれません。

クリックすると拡大します

 さて、夕飯の時間になったので愛犬と共にレストランへ。
 自宅ではたまにやっているけど、外で乾杯したのはかなり久しぶり、なんて感慨にふけることなく、乾杯。
 生ビールはいつ飲んでも美味しいけど、今夜は特別に旨いな。

クリックすると拡大します

 愛犬用に獣医師監修の料理が用意されていて、豚肉のテリーヌ、ほうれん草のパスタ、バンバンジーサラダ、牛アキレス腱のサラダ、トマトのリゾット、コラーゲンスープ、キャベツのスープ、ドッグフード各種。
 私は全く分からないので、女房に任せますが、高級食材を使った料理に愛犬も食が進みます。

クリックすると拡大します

 さて、人間は伊豆の旬な素材を使った和洋折衷ディナーコース、ちなみにドリンクフリーです。
 地きのこの天婦羅、大根とカニのマヨネーズソース、カマンベールチーズの味噌漬け焼き、キクラゲと海老の炒め合え。
 前菜ですかね、ひとつひとつが手の込んだ一品、美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 旬のお刺身三点盛り。今夜の魚はカンパチ、マグロ、〆サンマ。
 半身に割った青竹を器に盛り付けられていて、やっぱり日本食の華は刺身だなと。
 刺身も美味しいけど、ゆっくりとした女房のとの会話がとても楽しい。

クリックすると拡大します

 左上:秋の焼き野菜、蒸し野菜。万願寺唐辛子、レッドムーン、焼柿、ズッキーニ、焼きナス、フルーツトマト、牛蒡。
 右上:しろうまはぎのソテーほうれん草ソース。秋鰆の塩焼き 梅肉おろし。
 左下:静岡県産もち豚のローストポーク〜人参の和風ソース ネギソース〜
 右下:本日の鮨しメシ、季節のお吸い物。

クリックすると拡大します

 揚げバナナココナッツアイスのせ。
 どうしても子供話と愛犬が話の中心にはなってしまうけど、日本酒もお代わりしたし、楽しいひと時。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 いったん部屋に戻って、少し間を置いて、バーへ。
 バーでは、夕食と同じ飲み物メニューがドリンクフリーで、女房はカクテル、私はカクテルと言う柄ではないのでビールを。
 いくら飲んでも構わないのですが、夕飯が結構ボリュームがあったので、二杯、三杯程度にしました。

クリックすると拡大します

 で、愛犬お宿名物のラーメンを、半玉ができるということで、それでお願いしました。
 特に説明はありませんでしたが、魚介スープの醤油味に細麺を合わせてあり、トッピングにチャーシュー、かまぼこ、メンマ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月28日

さらなる進化

/常盤軒品川22号売店@JR品川駅山手線ホームにてジャンボ海老そば/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて冷し五目麻婆麺(麺半分)、チャーシュー/

 緑の電車から吐き出された朝、いつもの朝の流れを断ち切りたくて、ふらふらと常盤軒品川22号売店@JR品川駅山手線ホームへ吸い込まれてしまいました。
 この時間帯で朝ご飯を食べると、お昼になってもお腹が空かないかも知れないけど、未来のことは誰にも分からない。
 そしてここで食べ歩きの先輩が食べていたお蕎麦を食べる、500円超か、PASMOでピッとやると罪悪感が薄れていく。

クリックすると拡大します

 ジャンボ海老そば510円、普通の大きさの海老天の取り扱いはありません。
 衣を付けたままの二度揚げと言うことは無く、かなり大きな海老、味は大ぶりの美味しさ。
 味濃いめの蕎麦つゆに合わせるためか、薬味ねぎたっぷり、だがそれがいい。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 朝から降っていた雨は夕方になっても降り止まない。
 明日から旅行に出掛けるので、今日中に行かないとならないラーメン屋さんが二軒あるのですが、そこにもう一軒増えて。
 色々と3秒程考えて、念のためTwitterもチェックして、蒲田へ。

クリックすると拡大します

 蒲田駅から徒歩5分の元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)、外待ち12人。
 人生を効率よく生きている人は待ち時間などとんでもないでしょうけど、一瞬たりとも躊躇せずに並びます。
 待つ時間が料理を更に美味しくさせますね、分からない人には一生分からないでしょうけど。

クリックすると拡大します

 外待ち40分からのビール、冷えた身体には冷えたビールがよく似合う。
 女将さんの気まぐれ付き出しは単品麻婆、色々と手が込んでいて、実にビールに合って、実に美味しい。
 今夜はあまり時間が無いので、ビールと共にラーメンを注文しました。

クリックすると拡大します

 冷し五目麻婆麺(麺半分)850円、チャーシュー100円
 メニューの基本となる味噌野菜、これまでは以前は中華鍋を振って煮立てていました。
 近頃は煮込まれた味噌スープに、生野菜のまま継ぎ足して煮込んでいて、野菜のシャキシャキ感、そのまま。

クリックすると拡大します

 煮込み野菜も美味しいですけど、浅煮込み野菜もとても美味しい、特にタマネギとキャベツが美味しい。
 これからもずっとこうであって欲しいけれども、このままに立ち止まって欲しくも無い。
 チャーシューの仕込みも変えたようですが、その話しはまた改めて。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 初対面の隣り客と意気投合して、熱く深いラーメン談義を展開、、、いや、もう、閉店時間だから。
 また食べに来ますね、雨も上がったことだし。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記